【WX04のバッテリー容量が凄い!】究極のスタミナ端末 WX04の電池の持ちを他と比較

デートや旅行の最中、ノリノリで動画を視聴していたら肝心なタイミングでモバイルルーターのバッテリーが切れちゃった!

これはモバイルルーターあるあるの中でも『イラッとくるランキング』のトップ3に入るシチュエーション。

そう。WiMAXルーター選びの基準には、通信速度やキャッシュバック金額といろいろですが、大部分の方が使い始めて後悔するのが

あぁもっとバッテリー容量の大きなルーターにしとけばよかったわ…

という部分。

据え置き型とちがい、モバイルルーターは行き先によっては丸一日充電できないこともあります。いくら通信速度やアンテナ感度が良くても電池切れじゃ動きませんね。

今回、そんなバッテリー切れが不安な方にむけ、各端末のバッテリー容量や電池の持ちにフォーカスして徹底調査しました。

結論から先にお伝えしておくと、

バッテリー容量、駆動時間、とにかくスタミナ面重視で選ぶならオススメ端末はWX04の一択!

これがワイマックス侍の下した決断。

バッテリーの大容量化+「休止状態」や「電源オフ」を勝手に選んでくれるスケジュール機能も装備!電池切れの不安から解消されたい方はWX04が最強です。

参考までにSpeed Wi-Fi NEXT WX04をもっともお得に申し込むなら以下の2社。このどっちかで申込んでおけば最安で3年間使い倒せること請け合いです!

【2017年12月更新】最新プロバイダ情報
  • 『高額キャッシュバックをドカンと欲しい』GMOとくとくBB⇨⇨⇨http://gmobb.jp/
  • 『とにかく月額料金を安くしたい』ブロードワイマックス⇨⇨⇨https://wimax-broad.jp/

▼さらに詳しく最新のWiMAXプロバイダを比較したい方は以下のページもチェック▼
WiMAXおすすめプロバイダの料金比較ページ

WiMAX端末のバッテリーの進化

モバイル回線の端末には大きくわけると

  • モバイルルーター(持ち歩く用)
  • ホームルーター(据え置き型)

この2つがあります。

先日、こちらの【speed wi-fi home L01】据え置き型のWiMAX端末!ホーム L01の凄い部分まとめでもお伝えしましたが、固定回線のように使うホームルーターは家庭用の100V電源を使うためバッテリーは必要ありません。

問題なのはWiMAXルーターの中心であるモバイルルーター。スマホのようにバッテリーに充電して使用するモバイルルーターの場合

  • 少しでも軽くコンパクトなサイズに!
  • より大きなバッテリーを装備して少しでも長い通信時間を!

このように重さやサイズを極力おさえつつ、大容量のバッテリーを装備しなくてはなりません。そのため旧モデルあたりが限界と思われていました。

ですがSpeed Wi-Fi NEXT WX04は、重さやサイズをおさえつつ、約10%(旧モデルと比較)の大容量化を実現してます。

Speed Wi-Fi NEXT WX04の4つの凄い部分

ではさっそく、バッテリー容量や電池の持ちを重視する方に超オススメの端末、WX04のバッテリー容量を旧モデルのW04とWX03と比較していきましょう!

WX04と他のWiMAX端末のバッテリー容量を比較

単純に容量を比較してみると、HUAWEIのW04はもちろん、最強スタミナ端末とよばれた旧モデルのWX03さえも上回っています。

 WX04
W04
WX03
電池容量3,200mAh2,750mAh2,890mA
電池パック(別売)
交換
交換可能交換不可交換可能

ついに3,000mAhの大台に乗りました!!

同じバッテリーなら10%大容量となれば、電池の持ちも10%アップします。

たとえば1日モバイルルーターを駆動させて、帰宅中の電車でバッテリー切れ…という場合、その10%アップのおかげで自宅まで持ちこたえる可能性もありますね。

たかが10%、されど10%です。モバイルルーターにとって電池が長持ちしてデメリットなど何一つありません。

バッテリー交換費用も考えると…

また地味な部分として、電池パックが自分で取り出せて交換できるって部分もWX03同様できるのでご安心ください。

もし電池が膨らみパフォーマンスが落ちたと感じたら、Amazonで代替品などの安値のバッテリーを購入して自分で交換できます。

逆にW04の場合、自分じゃ電池交換できませんので専門業者に修理を依頼して割高な純正のバッテリーを買わなくてはなりません。

このあたりの長期的なコストパフォーマンスを比較すると、やっぱりWX04のバッテリーがオススメですね。

じっさいに電池の持ちはどれくらい?通信時間を比較

今度はWX04をふくめ、今プロバイダで入手できる3つのモバイルルーターの電池の持ちを比較してみました。まずはご覧ください。

通信状態WX04(NEC)
W04(HUAWEI)
WX03(NEC)
ハイパフォーマンスモード約8.1時間約6.5時間約7.3時間
ノーマルモード約11.5時間約9時間約10.2 時間
エコモード約13.8時間約10.5時間約12.3時間

先日、440Mbpsが全国対応したこともあり、せっかくならハイパフォーマンスモードで利用したい気持ちもわかりますが、正直ノーマルモードでも、人によってはエコモードでも十分快適に利用できます。

ノーマル・モードの場合、大容量バッテリーのWX04はWX03よりも1時間以上、W04と比較すると2.5時間も電池が長持ちします。

職場や学校で充電できる環境の方だとそう大きな問題じゃありませんが、つねに移動している方や屋外での仕事で充電もままならない人にとって2.5時間の違いは大きいですね。

大容量バッテリーだけじゃない!WX04の省電力設定

さらに嬉しいバッテリーを温存するための嬉しい機能も追加されました。そいつがモバイルルーター初のスケジュール機能です。


よく考えたら就職中や職場でWi-Fi環境にずーっといる時、モバイルルーターが頻繁に駆動するのは電池の無駄使いに他なりませんよね。

なので無駄に電池を消耗しないよう、自分のライフスタイルに合ったオン・オフを自動的に行う機能をつけてくれました。

アナタが使っていないと思われる状況なら「休止状態」または「電源オフ」にして電池持ちが格段に向上しますよ!

WX04は買い!その他に追加された機能も凄かった!

ここまでの説明を読んでもらい、『WX04気になってきたわー』って方に、さらに気になる情報をいくつかご紹介したいと思います。

旧モデルのWX03も「名機」でしたが、その名機をリアルに使っているユーザーさんが

『こんな機能あったら嬉しいな!』

こういった意見をフィードバックしてNECさんは追加してくれました。

他にも沢山ありますが、3つに絞って駆け足でご紹介してみたいと思います。

  1. NEC製初の4G LTE対応で広いエリアをカバー
  2. 室内でもしっかり快適な通信を楽しめるアンテナ搭載の専用クレードル
  3. 一時的な4G LTEの利用に便利な「ワンタイム」機能

NEC製初の4G LTE対応で広いエリアをカバー

先日、3年契約の場合LTE回線の月額料金が無料になるサービスが開始されました。

毎月のLTE回線の月額料金が無料ということで、こぞってLTE無料プランに契約される方が目立ちましたが、残念ながら旧モデルのWX03はLTE回線に未対応…。

本当は国産のWX03が欲しいけれどLTE回線のためにファーウェイのW04を選ぶ。こんな方も少なくありませんでした。

ですが今回のWX04はご安心ください!

めでたくLTE回線に完全対応しております!!

このように地下鉄、地下街、山間部でもばっちり受信できるようになりました!!

エリアもぐんぐん拡張しているWiMAX2+回線ですが、周波数帯の違いもあって場所によってはプラチナバンドの方が入りやすい場合もあります。

たとえば

こういった高速直進性の高いWiMAX2+の苦手な、地下鉄、地下街、山間部という場所はスマホで利用するようなプラチナバンドの方がまわりこみやすく受信しやすいのです。

これからは通勤・通学やデートで地下鉄をつかわれる方、アウトドアで山間部にいかれる方も安心してWiMAXルーターを利用できそうですね。

室内でもしっかり快適な通信を楽しめるアンテナ搭載の専用クレードル

前作のWX03でもバカ売れした専用クレードル!もちろんSpeed Wi-Fi NEXT WX04でも健在です!

この専用クレードルについてご存知ない方のために、簡単に機能やメリットをお伝えしますと、

両サイドにある透明なプレート。これがWウイングアンテナと申しまして、端末には触れずに電波を効率よくバリバリ拾い集めてくれます。(非接触タイプといいます)

そもそも何故アンテナが必要なの?とお考えの方もいるかと思いますが、じつはモバイルルーターとよばれる端末はすべて持ち歩く前提のために

  • より薄く!
  • よりコンパクトに!

こういった部分を追い求めてデザインされているんですね。

その結果、ポケットに収まる洒落たデザインではあるものの

自宅で使うときは、そのコンパクトさが仇となり、受信感度にバラつきがでてしまいます。

その受信感度のバラつきが原因でブチブチ切れるケースや置き場所によって速度が大きく変わるというケースを招きました。

そこで解決策となったのが専用クレードルなんです!

こいつを装着することでWウイングアンテナが受信感度を強化して効率よくWiMAX2+の電波の受信が可能となります。これはファーウェイの端末には無いNEC独自のシステムです!

以下のページも参考にして下さい。

【WX04のクレードルってどう?】究極ルーターWX04のクレードルの特徴と価格、おすすめ度
このページでは最新のWiMAX端末、Speed Wi-Fi NEXT WX04検討中の方に向け、専用クレードルの特徴やメリットとデメリット、専用クレードルの価格、購入前にしておきたい注意点などを詳しく調べてまとめています

さらにビームフォーミングという室内のWi-Fi端末を狙い撃ちする機能も…

ついでにご紹介しておくと、今回のWX04のクレードル、WX03には搭載されていなかった『ビームフォーミング(TX Beam Forming)』という機能も追加されました。

わかりやすく言うと、こんな感じでなんとなく自宅の中をさまよっていたWi-Fi電波を、

イチローの送球のように、Wi-Fi端末めがけてズバーッと一直線にWi-Fi電波まで届けます!

部屋によってWi-Fi電波の受信感度が微妙…こんなユーザーさんには嬉しい!!

ちなみにビームフォーミングにより、スループット(データ転送能力)が約2割もアップしているそうです!

※どれほど高速通信が安定しているかは、こちらの【WX04の速度】待望の新機種、WX04のスピードをW04、WX03と徹底比較!でもお伝えしています。

一時的な4G LTEの利用に便利な「ワンタイム」機能

これまでW04をはじめ、4G LTEに対応した端末でありがちだったトラブル。

通信モードの切り替え忘れによる予想外の7GB制限

こいつを未然に防ぐため、WX04では、LTE回線を使い終わったら「ハイスピードプラスエリアモード」→「ハイスピードモード」へと自動で切り替わる【ワンタイム機能】を実装しました。

こいつを設定することで、ワンタイムのアイコンをタップするだけで確実にモードの切り戻し忘れを防止できます。

ワンタイム機能が設定されると

  1. 電源オフ
  2. ワンタイム解除をタップ
  3. 休止(無通信10分くらい)
  4. ワンタイム起動後、10時間経過

こういった状況で勝手にワンタイム機能が解除になり、ハイスピードプラスエリア・モード⇨ハイスピード・モードと自動的に変更されるため

簡単にいうと、

LTE回線を知らずにガンガン使っちゃう最悪のパターンを防止できるのさ

過去にLTE回線で7GB超えをした方には非常に嬉しい機能!

ちなみに3日で10GB制限なら翌日の18時~深夜2時頃までのゆるーい通信制限ですが、LTE回線での7GBオーバーは月末まで128Kbpsが続くきっつい通信制限です。

追加料金でギガを購入できないWiMAX2+回線において、仮に7GBがかかることは試合終了のホイッスルが鳴ったようなもの。月末まで昭和の時代に逆戻りですよ…。

基本、ギガ放題プランでも無制限に使いつつ、お出かけで緊急用としてLTE回線を使いたい!こんな方もこれからは通信モードの切り替え忘れによる7GB制限を予防できますね。

ユーザー目線の嬉しい機能といえるでしょう。

まとめ

以上、バッテリー容量や電池の持ち、スタミナ面にフォーカスしてモバイルルーターの現行モデルを比較してみました。

ご説明したとおり、国産の最新端末Speed Wi-Fi NEXT WX04が、

  1. 通信時間・待機時間
  2. バッテリー容量
  3. 交換時の出費や手間

この3つのポイントすべてのバランスが良く、スタミナ面では頭一つ抜きん出てている状態といえます。

かといってWX04だけ高額で販売されているわけでもなく、GMOとくとくBBでもブロードワイマックスでも基本どの端末も0円で購入できます。だった迷う必要もありませんね。

過去最高レベルのバッテリーを搭載したSpeed Wi-Fi NEXT WX04!

3年間、バリバリ活躍してくれるでしょう。

更に詳しいWX04の情報はこちらの【wx04評判】買いか?見送りか?WX03と徹底比較した結果でも詳しくお伝えしていますのであわせてご覧ください。

Speed Wi-Fi NEXT WX04をもっともお得にゲットするには…

どのプロバイダでも同じ速度・エリア・料金プランというWiMAX。

冒頭でもお伝えしたようにに、しっかり選んで実質的な費用が安いプロバイダを選んだ方が間違いなくお得になります。

その部分に注目して選ぶと、冒頭でもお伝えましたが以下の2社。

【2017年12月更新】最新プロバイダ情報
  • 『高額キャッシュバックをドカンと欲しい』GMOとくとくBB⇨⇨⇨http://gmobb.jp/
  • 『とにかく月額料金を安くしたい』ブロードワイマックス⇨⇨⇨https://wimax-broad.jp/

▼さらに詳しく最新のWiMAXプロバイダを比較したい方は以下のページもチェック▼
WiMAXおすすめプロバイダの料金比較ページ

20社以上あるプロバイダですが、条件を増やして絞り込んでいくと究極はこの2社が安く、その他のメリットも多いのでぜひ公式ページをのぞいて比較してみてください。

過去最高のバッテリー容量のWX04!ぜひ自分に合ったプロバイダをみつけて、お得にゲットして電池切れの不安なく使い倒してみましょう!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする