【マンションのネットが遅い・切れる!】集合住宅の回線が繋がりにくい原因とおすすめの対策

マンションのネット回線が遅い サービス全般・基礎知識
WiFiの神さまマンションやアパートのWi-fiが遅い・頻繁に切れる場合、その原因は複数あり対策もさまざまです。マンション・アパートのwi-fiが遅い4つの原因と対策を解説し、根本的に解決するかもしれない編集部おすすめのwi-fiもお教えします
  • マンション側の光ケーブルや住戸数の問題かも!?
  • モデムやルーター、契約プロバイダの原因かも!?
  • 建物自体の問題だと根本的に解決は無理、試しにモバイル回線で様子をみる!

マンションむけwi-fi最安値をみる

なぜマンション(集合住宅)のwi-fiは切れたり・遅くなるの?

ソフトバンクエアーが遅すぎるんだよーー

WiFiの神さまネット中の3大ストレスといえば「動画の読み込みが遅い」「ブチブチ途切れる」「夜になると繋がりにくい」。 「なぜこんな状況になるの?」 まずはマンション・アパートのネット回線が切れる・遅くなる原因から解説ます!

マンション・アパートのでネットが繋がりにくくなる4つの原因

  1. 戸建てとちがい光ケーブルを共有しているため
  2. 途中からケーブルの種類が違うため
  3. 契約中のプロバイダが高速通信に対応していないため
  4. お使いのルーターがそもそも古いため

主な原因は上記の4つ。さらに詳しく説明していきます。

①戸建てとちがい光ケーブルを共有しているため

居住者全員で共有する光回線

そもそもマンションは戸建てとちがい、建物に引き込まれた光ケーブルを独占できず、マンションのすべての住戸で共有します。

最新の設備のマンションと築10年、20年のマンションでは設備もちがってきますが、建物に届いた時点では高速だったネット回線も各住戸に割り当てられることで、それだけ低速になってしまうのです。

WiFiの神さま
どんなに高速通信の光回線でもマンションタイプでは独占的に使えない…なので混雑具合によって速度が急激に遅くなるのです!

②途中からケーブルの種類が違うため

近くの電柱から直接宅内まで光ファイバーケーブルが引き込まれる戸建ての人にくらべ、マンションの多くは途中からケーブルの種類が変わります。

電柱⇨棟内共用スペース(MDF室)は光ファイバーケーブルで引き込まれ、棟内共用スペース(MDF室)⇨各住戸という部分は通常の電話回線…いわゆるVDSL方式が採用されます。

イメージとしては以下のイラストをご覧ください。

せっかく高速通信の光ファイバーケーブル(赤い部分)で引き込まれたネット回線ですが、各住戸に届ける最後の部分(青い部分がVDSL)で一気に低速になってしまいます。

光回線の広告では「1GB、2GB」と記載されていますが、VDSL方式の通信速度の最高は100Mbps前後…つまり最初から1GBなど到底無理な数値です。

もちろん100Mbpsという数値もあくまで理論値。ネット回線はすべてベストエフォート型なので実際の数値は100Mbpsの数分の一程度になってきます。

WiFiの神さま
せっかくの光回線でも最後の部分でVDSL方式となってしまうため、急激に速度が落ちる!!

③契約中のプロバイダが高速通信に対応していないため

これはマンションの方にかぎった話ではありませんが、契約しているプロバイダのスペックが不足しているケースも稀にあります。

とくに料金が他社より安くてお得なプランの場合、一時的に利用者が急増して設備が追いつかず速度が著しく低下するケースもあります。

とはいえ料金が安いプロバイダは遅く高いプロバイダは速いのか?というとそうでもなく、料金がお得なのに速度が安定して速いプロバイダもあります。

ただ契約中のプロバイダが理由もなく他社より圧倒的に安い場合、そのあたりも一度確認すべきでしょう。

④お使いのルーターがそもそも古いため

wi-fiルーター

『ネットが遅い!! Wi-Fiが切れる!!』

とマンション側のネット回線に原因があると決めつける人もいますが、意外と自宅でお使いのルーターに原因があるケースも多いです。

とくに有線接続ではなく『Wi-Fiが遅い』『頻繁に途切れる』という場合、回線を疑う前にお使いのルーターを確認した方がいいでしょう。

一世代前のルーターを使い続けている場合、そもそも規格が古く最高でも54Mbpsまでしか対応していないこともあります。

WiFiの神さま
せっかくの高速通信がルーターやケーブルの破損によって速度低下をまねいているかもしれんぞ!!

マンション(集合住宅)のネット回線(Wi-Fi)が遅いときの対策

では上記の4つの原因をふまえ、マンションのネット回線を速くするための対処法を原因別・マンションのタイプ別に提案していこうと思います。

【分譲の方・引越し予定なし】

もし分譲マンションにお住まいで本格的に工事可能であれば、光回線の中でも最速のnuro光などに乗り換えるのが最適です。

光回線は大きくわけて以下の3つがありますが、ご覧のように

会社名フレッツ光auひかりnuro光
下り最大速度0.2~1GB1GB1GB
上り最大速度0.1~1GB1GB2.5 GB
対応エリア全国全国一都六県

フレッツ光やauひかりとくらべても、上り・下り問わずnuro光が最速です。料金的にもお得なキャンペーンを利用すればかなりお得に利用できます。

ただフレッツ光やauひかりが全国対応なのに対し、現時点、nuro光は関東地方に限定されます。エリア内の方なら迷わずnuro光ですが、それ以外の地域の方は現状ならauひかりがおすすめです。

『nuro光が速い』はWi-Fi接続の機器が増えたときに実感する!!

とはいえ中には

WiFiの神さま
大袈裟に2.5GBとかいって、じっさいは1GBも出ないんじゃないの!?

こんな疑い深い方もいるでしょう。もちろんnuro光をふくめネット回線はすべてベストエフォート型のサービス…理論値のような速度はでません。

ベストエフォート型とは?
ベストエフォート型とは、「表示品質に近づける努力はしているが、保証はできないタイプ」のサービスのこと。
「ベストエフォート型」は、お手ごろな価格で高速回線を使えるという大きな利点がある反面、他の人と回線を共有しているため、回線の混み具合いなどによって、なかなか表示品質通りの回線速度にならないという欠点もあります。
出典 BIGLOBE(ビッグローブ)

たしかに実測値として2.5GBがでるわけじゃありません。

しかしながらPCにゲーム機、スマホやタブレットなど同時接続するWi-Fi機器が増えたとき、フレッツ光やauひかりとくらべ通信速度の余裕に大きな違いがでてくるのです。

WiFiの神さま
マンションの種類、エリアなどの条件をクリアした人はnuro光がもっとも快適なネット回線!

【賃貸・引越しの可能性アリ】

一方、賃貸マンションの方、ここ数年以内に引越しの可能性が高い方は、工事費用や引越し時の回線撤去費用を考えてもモバイル回線がおすすめです。

以下の比較表をご覧ください。

 ひかり回線等の固定回線WiMAXのホーム L01
サービス開始時プロバイダによっては工事に数ヶ月待ち
面倒な工事立会い
最短翌日、手元に届いた日に開通
サービス解約時解約金だけでなく、高額な配線撤去費用も更新月に解約する限り負担0円
出張や長期旅行・帰省時当然持ち運び不可手軽に持ち運び可能

上記のとおり、光回線のような固定回線とちがい、開通までの期間も短く撤去時もいっさい費用がかかりません。

また古いマンションで設備が古く100Mbps以上が期待できない方でも、モバイル回線ならマンション側の設備に関係なく最高でWiMAXなら440Mbps(地域によっては下り最大708Mbpsまで)という速度のため十分に光回線より速いです。

WiFiの神さま
ネット回線の設備が古いタイプのマンションだと光回線を選んでもポケットWi-Fiの方が速いケースも多い!!

ルーターが古い場合の対処法

通常、プロバイダからレンタル・購入できるルーターですが、普通に家電量販店でもAmazonでも購入可能です。

もしルーターのスペックがネット回線の遅さに影響をあたえているかも…と疑わしい場合、モデム⇨PCでの速度とモデム⇨ルーター⇨PCでの速度を比較して速度低下がみられるか確認できます。

基本、5年近く経過しているルーターをお使いの場合、最近の光回線の速度に対応していないパターンも多いです。それほど高額な出費でもないので最新のルーターに交換されることをおすすめします。

集合住宅に最適な回線はどれ? モバイル回線の最安値を調査

WiFiの神さま「どうやらマンションの回線そのものが遅いようだ…」 こんな場合、建物全体の問題なので自分1人では対策は不可能。 とりあえず工事不要のモバイル回線を用意するのが手っ取り早く解決できます!

どのモバイル回線がおすすめ? 選び方のコツ

今現在、Y!mobileやSoftbank、ドコモやauなど沢山のキャリアがあり、どのキャリアで契約するかで…

通信速度が快適かどうか
頻繁に通信制限にかかるかどうか
料金がお得かどうか

が大きく変わってきます。ちなみに当ブログ的には通信速度がモバイル回線で最速、かつ料金もプロバイダ選びしだいでは3,000円台前半で利用できるWiMAX回線がもっともおすすめ。

というわけで、当ブログがリアルなクチコミ情報をふまえ、モバイル回線の中でも端末が無料かつ月額がお得だった会社を6社に絞り込んでみました。

特典の詳細実質料金(3年総額)
35,000円(変動あり)
※ただし手続きは11ヶ月後
120,160円
155,160円(CB貰えない場合)
※CB変動制のため3.5万で算出
3段階の月額割引133,368円
30,000円
※ただし手続きは12ヶ月後
129,310円
159,310円(CB貰えない場合)
一律の月額割引133,320円
3段階の月額割引131,491円
CBなしの最安値
契約直後と1年後のCB×2回118,100円
CBありの最安値
134,100円(CB貰えない場合)
※ただしCBの1.6万はAmazonギフト券

基本、上記6社の中から選んでもらえばどこでもお得。しかし中には「うーーん6社全てを比較するのも大変だ…」という人もいるハズ。

そこで次項では編集部が6社→最安値の2社に絞り込んでみたので参考にしてみてください。

【マンションのwi-fiを安く!!】最安wi-fiの2プロバイダ

結論からいうと、今現在L02を最安値で契約できるプロバイダは以下の2社だと当ブログは考えます。

おすすめのタイプ3年間の総費用
面倒な1年後のCB受取手続きを忘れずに行う自信がない131,491円
CBなしの最安値
契約直後と1年後のCB申請手続きならできそうな人118,100円
CBありの最安値
134,100円
(CB貰えない場合)
選ぶポイントは「CB手続きできる?」
キャッシュバックを受取れた計算で全プロバイダ総費用を料金比較すると、現状で最安値は新興プロバイダのJP WiMAX。Amazonギフト券ではありますが総額では断トツにお得です。またキャッシュバックの受取ミスなど想定した場合、最初から月額割の設定しかないBroad WiMAXの総費用が最安でした。アナタが1年後のキャッシュバック手続きができるのか?という部分で選ぶ会社は決まってきます。

「GMOのような1年後のCB受取手続きなんて無理」という人なら、最初からキャッシュバックを撤廃して100%貰える月額割引を提供するこちら。

Broad WiMAXが総費用が1番お得です。

Broad WiMAXのWEB限定特設ページ

一方、「GMOとくとくBBのような面倒な手続きは嫌だけど簡単なURLを申請する程度の手続きなら問題ない」という人。こんな人だったらGMOとくとくBBよりも今話題のJP WiMAX!!

現金じゃなくAmazonギフト券ではありますが、受取手続きの難易度を考えても、JP WiMAXの方が実質的にお得です。

期間限定!!JP WiMAX特設ページをみる

WiFiの神さま
マンションから持ち出してつかう予定のない人は、【L02・L01s徹底比較レビュー】速度は? 受信感度は? 編集部が2台を並べて実測!で紹介した置くだけwi-fiの最新機種が一押しです!!

まとめ

以上、自宅のマンションのネット回線が

  • 遅い!!
  • ブチブチ途切れる!!
  • 夜だと繋がりにくい!!

というアナタにむけ、マンションのネット回線(Wi-Fi)を遅くしている原因を4つに絞って解説し、対処法をいくつか提案してみました。

単純にマンション側の原因というケースもあれば、お使いのルーターや利用しているプロバイダが原因のケースもあります。

まずはネット回線を遅くしている原因を探り、1つずつ怪しい要素を取り除くことが肝心です。

またマンション側の問題だと、そもそも住戸数も多く設備を簡単に交換することも実質的に不可能です。だったらマンション側の設備とは無関係なモバイル回線にサクッと切り替えるのも賢い選択だと思います。

いずれにせよ遅いネット回線ほどイラッとくるシチュエーションはありません。1日も早く原因をつきとめて快適なネット環境をゲットしてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました