【Broad WiMAXとGMOのワイマックスどっちが正解!?】料金とキャンペーンをガチ対決した結果!!

数あるWiMAXプロバイダの中でも、安さ・人気において1,2を争う会社といえば、GMOとくとくBBとブロードワイマックス。

どちらも今、ノリに乗ってる最安プロバイダですが、一部のユーザーさんから

どっちも人気みたいだけど、ぶっちゃけどっちから申込むのが正解なの!?

 

こんなストレートなご質問をいただいたため、今回『緊急企画 WiMAXプロバイダ頂上決定戦』と称して2社のガチ対決をおこなってみました。

結論からいうと単純に金額面だけを比較すればGMOが有利なものの、万一の乗り換えやエリア問題、通信制限などを不安要因をふくめると、最終的にBroad WiMAXが頂上を制しました
GMOとBroad WiMAXでお悩みの方は必見ですよ!

Broad WiMAXなら契約中、受信状態や通信制限の問題で光回線への乗り換える場合、違約金は負担してもらえて安心じゃ!

▼月額最安&違約金負担ならココ▼

Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/

GMOとくとくBBとBroad WiMAXを5つの視点でガチ比較

さっそく2社のガチ対決に突入する前に、簡単に今回のガチ比較の判定基準をご紹介します。

今回、モバ神が比較項目にあげたのは

  1. 会社の規模・実績
  2. 選択可能なWiMAXルーター
  3. キャッシュバック金額・月額割引
  4. 不要なオプションと解約方法
  5. 他社にない独自のキャンペーン・特典の内容

以上の5項目です。

ひと昔前までのWiMAXプロバイダ選びといえば、単純にキャッシュバック金額だけを比較してナンバーワンを決めるのが普通でした。

しかしながら2018年現在、本当にお得なプロバイダは金額をふくめた全体のバランスで選ぶのが正解です。値段だけで選んでは後悔しますよ!

ということで各項目を順にみていきましょう。

会社の規模・実績はGMOの勝利!

第一ラウンドは『会社の規模』、この部分を比較してみます。

GMOとくとくBBBroad WiMAX
 運営元GMOインターネット株式会社株式会社リンクライフ
業界シェア第一位第二位
その他の事業内容インターネットインフラ事業
インターネット広告・メディア事業
インターネット金融事業
モバイルエンターテイメント事業
インターネット接続サービス
インターネット会員サービス
その他インターネット関連事業

ご存知ように、GMOとくとくBBの運営元はインターネットインフラ事業からインターネット金融事業まで幅広い事業を行う超大手企業のGMOさん。

一方、Broad WiMAXは他にも3WiMAXやネクストモバイル等のモバイルWi-Fi回線を主に取扱うリンクライフさん。こちらもGMOほど知名度はありませんがモバイルWi-Fi回線市場では名の知れた運営元さんです。

結果、『信頼性』という部分ではGMOとくとくBBもBroad WiMAXも僅差となりましたが、知名度や会社の規模、実績まで考えると、このラウンドはGMOの勝利とします!!

金額やキャンペーン以上に『大手で知名度のある会社こそが第一!!』という方はGMOがイチオシじゃ!
▼CBが受取れるならダントツの安さ!!▼
GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/

選択可能なWiMAXルーターの種類は引き分け!

サクサクと動画やネットサーフィン、ゲームアプリが楽しめるかどうかは、ネット回線の速度選ぶ端末!ここに他なりません。

そこでGMOとくとくBBとBroad WiMAXで選べるWiMAXルーターをガチ比較したところ

GMOとくとくBBBroad WiMAX
モバイル端末W05、WX04、WX04、W04W05、WX04
据え置き型端末ホーム L01sホーム L01s

という具合でGMOの方が取扱端末は多いものの、今、売れに売れている話題の爆速モバイルルーターのW05。

[kanren postid=”6034″]

光回線もいいけど工事が面倒!引越しが多い!という方の支持をあつめジワジワ盛り上がりをみせるソフトバンクエアーの好敵手、ホーム L01s!

[kanren postid=”779″]

どちらも話題のWiMAXルーターは確実におさえているため、このラウンドは引き分けとします!

これからWiMAXルーターを選ぶなら、とりあえず上記の2機種から選んでおくのが正解じゃぞ!

料金・費用は引き分け

今現在、GMOとくとくBBのキャッシュバック金額といえばこちら。

す、凄い…GMOで契約すればこんなに貰えるのですね!!!

この数字、Broad WiMAXはもちろん、あらゆるWiMAXプロバイダと比較してもダントツな高額キャッシュバックでした。

そんなモンスター・プロバイダに対しBroad WiMAXの公式ページをみてみますと…

GMOとくとくBBに対抗するどころか、キャッシュバック金額といえる数字はどこにも見当たりませんね……。

 

そう! そうなのです。

Broad WiMAXは一切のキャッシュバックを排除し、ユーザーさんが確実にゲットできる数少ない月額割引タイプのプロバイダなのです!

[aside type=”normal”] Broad WiMAXがキャッシュバックプランを行わない理由

ここ数年でWiMAXプロバイダが急増したことによりキャッシュバック金額戦争が勃発し、結果としてプロバイダのキャパを超えるキャッシュバック設定にまで上昇しました。

そのため、ユーザーさんをふるい落とすために受取手続きを複雑化し、受取難易度も上げるという最悪の事態を招いてしまったのです。

じっさいWiMAX業界でしっかりキャッシュバック手続きを行い、1年後にキャッシュバックを受けとれる割合は約2割程度…そこで確実にユーザーさんが受け取れるよう毎月の料金から一定額を割引するプランを始めたのがBroad WiMAXなのです。

なので単純にキャッシュバック金額や月額料金だけを比較するわけにもいきません。よって2年間(または3年)利用する前提でかかる費用を計算して一覧比較してみました。

どちらも超安い実質費用ということを理解してもらうために、敢えて公式のUQ WiMAXでの利用料金も並べてみます。

Broad WiMAXGMOとくとくBBUQ WiMAX
月額 3,411円 4,263円 4,380円
CB設定なし現金29,000~35,000円
※時期により変動
 商品券10,000円
※時期により変動
特典他WiMAXから乗り換え
指定回線への乗り換え
ともに違約金なし
 なし なし
総額83,359円 73,350円
※ただしCB受取損ねると103,350円
 105,897円

と予想通り、月額料金はBroad WiMAXがダントツですが、キャッシュバックを上手く受け取れた場合は、逆転してGMOの方が1万円ほど安くなります。

しかしながらキャッシュバックの受取忘れ・手続きミス・メールの紛失などの場合、残念ながら実質費用はUQ WiMAXに近い金額となりBroad WiMAXより2万円ほど高くなります。

ということで、このラウンドは引き分けとします!

結果、キャッシュバック手続きのできる人はGMO、逆に自信の無い人ならBroad WiMAXがおすすめじゃ!
\高額キャッシュバックならGMO
公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安ならBroad
公式 https://wimax-broad.jp/
\全部まとめて比較する!!/
注目記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較の結果!!

不要なオプションと解約方法はBroad WiMAXが勝利!

今現在、お得なキャッシュバックや料金プランを利用するとなると、ごく一部のプロバイダ(カシモWiMAXなど)をのぞき、何らかの有料オプションの加入が必須です。

本来は不要なオプションであっても、キャンペーン適用条件のため一時的に加入して後日解約するのが一般的な流れです。

そこでGMOとくとくBBとBroad WiMAXのキャンペーン適用条件の有料オプションと解約方法をガチ比較してみます。

GMOとくとくBBBroad WiMAX
加入必須の有料オプション安心サポートまたは安心サポートワイド
(初月無料)
安心サポートプラス、My Broadサポート

結果、GMOとくとくBBは安心サポートのみ、Broad WiMAXは安心サポートプラスとMy Broadサポートの2種の有料オプションが指定されていました。

そこでGMOとくとくBBの方が良心的…と思われる方もいるかもしれませんが、残念ながら現実は反対でした。

理由は以下の一覧をご覧ください。

GMOとくとくBBBroad WiMAX
有料オプション解約可能時期端末到着の翌月以降到着後、即刻可能

そうです。
Broad WiMAXの2つのオプションは端末到着の直後に解約できますが、GMOとくとくBBの安心サポートに関しては翌月以降にならないと解約手続きの画面に進めません。

結果、かなりのユーザーさんが有料オプションの解約を忘れ、知らずに安心サポートに加入しつづけている(300円または500円を払い続ける)ようです(モバ神調べ)

有料オプションの加入は仕方がないとして、オプション解約忘れの可能性が高いGMOの仕様は少々減点です。
よってこのラウンドは即刻解約できるBroad WiMAXの勝利とします!

他社にない独自のキャンペーン・特典の内容はBroad WiMAXの圧勝!

では最終ラウンドに入ります。

どちらも他プロバイダには無い独自のキャンペーンや特典を用意していましたが、その内容は大きな違いが現れました。まずは以下の表をご覧ください。

GMOとくとくBBBroad WiMAX
独自のキャンペーン20日以内ならキャンセル可能他社WiMAXからの乗換時違約金負担
光回線への乗換時、指定業者なら違約金不要

GMOとくとくBBの場合
[aside type=”normal”]20日以内ならキャンセル可能!

WiMAX2+をご利用後、ご満足いただけない場合、お申込みから20日以内であれば解約違約金無料でキャンセルができます。

といったキャンセル可能特典のみ。それも誰でも利用できるわけではなく

  1. ピンポイントエリア判定が「◯」
  2. 事前にGMOとくとくBBお客さまセンターに「20日以内の返品」の旨をご連絡
  3. 20日以内に弊社でWiMAX2+端末の返品を確認できた場合

以上の条件を満たしている必要があります。ちょっと厳しい条件ではないでしょうか!?

他社からの乗り換え時、他社への乗換時、どちらも違約金は要りません!!

一方、Broad WiMAXでとくに注目してもらいたいのは

  1. 他社WiMAXからの乗換時、前プロバイダ生じる違約金を負担
  2. Broad WiMAX加入後に不満があれば指定の光回線への乗り換えは違約金不要

以上の2つのキャンペーン。詳しく解説しますと

①Broad WiMAXの乗り換え違約金負担キャンペーン

たとえば今現在、GMOとくとくBBやSo-net、BIGLOBEなどのWiMAXプロバイダで加入中の方で、2年または3年契約の更新月がまだまだ先…という方。

ご安心ください!!
Broad WiMAXならアナタのかわりに払ってくれますよ!!

②Broad WiMAXのご満足保証

またBroad WiMAXに加入後、

  • どうも電波の受信感度がイマイチ…
  • 通信制限にちょこちょこ引っ掛かり光回線にすればよかったかも…!?

こんな場合も

そう! Broad WiMAXなら違約金不要なのです。

光回線とWiMAXで迷われている方、はじめてのWiMAXで受信状態や通信制限の部分が不安な方、そんな方々にとりあえずWiMAXの使い勝手を試してもらうために、以上の嬉しいキャンペーンを行っていました!!

都心部をはじめ人口カバー率99%というWiMAX2+回線ですが、念のためこんなキャンペーンのあるプロバイダから申し込んでおけば最悪の事態は回避できるのですね。

▼月額最安&違約金負担ならココ▼

Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/

ということで最終ラウンドはGMOを大きく突き放し、Broad WiMAXの圧勝とします!

【最終結論】確実にキャッシュバック手続きのできる1~2割をのぞきBroad WiMAXがおすすめ!

以上、過去にGMOとくとくBBとBroad WiMAXどちらも利用してきたモバ神が5つの項目で2社をガチ対決してみました。

さすがにWiMAXプロバイダのシェアNO1とNO2によるガチ対決というだけあり、予想通りのかなりの激戦となりましたが、最終ラウンドの

  1. 乗り換え時違約金負担キャンペーン
  2. 光回線への乗換時違約金不要

という2つのキャンペーンが決定打となり、

僅差ながらもBroad WiMAXの勝利!!

 

とモバ神は判定しました。もちろん状況によってはGMOの方がお得になり、もし乗り換えの予定もない、キャッシュバックも自信あり…という方はBroad WiMAXよりGMOがいいでしょう。

逆にキャッシュバック手続き、WiMAXの使い勝手に1mmでも不安を抱えている方はBroad WiMAXの方が安心できますよね。いずれにせよ業界最安の2社なのでどちらでもお得なのは間違いありません。

以上、GMOとくとくBB・Broad WiMAXによるWiMAXプロバイダ頂上決定戦の模様は以上となります。またキャンペーンがかわり次第ガチ対決させていただきます!

\高額キャッシュバックならGMO
公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安ならBroad
公式 https://wimax-broad.jp/
\全部まとめて比較する!!/
注目記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較の結果!!