【家族でつかえる自宅Wi-Fi!!】安くておすすめのファミリー向けWi-FiルーターはWiMAXの置くだけwi-fiだった

置くだけwi-fi

光回線のような大掛かりな工事も不要。それでいて通勤・通学、デートや出張、さらに長期の旅行までどこでも持ち運んで便利につかえるのがモバイルルーター最大の特長。 しかしながら最近はこんなユーザーさんも増えているのをご存知ですか!?

使うのはほぼ自宅だけ! それよりも家族みんなでつかえる自宅用Wi-Fiが欲しい

本記事ではそんな家族むけwi-fiをお探し中のアナタにかわり、独自の視点で自宅Wi-Fiの徹底調査をしてみました。 家族みんなのスマホ、タブレット、ノートPCが快適につかえるのはモチロン

最短(今すぐ開通)
無制限(Wi-Fi使い放題)
値段(料金がお手頃)

以上、3つの視点で最強の家族向けにオススメのwi-fiルーターを絞り込み、その上でアナタにベストな自宅Wi-Fiを決定いたします。
お得に家族でつかえる自宅用のWi-Fiをお探しの方は必見ですよ♪

【結論】家族みんなのスマホを接続して無制限かつお得なのはWiMAX2+が正解!

今回、家族むけに便利な「置くだけwi-fi」(ホームルーターともいう)とよばれるあらゆる端末を洗い出し、販売元の公式ページ、さらにUQ WiMAXやソフトバンクなどの店舗にも足を運び徹底比較してみました。

で、最後までお付き合いしていただくのも大変なので、まずは「家族向けの最強wi-fi」から先に発表し、その上で比較対象や「その根拠」を詳しく説明したいと思います。

評判の悪いソフトバンクエアーにくらべ評判が激アツだったL01s

まずは「家族むけwi-fi」にとって重要な要素・・・

通信速度・wi-fi機器の同時接続台数
月額料金の安さ
契約期間縛り、通信制限のユルさ

以上の3つの基準をクリアした端末に絞り込んだところ、上記を満たした置くだけwi-fiは、今現在、ソフトバンクエアーとWiMAXの「L01s」の2機種に絞られました。

そこで2機種のスペック、料金、利用者のクチコミ情報などを徹底検証してみたところ、

WiMAX L01sソフトバンクエアー
基本スペック2.4G/5G同時利用可
有線LANポート有り
有線LANポート有り
メリット最安会社なら月額3,411円と破格
通信速度440Mbps
通信制限が明確
申込先がシンプル
デメリットプロバイダが多く選ぶのが大変
通信制限の基準が明確
月額4,880円~と高め
端末が月賦購入月額下り最大350Mbps
通信制限が曖昧
総合ポイント★★★★★★★★

あらゆる項目において「ソフトバンクエアー」よりもWiMAXの「L01s」が上回っているという事実が発覚しました。

結論ソフトバンクエアーを選ぶべき理由が1つもみつからないため、当ブログ的には断然にWiMAX「L01s」をおすすめします。

つまり家族向けwi-fi最強は・・・

「WiMAXのL01s」で決まり!

ソフトバンクエアーと違い、端末は完全無料な上に月額最安のBroad WiMAXから申し込めば月間上限なしで月額2,726円から使えちゃいますよ♪

▶▶Broad WiMAXをもっと詳しく見る

ということで上記の結果をふまえ、次項では他の「比較対象となった回線」や最終的にWiMAXのL01sが選ばれた「理由」についてご説明していきます。

条件1 『今すぐ開通』の自宅のWi-Fiルーターで絞り込んでみた結果

まず自宅でWi-Fi環境をつくるために必要なネット回線の有力候補となるのが

  1. フレッツ光・auひかり等、光回線
  2. ADSL回線
  3. ポケットwifi、WiMAX等のモバイルWi-Fi

以上の3つ。

で、肝心な『大掛かりな工事があるのか!?』 『回線が開通するまでどのくらいかかるのか!?』という部分をみてみると…

回線の種類開通までの期間
1位WiMAX、YモバイルなどポケットWi-Fi最短翌日(通常2~3日)
2位ADSL早くて1週間~
3位フレッツ光・光コラボなど光回線早くて2~3週間(nuro光は1ヶ月以上)

このような結果に。

一位のモバイルWi-Fiが早ければ翌日開通とダントツなのに対し、一番遅かった光回線だと繁忙期やお住まいの地域の状況によって2ヶ月待つこともザラにあります。

残念ながら『今すぐWi-Fiが欲しい!!』という条件はクリアできないため、今回のテーマに関しては脱落とします。

通信速度に問題のあるADSL回線…

一方、開通までの期間はそこそこのADSL回線。

これはひと昔前に一世を風靡したネット回線でご存知の方も多いと思います。嬉しい部分として金額的には最安級なのですが…

  1. 通信速度が遅く今の時代のWi-Fi機器だと厳しい!!
  2. 自宅に電話回線をお持ちでない方だとお得感が下がる!!
  3. 数年後を目途に回線そのものが廃止される!!

これらの理由、とくに①は致命的ですよね。比較すれば一目瞭然ですが、光回線やモバイルWi-Fiとくらべて通信速度がこんなに遅いのです。

回線の種類下り最大の速度
1位フレッツ光・光コラボなど光回線1GB(nuro光は2GB)
2位WiMAX、YモバイルなどポケットWi-Fi440Mbps(WiMAX2+の全国エリア)
3位ADSL12Mbps

よって今回はADSL回線も候補として外させてもらいました。

つまり自宅用Wi-Fiとして最強なのは…モバイルWi-Fi!! に絞られました。

条件2 『Wi-Fi使い放題』の自宅のWi-Fiルーターで絞り込んでみた結果

家族でつかえる自宅用Wi-Fiとしてピッタリな『モバイルWi-Fi』。今度は各種あるモバイルWi-Fiの中から『Wi-Fiが使い放題』という条件で絞っていきます。

キャリア名Wi-Fi使い放題プランの有無月額料金
DoCoMo なし —
auあり(WiMAX 2+フラットfor DATA EXまたはfor HOME)4,880円
ソフトバンク あり 3,996円(Airターミナルを割賦購入の場合)
ポケットwifi(Yモバイル)あり( ポケットwifiプランL) 4,380円
WiMAX あり(ギガ放題プラン) 3,411円(ブロードワイマックスの場合)

ご覧のように『Wi-Fi使い放題』という条件で比較したところ、ギガ数に応じた料金プランの設定しかないDoCoMoは残念ながら脱落となります。

次章でさらにau、ソフトバンク、Yモバイル、WiMAXをガチ比較してみます。

条件3 『お得な料金』の自宅のWi-Fiルーターで絞り込んでみた結果

今度は条件1、2をクリアしたau、ソフトバンク、Yモバイル、WiMAXの4つのキャリアを『お得な料金』という視点で比較してみます。

マジか…端末を割賦購入させるソフトバンク

まず月額料金が高いとか安いの問題の前に、モバ神的には端末をレンタルまたは割賦購入から選択させるソフトバンクは脱落です。使い続けていれば端末価格を割引してもらえるため実質無料というふれこみですが、いかにもスマホキャリアのやり口です。

そもそもルーターの価格設定も高すぎですし、回線の契約が2年なのに端末代金の返済は3年間続きます。結局はもう一回ソフトバンクと契約して計4年の縛り期間となってしまいます。なのでソフトバンクは脱落。

嘘やろ…同じサービスなのに料金高めなau

また利用する回線が『4G LTE』と『WiMAX2+』にもかかわらず、多くのWiMAXプロバイダより料金設定が高めのauもこの条件を満たしていません。

またauスマホのユーザーさんならお得な料金設定ではありますが、このあたりもUQ WiMAXをはじめWiMAXプロバイダでもauスマホのユーザーさん向けの割引があるのデメリットになりません。よってここで脱落となります。

結果、おすすめの自宅Wi-Fiルーター端末と申し込み先は!?

というわけで『今すぐ家族でつかえる自宅用Wi-Fi』の3つの条件を満たしたキャリアは

  1. Yモバイル(ポケットwifi)
  2. WiMAX(UQ WiMAX、GMOとくとくBB、ブロードワイマックス等)

この二つに絞ることができました。

で、さらに突っ込んでYモバイルとWiMAXをガチ比較してみると以下のようになりました。

エリアの広さ全国99%(人口カバー率)全国99%(人口カバー率)
スピード(最大速度)612Mbps708Mbps
月額料金(サービス期間をのぞく)4,380円(3年のお得割選択時)3,411円(ブロードワイマックス加入の場合)
速度制限3日で10GB(ポケットWi-FiプランL)3日で10GB(ギガ放題)
端末価格40,000円程度(分割払い)基本0円
事務手数料3,000円3,000円
契約期間3年契約2年(LTE無料は3年のみ)
おすすめユーザー地方や郊外にお住まいの方

WiMAXの電波が入りづらい地区の方

動画視聴・ゲームアプリ等をメインに使う方

都市部にお住まいの方

自宅の固定回線も兼用でつかう方

月額料金もけっこう違うだけじゃなく、端末価格もWiMAXは完全無料なのにくらべYモバイルは分割支払いと2年間でけっこうな料金の違いがでました。

また今回のポイント、『自宅用Wi-Fi』という要件を思いっきり満たしているWi-FiルーターはじつはWiMAXにしか用意されてなく、最終的にはWiMAXの一択という結論になりました。

【ダメ押し】通信制限の基準が曖昧すぎるソフトバンクエアー

また通信制限に関してもソフトバンクエアーとWiMAX「L01s」では大きく違います。

WiMAXの場合、月間上限なしのギガ放題プランを選ぶことで、3日で10GBを突破しない限り勝手に制限されることはありませんが、ソフトバンクエアーの場合・・・

特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
出典:SoftBank Air の速度制限などについて

 

 

「ぬぉぉっ! 同じエリアの利用者が使いすぎたため道連れ制限に!!」

 

自分が使い過ぎたワケでもないのに勝手に通信制限がかかることもあります。

じっさい夜間に原因不明の通信速度が頻繁に起こるソフトバンクエアーに関して苦情のようなクチコミも多数発見できました。

【最終結論】家族でつかえる自宅Wi-FiはWiMAXのL01s!!

ではWiMAXという部分がきまりスッキリしたところで、最強の自宅Wi-Fiルーターをご紹介しておきます。その端末とは…

 

Speed Wi-Fi HOME L01s!! これです!!

一般的なポケットwifiやWiMAXのルーターが持ち運びを前提としたモバイルルーター・タイプなのにたいし、ホーム L01sはホームルーターという自宅専用の機種。

サイズ的にも据置型なので大きい分、内臓アンテナも強力でモバイルルータータイプよりもバリバリ受信します。もちろん自宅や事務所でつかう前提で作られているため同時に接続できるWi-Fi機器も40台と別格。

モバ神も約1年半、こいつを使い続けていますが一度も不具合やブチブチ途切れた経験もなく優秀なパートナーです。まさに家族みんなで自宅Wi-Fiをするための機種なんです。(参考:【上りの実測値も公開!!】WiMAXのアップロード速度が遅い原因と4つの改善策を徹底解説します!

L01s本体が無料はもちろん、月額料金最安ならBroad WiMAXじゃ!

▶▶Broad WiMAXをもっと詳しく見る

まとめ

いかがでしたか?

今回、ご家族のスマホやタブレット、PS4やらニンテンドースイッチなどのWi-Fi端末が増えすぎて収拾がつかない方におすすめのWi-Fiルーターをご紹介いたしました。

Wi-Fiルーターをはじめインターネット回線選びとかって、ネット上でも難しい専門用語とかバンバンでてくるため、最終的には『これでいっか…』とテキトーに選びがちですが、契約期間は基本2年とか3年もあるんですよね。

もし契約後に納得できなくても、わけのわからない高額な違約金とか契約解除費用など請求されるので面倒でもきちっと選んでおいた方がいいです。

セーフティーネットとして解約時の違約金負担の会社を選んでおく!!

それでも選ぶのに自信のない…って場合は、とりあえず途中解約しても違約金とか生じないような会社から選んでおくってのも賢明な選び方だと思います。

今回でてきたブロードワイマックスなんかは、WiMAXプロバイダとしては唯一の『乗り換え時の違約金負担』を掲げています。モバ神も契約中ですが万が一の乗り換えでも費用を負担してもらえるってホント安心できますよ…。

というわけで2018年の家族でつかえる自宅用Wi-Fiの大本命はWiMAXのホーム L01またはホーム L01(S)!!

しっかり選んでガッチリ無料でゲットしておきましょう!!

\WiMAXプロバイダのTOP2/

 Broad WiMAX
当ブログの評価:★★★★★
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なのでキャッシュバック貰い忘れも無いうえに、途中で光回線に乗り換える際も違約金負担サービスあり!

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 GMOとくとくBB
当ブログの評価:★★★★
ゲットできれば3万どころか4万円超えも!! 業界でもダントツな超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しいならGMO!ただし手続きは11ヶ月後、半数以上の方は貰い損ねているためマイナス1ポイント。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです。

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)
この記事を書いた人
ヨーアン

WiMAX利用歴6年の根っからのモバイル回線ユーザー。モバイル回線が複雑過ぎてわかりづらいと感じたため、こんなサイトを作ってしまいました。

置くだけwi-fi
おすすめポケットwi-fiとWiMAXを徹底比較!モバイルwi-fiの神さま