【ブロードワイマックス調査!!】料金、特典、解約方法、メリットとデメリットまで全部調べてみました!

WiMAXプロバイダ選びの際、GMOとくとくBBとならび『おすすめプロバイダ』として必ず登場するブロードワイマックス。ご覧のアナタもきっとブロードワイマックスが気になっていたハズ!!

当ブログのコメント欄にも

他のプロバイダと何が違うの!? どこが凄いの!? 結局オススメなの!?

 

などなどブロードワイマックスに関するご要望を多くいただいたため、急きょブロードワイマックスのガチ調査を行ってみました。

当記事ではブロードワイマックスが気になるアナタの疑問を解消すべく

  • ブロードワイマックスの特長や料金・特典・解約手続きや費用
  • さらにGMOと比較して一体どうなのか!?
などブロードワイマックスをあらゆる角度から探ってみました。
またリアルに過去2年以上ブロードワイマックス愛用中のモバ神がブロード申込時の注意点も解説しています。ブロード検討中の方はぜひ最後まで目を通しておきましょう!!

面倒な手続きなく確実に割引してもらいたい人にはGMOよりお得じゃ!!
▼月額最安&違約金負担ならココ▼
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/

【業界2位!!】ブロードワイマックスの運営元と会社概要


今ではGMOにつぐ業界シェア第二位という人気プロバイダのブロードワイマックスですが、比較的、新しいプロバイダのため、ご存知なかった方もいると思うので、最初に運営元について簡単に説明します。

ブロードワイマックス(Broad WiMAX)は東京品川区の株式会社リンクライフ(Link Life)が運営するプロバイダでして、ここ数年、WiMAX市場を牽引する最安プロバイダ…とくとくBBに迫る要注目のプロバイダです。

また株式会社リンクライフ(Link Life)さんは、高額キャッシュバックでとくとくBBに迫る新興プロバイダの3WiMAXやネクストモバイルなども運営している会社。

要は何か他の事業のオマケで運営しているのではなくモバイルWi-Fiサービス専門の会社が運営しているプロバイダでした。

GMOとくとくBBにせまるシェア第二位!!
また比較的、最近のプロバイダということもありUQ WiMAX、BIGLOBE(ビッグローブ)、So-net(ソネット)、GMOとくとくBBなどより知名度は劣るものの、なんと2018年現在、顧客獲得のシェアではGMOとくとくBBにつづき第二位というレベルまで伸びています。

ブロードワイマックスとは!? Broad最大の特徴は月額割り


運営元や会社概要いついては納得した。しかしGMOとくとくBB、UQ WiMAXとくらべ知名度は劣ります。そこで

GMOやUQ WiMAXなど他プロバイダとくらべ、一体Broad WiMAXのどこが凄いの~!?

 

という方も多いと思うので、以下にブロードワイマックス最大の特徴をはじめ、
他プロバイダとくらべた際のメリット・デメリットを各3つに絞ってまとめてみました!

ブロードワイマックス最大の特徴

ブロードワイマックス最大の特長、それは…

『貰えるかどうか怪しい高額キャッシュバックなんかやめて、月額料金から自動的に割引きしちゃいまぁ~す!!』

というスタンス。
従来のキャッシュバック方式ではなく、月額割引に特化している点。スバリここです。
GMOなど2万、3万と高額キャッシュバックが設定されていたところで、手続きをうっかり忘れたり受取手続きをミスすれば、キャッシュバックは1円も受け取れません。

それについては別記事も書きました。

【とくとくBBキャッシュバック攻略!】キャッシュバック手続き3つの落とし穴と確実に受取る3つのポイント

2017.06.03
7~8割の人が貰えていないWiMAXのキャッシュバック!!
事実、受取手続きもっとも面倒だといわれるGMOとくとくBBのキャッシュバックは、約2~3割の人しか受け取れていないというのはこの業界では有名な話です。

なので面倒なキャッシュバックに自信の無い人にはオススメな反面、『どうせWiMAXなら高額キャッシュバックがいい!!』という人はブロードワイマックスは選択肢からは外してください。※キャッシュバック額ならダントツにGMOが最強でした。

▼CBが受取れるならダントツの安さ!!▼
GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/

ブロードワイマックスのメリット

当ブログはもちろん、WiMAX関連サイトでは一押しプロバイダで紹介されることの多いブロードワイマックス。

そもそもブロードワイマックスの最大の長所はどこにあるのでしょうか!?

当ブログでは数あるメリットの中から3つに絞ってご紹介します。

ブロードワイマックス3つの長所

じっさいに2年以上ブロードワイマックスを愛用してきた管理人が、過去の契約してきたGMOやUQ WiMAXとくらべブロードワイマックスでヨカッタと思えた長所は以下の3つ。

  1. 何はともあれ月額料金が業界最安級
  2. 最短即日発送!窓口なら当日に開通できちゃう
  3. WEB申込みで初期費用18,857円とモバイルルーターの費用がすべて0円

【メリット1】何はともあれ月額料金が業界最安級

まずブロードワイマックス最大の長所は月額料金の安さです!
ちなみにギガ放題プランを選択した場合、

さらにお得に利用できちゃうライトプランの場合

という感じで、1年後のキャッシュバックは無いものの、とにかく月々の費用が圧倒的な安さです!(※UQ WiMAXとくらべ約1,000円ほどお得です)

ここ……毎月の支払いだけに、地味に効いてきますよ!!

ちなみに2年間使い続けた場合、実質的にかかってくる費用は

プロバイダ月額料金手数料込み実質料金
(ギガ放題2年)
総合評価
ブロードワイマックス
3,411円(税抜き)
(最大2カ月間 2,726円)
83,494円
(CB受取手続きが無いため確定金額)
[star rating="4.5"]
最初からCB無しのため確実に実質料金で利用可能!

という感じになります。

何よりも、GMOとくとくBB、ビッグローブなどの高額キャッシュバックと違い、手続きなしで確実に割引が適用されるため確定金額です。この辺りも安心できますね!

【メリット2】最短即日発送!窓口なら当日も可!

プロバイダ選びに時間をかけすぎてしまい

  • 週末の彼女との旅行にモバイルルーターを持っていきたいけど時間がない!
  • 急な出張でネット環境が厳しそうなので、とにかく明後日までに手元に欲しい!
という急ぎで端末が欲しい方、1~2日で開通したいって方もけっこう多いです。
そんな時…

 

申込んだら1分でも早く手元に届いてくれると嬉しくありませんか!?

 

ちなみにWiMAXプロバイダも数多くありますが、その多くは申込み~3,4日で発送・・・という会社がほとんど。

そこで当ブログが、申込み~発送までの期間を片っ端から調べてみた結果、最短で翌日可能というプロバイダとなると

  1. Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
  2. とくとくBB

この2社だけでした。意外なことに老舗プロバイダの多くは3~4日必要とノンビリしていました。

中でもBroad WiMAX(ブロードワイマックス)は端末受け渡し窓口も用意されており、お住まいの地域によっては足を運べば申込み当日に開通できます。

今すぐ最短でWiMAXを利用したい!という人にも、即日発送のブロードワイマックスは超魅力的でした!

▼月額最安&違約金負担ならココ▼
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/

【メリット3】WEB申込みで初期費用18,857円、端末費用がすべて0円!

大部分のプロバイダが最新の端末を無料でゲットできるように、ブロードワイマックスでもWEBキャンペーン経由で申し込めばすべて無料となります!

また端末無料だけでなく、本来は発生するであろう初期費用の18,857円もWEB申込みで条件を満たせば完全に無料となります。

これらの理由から、もしブロードワイマックスを利用するなら絶対にWEB経由で申込みしてください。逆に電話申込みや店舗申込みすると上記が自腹になるので要注意!!

▼月額最安&違約金負担ならココ▼
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/

【申込み前にチェック!!】ブロードワイマックスのデメリット

他社プロバイダにくらべ、お得かつサービスの充実したブロードワイマックスですが実はデメリットもあります。

以下に当ブログ管理人が2年以上ブロードワイマックスを利用して気づいたデメリットを3つに絞ってまとめてみました。

  1. 初期費用無料には有料オプションや決済方法に条件がある
  2. 2年以内の解約金が高い
  3. 契約期間が選べない
順に説明しますので、詳しくみていきましょう。

【デメリット1】初期費用無料には有料オプションや決済方法に条件がある

先ほどメリット1でも登場した、初期費用無料キャンペーン。
誰でも無条件に適用されるわけでなく、WEB経由はもちろんのこと…

  1. 安心サポートプラス(550円)
  2. My Broadサポート(2ヶ月以内に解約すれば無料)

と、2つの有料オプションに加入するのが必須です。
どちらも端末到着後、すぐに解約できるオプションでがありますが、中には解約忘れで毎月オプション料金を払い続ける方もいるのでご注意ください。(※安心サポートプラスは初月費用の550円はしっかりと徴収されます)

また決済方法については

『必ずクレジット支払いを選択する』と記載され、初期費用無料キャンペーンにかぎっては口座振替はNG…かならずクレジット支払いを選択してください!

ネットの情報に惑わされないで!
通常の申込みページには口座振替もオッケーなブロードワイマックス(Broad WiMAX)。ネット上のWiMAX情報サイトの中には『ブロードワイマックスならクレジットカード不要』といった文言もあります。ですが初期費用無料にかぎっては、口座振替はNG…かならずクレジット支払いを選択してください!

【デメリット2】契約途中の解約金が高い!

普通に使っているかぎり、他のモバイル回線に乗り換えるパターンは少ないとは思いますが、万が一、引っ越した先がWiMAX2+エリア外だった…など、他の回線に乗り換えざるをえない状況もあるでしょう。

そんなときに忘れてはならないのが解約時の解約金です!
じつはWiMAXには各プロバイダに共通する解約金と、プロバイダごとに決められたキャンペーン解約金という二つがあります。

ちなみにWiMAXプロバイダに共通する解約金というのが

解約時期解約費用
12ヶ月以内19,000円
13~24ヶ月以内14,000円
26ヶ月目以降9,500円
更新月0円

基本、契約期間が満了する更新月とよばれる月を狙って解約しないかぎり、何らかの解約金が発生するのでご注意ください。

そんな痛い出費の解約金ですが、なんとBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の場合、プロバイダ独自のキャンペーンに対する解約金を用意していました。それがコチラです↓

というわけで、明らかに契約期間の途中で解約する予定の方は、当ブログ的にはブロードワイマックスをおすすめしません。

【デメリット3】契約期間が選べない

じつは先日まで2年契約プランのあったブロードワイマックスですが、この度LTE無料プランが登場したこともあり、契約プランがすべて3年に変更されました。

そもそもWiMAX業界全体がLTE回線の月額料金を無料にできる3年契約推しの傾向のため、今後はどこも3年契約になると予想していますが、とりあえず2年契約がいい人にはブロードワイマックスはおすすめできません。

ブロードワイマックスの速度・端末の種類・キャンペーンを解説

ブロードワイマックスに対する知識がだいぶ深まってきたところで、今度はブロードワイマックスを利用する上でハズせない、使い勝手の部分。これらをQ&A方式でご紹介しましょう。

ブロードワイマックスの速度って速いの!?

これまで何度もお伝えしたように、WiMAX2+回線はどこで申し込んでもUQコミュニケーションズの管理するWiMAX2+回線を利用します。

つまりブロードワイマックスでもGMOでもビッグローブでもUQ WiMAXでも家電量販店でも、走行する道路はみんな同じで単なる高速道路にのるときの料金所が違うようなもの。

なので走行するスピードはまったく一緒…通信速度もどこから申し込んでも同じなのです。ちなみに最新機種なら下り最大でマックス708Mbps、全国対応だと440MbpsというのがWiMAX2+回線のスタンダードな通信速度です。

ブロードワイマックスの端末の種類は何があるの!?

他プロバイダには4種、5種とWiMAXルーターを選べる会社もあるものの、ブロードワイマックスで今選べるのは上記の最新機種3種。

しかしながら、【WX04とW05ガチ比較】どっちがいい!? どっちを買うべき!?アナタに合ったルーターはこっち!!の記事でお伝えしたとおり、今からWiMAXに申込む際、上記3機種以外から選ぶ理由がまったく無く、この中から選ぶのが完全に正解です。

そういう意味では、下手に選択肢の多いプロバイダで変な端末を選ぶリスクの無い、ブロードワイマックスは料金的な端末のラインナップなのすね!

ブロードワイマックスのキャンペーンを教えて!!

中にはこんな人もいるハズ!

特典やキャンペーンしだいではブロードワイマックスの可能性もある!!

 

なので開催中のブロードワイマックスの3つのキャンペーンをご紹介しておきます。

他社WiMAXからBroad WiMAXへお乗換えで生じた違約金を負担

今現在、他のWiMAXプロバイダと契約中で更新月がまだまだ先…という場合、普通は高額な解約費用を払うか、更新月まで我慢というのが世の常。

しかし

というキャンペーンを利用すれば、好きなタイミングでブロードワイマックスに乗換えできますよ!

公式ページにも

他社WiMAXからBroad WiMAXへお乗換えされた方の初期費用、違約金※を当社が負担いたします。
※ 上限19,000円(非課税)

と上限19,000円まで負担してくれると約束してくれていました。

WiMAX⇒光回線の際、違約金負担

またWiMAX2+回線をしばらく使ってみて……

うーーーん、エリア、通信速度、通信制限が思ったように…!!

 

こんな場合もご安心ください。

Broad WiMAXをご契約いただいたお客様で、万が一通信速度などでご満足いただけなかった場合は違約金負担なしで弊社がご紹介する他のインターネット回線へお乗換えができます!弊社にて違約金負担いたします!
お申込み前に通信速度や使い心地などで不安であったりお悩みでしたら、ぜひ一度お試しください。

と指定の光回線ではありますが、

この中から選んでもらえたらブロードワイマックスに払うはずの違約金をいっさい払わず乗換えできます。

20カ月以上の方は無料で最新機種に乗換え可能

先ほど3年契約になったというデメリットを挙げましたが、2年⇒3年に延びて一番の問題となるのは、契約中に使用端末が壊れたりバッテリー寿命を迎えてしまうこと。

そこでブロードワイマックスはこんなキャンペーンも開始しました。

通常、機種変更には契約期間に応じて費用がかかりますが20ヶ月以上ブロードワイマックスを利用することで完全無料で最新機種に変更できます。

【追記】ブロードワイマックスとGMOとくとくBBの実質費用を徹底比較

先日、当ページをご覧のユーザーさんから『Broad WiMAXとGMOをわかりやすく比較して欲しい!』というご要望をいただきましたので、わかりやすく2社の特長をまとめてみたのでご覧ください。

Broad WiMAXGMOとくとくBB
契約期間3年2年
キャッシュバック無し3~4万(変動)
初期キャンセル8日以内20日以内
実質総額131,491円154,506円
実質月額3,652円4,291円
CB額35000円で受取れた場合3,319円
独自キャンペーン他社WiMAXからの乗換なら違約金負担
指定光回線への乗換なら違約金不要
無し

※端末はW05ギガ放題プラン3年契約で算出

【調査結果その1】GMOキャッシュバックを貰い損ねると実質月額は高い!!

ご覧のようにキャッシュバックを受取れた場合はGMOの方が安く、キャッシュバックを貰い損ねた場合はBroad WiMAXの方がずっと安くなります。

【調査結果その2】契約期間が短いのはGMO

また20社以上あるWiMAXプロバイダほぼ全てが3年契約のみという中、GMOとくとくBBだけは裏ワザ的に現段階で2年契約プランがあります。契約期間が短い方がいいならGMOをおすすめします。

【調査結果その3】Broad WiMAXなら乗換えの違約金を自腹で払わなくていい!

他社WiMAX契約中のため、乗換えで違約金が生じる場合は最大19,000円まで負担してもらえるBroad WiMAXがお得、さらに契約中に速度や通信制限などの理由で光回線に乗り換える際、違約金不要という独自キャンペーンもBroad WiMAXだけです。

結果、どちらのプロバイダを選ぶからアナタしだい!

以上が2社の大きな違いです。WiMAXはどのプロバイダ経由でも速度やエリアなど基本一緒です。最終的には

  • キャッシュバック受取リの自信があるか?
  • 毎月の支払いが少しでも安い方が嬉しいか!?
  • 他社に乗り換える可能性はないか?
などなどアナタの性格や今後の見通しで選んでおくのが正解です。まずは以下の公式ページで最新情報を確認してみましょう!

【2018年8月】今月の最安値情報
\高額キャッシュバックなら!!/
とくとくBB公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安なら!!/
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/
\プロバイダ選びで絶対に失敗しなくない人は!!/
参考記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較してみた結果!!

ブロードワイマックスの解約方法と解約費用

まだ契約前の方も、念のため、万一解約した場合の費用や申込み先を知っておくと慌てません。ここではブロードワイマックス解約費用と解約方法を解説します。

 

ブロードワイマックスの解約方法と連絡先

ブロードワイマックスを解約する場合、こちらのブロードワイマックス解約専用ページに進んでもらい、

  1. Broad サポートセンター 解約専用ダイヤルまでご連絡ください。
  2. 担当オペレーターにご解約をご希望である旨をお伝えください。
  3. 担当オペレーターにてお客様情報を確認させていただき、お客様のご解約の処理をいたします。

という流れで、以下の解約専用ダイヤル経由で解約をオペレーターに伝えて初めて解約となります。

解約受付窓口受付時間:11:00 ~ 18:00(月~土 / 年末年始は除く)
050‐5212‐7322

※解約窓口は毎月1日~3日、 20日~25日がつながりにくく、火曜日~土曜日の14:00~17:00が繋がりやすくなっているため、混雑時間帯を避けて電話してみましょう。

ブロードワイマックス解約費用

もし契約中にブロードワイマックスを解約する場合、

12ヶ月以内19,000円
13~24ヶ月以内14,000円
26ヶ月目以降9,500円
更新月0円

※上記の解約費用にくわえキャンペーン解約料金として9,500円が加算されます。

 

【まとめ】ブロードワイマックス

以上、ブロードワイマックスの特徴やメリット・デメリット、ブロードワイマックス申込みの流れと注意点をご紹介しました。

結論としては

  1. 1年後に面倒なキャッシュバック手続きなど100%無理だ
  2. 毎月の支払が4,300円→3,400円とお得な方が嬉しい
  3. クレジット決済可能、3年契約で問題なし
という部分が刺さった方はブロードワイマックスで決まり!!

また独自サービスとして『他社WiMAXプロバイダからのお乗換時』『Broad WiMAX⇒指定光回線にお乗換』という場合、ブロードワイマックス側が違約金を負担してくれます。

他社WiMAXで契約中で更新月が遠い方、WiMAXの使い心地しだいでは光回線に乗換えるかも…という方にもブロードワイマックスは安心です!

一度契約すると2~3年はお付き合いするWiMAXプロバイダ。しっかり比較してアナタの性格に合った会社を利用しておきましょう!

▼月額最安&違約金負担ならココ▼
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)