【Androidが重い!!】アンドロイドのスマホが遅くなった6つの原因と究極の改善策!!

全国のAndroidスマホをご利用の皆さん! このような状況で困っていませんか!?

とにかく動きが重い!遅い! 購入時とくらべて明らかにモッサリしてきた!

 

そうです。

購入時にはあれだけサクサクだったAndroid端末が、アプリの起動が遅くなり、スクロールしてもなんだかモッサリした動きになったり、酷いとモバ神のXperiaのようにカクカクしてきます。

 

『昔のサクサクな状況を知っているだけに、余計にイラっと感じますよね!?』

そこで今回、Andriodスマホの動きが重くてイライラMAXというアナタの不満を解決するべく

  1. 超シンプル!Androidを重くさせてる6つの原因
  2. Androidスマホの動きを復活させる対策
をわかりやすく解説していきます。

当ページで紹介している改善策を試してもモッサリ状態が解消されない場合、疑うべきは通信環境! モバ神的には格安シム+ポケットWi-FiやWiMAXなどがおすすめです。

事実、外出時にWiMAXルーターを使いはじめてスマホがサクサク快適になったという人も多いぞ!
【2018年5月】今月の最安値情報
\高額キャッシュバックなら!!/
とくとくBB公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安なら!!/
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/
\プロバイダ選びで絶対に失敗しなくない人は!!/
参考記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較してみた結果!!

Androidが重くなる原因とその解決法

そもそも『なぜAndroidが遅くなっているのか!?』という原因を知る必要があります。
まずは重くなっている原因とその解決策についてご説明します。

まずスマートフォンが重くなる原因は、大きくわけて

  • スマートフォン端末自体の影響
  • 外部の通信環境の影響
以上の2つの理由に分けることができ、Androidスマホ端末自体に原因がある場合

  1. アプリが複数立ち上がっている
  2. ウィジェットが複数起動している
  3. キャッシュが溜まっている
  4. 不要なアプリがそのまま残っている
  5. データ容量が不足している
  6. OSをアップデートしていない

以上の6つ原因が考えられます。以下、確認方法ととりあえず試してもらいたい対処法をお伝えします。

①アプリが複数立ち上がっている

アプリが複数立ち上がっているとAndroid内のメモリが利用されているので、動作が遅くなります。

特にゲームなどの通信が起きるようなものは注意が必要です。自分は動いていないと思っていても、実際にはバックグラウンドで動いていることも普通によくあります。

バックグラウンドで動いているアプリを確認するには、

「設定」をタップ

「アプリ」をタップ

「実行中のアプリ」を選択し、「停止」をタップ

この手順で不要なアプリケーションが停止することができます。

②ウィジェットが複数起動している

ウィジェットというのは初めて聞いたかもしれませんが、ホーム画面に出てくる時計やカレンダーのことです。
削除方法は、長押ししてゴミ箱へ異動しましょう。

③キャッシュが溜まっている

キャッシュとは、物凄くシンプルに説明すると『Androidスマホ内にためておく一時的なデータ』のことで、次に同じページを読み込む際に早く表示することを可能にするためのもの。

しかしながら定期的にキャッシュを削除しないと、キャッシュはどんどん蓄積されスマホの容量を圧迫して、『重い!』『遅い!!』など端末の動きに悪影響を及ぼします。気がついたら迷わずキャッシュを削除しておきましょう。

④不要なアプリがそのまま残っている

ここ最近で使っていないアプリありませんか?

部屋の断捨離は流行っていますが、スマートフォンの断捨離も必要です。3か月も使っていないアプリがあるのであれば、いったん削除しましょう。もし削除した後に本当に必要になれば再度ダウンロードすればいいだけです。

⑤データ容量が不足している

昔からの写真や動画などを無駄にスマホの中に溜め込んでませんか?
特に写真とくらべ動画は予想以上にデータ容量をくってしまうのでご注意ください。

旅行などで友達との動画を撮っているとついつい溜まってしまいます。
どこかのタイミングで、動画や写真はハードディスクやクラウドサービスを使って、スマートフォンの容量を開けるようにしましょう。

⑥OSをアップデートしていない

面倒くさいですが、OSのアップデートはなるべく早く実行したほうがいいです。

OSアップデートは基本的にバグの修正や動作の改善のためにされるものですから、アップデートしましょう。
Androidスマホをいつまでもサクサク快適につかうなら、面倒でも積極的にアップデートすることをオススメします。

ここまででスマートフォン端末のメンテナンス作業は完了です。
これでも、まだまだスマートフォンの動作が重い場合は、もうひとつの原因である「通信環境の問題」になります。

通信環境によりスマホが重いときの確認方法

さて、前項でご紹介した『Androidスマホ側の疑わしい6つのポイント』をすべて試したものの

それでも一向にAndroidスマホの動きが改善されない!!

 

という場合はスマホ側の問題ではなく、通信環境側に原因がある可能性が高いです。まずは

  1. 通信制限を確認
  2. Wifiに接続してみる
の2点をことをお試しください。

①通信制限が実施されていないか確認

アナタは自分の契約がどんなものが覚えていますか?

フレッツ光やauひかりなど光回線の場合は通信制限とは無縁ですが、モバイル回線、格安シムなどご利用の方は通信制限があります。

もしかしたらYouTube動画やHulu、Netflix、ニコニコ動画などの動画サービスを見すぎたせいで、通信制限がかかってしまった結果、Androidスマホの動きが遅く感じているのかもしれません。

過去にモバイル回線の通信制限については書きました。

【Wi-Fi通信制限甘い!!】これいいじゃんっ!! 速度制限が気にならないWi-Fiをガチ調査!

2018.02.16

ここでは『通信制限の甘いモバイル回線』を説明してます。要は契約時に決められた通信容量を超えた場合、翌月までは通信速度を決められた速度まで制限されます。

例えばYモバイルやWiMAXの7GBプランの場合、月のデータ消費量が合計で月間7GBを超えた時点で通信制限が発動し、翌月までは128Kbpsという超低速のネット回線となります。

契約中のモバイル回線・格安シム会社のマイページ、またはAndroidスマホでデータ消費量を確認して通信制限を超えていないか確認してみましょう。

②Wifiに接続してみる

もし自宅にWifi環境があるのであれば、動作が軽くなるか試してみましょう。
これで軽くなるようであれば、通信速度が問題であることがわかります。

Androidスマホをサクサク使うならポケットWifiが調子いいぞ!!

結果、お使いのAndroidスマホの動きが重い原因が通信環境の場合、主な解決策となるのが

  1. 契約中のプランを見直す
  2. ポケットWi-FiやWiMAXのモバイルルーターを持ち歩く
以上の2つで、月間の上限なしでほぼ使い放題でつかえる・圧倒的な高速通信という面で、ポケットWi-Fi・WiMAXのモバイルルーターを持ち歩く方法がおすすめです。

いくらスマホの契約プランを見直したところで上限はあります。契約プランを変更することで一時的に問題は解決しますが、データ消費量が増えれば今後も同じような状況に陥りかねません。

せっかくなら速度制限など気にせず移動中や外出先で動画をガンガン観れるポケットWi-Fi・WiMAXの方が断然にコスパもいいのです。

ポケットWi-Fi・WiMAX選びには要注意!!

そこで気を付けないといけないのは『ポケットWifiの選び方』です。以下、ポケットWifiを契約で失敗しないように気を付けるべきポイントをまとめましたのでご覧ください。

ポケットWifiを選ぶときのポイントはいろいろですが重要な部分は以下の3つです。

  1. 通信量がたくさん利用可能か
  2. 広いエリアで提供されているか
  3. 月に支払う費用が安いか
現在、WiMAX、au、ワイモバイル、ドコモ、ソフトバンクなどの会社がWi-Fiサービスを展開していますが、

【モバイルインターネット使い放題ならこっち!!】YモバイルとWiMAX比較してたどり着いた結論

2018.01.22

この記事にあるように、上記の3項目で全ポケットWi-Fiを比較した結果一番オススメはWiMAX!とモバ神は判断しました。

ポケットWi-Fi・WiMAXの通信制限とは!?

YモバイルポケットWifiもスマホと同様に使い放題というわけではありません。
つまり、一定の通信量を超えた場合、スマートフォンと同じく通信制限がかかります。

ここで気を付けなければいけないのは、各社によって通信制限のルールが違うということです。

BroadWiMAXの場合、3日間で通信量が10GBを超えた場合、通信速度が制限されます。
しかし、3日間10GBの制限も超えたら即座に制限されるわけではありません。制限は翌日の18時から翌々日午前2時までの6時間に適応されます。

例を出して考えてみましょう。

  • 1日目に、4GBを利用
  • 2日目に、2GBを利用
  • 3日目に、5GBを利用

このような使い方の場合、翌日に速度制限対象となります。

一方で、SoftbankのWifiの場合、ひと月の利用量が50GBとなっていて、月の途中で利用しすぎた場合、月末までほとんどYouTubeなどがみられないといったことになってしまいます。

見かけ状の通信速度は実は重要ではない!!

電車の広告などで見かけるかもしれませんが、
「最速〇〇の高速通信ができます」と歌っているものをみるかもしれませんね。

ただ、この表示は理論上最大でその速さがでるということです。
実際に多くのWifiでは20~30Mbpsがいいところです。

ちなみに、YouTubeの高画質(1080)を見るのに必要な速度は4Mbpsあれば十分とされています。
また、ほかの動画サービスであるHuluは2Mbpsと言われています。

また、Wifiは広いエリアで利用ができるか?ということも重要です。
利用エリアはこちらで確認してみましょう。

ポケットWiFi(Y!mobile)エリア確認

WiMAX(WiMAX)エリア確認

ポケットWiFiの支払う費用の計算って結構面倒なんです。
実際に支払う金額はいくらなのか?という観点から、実質月額費用の安さで比較してみました。

ポケットWiFiの月額費用はどの会社でも、だいたい4千円前後です。
キャッシュバック(現金がもらえる)でお得になったりするものもありますが、一方で利用する端末の代金が高いということもあるからです。

中でも月額割で人気のBroad WiMAXの場合、キャッシュバック設定が無いものの、キャッシュバックありの煩わしい手続きが不要なので、忘れっぽい人には向いています。詳しくは以下の特集記事もご覧ください。

【ブロードワイマックス評判 】GMOとくとくBBとガチ比較して判明した料金の安さとオススメ度!!

2018.01.16

WiMAXの契約はギガ放題で決まり!

Broad WiMAXではライトプランとギガ放題プランという2つのプランがあります。

料金は、それぞれ、2796円、2796円(3411円)です。
ギガ放題プランは最大3か月がお得な料金でサービスを受けることができます。

ライトプランは、月間7GBで利用可能。
ギガ放題プランは制限なし(ただし、前述のように3日で10GBを超えた場合は1Mbpsに制限される)
初期費用は通常18857円かかりますが、キャンペーン中であれば無料になります。

契約期間が3年で契約後にライトプランからギガ放題プランに、またギガ放題プランからライトプランに変更可能です。
この変更は、月に1回と回数は限定されていますが、日割り請求されるところがポイントです。

料金が安いプランから高いプランになったときに月額が高いプランで請求されることがないのでフェアな料金体系になっています。

ちなみに契約の内訳として、93%の人がギガ放題プランを選んでいるようです。
やはり、データ量をたくさん利用できることがメリットだと思われているんですね。

お支払方法としては、クレジットカードまたは口座引き落としの2パターンがあります。
クレジットカードのブランドはVISA,MASTER,JCB,アメリカンエクスプレス,ダイナースが利用できます。クレジットカードを持っている人であればどれかに当てはまりそうですね。

間違ってもデビットカードでは利用できないので、クレジットカードであることをしっかりと確認しましょう。

まとめ

以上、Androidが重くなった時に確認するべき6つの原因と確認方法をご紹介した上で、通信環境側の問題でAndroidスマホの動きが重い場合の対処法もまとめました。

まずは自分のAndroid端末状況をしっかりと把握して、無駄なアプリや溜め込まれたキャッシュを一掃して綺麗にしましょう。
それでもダメだった場合、スマホが重くなった原因は通信速度である可能性が高く、ポケットWi-FiやWiMAXルーターと2台持ちということも視野にいれておきましょう。

動きがモッサリしてきた! アプリやネット閲覧の動きが悪い! こんな時はぜひ今回の対処法を試して快適なスマホライフを取り戻してみましょう。 以上Androidが重いときの対策まとめでした!

【2018年5月】今月の最安値情報
\高額キャッシュバックなら!!/
とくとくBB公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安なら!!/
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/
\プロバイダ選びで絶対に失敗しなくない人は!!/
参考記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較してみた結果!!