【家電量販店からWiMAX申し込むと大損!!】ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラより直プロバイダがいいぞ!!

ひと昔前とくらべ、ポケットWi-FiやWiMAXなどのモバイルWi-Fimの申込み先ってホント増えましたよね。YモバイルやUQ モバイルのショップも増えたしスマホ経由ならプロバイダも選び放題です。

とはいえ…

家電量販店マニアの自分は、家電量販店でじっさいに販売員さんの説明を受けたうえでWi-Fi契約するのがいいー!!

こういったお考えの方も意外と多く、事実、家電量販店のWi-Fiコーナーで契約中の人ってけっこう見かけませんか!?

 

そこで今回、そんな家電量販店経由でポケットWi-FiとかWiMAX申込もうとお考えの方にむけ

  1. 家電量販店からポケットWi-FiやWiMAXはお得じゃない理由
  2. ネットのプロバイダ経由が家電量販店より数万円も安い理由

この2つを徹底解説していこうと思います。ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ケーズ電機、エディオン検討中の方は必見ですよ。

残念ながら家電量販店からWi-Fiを申込むメリットは何一つ無し!! ネット経由のプロバイダから申込むのが最安パターンじゃ!!
【2018年4月】今月の最安値情報

\高額キャッシュバックがいい!!/
とくとくBB公式 http://gmobb.jp/
\月額料金が安いのがいい!!/
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/

▼さらに詳しく比較してみる▼
WiMAXおすすめ会社ガチ比較

家電量販店からポケットWi-FiやWiMAXに申込むのはお得じゃない3つの理由

結論から先にお伝えすると

  1. スマホとちがい設定不要のモバイルルーターは販売員の説明不要
  2. 店舗によっては過剰在庫・一世代前など端末を選べない
  3. そもそもキャッシュバックや特典も少なく最初の料金設定が高い

これらの理由により家電量販店からポケットWi-FiやWiMAXに申込むのはおすすめしません。

え!? どゆこと!?

という方もいると思うので以下で詳しく理由を説明していきます。

①モバイルルーターは販売員の説明が不要

とくにモバイルWi-Fi初心者の方だと、申込み方法や初期設定をふくめ『ちゃんとスマホやノートパソコンにつなげるかな…』この部分がちょっぴり不安もありますよね。

そこでネット経由じゃなく、実店舗で販売員さんにきちんと説明を受けておきたい…と考える人も多いですが、

スマホと違いモバイルルーター端末は非常にシンプル!! 電源を入れて記載されたパスワードを入力するだけ!!

なのです。

スマホの初期設定だったりデータを移行したりと何一つ煩わしい作業はありませんので、わざわざ店頭で販売員に説明を受けるメリットは正直ないでしょう。

②店舗によっては過剰在庫・一世代前の端末を強引に売りつけることも…

半年~1年という短期間のサイクルで新機種がガンガン登場するモバイルWi-Fi市場。

つまりモデルチェンジが頻繁に繰り返されるゆえ、売れ残り機種、過剰在庫の機種もでてきます。そこで店舗としては在庫端末を売り切ろうという考えから…

 

『こちらの端末がもっともお得で、この端末に限りお得なキャンペーンが適用でーーっす!!』

こういったモバイルWi-Fiルーターの知識の乏しいユーザーさんを餌食にするような悪魔のキャンペーンが行われています。

 

もちろん昨年度のモバイルルーターだからといって極端に性能が劣るわけじゃありませんが、モバイルWi-Fiは2年または3年契約。3年後も現役バリバリで働いてもらいたいなら、少しでも新しい端末を選ぶのが鉄則です。

家電量販店の店頭では稀にこういった『これって本当にお得!?』と思われるキャンペーンを開催しているので要注意です。

③キャッシュバックや特典も少なく最初の料金設定が高い

そして何よりも、月額料金が高くキャンペーンや特典が少ない!!というのが家電量販店をおすすめできない最大の理由。

これについては先日、【WiMAXヤマダ電機で申し込むと損!?】家電量販店のキャンペーンよりプロバイダ直がお得な全理由という記事でも書きました。

一部抜粋すると

といった具合に割引前の料金設定が謎に高く、ちょっと安いのは最初の3ヶ月間だけで、結局はお得割という割引適用されても月額料金は4,380円が続きます。

ネット経由のプロバイダで最安の会社を比較してみた

一方、20ほどあるWiMAXプロバイダの中でも『月額料金が最安』と話題のブロードワイマックスの場合、同じギガ放題プランを選ぶと

こんな具合にしばらく3,000円以下がつづき、高くなっても3,411円という金額で2年間使い倒せます。

一般的な家電量販店価格のヤマダ電機にくらべ、月額料金で1,000円近くも違うってけっこう大きいですよね!?

▼月額最安&違約金負担ならココ▼
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/

ネットのプロバイダ経由が家電量販店より数万円も安い理由

さて家電量販店とネット経由のプロバイダ、どこから申込んでもUQ WiMAXと同じWiMAX2+回線をつかうのに、

なぜこれほどまでに料金が違うの!?

という疑問が生じた方にむけ、なぜ家電量販店からモバイルWi-Fiを申込むのが高くなるのか徹底検証しました。

結果、もっとも大きな理由と思われるのが…

  1. 実店舗と販売員の人件費
  2. そもそも家電販売メインなのでプロバイダ業に本気じゃない

以上の2つの理由です。

①実店舗と販売員の人件費

ネット経由のプロバイダとくらべ、家電量販店の店頭やWi-Fi契約ブースにはつねに何人もの販売員が常駐しています。店舗の一画を借りる上、スタッフの人件費も安くありません。

そういった費用がユーザーさんの払う月額料金に反映されているのかもしれません。

②そもそも家電販売メインなのでプロバイダ業に本気じゃない

ネット経由のプロバイダの多くは、モバイルWi-Fiルーターを取扱いするものの、パソコンやらスマホまたは家電などの販売は行いません。純粋にモバイルWi-Fiサービスを提供して利益を出します。

どちらかといえば、

『家電量販店でパソコンやタブレットを購入したついでにモバイルWi-Fiもどうですかぁ!!』

という家電量販店のWi-Fiコーナーとはそもそもスタンスが違うのです。

これらの2つの理由により、当然ながら獲得する契約者数も違いが生じ、WiMAX2+回線の管理者であるUQ コミュニケーションズさんから貰えるインセンティブもかわってきます。

家電量販店のWi-Fi契約が高い…というよりも単純に

家電量販店にくらべ、ネット経由のWiMAXプロバイダの本気度が高いだけ!!

という結論でこの章をしめさせて頂きます。

まとめ

以上、ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ケーズ電機、エディオンなど家電量販店の店頭でWi-Fiに申し込んだパターンとお得なプロバイダから直接申し込んだパターンを比較してきました。

最後にもう一度結果をまとめると

  1. 同じサービス内容にもかかわらず、家電量販店経由だと2年で2~3万は損する
  2. 下手すると店舗側の売りたい端末を掴まされる可能性もある
  3. 申込み時・自宅での初期設定は実店舗でもネット経由でも大差ない

これらの理由がハッキリしました。

初めてのモバイルWi-Fiという人だと『ネット経由だと不安…』という人もいますが、これだけネガティブな面が多いと、家電量販店のメリットよりデメリットの方が多いですよね。

 

よって初心者の方こそ、好きな端末を好きな料金プランでお得に使い倒せるプロバイダ直!!を強くおすすめ致します。せっかくなら最安のプロバイダから申込んで浮いた3万円でバッチリお買い物しちゃいましょう!!

モバ神が徹底比較した結果、実質的に月額料金が最安だったのはブロードワイマックス!! 以下の公式ページで驚きの料金をチェックじゃ!!
▼月額最安&違約金負担ならココ▼
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/