【星ドラのリセマラ通信量】通信制限にかからずリセマラするコツと星のドラゴンクエストおすすめのリセマラ時期を発表!

ゲーム・アプリ

当ブログをご覧の皆さん! 星のドラゴンクエスト(以下星ドラと記載)を始める際、もしかしてこうお考えではありませんか!?

星ドラのリセマラってどのくらい通信量つかうの!? 

 

当記事では、そんな星ドラで最初にリセマラしたいけど、通信制限にかかりそうで不安……というアナタの不安を解消するべく

  • 星ドラのリセマラの通信量の目安
  • 効率よく星ドラのリセマラを行うポイント

を星ドラ初心者の方でも理解できるようわかりやすく徹底解説!!

また通信制限などいっさい気にせず、星ドラのリセマラを何度繰り返しても大丈夫なコスパ最強のモバイル回線も特別にご紹介します!

当記事でしっかりリセマラのコツを学び、スタート直後から最強の武器と防具をゲットしてみましょう!!

通勤・通学中でも通信量を気にせず星ドラを楽しむならポケットwi-fiは必須! 中でも以下の2社がコスパ最強じゃ!

 

\WiMAXプロバイダのTOP2/

 Broad WiMAX
当ブログの評価:★★★★★
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なのでキャッシュバック貰い忘れも無いうえに、途中で光回線に乗り換える際も違約金負担サービスあり!

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 GMOとくとくBB
当ブログの評価:★★★★
ゲットできれば3万どころか4万円超えも!! 業界でもダントツな超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しいならGMO!ただし手続きは11ヶ月後、半数以上の方は貰い損ねているためマイナス1ポイント。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです。

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 

【リセットマラソン初級者むけ】そもそも星ドラのリセマラとは?

「リセマラ」という方法を試したことがない人にとっては、急にリセマラと言われても意味が分からないと思いますが、

リマセラというのはそもそも『リセットマラソン』の略です!

リセマラのイメージを掴んでもらうために、ドラクエシリーズで例示してみます。

ドラクエシリーズにおけるリセマラとは!?

ドラゴンクエストのカジノ(5や6など)でコインを増やすために、スロットマシンを利用したとします。

あまりゴールド(ドラクエ世界の通貨)がないので100コインまでしか買えず、そこからコインを増やすものとします。

100コインが無くなってしまったら家庭用ゲームソフトなのでリセットボタンを使用すれば100コインを保有していた状態でセーブしたところからやり直せます。

今度は100コインを1,000コインに増やしてセーブしました。

そして今度はまた1,000コインを10,000コインに増やすために…失敗したらリセットして増やすまで続ける、つまり自分の思った通りの展開になるまで続けることになります。

これらの作業がマラソンのように長く自分で満足するまでいつ終わるかわからないことから【リセット+マラソン】ということでリセマラというわけです。

リセマラすると最高の武器や防具がゲットできる!

うまく利用すると最初だけですが、星ドラでは自分で気に入った満足いく☆5の武器や防具を手に入れるまで続けられるのがリセマラなのです。

ただしリセマラを繰り返して行うには、いくつかの問題があるのも事実で、次項ではその問題を取り上げてみます。

星ドラ1回のリセマラで費やす通信量の目安は!? かかる時間は!?

ある意味、星ドラを効率よく進めるために必須といえるリセマラですが、大きな2つの問題があります。
それが通信量の問題と時間の問題!

星のドラゴンクエストのリセマラの通信量

結論から申し上げますと、星ドラ1回におけるリセマラの通信量は

  • Androidでは約1GB
  • iPhoneでは約1,2GB

のデータ容量を消費します。

少し本題からそれますが、なぜ両者に通信量の差が出るかといいますと、簡単に説明すれば仕様の違いです。

強いて申し上げるとするならば『データ削除の有無』が関わってきます。Androidにはデータ削除の機能があり、iPhoneにはそれがありません。

これがあるからリセマラする時にiPhoneよりもAndroidの方が通信量を抑えられる結果となるわけです。

星のドラゴンクエストのリセマラに費やされる時間

本題に戻りますが、星ドラのアプリを再インストールして起動しオープニングを見てからリセマラの本質であるガチャ画面に至るまでに15~20分ほどかかります。

通信状況によっては長引く可能性があります。

願わくば自宅以外の通信、ドコモ・ソフトバンク・auなどのお店の中で利用可能なWi-Fi通信で行えば本来1GBかかってしまうのが【無料】になるのです。

リセマラの流れと効率的なリセマラの流れ

他サイトにも基本的な流れに関してやり方が掲載されているかとは思いますが、念のため説明しておきます。

ここでは星ドラを一度インストールしてガチャをしてみたけれど、あまりよくない結果だったので星ドラをアンインストールした状態から始めることにするとします。

その流れをまとめてみました。

  1. アンインストールした星ドラをもう一度インストール
  2. チュートリアルを閲覧後、5連のふくびき(ガチャ)を引く
  3. 1日1回無料のふくびき(ガチャ)をひく
  4. 「てがみ」より星ドラ開始記念で手に入る300ジェムを使用し単発ガチャ(300ジェム使用)を引く
  5. データのバックアップを取る
  6. 再び「てがみ」から300ジェムを受け取って単発ガチャを引く
  7. 星5が出なかったら、アンインストールしてやり直す

ここで大事なのは5番のデータのバックアップです。

リセマラをする時にデータをバックアップして300ジェムを獲得しますが、アンインストールする際には『メニュー』をクリックして【データバックアップ】タップします。

そして『アカウント解除』に進み、最終的に【登録解除】をタップします。

そうしないと再インストールした時に前のデータが残ってしまうので二度手間になってしまい時間をロスしてしまいます。
そこだけは注意しておきましょう。

またリセマラ実践者にとっては『一発』成功は考えておらず、むしろ願望。なので自分が納得するまで無料のWi-Fi通信を利用して何度でも行うことでしょう。

※チュートリアルガチャのみ武器で☆5装備が出現する場合もあります

リセマラのメリット

リセマラのメリットといえばやっぱりレベルを無視したとしても、最初から『強い』状態でストーリーが進められるという点に限ります。

例えば☆5装備である『ロトのつるぎ』と『ロトのよろい下』を手に入れたとして、それを誰かに装備させれば序盤で攻撃力と防御力が高い状態で有利に進められるのです。

家庭用ゲーム機で最初だけリセットボタンが使えるようなイメージですね。

うまくいけば、通常スタートよりもリセマラスタートだと何倍も速くストーリーを進めることも強くなることもできるのです。

事実上のロケットスタートが可能な点が最大のメリットなわけです。

リセマラのデメリット

上記で少し紹介しましたが、納得いく内容となるまでに時間を要する場合があります。

1回のリセマラに費やす通信量がハンパないので、無料のWi-Fi通信を利用しなければなりません…。それに短期でせっかちな性格の方には向かないやり方だと思います。

私はリセマラスタートで星ドラをプレイしているのでわかりますが、実際にやってみると思ったようにいきません。

リセマラは思うような結果を得るまでに長期戦になることがありますのでそれを覚悟してください。

また星ドラのようなメジャーなスマホゲームの場合、ガチャで強い装備を手に入れるには『リアル』が求められ、家庭用ゲーム機のようなリセットボタンが一切ありません。

1回あたりのリセマラに費やす時間を約15分だとすれば10回やると150分(実際はアンインストールを含め多少延びる…)、つまり2時間30分もかかってしまうのです。

さらに電池残量のことも考えると10回もやる前に100%あった電池がイエローラインの30%以下になってしまいます…。

充電しながらのリセマラは本体の負担が増すのであまりオススメはできません…。

星ドラにおいて最もベストなリセマラは年2日のみ!?

実は星ドラにおいてリセマラを実行するにあたり、最もベストな日が2日しかありません。
それが……

  • 『ドラクエの日』
  • 『星ドラ記念日』

以上の2日間です。

ドラクエの日とは!?

1つ目は毎年5月27日の『ドラクエの日』です。

この日にログインすれば誰でも10,000ジェム配布される絶好のリセマラチャンスなのですよ。

もちろんその日に限り何度でも10,000ジェムもらえてやり直しできます。

当然通常よりも☆5装備がもらえるチャンスが数倍アップします。

星ドラ記念日とは!?

2つ目は毎年10月15日の『星ドラ記念日』です。
昨年は2周年記念として3,000ジェム配布されました。

本来ならドラクエの日からリセマラを行って始めればよいのですが、いろんな事情があってできなかった人のためのセカンドチャンスがこの日なわけです。

こちらも通常より☆5装備がもらえるチャンスがアップしております。

逆に言えばこれらの機会を逃せば星ドラを通常リセマラする以外に始めるきっかけを失ってしまいかねません…。

これらの日にリセマラを行うべき理由

なぜ上記の日に行った方が良いかといいますと、先ほど記したように特別に配布されるジェムがあるからです。

それ以外の重要な理由としては、通常の☆5装備以上にレアなガチャが開催されているからなのです。

例えば【黄金竜装備ガチャ】と【ルビス装備ガチャ】で説明します。これらは年に3~4回ほどしか開催されないガチャなのです。

それ以上にレアなスキルが備わっているのです。

個人的ではございますが、リセマラをする人にオススメの武器と防具をご紹介します。

まず武器ですが、特にリセマラしてゲットしてほしいのが『ルビスのこん』と『黄金竜のオノ』です。

あくまで参考なので簡単に説明しておきますが、『ルビスのこん』のメインスキルを放つと自分の素早さが上がり、『黄金竜のオノ』に至っては攻撃力が上がるからなのです。

それをストーリー第1話の状態で保有していたらほぼ無敵ってわけですよ。

ボスもメインスキルでもって1発で葬れますからね。

次に防具ですが、特にリセマラしてゲットしてほしいのが『黄金竜のはごろも上』と『ルビスの盾』です。

こちらも同様な説明の仕方で紹介させていただきます。

『黄金竜のはごろも上』は敵からダメージを喰らった際に微量に回復します。ストーリー序盤の敵はこの防具を装備していれば物理ダメージは1ケタで収まり、かつ回復するHPは15~24なので事実上を喰らって死ぬことはありません。

呪文ダメージはまた別ですが、序盤の敵はそこまで脅威となる呪文は使用してきませんのでご安心ください。

『ルビスの盾』は敵から放たれる呪文を無効化してくれます。

それに盾スキルを使用すればHPが回復しますので、序盤であれば立ち回りが下手でない限り死ぬことはありません。

ある意味この2つを手に入れればストーリー序盤において無敵と言っても過言ではありません。

武器も必要ですが、個人的にはリセマラするならこの2つの防具を手に入れておきますね。
死ぬことがないので。それを優先させて武器は最低でも上記で紹介した2つのうちの1つが手に入れば御の字だと私は考えます。

星ドラのリセマラまとめ

誠実な星ドラ・プレイヤーからみれば……

リセマラなんて単なるチートじゃん!!

という方も少なくなく、そもそもリセマラは最初だけ使える裏ワザのようなものです。

しかし裏ワザを使ってでも有利に進めたい人は多く、そんな方々にとってリセマラは恒例のオープニングの儀式みたいなもの…!!

また通常の時期はもちろん、できればご紹介した有利な時期にリセマラを行われることを強くおすすめします。

通信量に関しても自分の通信(4GやLTE通信など)で行うのはもったいないので、ドコモ光などの契約を交わしていない方などは携帯ショップで利用できるWi-Fi通信を利用してインストールすれば通信量の節約ができます。

総括すれば、星ドラに関して言えば『ドラクエの日』にリセマラを行いWi-Fi通信を利用して通信量の節約をして自分が望む☆5の装備が手に入るまで行えば最適といえるでしょう。

リセマラする人もしない人も星ドラするならポケットwi-fiはあった方がいい!

また繰り返しお伝えしますが、リセマラをふくめ通信量をけっこう消費する星ドラは絶対にモバイルルーターを持ち歩いた方がストレスなく楽しめます。

スマホの通信制限になる前に月間上限なしのポケットwi-fi・WiMAX2+をご検討ください。今回の星ドラのリセマラ調査は以上です!

\WiMAXプロバイダのTOP2/

 Broad WiMAX
当ブログの評価:★★★★★
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なのでキャッシュバック貰い忘れも無いうえに、途中で光回線に乗り換える際も違約金負担サービスあり!

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 GMOとくとくBB
当ブログの評価:★★★★
ゲットできれば3万どころか4万円超えも!! 業界でもダントツな超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しいならGMO!ただし手続きは11ヶ月後、半数以上の方は貰い損ねているためマイナス1ポイント。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです。

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)
この記事を書いた人
ヨーアン

WiMAX利用歴6年の根っからのモバイル回線ユーザー。モバイル回線が複雑過ぎてわかりづらいと感じたため、こんなサイトを作ってしまいました。

ゲーム・アプリ
WiMAXとポケットWi-Fiのおすすめ比較!もばいるwi-fiの神さま