【Broad WiMAX(ブロードワイマックス)評判】料金、プラン、とくとくBBと比較した結果!

わざわざ当ページをみてくれているということは、

もしかしたらここ数年、メキメキと利用者を増やしているプロバイダのブロードワイマックス(Broad WiMAX)が気になって…

  • あんまり聞いたことないプロバイダだけど、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)ってぶっちゃけどうよ?
  • とくとくBBより安いって評判もあるけどBroad WiMAX(ブロードワイマックス)ってホントに安いん?

こんな風にBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の口コミや評判、じっさいにオススメのプロバイダなのかネットで調べまくってましたね?

まず基本情報として、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)はWiMAX市場でも後発組。なので知名度は他より低いです。これは知ってますね?

そこで今回、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の特徴や料金プラン、月額費用にキャッシュバックなど完全網羅してお届けいたします。

先に結論からいいますと、

1年後におこなう高額キャッシュバックの手続きとかに自信の無い人!
こんな人にはめちゃオススメのプロバイダですね。

このへんも詳しく解説しています。早速みていきましょう!

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)とはどんなプロバイダなのか?

まずはWiMAX、WiMAX2+を申込むにあたって、多少の金額差やちょっとした料金の違いなんていいから、

  • とにかく安心感!!
  • 信用できる会社じゃないと、絶対に嫌だぁ!

という方もいますね?

そういった方に向け、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)というプロバイダの基本的な部分をざっくりと説明しておきます。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の運営元は?

まず運営元。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は東京品川区の株式会社リンクライフ(Link Life)さんが運営するプロバイダとなります。

『あ、怪しい会社名…ヤバい会社なのでは?』

という方もいるでしょうが、実はまったくヤバくないです。

今、全WiMAXプロバイダの中でも、GMOのとくとくBBに次いでキャッシュバック金額ランキング第二位を突っ走る3WiMAX!

この3WiMAXの運営元がこちらの株式会社リンクライフ(Link Life)さんなのです。3WiMAXについては以下のエントリーをどうぞ。

【3WiMAXの口コミ・評判】キャッシュバック金額と加入前の注意点
ここ数年、新興プロバイダが続々と登場しているWiMAX、WiMAX2+市場。 いやぁ、キャッシュバック合戦をふくめ、本当に目が離せない...

つまり、

  • キャッシュバック金額に特化したプロバイダ→3WiMAX
  • キャッシュバックより月額を安く→Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

という二つのブランドを運営している企業さんなんですね。ちなみに3WiMAXも、ここ数年かなり伸びています。

ということで、複数プロバイダを運営中の信頼できるプロバイダとなりますのでご安心ください。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の月額費用や料金プラン 他社と比較

ではBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を知るうえで、もっとも大切な部分をお伝えします。

それは大多数のプロバイダがキャッシュバック金額を競い合っている中、なんと!

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は1円もキャッシュバックが無い!

もう一度いいます。

とくとくBBは30,000円オーバーという中、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は0円!!

ということ。

これはもちろん、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)がケチだとかそういう話じゃなくて、

『いくら高額キャッシュバック金額でも、受取損ねてしまえば、すごく損しますよ!』

『だったら、最初からキャッシュバック金額の分、毎月分割で割引した方が嬉しくないですか??』

という粋な計らいなんです。

こんなの待ってた!サンキューBroad WiMAX(ブロードワイマックス)!!

つまり、

  1. とくとくBB他、大半のプロバイダ→約1年後に一括キャッシュバック
  2. Broad WiMAX→手続きとか気にせず、毎月の料金を安く!

という現金を還元する方法が違うだけなのです。

ですので

『毎月の支払が安いのと、まとめてボーナスが入るならどっちが嬉しい?』

みたいな基準で選んでもいいですし、

『毎月の支払がぶっちゃけキツイ!1円でも安い方がいいんだよね』

みたいに選んでもいいと思います。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の月額費用はいくら?

参考までに月額費用がお得なBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の毎月の料金をお伝えしますと、

WiMAX業界、最安値ともいわれている通常プランで

また大半の方が選ぶギガ放題プランの場合、

といった感じになります。

上記の数字をみて

『毎月の支払が地味に安いって素晴らしい!ブラボー!』

と感じた方。

そんな方はとくとくBBよりBroad WiMAX(ブロードワイマックス)向きです。

もう迷う必要はありません。以下の公式ページでご確認ください。

▼こちらの公式サイトが現在の最安申込みページです▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

というわけで、ここまでの部分をまとめると

  • 『とにかく毎月の支払いが安い方が嬉しい!』
  • 『ズボラな自分は1年後、たぶんキャッシュバック忘れてるでしょ…』

みたいな人、もうBroad WiMAX(ブロードワイマックス)に決定しちゃっていいと思います。

だってキャッシュバックとか貰えない人多いんだもん!

という感じで、キャッシュバックを無くして確実に月額費用をおさえたい人なら

『もっとも安く運用できるのがBroad WiMAX(ブロードワイマックス)』

という部分は伝わりましたね。

ちなみに、以下の比較表をご覧ください。

プロバイダ月額料金CB込み実質料金
(ギガ放題2年)
総合評価
GMOとくとくBB
4,263円(税抜き)
(最大2カ月間 3,609円)
70,350円(税抜き)
(CB金額33,000円受け取れた場合)


実質料金は最安だがCBの受取難易度が…
3WiMAX
4,130円(税抜き)
(最大2カ月間 3,495円)
73,565円
(CB金額28,000円受け取れた場合)

CB金額と実質料金のバランスは高評価!
ニフティ
4,350円(税抜き)
(最大3カ月間 無料!)
75,000円
(CB金額20,100円受け取れた場合)

知名度、CB受取難易度どちらまずまず
ソネット
3,980円(税抜き)
(初月無料、最大2カ月間 3,495円)
73,570円
(CB金額20,000円受け取れた場合)

CB受取難易度はとくとくBBと同レベル!
ビッグローブ
4,380円(税抜き)
(初月無料、最大2カ月間 3,695円)
82,370円
(CB金額20,000円受け取れた場合)

CB受取難易度は低いが月額が微妙に高い
UQ WiMAX
uqロゴ
4,380円(税抜き)
(最大2カ月間 3,696円)
103,068円
(3,000円商品券を
受け取れた場合)

残念ながら実質料金が圧倒的に高い!
ブロードワイマックス
3,411円(税抜き)
(最大2カ月間 2,726円)
82,809円
(CB受取手続きが無いため確定金額)

最初からCB無しのため確実に実質料金で利用可能!
DTI wimax
4,300円(税抜き)
(最大2カ月間 3,500円)
74,800円
(CB金額29,000円受け取れた場合)

CB金額は魅力だが受取が複雑!

といった感じで、キャッシュバックを見事、受け取れた場合、

とくとくBBが実質料金においても最安プロバイダということがみてとれます。

でもとくとくBBのキャッシュバックは、非常に手続きが面倒な上

『ぶっちゃけ約8割のユーザーさんが受け取れていない!』

と、ものすごーく評判悪いんですね。正直これはいただけない。
どれだけ難易度が高いのかといいますと

この手の手続きに自信満々で、敢えてチャレンジされた強者の中でも、

  • 『GMOの専用メアドに届く莫大な迷惑メールの中から、キャッシュバックのお知らせが発見できなかった!』
  • 『メールは見つけたものの、申込み期間内に登録するの忘れちゃった!』

みたいな人、ものすごく多いです。

価格コム等の口コミ掲示板をのぞけば、そういった怒りに震え立ユーザーさん、ホント多いので、素人には厳しいチャレンジになるでしょう。

ちなみにキャッシュバックを受け取り損ねた場合

ということで少々縁起が悪いですが、今度は仮に

『各プロバイダでキャッシュバックを受取損ねた場合』

を、シミュレーションしてみましょう。最悪なケースも想定しておいた方がいいですよね。

百聞は一見に如かず。以下の表をどうぞ。

プロバイダ月額料金CBを受け取り損ねた場合の実質料金
(ギガ放題2年)
GMOとくとくBB
4,263円(税抜き)
(最大3カ月間 3,609円)
103,350円(税抜き)
(キャッシュバックもらい損ねた場合)

3WiMAX
4,130円(税抜き)
(最大3カ月間 3,495円)
101,565円
(キャッシュバックもらい損ねた場合)
ニフティ
4,350円(税抜き)
(最大3カ月間 無料!)
95,100円
(キャッシュバックもらい損ねた場合)
ソネット
3,980円(税抜き)
(初月無料、最大2カ月間 3,495円)
93,570円
(キャッシュバックもらい損ねた場合)
ビッグローブ
4,380円(税抜き)
(初月無料、最大2カ月間 3,695円)
102,370円
(キャッシュバックもらい損ねた場合)
UQ WiMAX
uqロゴ
4,380円(税抜き)
(最大3カ月間 3,696円)
106,068円
(キャッシュバックもらい損ねた場合)
ブロードワイマックス
3,411円(税抜き)
(最大3カ月間 2,726円)
82,809円
(最初からCB設定無し)
DTI wimax
4,300円(税抜き)
(最大3カ月間 3,500円)
103,800円
(キャッシュバックもらい損ねた場合)
※実質料金は初月~の無料期間をフル活用し、月額料金、キャッシュバック適用条件のオプション料金を最短で解約、ギガ放題プランをベースにした2年間の合計金額となります(詳しくは公式ページでご確認ください)

という感じで、最安で人気のプロバイダ、とくとくBBは、キャッシュバックをもらい損ねた場合、かなり割高なプロバイダに変身します。

もちろん約2割のユーザーさんは受け取れていますし、ちゃんとスケジュール管理して手続きができる方なら、とくとくBBでもまったくOKだと思います。

ただ

  • キャッシュバックの手続きの難易度は別として、そもそも1年後、覚えている自信がまったく無い!
  • キャッシュバックのことでビクビクしながら1年間も過ごすのは御免だ!

という方もけっこう多いはず。

そこで今回のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の出番なわけです。

この手の割引キャンペーンを最近ではソネット辺りも始めました。

それだけキャッシュバックを受け取りそこねる人が多く、月額割引のニーズがあるってことなんですね。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)を利用するときの3つの注意点

ここまでのご説明を読んでみて

『いくら高額キャッシュバックでも、受け取れないリスクは嫌だ!』

と、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)に心が傾き始めた方も多いのでは?

そこで引き続きBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の3つの注意点をまとめておきます。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は申込みをミスるとかなり損する!

というのも、

上手に活用すればお得な料金のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)ですが、以下の3つ。

  1. 二つの有料オプションに加入・クレジット支払いじゃなきゃ初期費用が無料にならない
  2. 2年間以内に解約した場合、解約金が高め!
  3. 必ずウェブ限定の特設ページから申し込むこと!

といった部分を見落としてしまうと、キャッシュバックの権利が発生しません。

ちょっと大変なことになりますのでご注意ください。
以下、順に説明します。

二つの有料オプションに加入・クレジット支払いじゃなきゃ初期費用が無料にならない

これ、キャンペーン詳細に小さく記載しているため、けっこう多くの方が見落としているようです。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)には以下の二つの有料オプションが用意されています。そして二つを契約時に申し込む必要があります。

ひとつが安心サポートプラス。

これは申込み時に加入することで、550円が徴収されます。

そしてもう一つ。

My Broadサポート。こちらは最大2か月間無料。なので端末が届き次第解約すれば費用は一切かかりません。

結果、初期費用そのものは無料になるとはいえ、上記の有料オプション初月分は覚悟してください(最低でも550円)

また端末到着後、速攻で解約できますが、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)のサポートセンターに電話で解約手続きを行います。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)にかぎらず、この手の解約受付のコールセンターはなかなか繋がりづらいです。

契約前の相談は超つながりやすい一方で、解約関係の連絡は担当が少ないのでしょう。1度や2度ではつながりません。

なので有料オプションをハズすだけとはいえ、ちょっと面倒な部分といえるでしょう。

また通常の申込みについては、クレジット支払い・口座振替の選択が可能なBroad WiMAX(ブロードワイマックス)ですが、

なんと初期費用無料キャンペーンだけはクレジット支払いのみ!(理由は不明)

この部分を忘れて口座振替を選択すれば、初期費用は普通にかかりますのでご注意ください。

年間以内に解約した場合、解約金が高め!

二つ目の注意点。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の初期費用無料キャンペーンは基本的に2年間の使用を前提としています。

よって2年以内の解約はWiMAXプロバイダ共通の解約金以外に、別扱いで9,500円ほど請求されます。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)以外にも2年以内の解約に対して、違約金が生じるプロバイダもいくつかありますが、この点はご注意ください。

必ずウェブ限定の特設ページから申し込むこと!

そして3つ目。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の申込みページもいくつかあるため、必ず初期費用無料と記載された公式サイトから申し込むこと!

この部分、申込みページによって微妙に違ったり、オプションの部分の規約が違うケースもあるので要注意です。

ちなみに現在、初期費用無料を記載したもっともお得なBroad WiMAX(ブロードワイマックス)申込みページは以下となります。

▼こちらの公式サイトが現在の最安申込みページです▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

結局、大手のプロバイダと比較してBroad WiMAX(ブロードワイマックス)はどうなの?

以上、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の特徴やメリット、加入時の3つの注意点をお伝えしてきました。

結論をいいますと

  • 『たしかにGMOとくとくBBのキャッシュバックは魅力的!だが最悪パターンを考えたら確実に受け取れる方がいい』
  • 『2年間は継続するつもり!キャッシュバックも嬉しいが、毎月の支払が安い方がもっと助かる』

みたいなユーザーさんならBroad WiMAX(ブロードワイマックス)、おすすめです。

ただ確実にキャッシュバックを受け取る自信がある方の場合、

とくとくBBの方が2年間のトータルで1万円程度、実質料金が安くおさまります。

なので記憶力や手続きを面倒に感じない方。そんな方はGMOとくとくBBがおすすめ。

またとくとくBBのキャッシュバックを受け取る自信は無いが、多少の手続きなら構わない・・・といった方。

そんな場合は、キャッシュバックの手続きが他社より楽な@niftyまたはビッグローブもおすすめ。

速度やエリアが同じだからこそ、自分に合った割引のあるプロバイダを!

このように、WiMAX、WiMAX2+はどこもUQWiMAXの回線を平等に利用します。

これがどういう意味かといいますと、

各プロバイダは、割引や魅力的なキャンペーンを用意して顧客を獲得する以外にユーザーさんを増やす方法が無い!

という意味なんですね。

なのでキャッシュバック金額だけでなく、今回のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)のように違ったタイプの割引が登場し始めたわけなんです。

つまり、

逆にユーザー側としては、キャッシュバック金額の上下だけで比較せず、

  • 確実にキャッシュバックを受け取れるのか?
  • 面倒な手続きはどうか?万一の解約時の解約金は高くないか?
  • 金額面以外の部分、たとえばサポートセンターの対応はどうか?

といった部分まで、じっくりと比較して選ばなければならない時代に突入しちゃった・・・ということです。

というわけで、

自分が1年後のキャッシュバック手続きのできる性格かどうか?

や、

毎月ムリなく支払える通信費用かどうか?

みたいな部分を考えてみれば、おのずとBroad WiMAX(ブロードワイマックス)向きかどうかハッキリするはずです。

で、トータルで考えてBroad WiMAX(ブロードワイマックス)がいいわーとなった場合、ちょっと慌ててください!

というのも、

この手のキャンペーン、予告なしにある日突然、終了します。

ですので、今回のような初期費用無料キャンペーン開催中に、ぜひとも申し込んでおきましょう!
ぜひ当ページを参考にお得で快適なWiMAX生活をゲットしちゃってくださいね!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする