【LTEプラン無料のプロバイダ比較】LTE無料プランのある会社まとめ

モバイル回線の中でも、料金の安さとコスパの高さ、さらにグングン拡張する対応エリアを比較した結果・・・WiMAXがどうもオススメらしい!

と、いざ申込む寸前の段階で

  • ビルの密集した地域、地下に弱いWiMAX、LTEオプションって必要なんかぁ…
  • LTEを利用した場合、どのプロバイダが安いんやろ?

という部分が気になって、申込む一歩手前で足踏みしていませんか?

まずモバイル回線の中でもWiMAXに目をつけ絞り込んだアナタ!

その部分はバッチリ、とりあえず大正解っす!

かれこれ4年以上WiMAX2+(最初は普通のWiMAXしかありませんでしたが)を使い続けている僕ですが、この1~2年でWiMAXを取り巻く環境は急激に整いました!

エリア、通信速度は日々改善され、唯一ネックだった3日3GBから3日で10GB制限と、速度制限も大幅に緩和。ほぼ無制限状態です。

まさに加入するには絶好のタイミング!

さらに先日のLTE無料プランの登場!

WiMAXのオプションとして、正直、微妙な位置づけだった『LTEプラン』。このLTEプランも、ある条件によって無料で利用できるようになりました。

今回はそんなLTE無料プランの条件、LTE無料プランを用意しているプロバイダを余すことなくお伝えします。

では詳しくみていきましょう!

2017年6月 無料化がはじまったLTEプラン

しっかり受信できている状態では440Mbpsという爆速のWiMAX。

ただ他の回線と比較して、どんな状況でも完璧というわけでもなく弱点もあります。

そのあたりのWiMAX電波の特徴については以下の記事

【WiMAX電波弱い!】繋がらない、切れる、不安定な人におすすめの4つの対策
当ページではWiMAX、WiMAX2+の電波が弱い!繋がらない!ブチブチ切れる!というユーザーさん。そしてこれからWiMAX申込みの方で電波状況に不安のある方にむけ、効率よく電波を受信するコツ、電波を最大限にひろうための端末を紹介しています

でもお伝えしているように、地域や構造物によって微妙に受信しずらいケースもあり、そこでWiMAX2+回線をカバーするためにau 4G LTEが用意されているのです。

こんな便利で使い勝手のいいau 4G LTEですが、加入者なら誰でも利用しているのか?というとそんなこともなく、むしろ利用しないユーザーさんが多かったです。

というのも

  1. au 4G LTEをちょっぴりでも利用した場合、通常の料金プランとは別に1,005円という料金が発生してしまう!
  2. 最悪のパターンとしてau 4G LTEで7GBを超えた場合、WiMAX2+も道連れで速度制限が適用される

この2点がネックで、本当は利用したいけど恐ろしくて利用できない…という方が非常に多かったんですね。

そこでUQ WiMAXが

『こんなに便利でつながりやすいau 4G LTEなぜ使わんの?もっと沢山の人に使ってもらいたいから、ひと肌脱いだるわ!』

という気持ちで発表したのがLTE無料プラン。

たとえば

  • 自宅はガッツリWiMAX2+が受信できるけど、職場や学校では受信状態が微妙…
  • 職場も自宅もバリバリWiMAX2+の電波拾うんやけど、通勤・通学で地下鉄メインでWiMAX2+届かんわー

こんな人、けっこう多いです。

こんな人にとって、かなり利用価値の高いプランなんですね!

au 4G LTE無料プランの特長と注意点

ではLTE無料プランについて、もう少し突っ込んでみていきましょう!

このLTE無料プラン、全体的にはオススメのプランには違いありませんが、お得にau 4G LTEを利用できる反面、ちょっとしたデメリットもあります。

そこでLTE無料プランの良い面と悪い面をお伝えしておきます。

LTE無料プランのメリット

まず最大メリットは利用料金が0円!

これまで必要だった1,005円がいっさい不要な部分ですね!

本当なら毎月基本の料金プランとは別に1,005円という利用料がかかるau 4G LTEの利用料が完全に無料で利用できます。

たとえば…

  1. WiMAX2+がつながりにくいエリアで仕事される方
  2. 趣味でWiMAX2+の弱い山間部にでかける機会の多い方
  3. 出張でネット環境の良くない場所に出向くことの多い人

こういった人なんかには、かなりのメリットですね!

またはスマホが格安シムのMVNOを利用中。

『1GBや3GBとギガ数が少ないためPCやタブレット等の端末にデザリングする余裕がない!』

こんな人にとっても緊急用のau 4G LTEが7GB使えるというのは、非常に心強い!!

LTE無料プランのデメリット

一方、LTE無料プランのデメリットというかマイナスな部分いってみましょう!

まずデメリットその1。

通常は2年契約のWiMAXプロバイダですが、LTE無料プランの場合はかならず3年契約しなければならないことでしょう。

つまり

2年縛り→3年縛り

と拘束期間が単純に1年間長くなります。

2年契約を繰り返すことで実質料金を安くおさえることがポイントのWiMAXにおいて3年縛りはちょっとマイナスですね…。

うーーんもったいない!!

続いてデメリットその2。

そもそもWiMAX2+回線とLTE回線は別扱いでして、ギガ放題プランの場合でもLTE回線の利用は月間7GBまで。

よってLTEが7GBを超えれば翌月までWiMAX2+回線をふくめて128Kbpsという速度制限が適用されます!こんな感じ↓

ここを勘違いしてWiMAX2+が規制されてしまう人、かなり多いっす!お気をつけてください!

LTE無料プランが利用可能な会社(プロバイダ)

ざっくりLTE無料プランを知ったところで、せっかくならLTE無料プランを利用してみたい…という人もいますよね?

そこで2017年6月現在、LTE無料プランを用意している3つのプロバイダをご紹介しておきます!

今現在、LTE無料プランが利用できるのは

  1. UQ WiMAX
  2. BIGLOBE(ビッグローブ)
  3. ブロードワイマックス(Broad WiMAX)

の3社のみとなります。

現段階で様子をみているプロバイダも、利用者が増えてくれば利用可能なプロバイダは増えてくると思います。とりあえず今は3社のみっす。

では1つずつみていきましょう!

1.UQ WiMAX

まずWiMAXの本家といえるUQ WiMAX。

最初にLTE無料プランを発表したUQ WiMAXですが、料金はというと以下の通り

3か月目以降、ずっと4,380円という料金設定。

うーーん、正直ちょっぴり高い!

ま、YモバイルのポケットWi-Fiあたりと比較した場合、LTEが無料で利用できてこの金額ならそう高くは感じません。

ただ数多くのプロバイダがキャッシュバック合戦を繰り広げているWiMAX回線、もう少し料金設定を下げるか高額キャッシュバックを用意して欲しいっす!

UQ WiMAXもっと頑張れーー!!

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
UQwimax公式サイト  http://www.uqwimax.jp/plan/wimax.html

2.BIGLOBE(ビッグローブ)

お次はWiMAX回線の中でも老舗プロバイダのひとつ、BIGLOBE(ビッグローブ)。

ちなみにBIGLOBE(ビッグローブ)のギガ放題LTE無料プラン(3年)の場合

といった感じで、ほぼUQ WiMAXと月額料金は同じではありますが、UQ WiMAXのキャッシュバックが3,000円の商品券というのに対し、こちらは20,000円という高額なキャッシュバック!

またはGポイントとして特典を受取ることで、毎月の月額料金が1,000円引きで3~24カ月まで適用できます。

その場合、こんな感じ。

LTEが無料で利用可能にもかかわらず、ギガ放題プランで毎月3380円と激安価格で利用できちゃうんです!

BIGLOBE(ビッグローブ)さすが老舗プロバイダの余裕!

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
BIGLOBE(ビッグローブ)公式サイト  http://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

3.Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

そして3社の中では最後にLTE無料プランを用意したBroad WiMAX(ブロードワイマックス)!

こんな感じで先日ついにLTE無料プランを発表!

3年プランは、契約期間が1年延びて3年になりますが、WiMAX利用料金の総額は通常の定額プランの3年分と同額なので損なし!

さらに、LTE対応機種で「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えることで、つながりやすいau 4G LTE通信をご利用いただけるオプションです。

通常の定額プランの場合、利用月の月額に1,004円追加されますが、3年プランなら無料でau 4G LTE通信をご利用いただけます!

公式 Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

ここ、LTE無料プランが登場する前から月額割引プランが安いと評判のプロバイダなんですよねぇ。

ちなみにBroad WiMAX(ブロードワイマックス)でギガ放題LTE無料プラン(3年)を利用した場合

という感じで、BIGLOBE(ビッグローブ)のGポイント適用料金に近い数字でした!

24か月目までの月額料金を比較すると、毎月わずか数十円の差!!

うーーん、BIGLOBE(ビッグローブ)とBroad WiMAX(ブロードワイマックス)、どっちにしよっかなあ…と迷ってしまいますね。

ですが3年縛りという部分を思い出してください!

通常の2年縛りならBIGLOBE(ビッグローブ)もBroad WiMAX(ブロードワイマックス)もほぼ実質費用は大差ありませんでしたが…

こういった感じでBIGLOBE(ビッグローブ)は25~36か月目までは

4,380円!

一方、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の場合、

25~36か月目までの月額料金は4,041円!

じつは3年目の1年間については、毎月Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の方が339円ほど安いんです!!

地味に1年間で約4,000円ほどの差が生まれますね。

ということで

最安でLTE無料プランを利用するならBroad WiMAX(ブロードワイマックス)!

ここで間違いないっす!

現時点、参入するのか知りませんが、LTE無料プランにGMOとくとくBBが参入するまでは、おそらくBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の最安値は続くと思われます。

▼こちらの公式サイトが現在の最安申込みページです▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

【まとめ】 2017年LTE無料プランのおすすめプロバイダはここ!

以上、LTE無料プランのメリット・デメリット、LTE無料プランが利用可能な会社、さらいLTE無料プランを最安で使いたい人にオススメのプロバイダがハッキリしましたね!

3年間はWiMAX回線を利用する…という前提でLTE無料プランを申込むならBroad WiMAX(ブロードワイマックス)がもっともお得という結論になりました。

けっこう近い月額料金でLTE無料プランを利用できるBIGLOBE(ビッグローブ)もありますが、

  1. 3年目がちょっぴり高め
  2. Gポイントをわざわざ月額料金に適用したりと手続きも若干面倒

という部分をふまえて、素直にBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の方が楽だと思います。

Broad WiMAX申込み時の注意点

ちなみにBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を利用する場合、初期費用無料になるキャンペーンというのがありまして、いくつか注意点もあります。

http://wimax-search.info/post-3454/

またキャンペーンを利用するなら大前提として、指定された申込みページからWEB申込みしなければ適用されませんのでご注意ください。

▼こちらの公式サイトが現在の最安申込みページです▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は唯一、キャッシュバック設定がなく月額料金から毎月割り引いてくれるユーザーさん目線のプロバイダなんです。

1年後にキャッシュバック手続きを忘れたらどうしよう…という部分が不安な方。毎月の月額料金がキツキツなので1円でも安い方がいい方。

こんなタイプの方にベストなプロバイダです。これを機会にぜひぜひチェックして自分に合ったプロバイダを見つけてください!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする