【通話かけ放題なのに安ぅッ!!】かけ放題プラン最安の格安SIMを潜入調査

格安SIM

「格安SIMで節約する予定が通話料で高くなってしまった・・・」

 

格安SIMの通話料金は1分/40円と大手キャリア3社にくらべ高めの設定。結果、流行りにのって格安SIMに乗り換えたものの、調子にのって通話しまくった結果

ぐぬぬぬ・・・前より高いではないか!?!?

というケースも多く格安SIMの通話料問題は深刻でした。しかしながら2018年、格安SIMのMVNOが熾烈なシェア争いを行った結果、今では多くのMVNOから通話かけ放題プランが登場。

そんな中、本記事では「通話かけ放題プランのお得なMVNO」を探るべく潜入調査を行いましたので結果をシェアしたいと思います。

「データSIMが安いのは当たり前!問題は通話かけ放題だ」という方は必見です。

【いきなり結果発表】かけ放題プラン単独ならIIJmio、SIM+かけ放題ならDMMモバイル

今回、かけ放題プランを潜入調査して気づいたこと。それはかけ放題の相手時間により様々なかけ放題プランが存在し、さらには・・・

「かけ放題プラン単体で安いMVNO」が必ずしも「音声SIM+かけ放題プランでも安いMVNO」というわけでもなく、それぞれ最安のMVNOが違う

ということ。

そこで「かけ放題プラン最安部門」と「音声SIM+かけ放題プラン最安部門」の2本立てでランキング結果をお届けいたします。また画面の向こうから

いいからもったいぶらずに結果から教えてくれよ!

というお声が聞こえてきたような気がしたので、選考基準や各社の特徴などすっ飛ばして、まずは「かけ放題プランの安いMVNOはどこ?」の結論からズバッとお伝えします。

【決定!!】かけ放題プラン最安部門の最安はIIJmio

まずは「かけ放題プラン単体」だけを比較し、もっとも料金の安かったMVNOから順に発表します。

プラン名月額料金
IIJmio誰とでも3分&家族10分600円
IIJmio誰とでも10分&家族30分830円
BIGLOBEモバイル10分かけ放題830円
mineo10分かけ放題850円

 

おぉぉっと!! まさかのIIJmioがワンツーフィニッシュではないですか!?

 

大部分のMVNOが「10分かけ放題」という共通のかけ放題プランを850円にて用意している中、IIJmioだけは独自のユニークなかけ放題プランを行っていました。

ただし注意点としてIIJmioのかけ放題プランは600円と安い反面、家族なら10分ですがその他の方とは3分まで。それ以降は普通に通話料が加算されます。なので3分じゃ厳しい方なら2位の「 誰とでも10分&家族30分」をおすすめします。

いずれにしてもIIJmioのかけ放題プランが安いのは間違いありません!

▶▶IIJmio(みおふぉん)公式ページ

【予想外】音声SIM+かけ放題プラン最安部門を制したのはDMM

今度は音声SIMとセットでかけ放題プランを利用する場合に最安なMVNOをみていきます。正直、予想外の結果となりました。

契約SIMかけ放題プラン月額料金
DMMモバイル通話SIM5GB 1,910円10分かけ放題2,760円
IIJmio音声6GB 2,220円誰とでも3分&家族10分2,820円
イオンモバイル音声6GB 1,980円10分かけ放題2,830円
BIGLOBEモバイル音声6GB 2,150円10分かけ放題2,980円
Y!mobileスマホM6GB 2,980円10分かけ放題
UQモバイルプランM6GB 2,980円おしゃべりプラン5分
楽天モバイルスーパーホーダイ6GB
2,980円
5分かけ放題

 

ううぉぉお! 先ほど圏外だったDMMがまさかの1位ゲットぉぉ!!!

 

DMMについては先日、【DMMモバイルの特徴まとめ!!】料金、プラン、速度、SNSフリーオプションのクチコミ情報を完全網羅でもご紹介しましたが、かけ放題プランが特別安いというわけでもなく、単純に音声6GBの基本料金が安いのが勝因です。

またDMM以下のIIJmio、イオンモバイルも金額差100円以内という部分も見逃せません。また非常に興味深いのが4位にBIGLOBEモバイル、Y!mobile、UQモバイル、楽天モバイルが同じ2,980円でランクインしていること。

音声SIMで5~6GBプラン+通話かけ放題をお探しの方、まずはDMM、IIJmio、イオンモバイルを軸に自分に合ったMVNOを絞り込んでみましょう。

▶▶LINEモバイルを詳しくみる

では、上記のかけ放題プラン最安ランキングの結果をふまえ、各MVNOの料金や特徴をさらに詳しくご紹介していきますね。

IIJmioのかけ放題プランの特徴

今回、かけ放題プラン単体の安さランキング1位、2位。さらに音声SIMとセット部門でも2位を獲得したIIJmio。

まさに通話かけ放題プランをお探しの方にとって軸として検討すべき格安SIMです。因みにIIJmioは過去記事でも特集しました。(参考:【ウワサを検証】IIJmioが遅い!悪い評判の多いIIJmioの実測値を他MVNOと比較してみた結果を公開

ここでは、新規参入のMVNOが多い格安SIM業界において老舗MVNOであるIIJmioは信用度はピカイチという反面、DoCoMo回線、au回線どちらのプランも通信速度が速いとはいえず、混雑時間帯の速度低下もかなり酷いという部分が大きなマイナスともお伝えしました。

なので今現在、DoCoMo、au回線をご利用中の方でSIMフリー端末でない方。かつSIMロック解除なしでかけ放題プランを安くつかえるMVNOをお探しの方などにはピッタリです。(ただし通信速度を求める方はダメ)

▶▶IIJmio(みおふぉん)公式ページ

DMMモバイルのかけ放題プランの特徴

今回、音声SIMとかけ放題プランのセット部門で見事栄冠を勝ち取ったDMMは果たしてオススメMVNOなのでしょうか??

じつはDMMについては先日、【DMMモバイルの特徴まとめ!!】料金、プラン、速度、SNSフリーオプションのクチコミ情報を完全網羅で良い面も悪い面も包み隠さずお話しました。

まとめると・・・

  • SNSやり放題のSNSフリーオプションは250円と安いが異様に低速化する(悪いクチコミ多数)
  • 平日の混雑時間帯は動画はあきらめる(DoCoMo回線なので仕方なし)
  • とはいえドコモ回線を利用したMVNOの中では速い方

こんな特徴のMVNOで、常にwi-fi環境にいる方、またはサブ機として利用するなら低価格で魅力的なMVNOです。
逆に速度にこだわる方。そんな方には残念ながらオススメ格安SIMとはいえません。(参考:【最速の格安SIMを探せ!!】通信速度を重視する方にこっそり教える主要MVNO・サブブランドの実測値まとめ!!

イオンモバイルのかけ放題プランの特徴

かけ放題プランに限らず、先日の【大容量プランが安い格安SIM決定!!】月間30GBは欲しい方におすすめMVNOを調べたら意外な結末が…など様々なランキングで必ず上位にランクインしてくる1社といえばイオンモバイルです。

【イオンモバイル微妙!?】料金・速度・契約期間や縛りを徹底調査したので超わかりやすく解説します!にある通り、

  1. イオンに店舗があるため、格安SIM初心者にとってハードルが低い
  2. 大容量プランが充実、かつ低料金
  3. 追加チャージ料金が他社より安い

などなど格安SIM初心者にとって魅力的なサービスが充実している部分も人気の秘密ですね。
また格安SIMを契約期間内に解約する場合の違約金についても優しいMVNOなのです。

通常、格安SIMには以下のような違約金が設定されています。

最低利用期間違約金MNP転出料
UQ-mobile12ヶ月9,500円3,000円
Y!mobile2年自動更新9,500円3,000円
楽天モバイル12ヶ月9,800円3,000円
LINEモバイル12ヶ月9,800円3,000円
BIGLOBE SIM12ヶ月8,000円3,000円
mineoなし2,160円~
IIJmio12ヶ月~12,000円3,000円
b-mobile5ヶ月8,000円3,000円
NifMo6ヶ月8,000円3,000円
イオンモバイルなし3,000円~

※楽天モバイルはスーパーホーダイをのぞく組み合わせプランの場合 ※UQモバイルはおしゃべりプランとぴったりプランは除く
※音声通話SIMは大手キャリアでもMVNOでもMNPする場合はMNP転出手数料はかかります

しかしながらイオンモバイルの場合

  • 契約日より90日以内に転出する場合:15,000円(税抜)
  • 契約日より91日以降に転出する場合:3,000円(税抜)

※MNP転入した回線は、期間に関わらず転出手数料は3,000円(税抜)となります。
※2018年7月1日(日)以降にご契約いただいた回線をMNP転出する場合
出典 イオンモバイル公式

イオンモバイルで新規契約された方、かつ90日以内に他社へMNPされる方は15,000円という高額な違約金が発生する一方で、

  1. 他キャリア、MVNO、サブブランド⇒イオンモバイルにMNPされた方
  2. イオンモバイルで新規契約でも91日以上が経過している方

の場合は違約金はゼロでMNP転出手数料として3000円のみで解約できます。これらの条件を他社と比較すると、今の段階ではイオンモバイルがもっとも縛りのユルい格安SIMなのは間違いないです。

なので万一の解約費用が心配という方。そんなアナタは他社MVNOよりもイオンモバイルの方が安心できますよ!

▶▶イオンモバイル公式ページ

BIGLOBEモバイルのかけ放題プランの特徴

かけ放題プラン単体部門で惜しくもIIJmioに敗れたものの、830円と魅力的な金額設定だったBIGLOBEモバイルのウリは、言うまでもなくエンタメフリー・オプション!!

動画 YouTube / AbemaTV / U-NEXT / YouTube Kids
音楽 Google Play Music / Apple Music / Spotify / AWA / radiko.jp / Amazon Music

以上の動画視聴や音楽サービスで消費されるデータ通信量がカウントされないという超絶お得なオプションプランです。

そうです。これらのエンタメを

音声通話SIM利用の方480円(税別)/月
データSIM利用の方980円(税別)/月

たったこれだけの追加料金でりYouTube、U-NEXT、Amazon Musicなど対象のサービスならば、1カ月どれだけ視聴しても一切のデータ通信量がカウントされません。

これって動画好きなら超~魅力的ではありませんか!?

しかしその反面、通信速度がイマイチというクチコミも多く、過去記事、【うっ…微妙!!】他MVNOと比較したBIGLOBEモバイルの通信速度と評判を辛口評価してみたwではクチコミ情報をふまえ

BIGLOBEモバイルの評価
料金大容量プランがあること以外は平均的、料金も相場並み
サービス・オプションエンタメ・フリー以外はごく普通
通信速度時間帯によっては相当遅い(とくにドコモ回線)
ポイントドコモ回線は壊滅的に遅いがau回線なら利用価値あり。YouTube動画好きにはおすすめ

と評価し、一部のYouTube動画やAbemaTVなど動画視聴や音楽サービスに大容量のギガを消費して困っている方をのぞき、当ブログの一押しMVNOといえる程オススメではない(とくにタイプD)としました。

というわけで、通信速度の速さを求めない方、かつYouTube動画をはじめエンタメフリー・オプションに魅力を感じる方にとってはナイスな1社といえるでしょう。

▶▶BIGLOBEモバイルを詳しくみる

でも料金の安さだけで「かけ放題プラン」を選ぶのってどうなの?

というわけで今回、通話かけ放題プランのお得なMVNOを料金の安さ順にランキング形式でお伝えしました。予想とくらべていかがだったでしょうか!?

結果、節約重視でかけ放題プランを選ぶなら、IIJmio、DMMあたりを中心に選んでもらえればと思います。

 

と!!!

本記事をまとめ始めたところで、管理人の頭をふと1つの素朴な疑問が湧いてきました。

 

「本当に料金の安さだけでMVNOを選んでいいのか!?」

 

そう。いくら料金が数百円の節約ができても、お昼休みにノロノロ状態が続いたり、通勤電車の中でもイライラするのなら、いっそのこと多少の金額差なら通信速度の速いMVNOの方が満足度が高いとは思いませんか!?

 

ということで、上記のランキング結果を「通信速度の速さ・快適さ」という要素をプラスアルファした上で再評価してみました。

その結果、もっとも快適だったかけ放題プランのあるMVNOは・・・

・・・

 

「じつはmineoが一番かもしれない!!」

 

各MVNOの通信速度を実測した結果、先日ソフトバンク・プランを開始したmineoのソフトバンク・プランが大手キャリア3社なみに高速通信かつ混雑時間帯も安定していました。

その根拠といえる平日と週末の24時間の通信速度の動きをご覧ください。

【平日の通信速度】

【週末の通信速度】

ピンとこない方もいるかもしれませんが、上記の数字は大手キャリア3社、またはUQモバイルやY!mobileといったキャリアのサブブランドをのぞけばダントツに速いです。

参考までにDoCoMo回線を利用した平均的な通信速度のIIJmioと比較してみてください。

【平日の通信速度】

【週末の通信速度】

そう、ソフトバンク回線を利用しているmineoの速さがおわかりかと思います。訳あってSIMロック解除できない方、どうしてもドコモ端末やau端末をそのままMVNOで使いたい方をのぞき、いまならSIMロック解除してでもmineoのソフトバンク・プランを選ぶ価値はありますよ!

▶▶mineoを詳しくみる

mineoのかけ放題プランの特徴

基本、通話かけ放題プランは他社と同じ10分かけ放題で月額850円。それに加え、以下の料金プランの金額が加算されます。

auプラン

まずはau回線を利用した元祖mineoのauプランの料金です。

基本データ容量データ通信のみデータ通信+音声通話
500MB700円1,310円
3GB900円1,510円
6GB1,580円2,190円
10GB2,520円3,130円
20GB3,980円4,590円
30GB5,900円6,510円

ドコモプラン

データ通信SIMはauプランと一緒、データ+音声になるとauプランより90円ほど高くなります。

基本データ容量データ通信のみデータ通信+音声通話
500MB700円1,400円
3GB900円1,600円
6GB1,580円2,280円
10GB2,520円3,220円
20GB3,980円4,680円
30GB5,900円6,600円

ソフトバンクプラン

さらにソフトバンクプランはドコモプランよりもデータ通信で90円、音声通話SIMの場合は350円ほど高くなります。

基本データ容量データ通信のみデータ通信+音声通話
500MB790円1,750円
3GB990円1,950円
6GB1,670円2,630円
10GB2,610円3,570円
20GB4,070円5,030円
30GB5,990円6,950円

au→DoCoMo→ソフトバンクと微妙に月額料金が高くなりますが、上記の通信速度の質をご覧いただければ一目瞭然で、多少金額が高くてもソフトバンク・プランを選ぶのが絶対に正解です。

▶▶mineoを詳しくみる

まとめ

以上、通話かけ放題プランのあるMVNOの中から

  • 単純に料金の安さだけで選ぶランキング
  • 通信速度や快適性までふくめた総合ランキング

の2つをわかりやすく解説してきました。

個人的には過去にIIJmioで数年間つかってきて、通勤時間やお昼休みにノロノロ状態でストレスだったので総合ランキングでおすすめのmineoのかけ放題プランがおすすめです。

もちろんサブ機で運用するならお財布に優しいDMMモバイルやIIJmioという選択肢もアリ。ぜひアナタの用途や目的にピッタリの格安SIMをみつけてくださいね!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)
この記事を書いた人
モバ神

WiMAX利用歴6年の根っからのモバイル回線ユーザー。モバイル回線が複雑過ぎてわかりづらいと感じたため、こんなサイトを作ってしまいました。

格安SIM
おすすめポケットwi-fiとWiMAXを徹底比較!モバイルwi-fiの神さま
タイトルとURLをコピーしました