【ギガが減る!ギガが足りない!】ギガを節約するベストな方法はこれだった!

YouTube動画や通信型のスマホゲーム等で、思いの外、早いタイミングでギガを消費してしまい・・・

  • あー今月ギガ減るのめちゃ早いわー、YouTube我慢しとこ
  • このペースじゃ月末までギガがもたない・・・パケ死確定やわ!

とギガが減ってしまい、なんか解決策がないかと探していましたね!

DoCoMoやauの20GBプランならそこそこ気にせず動画もゲームもできます。ただ最近の格安シムの場合、節約して3GBなんて方も多いですね。

そんな大手キャリアからMVNOに乗り換えた人の場合、普通に使っているだけでホント簡単に通信速度制限を突破しちゃいます。

そこで当ページでは『ギガが減る』『ギガが足りない』という方にむけ、ギガを減らさず節約する方法を考えてみました。

さっそく結論からいいますと、DoCoMoやau、ソフトバンクやワイモバイルといった大手キャリアで大容量プランを選ぶなら、WiMAXを利用した方がはるかに速く大幅な節約になるんですよ。

ギガが減るっていつも不安な方の強い味方!WiMAX端末+格安シムが2017年の最強コンビに間違いありませんよ!

ギガ 減る理由とまず試しておきたい対処法

まずギガが減るとかギガが足りないって人の場合、根本的にデータ通信量を無駄に消費している可能性が高いと思います。

たしかにギガの容量を増やすって選択肢もありますが、まずは普段のスマホの使い方をちょっと見直してみるのが先決ですね。

以下にちょっと見直すだけで、けっこうギガが減るのおさえられるよーって項目まとめますね。

無料のWi-Fiサービスをなるべく利用しよう

ひと昔前と違い、街中では無料で利用できるWi-Fiサービスが増えました。

大手キャリアでも至るところで無料のWi-Fiスポットを用意してくれてるので、こういった無料のWi-Fiを使わない手はありません!

せっかくなんでガンガン使い倒しましょー!!

できれば普段の行動パターンの中で、どこにアクセスポイントがあるのか・・・という部分をしっかり把握し、データ通信量の大きな動画やネットゲームは無料のWi-Fiスポットでやる!と決めてしまうのも手です。

ギガが減りやすいアプリを控える

さまざまなタイプのアプリがありますが、じつは予想以上にデータ通信量を消費するアプリというのが多いんです。

またアプリによっては閉じたつもりでもバックグラウンドで起動して無意識にギガを消費している可能性もアリ!

今時の端末なら『どのアプリがどれだけギガを消費しているのか!』というのが端末の詳細設定から確認できます。

使用頻度は低いものの、異様にデータ通信量の多いアプリは思い切って削除!!という、いわば『アプリのリストラ』を実施してみましょう。

それだけでかなりデータ通信量をおさえる効果高いっすよ!

コマメにギガの減りをチェックする

端末のデータ通信量の管理画面で頻繁にギガの消費状態をチェックしましょう。

最近の端末の場合、グラフで毎日のデータ通信量の利用状況が確認できたり、勝手にデータ通信量の多いアプリをお知らせしてくれる端末も多いです。

気がついたらパケ死寸前・・・という状態に陥る前に、コマメにギガの減り具合を確認しておきましょう。

もし端末に警告設定があれば、ギガが制限に達する前に段階的に警告をセットしておけば暗視んです!

それでもギガが減る、ギガが足りない人はモバイルルーターが最適!

上記の3つの項目をすでに実践している。または試したものギガが減るのが追いつかない・・・という場合、残念ながら契約中のプランでは完璧に不足しています。

そこで考えられるプランとしては

  1. 現在契約中のキャリアで大容量のプランへ変更
  2. WiMAX等のモバイルルーターによってどこでもWi-Fi接続可能に

という二つの選択肢となります。

大手キャリアで大容量のプランを契約する

まず大手キャリアで20GB程度のパケットを契約した場合の月額料金をご覧ください。

DoCoMoの場合

基本プランカケホーダイライトプラン
1,700円/月
インターネット接続サービスspモード
300円/月
パケットパックウルトラデータLパック
(20GB)
6,000円/月
ずっとドコモ割
(15年以上)
-800円
合計7,200円/月(データ量:20GB)

という感じで20GBという大容量のプランとはいえ、ちょっと毎月の負担が大き過ぎますよね。ではauの場合も比較してみましょう。

auの場合

 SNSの投稿やネットは
いっぱい楽しみたい
通話が少ない方に
おすすめ
基本プランスーパーカケホ
※誰でも割ご加入時
1,700円/月
LTEプラン
※誰でも割ご加入
934円/月
パケットパックデータ定額20(20GB)
6,000円/月
LTEフラット
5,700円/月
インターネット接続基本料LTE NET 300円/月

LTE NET 300円/月
割引適用料金スーパーカケホ+データ定額20
インターネット接続基本料
最大2年間 6,590円/月~
(※ネット+電話)とセットで最大2年間1,410円割引/月適用時)
LTEプラン+LTEフラット
最大2年間 5,524円/月~
(※ネット+電話)とセットで最大2年間1,410円割引/月適用時)

こちらもDoCoMo同様、大容量のプランとなると費用が高額になるんです。まあDoCoMoより微妙に安いかなーとは思います。

ですが上記の金額、自宅のネット回線もauを利用するというスマートバリューが前提のもの。

自宅がフレッツ光など他社のひかり回線という場合、上記の金額プラス約1,400円程度です。正直こんな料金払えるわけありませんね。

DoCoMoもauももっと安くしろー!!

モバイルWi-Fiを利用した場合

そこで思い切ってモバイルWi-Fiを契約し、モバイルルーターを持ち歩くことで、どこでもネット環境を構築するという選択肢。

ちなみに。

現在、実用に耐えうるモバイルWi-Fiといいますと以下の3社が中心。料金や速度の面から他のモバイルWi-Fiは割愛させていただきます。

uqロゴ
回線の速度
(下り最大)
337.5Mbps175Mbps最速440Mbps
月額料金8000円~
(20GB)
約5,000円
(使い放題)
最安約3,400~4,400円
(使い放題)

という風な状況でして、モバイルWi-Fiの中でも、速度・料金ともにWiMAXがずば抜けている状態なんですね。

というわけで、ギガが減るのを気にせずどこでもガンガンに動画やゲームをする場合、WiMAXを上手く活用し移動先でもネット環境をつくってしまうのが、もっとも快適かつ節約できるでしょう。

ギガが減るのが心配ならWiMAXがいい3つの理由

というわけで、ギガが減る、毎月ギガが足りなくなるって人におすすめしたいモバイルルーターですが、中でもWiMAXを選んでおきたい!というハッキリとした理由が3つあります。

以下の3つを読んでもらえば『あ、モバイルWi-Fiの中でもWiMAXって別の次元にいっちゃってるのね…』と納得できると思います。

さっそく3つの理由をみてみましょう!

ギガ数が実質、無制限なのはWiMAXだけ!

まずWiMAXの最大にして最強のウリはこちら。

他の大手キャリアやモバイルWi-Fiと比較して、実質上のギガ制限がありません!(※ギガ放題プラン選択時)

つまり『ギガが減る』とか『ギガが足りなくなる』って不安が一切ないんです。これって凄いことですよね。

というか、実際のところ速度制限はあるにはありますが、先日規制緩和されまして非常にユルイものとなりました。

こういった感じで『3日で10GB』というもの。そして万一超えてしまった場合も、翌日の18時~深夜2時まで1Mbpsの速度に落とされるというユルいものなんです。

つまり、以下のように上手く調整しながら利用すれば、毎日3Gb以上使っても一切ギガ節約に引っかかりません。月間で100GB以上使えます。

結果、WiMAX回線ならギガが減るとかギガが足りなくなるって心配せず、1日約13時間以上も動画を見続けていても大丈夫なんすよ!

とにかく速いからストレスが無い!

また大手キャリアのプラチナバンド等と比較した場合、断トツに速いっす!

そもそも大手キャリアの採用しているプラチナバンドと周波数帯が違いまして、WiMAXは高速通信に適したバンドを採用してます。

ちなみにDoCoMoやau、ソフトバンクの場合

といった速度が最新の状況なのに対し、
WiMAXはといいますと
とハッキリいって倍くらい違います。

つまり同じ時間で倍のデータ通信量のやり取りが可能なんです。本当に速い!

DoCoMoもauもソフトバンクも、もっと頑張れー!

しっかりプロバイダを選べばすんごく安い!

最後になりますが、WiMAXは上手くプロバイダを選ぶと相当に安く利用できるんです!

これ、WiMAXの仕組みを知ってもらうとよく理解できます。

通常、大手キャリアの場合は自社で全国の基地局やアンテナを整備します。それ、むちゃくちゃ費用がかかることで、そういった意味もあって回収するために料金ってそんなに安くできないんです。

WiMAXは回線を借り受けているプロバイダが多いから安くなる!

でWiMAXの場合はといいますと、

WiMAXの場合、基地局やアンテナの設置、回線の整備という部分はすべて大手のUQ WiMAXさんがまとめて管理してます。

つまりBIGLOBE(ビッグローブ)やソネット、@nifty、とくとくBBなどのプロバイダは、UQ WiMAXさんにWiMAX回線を使わせてもらっている状態ですね。

基本的な速度制限の決まり、ギガ放題プランと通常プランという二つのプランなどは各プロバイダ共通ですが、キャッシュバックやキャンペーンは各プロバイダにお任せって状態なんです。

結果、速度やエリアがまったく同じサービスなだけに、キャッシュバックや割引サービスで差別化し、プロバイダによっては2年間で普通に3~4万くらい違ったりしますんで要注意っす!

プロバイダ選びについては以下のページで詳しく比較してます。もしWiMAXいいなーとなったら一読おすすめします。

WiMAXおすすめのプロバイダはココ!絶対に損しないWiMAXプロバイダランキング
他のモバイル回線とくらべ、断トツに速くてエリアもグングン拡大中のワイマックス! 使い勝手とお手頃価格からワイマックスを選ぶ人が急増中…...

【まとめ】ギガが減る心配せず動画やゲームをガシガシ続けたいなら…

以上、スマホでギガが減る・毎月ギガが足りないって人にむけ、もっとも費用をおさえてギガを節約する方法をお伝えしました。

ちなみに。

格安シムの中でもグングン知名度を上げてきたマイネオあたりで格安シムを契約した場合、

容量auプランドコモプラン
SIMタイプデータSIM通話SIMデータSIM 通話SIM
500MB700円1,310円820円
(SMS無し700円)
1,400円
1GB800円1,410円920円
(SMS無し800円)
1,500円
3GB900円1,510円 1,020円
(SMS無し900円)
1,600円
5GB1,580円2,190円 1,700円
(SMS無し1,580円)
2,280円

といった感じで、3GBの通話プランなら1,500~600円でおさえることは十分に可能。

またWiMAX回線についても、しっかりプロバイダを選んできちんとキャッシュバックを受取れれば実質的な月額料金は3,000円強もあれば足ります。

※金額的な部分だけで比較すれば、2017年現在、以下のとくとくBBが最安プロバイダです。

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/

つまり

自宅でも外出中もWi-Fiを使い放題で、トータルで5,000円以下におさえることだって普通に可能なんです!(自宅の固定回線だけで5,000円オーバーって人、多いですよね…)

というわけで!

すべての選択肢を考えてみましたが、結果として『格安シム+WiMAX端末の2台持ち』が現在、ギガが減るとお困りの方にもっともオススメのプランだと思います。

ぜひ当ページを参考に、ギガが減る憂鬱から解放され、制限を気にせず動画やゲームをガシガシ始めてください!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする