【WiMAXは戸建ての人におすすめ!?】編集部が戸建て住宅で置くだけwi-fi人気の2機種を実測!

自宅用のwi-fiは? 置くだけwi-fi
「WiMAXって戸建ての2階や寝室でも電波は届くの?」 日本全国ほぼカバーしているWiMAXですが、じつは選ぶ端末によっては受信状態が変わってくることも…!! 今もっとも売れてるWiMAXの2機種を戸建て住宅に持込み実測してみました!
  • 実測したら2階どころか屋外でもバリバリ受信できた
  • 自宅メインならホームルーターが一押し
  • いずれにせよWiMAXは申込先で総費用が上下するので最安値の会社で申込む!

WiMAXの最安値だった2社を比較

【結論】戸建ての2階でもWiMAXはバリバリ受信できる

速度比較実験

「WiMAXって戸建ての2階や寝室でもつながるの?」 結論からいうと戸建ての方でもバリバリ受信できたのでご安心ください。 その証拠として編集部がじっさいに戸建ての各所(3か所)で実測した2台の実測値をご覧ください。

速度比較実験の対象ルーター2機種

速度比較実験の結果の前に、まずは今回の実測で利用したWiMAXのホームルーター2機種、L02とL01s双方のカタログスペックをご覧ください。

【L02】
【L01s】
製造元HUAWEIHUAWEI
発売時期2019年1月2018年1月
サイズ・重量約93×93×178mm・約436g約93×180×93mm・ 約450g
連続通信時間下り最大1Gbps
(※Wi-Fi接続時最大867Mbps)
上り最大75Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
Wi-Fi規格802.11a/b/g/n/ac802.11a/b/g/n/ac
ビームフォーミングありなし
最大接続可能台数最大40台最大42台

ご覧の通り、L01sが発売された約1年後に登場したのがL02。同じHUAWEI製のホームルーターです。 たった1年ではありますが以下の2カ所に大きな違いがみつかりました。

  • 下り最大の通信速度が440Mbps→1Gbps
  • ビームフォーミング機能により受信感度アップ

ざっくりと、通信速度は2倍にアップし、より正確にWiFi機器と接続可能できるそうです。一方、サイズ感や全体的なデザインはほぼ一緒。ちなみに同時に接続できるwi-fi機器の台数は微妙に旧モデルのL01sの方が2台多いようです。

測定場所と実測方法

測定時間帯平日の午前、お昼休み、夜間の3回
測定場所端末の近く~屋外の電波の届きづらい離れた場所まで
測定方法アプリSpeedtest.net

※すべての実測は当ブログ編集長の自宅(都内某所の一戸建て住宅)で行われています

今回、速度比較実験を行った場所は、一般的な都内の2階建ての戸建て住宅。 WiMAXなどモバイル回線は時間帯によって混雑状況がかわるため時間帯をかえて1日3回行いました。

またこの手の速度比較実験は、正直、他サイトでもよく見かけます。他サイトと同じスタイルの実験だと面白くないため以下の3つのポイントに注目して測定してみました。

また戸建て住宅にお住まいの方がもっとも気になる部分、「2階とか寝室など端末から離れたでも受信できるの?」という受信感度を調べるため、「端末のすぐ隣」「端末は1階で測定場所は2階」さらに「端末は室内で測定は屋外」など幾つかのパターンで実測してみました。

速度比較実験の様子

どんなときもWiFi、wimaxそれぞれ専用のスマホを用意して同時に測定

また、スピードテストを1台のスマホやPCで行うのが普通ですが、上記の測定風景の写真のように同じスマホを2台用意してまったく同じタイミングでスピードテストを行いました。結果、L02とL01sを完全に同条件かつ同時に実測することができたので、純粋に「ルーターの実力の差」が確認できました。

通常のWiMAX2+回線だけで測定
HS+AモードでLTE回線を利用したまま7GBを突破すると翌月まで通信制限がかかります。W06やWX05などのモバイルルーターと違い今回のようなL02やL01sは自宅や事務所での利用がメイン。わざわざ通信制限のあるLTEを利用する人も少数派だと思うので、今回はHSモード(WiMAX2+のみ)で測定しました。

速度比較実験の結果

では2台の速度比較実験の結果をどうぞ。

端末とスマホの距離【L02】
【L01s】
端末のすぐ真横44.6Mbps44.5Mbps
端末1階、スマホ2階26.9Mbps22.6Mbps
端末室内・スマホ屋外14.6Mbps14.2Mbps

むむむ!! 思ったより速度差がない!?

総評

どのシチュエーションでも最新モデルのL02の方が微妙に実測値は上だったものの、差は本当に微妙。 結果L02でもL01sでも体感できるほど速度差はなく、どの場所でも必要十分な数字を記録できた。どちらも快適でした!!(※YouTubeやNetflix等も5GBあれば問題なく視聴可能)

スペックほど通信速度に差はないが…
スペック上、1Gbpsと440Mbpsと大差があるため絶対にL02の大圧勝だしまと予想しましたが、結果的に速度差は微妙でL02とL01sもほとんど大差ありませんでした。 しかし戸建ての作りによっては受信状況がさまざまなため、もし同じ条件で申込めるなら最新モデルのL02を選んでおいた方が安心です。

【戸建ての方必見】L02が無料で月額料金がお得だった2社を発表

プラン選び

端末が決まれば残す問題はプロバイダ選び。当ブログがL02が無料、かつ月額料金が1番お得なプロバイダを探るべく主要プロバイダを6社に絞り込んでみました!

最安6社でL02の3年間の料金を比較

いくらL02が無料で月額料金が安くても、素性の知れない怪しいプロバイダや変な高額オプションに加入させられるような会社を選ぶと後悔します。

そこで編集部がリアルなクチコミ情報をふまえ、L02が無料かつ月額がお得だった会社を6社に絞り込んでみました。

特典の詳細実質料金(3年総額)
35,000円(変動あり)
※ただし手続きは11ヶ月後
120,160円
155,160円(CB貰えない場合)
※CB変動制のため3.5万で算出
3段階の月額割引133,368円
30,000円
※ただし手続きは12ヶ月後
129,310円
159,310円(CB貰えない場合)
一律の月額割引133,320円
3段階の月額割引131,491円
CBなしの最安値
契約直後と1年後のCB×2回118,100円
CBありの最安値
134,100円(CB貰えない場合)
※ただしCBの1.6万はAmazonギフト券

基本、上記6社の中から選んでもらえばかなりお得にL02がゲットできます。また6社をすべて比較するのも大変なので編集部が本気でお得な2社に絞ってみました。

おすすめのタイプ3年間の総費用
面倒な1年後のCB受取手続きを忘れずに行う自信がない131,491円
CBなしの最安値
契約直後と1年後のCB申請手続きならできそうな人118,100円
CBありの最安値
134,100円
(CB貰えない場合)

「GMOのような1年後のCB受取手続きなんて無理」という人なら、最初からキャッシュバックを撤廃して100%貰える月額割引を提供するBroad WiMAXが総費用が1番お得です。

Broad WiMAXのWEB限定特設ページ

一方、「GMOとくとくBBのような面倒な手続きは嫌だけど簡単なURLを申請する程度の手続きなら問題ない」という人。こんな人だったらGMOとくとくBBよりも今話題のJP WiMAXの方が実質的にお得です。

期間限定!!JP WiMAX特設ページをみる

JP WiMAXはキャッシュバックが貰いやすい反面、現金ではなくAmazonギフト券なのでご注意ください

【クチコミで人気上昇中】 L01sがこれほど人気の理由

当ページをご覧になっているということは、すでにL01sについて情報を探している段階だとは思いますが、まだご存知ない方もいると思うので簡単にL01sをご紹介します。

過去記事、【置くだけWi-Fiおすすめ王座決定戦!!】ソフトバンクエアーとWiMAXのL01Sをガチ比較した結果…でも特集したように、L01sを超ざっくり説明するならば…

ソフトバンクエアーよりずーっと安い料金で
ソフトバンクエアーより謎の通信制限もいっさい無く
ソフトバンクエアーよりサクサクな高速通信が可能

な置くだけwi-fiです。
過去記事を読んでもらえば納得ですが、料金、速度、契約縛り・・・ありとあらゆる部分でソフトバンクエアーを凌駕した今もっとも激アツな置くだけwi-fiなのは間違いありません。

またL01sの後継モデル「L02」については以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

【L02は買い!?】L01s、HOME01と徹底比較して気づいた選ぶべき3つの理由
WiMAXの置くだけwi-fi「L02」が気になる人へ。 「競合モデルのHOME01、旧モデルL01sとくらべて何がどう凄いの!?」 スペックやクチコミを比較した上で「絶対にL02を選ぶべき3つの理由」を徹底解説。さらに当ブログが調べたL02最安値の店舗もこっそりお教えします!

そもそも置くだけwi-fiってどんなwi-fi?

homeL02とソフトバンクエアー

「というか置くだけwi-fiって何!?」 

もしかするとこんな方もいると思うので、以下に置くだけwi-fiを普通のモバイルルーターや光回線などと比較した3つのメリットをお伝えします。

【特徴その1】モバイルルーターと固定回線のいいとこどり!

まずWX04や最新のW05など普通のモバイルルーターとくらべ、この商品、稼働には100ボルトのコンセントが必要・・・つまり持ち歩きはできません。

ですので、100%いないとは思いますが、

「L01sは欲しいけど、たまにはモバイルルーターのように持ち歩きたい!」

という方は、残念ながら構造上不可能です。サイズ的にも絶対にポケットに収まりませんのでご注意ください。
その場合、おとなしく最新のW05あたりのモバイルルーターにしといてくださいね。

そこでもしかすると

「えぇぇっ!! 持ち歩けないんじゃ固定回線と同じじゃん!!」

とお考えの方。持ち歩きできない部分は一緒ですが、工事の有無、開通までの期間、毎月の支払う料金に雲泥の差があります。

わかりやすく表にいたしますと

光回線高速モバイル回線
下り回線速度最大1Gbps最大440Mbps(708Mbpsもあり)
開通工事必須不要
開通までの期間3週間~4週間最短翌日~4日
月額料金5~6,000円程度4,500円以下

という風に光回線とホームルータータイプのWiMAX端末は、完全に似て非なるものです。

【特徴その2】L01sはすぐ使える!

まず光回線とちがい、L01sはWiMAX2+回線を利用した置くだけwi-fi。
なのでサービス開始時・解約時に無駄な工事費用がかからない上に、申込み完了から数日で利用開始できます。

つまり光回線のように1カ月も待たされることはなく、

出典:GMOとくとくBB

そう、最短なら翌日には開通可能!!

今すぐ自宅のwi-fiが欲しい方の場合、置くだけwi-fiの方が圧倒的に早く開通できますよ。

光回線はいざ工事の段階まで初期費用がハッキリしない!
ネット上には、置くだけwi-fiよりも光回線をおすすめしているケースも多く、じっさい上手くキャッシュバックを使うことで、WiMAXとそれほど変わらない金額におさえるケースも可能といえば可能。ですが注意してもらいたいのが月額費用以外の部分!住宅のタイプによっては、予定外の配線撤去費とかかなり請求されます。
結果、せっかく安いプロバイダ選んだところで、出費が大きくなる方もけっこう多いので申込み前にかならず確認しておきましょう。

【特徴その3】L01sの通信速度はじゅうぶんに速い!

またスペック上は光回線には及びませんが、動画視聴やゲームアプリ等もまったく問題ないレベルの高速通信が可能です。(参考:【WiMAXでAmazonプライムビデオは観れる?】プライム・ビデオ視聴前に知っておきたい2つのポイント

でも結局はモバイル回線でしょ?どんだけ速いのよ!?

という方。今回の置くだけwi-fi、L01sの場合

なんと440Mbps!!!(※ちなみにYouTube動画を視聴するのは1Mbps以上が推奨です)

 

ここ数年、エリアが拡張しているだけじゃなく通信方法も進化し、CA(キャリアアグリゲーション)通信という複数のアンテナ(電波塔)から同時に電波を受信することも可能になったため、かなり安定した高速通信が可能となりました。(※理論上の話ですが2時間程度の動画なら、ほんの数秒です)

 

ここでいったんまとめると、置くだけwi-fiにすることで・・・

  1. 初期費用や月額料金はお得なWiMAX料金のまま、無駄な工事費用とか工事立会もなくすぐに開始できる
  2. ひかり回線と大差ないほど高速通信が可能(マンションのひかりより速いときも)
  3. おまけに長期出張や旅行に行った先で利用できる

などなどメリットが多く、ざっくりいいますと

「料金的にはWiMAXだけど、使い勝手としては光回線に近い!」

つまり固定回線とモバイルルーターの中間的な位置づけの端末と認識しておきましょう。また置くだけwi-fiに関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。

【置くだけWi-Fiおすすめはどれ?】ソフトバンクエアーとWiMAXのL02を徹底比較
このページではモバイル回線の中でもモバイルルーターではなく置き型Wi-Fiとして使用するホームルータータイプの端末を徹底比較し、もっともコスパがよく使い勝手のよい端末を提案しています

Speed Wi-Fi HOME L01のクチコミや評判集めた結果

クチコミ評判

では続きまして、リアルにL01sを利用中の方々のクチコミ・評判をみていきます。

全部読むのも大変だと思いますので、先に総評をお伝えてしておくと・・・

「予想をはるかに上回るL01sの高評価の嵐!」

当ブログの予想をはるかに上回る圧倒的な高評価・買って満足という意見が多数でした。

Twitter・価格.comのクチコミ掲示板などでみつけたL01sのクチコミ

当方は離島暮らしでWiMAX2+のエリア対応の予定がない場所ですが、かろうじて電波が入るので、受信感度が高い機種を使っています。

実測値:PING 40~60ms、DL 12~20Mbps、UP 0.25~1Mbps
アップロードが遅いですが、エリア対応していない地域の室内ならがんばっている数値だと思います。

Wi-Fiが2.4Ghzと5Ghz同時に使えるので、スマホに両方登録しておけば、調子の良い方の電波を選べます。

この機種でダメならWiMAX2+の利用は無理というぐらい、受信感度がいいです。

自宅で光回線が敷けない場所で、どうしてもネットがしたい人の選択肢になり得ると思います。

美しいデザインです。 リビングにおいても違和感がありません。

WX01は仙台西部で下りが約15Mbpsでした。(以前でも十分でしたけど)
本製品は添付のとおり、夕方の時間帯で約50Mbpsです。
数値上、3倍以上の向上となりました。

3DSやスマホゲームは十分対応できると思いますが、
PS4といった据え置きゲーム機でのオンラインだと、おそらく厳しいでしょう。

全体的に満足です。変えて良かったです。
私のように、引っ越す可能性がある人、動画もそこそこ見るがそこまでヘビーユーザーではない、外ではあまりネットを使用せずスマホで十分、
こんなライフスタイルの方には合うのではないでしょうか。

都内ワンルーム、マンション3階で電波も速度も良好。

デザインもスッキリ、設定もびっくりな位簡単で直ぐ使用可能でした。いずれまた引っ越すのでWiMAXにして良かったです。

下り最大速度は70Mbps位です。W01の下り最大速度は20Mbps位でした。
これはLAN接続でテストした結果で、wi-fi接続ではどちらも60Mbps位です。

フルハイビジョンの動画でも問題ナシ!!wi-fi40台接続可能!!オイラは現在2台接続中で問題なく稼働中。LANコネクター2個口あるのが良い。

もう少し小さい方がいいかな。1リットルのペットボトル位の大きさがある。

LAN接続口が2個あるのが良いです。
1つはPCとダイレクトに繋ぎ、もう一つはルーターを介してテレビやレコーダーを繋いでます。

速度も速くストレスなく使えるし、データ量も3日で10GBに緩和されたので十分です。

※クチコミや評判は価格コムを中心に集めています。

離島で電波の弱い地域のユーザーさんもいれば、都内のワンルームマンションの方までさまざま。

速度についてもお住まいの地域によりますが、下り(ダウンロード)おおむね30~60、70Mbps程度というユーザーさんが多かったです。

また地味にLAN接続口が2ケあるため。「一個はPC直つなぎ、もう一個はレコーダーやテレビ、プリンターなんかに便利」というユーザーさん目立ちました。

 

結果、ユーザーさんのクチコミを総合的に判断しますと

  • 引っ越す可能性がある人、頻繁に出張や長期旅行をする人
  • そこそこ動画もみるがそこまでヘビーユーザーではない人
  • 外出中はあまりネットを使用せずスマホでじゅうぶんという人
  • 工事業者といえども、自宅に入って欲しくないなーという人

こんなユーザーさんならL01sを選んでもらって間違いないです!ぜひ在庫きれる前に、気になるプロバイダでL01sの在庫だけでも確認しておきましょう。

※現在、L01sが無料でキャッシュバック金額がダントツなのはGMO、月額料金がもっとも安いのはBroad WiMAXという会社でした。

何を重視する!? 最安プロバイダ2社を発表

月額の安さを重視なら「Broad WiMAX」
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なので100%確実に特典がもらえる上、光回線に乗り換える際も違約金負担サービスのある唯一のプロバイダです!
Broad WiMAXを詳しく見る
高額キャッシュバック重視なら「GMO」
ゲットできれば3~4万円超え!! 超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しい人はGMOがおすすめ! ただし手続きは11ヶ月後、6~7割の方は貰い損ねている事実も忘れずに…。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです♪
GMOを詳しく見る

L01sの凄すぎた8個の理由を総まとめ

以上、ホームルータータイプのWiMAX端末として話題のL01sの特徴やクチコミや評判をまとめてみましたが、ちょっと長くなったので最後にL01sの凄ーい部分をザザーッとまとめます!

1.ひかり回線の高額な工事費用、面倒な工事立ち合いが不要!

 

2.通信速度は日々向上しつつあり、エリアも拡大中!

 

3.万一、WiMAX回線が弱い場合、プラチナバンドの800MHzのau 4G LTEにも対応

4.無駄な装飾のないシンプルなホワイトボディは、どんなインテリアにも合う!

 

5.面倒な初期設定は、ルーター上部の真ん中に端末をかざすだけで簡単Wi-Fi接続でオッケー!

 

6.40台までwi-fi機器に接続可能

他の電波に干渉されにくい11acと11nを同時利用しているので、スマートフォン・パソコン・タブレット・プレイステーション4・ニンテンドー3DSなどWiFi規格(無線LAN)に対応している端末なら、40台まで無線通信が可能!

 

8.自宅利用に特化しているため強力な内臓アンテナ

1台で、一般的な3LDK (70~80m2) 程度の広さの住宅をカバーできるように想定されているため、戸建てで電波の掴みにくい場所が多かった方も安心ですよ!

【まとめ】電波の受信感度が不安とか自宅用で安く固定回線的に使いたいんなら…

以上、話題の激アツ端末、L01sのメリットやデメリット、さらにリアルに使用中のユーザーさんのクチコミ情報をふまえ、L01sをおすすめしたい人、そうでない人もお伝えしました。

結論としましては

  1. ひかり回線レベルの高速通信を、WiMAX回線の料金で実現させたい!
  2. 引っ越しや違約金、撤去費用等のリスクを考えたら、固定回線というタイミングじゃない!
  3. 戸建てやマンションの構造上、モバイルルーターのタイプじゃ電波が届きにくい場所がある!
  4. 上記のメリットをクリアするなら、持ち歩けないデメリットも気にならない!

以上の部分にピンときたユーザーさんなら間違いなくL01sがピッタリの人。ぜひ当ブログでも掲載している最安値のWiMAXプロバイダから申し込んでみましょう。

何を重視する!? 最安プロバイダ2社を発表

月額の安さを重視なら「Broad WiMAX」
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なので100%確実に特典がもらえる上、光回線に乗り換える際も違約金負担サービスのある唯一のプロバイダです!
Broad WiMAXを詳しく見る
高額キャッシュバック重視なら「GMO」
ゲットできれば3~4万円超え!! 超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しい人はGMOがおすすめ! ただし手続きは11ヶ月後、6~7割の方は貰い損ねている事実も忘れずに…。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです♪
GMOを詳しく見る

【追記】L01sのスペック詳細

※参考までにL01sの詳細を知りたい人のために、以下、L01sのスペックをまとめておきます。

機種名Speed Wi-Fi HOME L01
サイズ約W93×H180×D93mm
重さ約493g
ホワイト
対応ネットワークWiMAX 2+
au 4G LTE*1
最大通信速度下り最大440Mbps*2/上り最大30Mbps
充電時間電源はACアダプタのみ、バッテリー動作非対応
有線LAN規格Ethernet 1000Base-T /100Base-TX / 10Base-T
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
同時接続可能台数最大42台(有線LAN2台、無線LAN40台)
対応OSWindows Vista®
Windows®7
Windows®8
Windows®8.1
Windows®10
Mac OS X 10.5以降
同梱物ACアダプタ
Ethernetケーブル(試供品)
取扱説明書
保証書
au 4G LTEのネットワークは、エリアにより最大通信速度が異なります。
下り最大440Mbpsは東名阪エリアを中心にご利用いただけます。速度は、システム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により440Mbps、220Mbpsまたは110Mbpsとなります。実際の通信速度は、通信環境や混雑状況などに応じて低下します。
中の人
wi-fiの神さま編集長

WiMAX利用歴6年半。根っからのモバイルwi-fiユーザーでWiMAX2回線と自宅用にen光を契約中。プランや特典が複雑過ぎてわかりづらいと感じたため、当ブログを立ち上げ、1人でも多くのポケットwi-fi難民を救済するべく奮闘中。

wi-fiの神さま編集長をフォローする
(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)
置くだけwi-fi
ポケットwi-fiとWiMAXを徹底比較!Wi-fiの神さま
タイトルとURLをコピーしました