安いけど微妙!【3WiMAXの口コミ・評判】キャッシュバック金額と加入前の注意点

ここ数年、新規参入のプロバイダが続々と登場しているWiMAX市場。一昔前までは最安だったプロバイダも、今ではまったく安くなかった…なんてケースも普通にありますね。

そんな中、ご覧のあなたは3WiMAXに目がとまり

  • 最安プロバイダランキングでよく目にする3WiMAXってどんなプロバイダなの?
  • とくとくBB、ソネット、ニフティと比較して3WiMAXって高いのかな?

こんな風に3WiMAXが気になって、クチコミや評判を探していたんではないでしょうか?

そんなアナタにむけ当ページでは

  1. 3WiMAXとはどんな会社が運営しているプロバイダなのか?
    そもそも安心できるのか?
  2. 3WiMAXの料金やキャッシュバックは他とくらべて高いのか?安いのか?
  3. 仮に3WiMAXを利用する場合、損しないために注意すべきポイントは?

という3点にできるだけわかりやすく丁寧にまとめておきます。

結論からいいますと3WiMAXは

  • キャッシュバックはとくとくBBに届かないものの業界2位3位を争うレベル
  • ただ申し込む際はちょっぴり注意が必要なプロバイダ(←ココ大切)

と結論づけました。

また後半では、3WiMAXの辛口評価だけでなく、3WiMAX以上にお得なプロバイダも紹介していますので申込み前の参考にしてみてください。

ちなみに実質費用が3WiMAXより安かったのは以下の2つ。3WiMAXに決めかけている方も念のため以下の公式ページで料金比較しておくといいでしょう。

【2017年12月更新】最新プロバイダ情報
  • 『高額キャッシュバックをドカンと欲しい』GMOとくとくBB⇨⇨⇨http://gmobb.jp/
  • 『とにかく月額料金を安くしたい』ブロードワイマックス⇨⇨⇨https://wimax-broad.jp/

▼さらに詳しく最新のWiMAXプロバイダを比較したい方は以下のページもチェック▼
WiMAXおすすめプロバイダの料金比較ページ

3WiMAXとは?速度、エリア、プラン、サービス内容を他社と比較

今でこそ高額キャッシュバックで話題の3WiMAXですが、かなり最近のプロバイダです。正直、ソネットやビッグローブ、ニフティあたりと比較しても、知名度はかなり低いといえるでしょう。

そこでまずは、そもそも3WiMAXとはどんなプロバイダなのか?という部分を、運営会社の部分から探ってみましょう。

3WiMAXはリンクライフという会社が母体です

ちなみに3WiMAXを運営しているのは、株式会社リンクライフ(Link Life)という会社。

ユーザーさんの多くは式会社リンクライフ(Link Life)という会社も初めて聞いたかと思いますが、

じつはキャッシュバック無しで月額費用を安く・・・というコンセプトのブロードワイマックスを運営している会社となります。

つまり株式会社リンクライフ(Link Life)さんは

  • キャッシュバック無しで月額費用を安く→ブロードワイマックス
  • ガッツリ高額なキャッシュバック→3WiMAX

といった感じで、タイプの異なる二つのWiMAXプロバイダを同時に運営しているわけです。

ソネットのように高額なキャッシュバックと月額費用割引キャンペーンを用意し、ユーザーさんに選ばせるタイプのプロバイダもあります。

ただ同じブランドで2つの契約タイプを用意するのは、ユーザーさんには嬉しい半面、ブランドイメージがブレてしまう可能性もあります。

なので敢えて2つのブランドにわけて展開・・・というのが株式会社リンクライフ(Link Life)の作戦のようです。

3WiMAXの速度・エリア・料金プランは?

続きまして、気になる3WiMAXの速度やエリアについて。

当サイトでは何度もお伝えしていますが、そもそもWiMAX、WiMAX2+は基本、UQコミュニケーションさんの管理するWiMAX回線を借り入れて使用しています。

結果、速度やエリアについては、どのプロバイダを選んでもまったく同じと考えてもらって構いません。

ちなみにこちらの3WiMAXの場合、『高品質auモバイル回線使用』という部分をウリにしていますが、基本的な回線の速度や仕様は一般的なWiMAX2+回線と何ら違いません。

利用端末、通信対応エリア、通信速度についても一般的なWiMAX、WiMAX2+回線と同等のサービスだとお考えください。

それゆえにユーザーさんの立場としては

『一番安くてお得なプロバイダを選ぶ!』という部分だけに注力してもらって構いません。

会社によって繋がりやすさや速度の変わる格安シムの世界と違い、どのプロバイダでも提供されるサービスは同じ。

なので知名度やブランド・イメージなんかより、せっかくなら最安で加入できるプロバイダを選んでおけ!というのが鉄則とされています。

気になる3WiMAXの月額料金、キャッシュバックを含めた実質料金は?

では気になる3WiMAXのキャッシュバックと月額料金を詳しくみていきましょう。たとえばファーウェイ社の最新端末、W04をギガ放題プランで利用する場合、

キャッシュバック金額は

また月額料金は

このように変動していきます。

ざっくり計算しますと、初期費用の3,000円、キャッシュバック条件の安心サポートプラスのオプション費用(初月で解約しても550円)、3WiMAX会員費用(200円/月)などコミコミで計算すると

2年間の総費用が106,200円-28,000(キャッシュバック)=78,200円

実質費用としては総額で78,200円(月額約3250円)ということになりました。

では今度は上記の実質費用をふまえて『3WiMAXは他のWiMAX、WiMAX2+プロバイダと比較して金額的にどうなのか?』という部分をみてみましょう。

以下に3WiMAXをのぞいたWiMAX主要プロバイダの実質費用を一覧でまとめたのでご覧ください。

プロバイダ月額料金CB込み実質料金
(ギガ放題2年)
GMOとくとくBB
4,263円(税抜き)
(最大2カ月間 3,609円)
70,350円(税抜き)
(CB金額33,000円受け取れた場合)

ニフティ
4,350円(税抜き)
(最大3カ月間 無料!)
75,000円
(CB金額20,100円受け取れた場合)
ソネット
3,980円(税抜き)
(初月無料、最大2カ月間 3,495円)
73,570円
(CB金額20,000円受け取れた場合)
ビッグローブ
4,380円(税抜き)
(初月無料、最大2カ月間 3,695円)
82,370円
(CB金額20,000円受け取れた場合)
UQ WiMAX
uqロゴ
4,380円(税抜き)
(最大2カ月間 3,696円)
103,068円
(3,000円商品券を
受け取れた場合)
ブロードワイマックス
3,411円(税抜き)
(最大2カ月間 2,726円)
82,809円
(CB受取手続きが無いため確定金額)
DTI wimax
4,300円(税抜き)
(最大2カ月間 3,500円)
74,800円
(CB金額29,000円受け取れた場合)

このように結果でした。

キャッシュバック金額については、大手ソネット、ビッグローブ、ニフティをおさえて3WiMAXは堂々の第二位!

また実質料金についても、新興プロバイダとしてはかなり頑張っていますね。

ただ3WiMAXもかなり検討しているとはいえ、キャッシュバック金額、2年間の実質料金どちらもGMOとくとくBBが最安です。

そもそも契約者数の多いとくとくBBに関しては、WiMAX回線を管理しているUQコミュニケーションからのインセンティブが違います。

とくとくBBが、そういった多額のインセンティブ(報奨金)をキャッシュバック金額としてユーザーさんに還元している部分を踏まえると、『新規参入のプロバイダとしては3WiMAXは大・大健闘!』だと思います。

また今後の動向しだいでは、とくとくBBの牙城を崩す可能性すらあるプロバイダという気もします。今後の動向には要注目ですね!

3WiMAXのメリットとデメリット

では、ここまでの3WiMAXの特徴をふまえて、3WiMAXを選ぶメリットとデメリットをまとめてみます。

3WiMAX最大のメリット!

これは言うまでもありませんが、とくとくBBに次ぐ28,000円という多額なキャッシュバック金額。

とくとくBBもキャンペーンによって30,000~33,000円と変動していますが、大手プロバイダをCB順に並べますと・・・

とくとくBB、3WiMAX・・・随分あいてソネット、ビッグローブといった感じで続きます。

この28,000円という数字は、プロバイダ選びにおいて強烈なインパクトだとわかってもらえたと思います。

ですがその反面、

『3WiMAX特有の罠、注意点』という部分もいくつかありますのでご紹介しておきます。

3WiMAXの落とし穴 その1

まず注意しておきたいのがキャッシュバックの適用条件です。

以下の画像をご覧ください。

このように契約時、必ず端末安心サポート,My SSサポートのオプションに加入(商品到着後の解約可能)しなければなりません。

この二つは必須です。

ちなみに端末安心サポートはこんな感じのサービス。

ざっくりと説明すれば、

万一の端末故障時に無料で修理を行えるオプションサービスで、取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で機器が故障した場合が保証してもらえるもの。

ちなみにこちらのサービス『月額550円』となります。

で、もう一方のMy SSサポートとは以下のサービス。

パソコン/プリンタ等の周辺機器でのお困りごとを、電話または遠隔操作で365日サポートしてくれる。

また高機能セキュリティソフトによってパソコンに侵入するウイルスを監視し、万が一ウイルスが侵入した場合にも感染する前に駆除してもらえるサービス。

こちらのサービス『月額800円』となります。

というわけで、3WiMAXを利用するにあたってオプションを申込まなかった場合、偉い目に遭いますので注意!!

  • 3WiMAXのキャッシュバックが欲しいなら、最低でも契約月だけは二つのオプションに加入しなければ、キャッシュバックを受け取る権利が発生しない!

という部分にはご注意ください。

ただ1年後のキャッシュバックと違って2つの追加オプションは、端末が届き次第、すぐに解約可能です。

忘れる方も少ないとは思いますが、もし忘れてしまった場合、

『ぶっちゃけ意味のわからないサービスに毎月1,350円も課金され続けます!!』マジでお気をつけください!!

解約を忘れて1年後に気づいた場合、なんと16,200円も課金されますのでご注意を。せっかくの高額キャッシュバックも半減しちゃいますからね・・・。

3WiMAXの落とし穴 その2

次に忘れてはならない部分。

それは高額なキャッシュバックが2年契約を前提に成立しているという部分。

おそらくどのプロバイダでも高額なキャッシュバックを用意している場合、言うまでもなく最低2年間の継続を前提としているはずです。

それは以下の表にある通り、2年以内の解約にはそれなりの高額な解約金が設定されている部分からもわかります。

プロバイダCB金額縛り/解約金/受取時期
GMOとくとくBB
30,000~33,000円(時期による)
受取難易度…5
2年/一般的な3段階方式/12か月目

ニフティ
20,100円
受取難易度…3
2年/一般的な3段階方式/9か月目
ソネット
20,000円(または21,600P)
受取難易度…4
2年/一般的な3段階方式/14か月目
ビッグローブ
20,000円
受取難易度…3
2年/一般的な3段階方式/13か月目
UQ WiMAX
uqロゴ
商品券最大10,000円(変動)
受取難易度…2
2年(縛り無しプランもあるが月額5,880円、端末代も有料と割高)
/一般的な3段階方式/2か月目
ブロードワイマックス
CB無しのかわりに初期費用18,857円割引キャンペーン中2年/一般的な3段階方式

ですが3WiMAXの恐ろしいところは、キャッシュバック適用条件の項目にしっかりとその趣旨が記載されているんです。

記載された文言はこちら。

キャッシュバック特典の適用を希望される場合、本サービスを24ヶ月間ご利用いただくことを前提にお申し込みください。それ以前の解約につきましては返金いただく場合がございます。

引用 3WiMAX

上記の主旨はというと

『もし何らかの理由によってキャッシュバックを受け取り後に途中解約をした場合、少なからずキャッシュバックの返金を求められる可能性がある』

ということです。

おそらく高額な解約金をわざわざ支払ってまで途中解約する方も少ないとは思いますが、この辺りはじゅうぶんに注意して申し込んでおきましょう。

3WiMAXの落とし穴 その3

最後には落とし穴とかデメリットといえるほどではありませんが、初月無料、中には初月~3カ月間無料という太っ腹なプロバイダが多い中、

『3WiMAXは初月からしっかりと日割り計算で課金される』

という部分。

まあ当たり前っちゃ当たり前のことですが、この数か月の無料期間の費用も、2年間の実質料金に大きくひびいてきますからね・・・。

申込み前には、こういった細かい部分までしっかりと比較しておきましょう。

ここに注意!3WiMAXでキャッシュバックを利用する場合の最重要ポイント

では3WiMAXでキャッシュバックを利用する場合の、申込み~受取までの簡単な流れを説明しておきます。

基本、とくとくBBでもソネットでも同様の流れですが、念のためご確認ください。

  1. 契約後13か月目の15日に3WiMAXから『キャッシュバックエントリーメール』が3WiMAXで付与されたメアドに届く
  2. キャッシュバックエントリーメールを発見後、翌月末までに受取手続きを行う
  3. 契約後、約15カ月目の末に指定口座にキャッシュバックが振り込み

手続きの難易度としては、とくとくBBやソネットと同等、キャッシュバックの受取時期はやや遅めという感じです。

またキャッシュバックでは普通のことですが、

そもそもメールを見逃してしまったり、手違いで削除した場合、いっさいの救済措置もなくキャッシュバックは無効となります。

なので3WiMAXだけにいえる話じゃありませんが、キャッシュバック全般において

  • 現時点で、1年後の手続きを覚えている自信がない!
  • そもそもキャッシュバックの事実さえ覚えているか怪しい・・・
  • スボラな性格なので、多少の金額差なら確実に安くなる方法のが嬉しい!

なんて方の場合、最初からキャッシュバック設定のないプロバイダを選んだほうが身のためです。

こちらとか。

▼1年後のキャッシュバックより月額割引・違約金なしならココ▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/
【Broad WiMAX(ブロードワイマックス)評判】料金、プラン、とくとくBBと比較した結果!
当ページではWiMAXキャリアの中でも注目株の一社、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の提供するWiMAX、WiMAX2+契約前におさえておきたいエリア情報や最安価格、さらにのデータ通信スピードや料金プランに関する不安 、とくとくBB等と比較した場合おすすめなのか?という部分に迫っています。

ブロードワイマックスの場合、キャッシュバック金額を月額費用として還元しています。

なので確実に割引が適用されるのでおススメですね。

また2年継続し、使い勝手がいいから継続したい!って場合、断トツに他より月額費用が低いです。

キャッシュバック金額を比較して

『他より幾ら高いのか?』という部分より、

『確実に受け取れるのか?』という部分をじっくりと考えてプロバイダを選んでおきましょう。

【まとめ】3WiMAXは申し込むべきプロバイダなのか?

以上、3WiMAXの特徴や他社との比較、メリットとデメリットをまとめてみました。

結果、3WiMAXは利用すべきプロバイダなのか?といわれますと

『確実に2年間は継続し、キャッシュバックの手続きを忘れずに行う自信がある!』

という方にはじゅうぶんに魅力的なプロバイダだと思います。

追加オプションなど、多少キャッシュバックのハードルは高いものの、やっぱり28,000円という金額は魅力的ですよね。

ですが同じキャッシュバックの手続きを行うならば、とくとくBBという選択肢もありますし、ムリせず最初からキャッシュバックを避けて月額割引を狙うという方法もあります。

結論としては、

キャッシュバック金額を最重要視するという方

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/

 

キャッシュバックは面倒!月額が安いのがいい方

▼1年後のキャッシュバックより月額割引・違約金なしならココ▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

 

キャッシュバック・月額の安さのバランス重視!

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
@nifty公式サイト http://setsuzoku.nifty.com/wimax/

または

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
BIGLOBE(ビッグローブ)公式サイト  http://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

 

 

という感じで選んでもらうのがベストかなーと思います。

もちろん悪評高いとくとくBBは自信がないが、高額キャッシュバックは気になる・・・なんて方には3WiMAXもじゅうぶんオススメだと思います。

あともう一点。

3WiMAXを利用する場合、申込みページによってキャッシュバック金額や適用条件なんかが微妙に違う時があります。

なので絶対に、『もっともお得な条件の申込みページ』を経由して申し込むこと!

参考までに現在の最高額のキャンペーンは以下となっています。

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
3WiMAX公式サイト  https://3-wimax.jp/

キャッシュバック金額だけに目がくらみがちなプロバイダを選び。

後でガッカリしないよう、当サイトを参考に徹底的に比較してプロバイダを選んでくださいね!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする