【WiMAXのモバイルルーターと置くだけWi-Fiどっちがいい!?】速度、制限、受信感度ぜーんぶ比較したので結果を発表しますっ!

ルーター選び

これからWiMAXに申込む人にとって、二つの大きな悩みといえばプロバイダ(申込み先)選び、そして端末(ルーター)選び、この二つですが、中でも端末選びの最初のステップというのが…

置くだけwi-fiとモバイルルーター、自分にはどっちがいいんだろ!?

そう、最近モバイルルーターとホームルーターで迷われる方が急増中とのこと。

当記事では、そんなアナタの疑問を解消すべく

  • ホームルーターとモバイルルーターの主な違いは何!?
  • 自分には据置型とモバイルルーターどっちが正解!?

など据置型とモバイルルーターをあらゆる角度から徹底比較。さらにアナタの目的からおすすめのルーターをご提案していきます!

当記事を読めば、アナタに合った端末が据置型なのか、それともモバイルルーターなのかがハッキリするはずですよ!!

※因みに据置型でもモバイルルーターでも、キャッシュバック額がもっとも大きいのはGMO!、月額料金が安いのはBroad WiMAX!となります。以下の特設ページから驚愕の金額をご覧ください。

\WiMAXプロバイダのTOP2/

 Broad WiMAX
当ブログの評価:★★★★★
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なのでキャッシュバック貰い忘れも無いうえに、途中で光回線に乗り換える際も違約金負担サービスあり!

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 GMOとくとくBB
当ブログの評価:★★★★
ゲットできれば3万どころか4万円超えも!! 業界でもダントツな超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しいならGMO!ただし手続きは11ヶ月後、半数以上の方は貰い損ねているためマイナス1ポイント。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです。

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 

ホームルーター(据置型)とモバイルルーターの違いを解説

まず最初に基本的な部分、

そもそも据置型とモバイルルーターの大きな違いって何!?

という方がパッと見てわかるように、ホームルーター(据置型)とモバイルルーターの変わらない部分大きく違う部分をわかりやすく一覧でまとめてみました。

まずは以下の比較表をご覧になった上で、各項目について詳しく解説していきます。

ホームルーター(L01s)モバイルルーター(WX04、W05)
主な目的自宅(固定回線がわり)持ち運び(通勤・通学・外出用)
通信速度440Mbps440Mbps
(※最大758Mbpsの機器もあり)
速度制限(通信制限)ギガ放題なら3日で10GBのみギガ放題なら3日で10GBのみ
受信感度
有線接続の可否可能不可(クレードル利用なら可能)
同時接続できるwi-fi機器42台10台

こう見ると違う部分もありますが、結構同じ部分もありますね。

【用途の違い】持ち運ぶならモバイルルーター!自宅だけなら据置型!

主な用途としては、通勤・通学やお出かけに持ち運びできるのがモバイルルーターで、自宅で固定回線がわりに使いたいならホームルーター(据置型)

なので毎日じゃなくとも、たまには通勤・通学で持ち歩いてつかいたい…という場合、この段階でホームルーター(据置型)という選択肢は消えてモバイルルーターに絞られます。
詳しい機種選びについては過去記事、【WX04とW05で迷ったらこっち!!】WiMAXの最新ルーターをガチ比較してわかったWX04とW05の3つの違い!をご覧ください。

【通信速度の違い】モバイルルーターW05が最速だが…!!

動画をサクサク視聴したりインスタ動画を投稿するときにも影響してくる通信速度。
この部分の結論からいうと、選ぶ端末により結果が違うため、どっちが速いとか言い切ることはできません。

しかしながら今回とりあげた2機種のスペック上の数値を比較した場合、HUAWEIの最新モバイルルーター、W05が下り最大758Mbps(ハイスピード・プラス・エリアモード利用時)、ホームルーターのL01sは440Mbpsとなり、スペックとしてはW05の方が上でした。

以前にW05については、【最高ゥ!!】ワイマックスなら最新機種W05が神すぎでワロタ!! WX04という選択肢は考えられない3つ理由を解説する!という記事でも特集しているのであわせてご覧ください。

※ネット回線の通信速度はスペック上の数値だけでなく、電波の受信状態や電波の安定性も大きく関係しています。カタログスペック上の数値がかならず最速ではありません。

【通信制限の違い】ホームルーター(据置型)、モバイルルーターよりも料金プランによる

次はになる通信制限について。
結論からいうと通信制限に関してはホームルーター(据置型)もモバイルルーターもまったく変わりないです。むしろ端末の種類ではなく、アナタが選ぶ料金プランによって通信制限の内容が変わります。

通信制限については、【Wi-Fi通信制限甘い!!】これいいじゃんっ!! 速度制限が気にならないWi-Fiをガチ調査!でも解説しています。

ここでは、WiMAX2+回線の通信制限には大きく3種あり

規制中の速度規制される期間規制の対象
7GBプランの月間上限超え128Kbps月末まで7GBプランの方
LTE回線利用での7GB超え128Kbps月末までLTE回線利用者
3日で10GB超え1Mbps翌日18時~深夜2時あらゆる利用者

ホームルーター(据置型)とモバイルルーターどちらを選んでギガ放題プランを選んだとしても、何らかの通信制限はかならず存在し、大きく通信制限には上記の3つがあるとお伝えしました。

とはいえ、【3日で10ギガ制限じゃ足りないかも!!】WiMAXの通信制限に関する7つの疑問を徹底解説!!でもお伝えしたように、3日で10GB制限はかなりユル~い通信制限なのであまり深刻になる必要はないでしょう。

もしどうしても3日で10GB制限が嫌な人の場合、最初から3日で10GB制限の全くないネクストモバイルなどの高速モバイル回線を検討してみてください。こちらも新しいサービスですが昨年あたりから激アツですよ。

【ネクストモバイルとWiMAXガチ比較!!】3日で10GBの通信制限が無いってホント!?

【受信感度の違い】サイズの大きなホームルーター(据置型)の方が受信感度は安定!!

では受信感度・受信状態はどちら上なのでしょうか!?

残念ながら受信感度や受信状態に関しては、お住まいのエリアや利用される場所により大きく左右されます。一概にホームルーター(据置型)とモバイルルーターでどちらの方が受信感度が高いと決めることはできません。

 

が、しかしぃ!!!!

当ブログ管理人が両方でテストした限りは、ホームルーター(据置型)の方が通信速度も通信状態も安定して良い数字がでました。

それについては、【上りの実測値も公開!!】WiMAXのアップロード速度が遅い原因と4つの改善策を徹底解説します!という記事で自宅のL01(L01sのモデルチェンジ前モデル)で実測値を画像つきで公開していますので、ぜひご覧ください。

 

またホームルーター(据置型)L01sの受信状態に関してはネット上での評判も上々で、

【受信感度】
当方は離島暮らしでWiMAX2+のエリア対応の予定がない場所ですが、かろうじて電波が入るので、受信感度が高い機種を使っています。

【総評】
この機種でダメならWiMAX2+の利用は無理というぐらい、受信感度がいいです。
自宅で光回線が敷けない場所で、どうしてもネットがしたい人の選択肢になり得ると思います。
出典 価格com 丸亀いろはさんのL01のレビュー

という離島でもバリバリ電波を受信されているというクチコミもあるほど…。モバイルルーターのW05も受信感度が高いと評判なものの、自宅に特化したL01sの方が受信状態・受信感度はややリードしているといえるでしょう。(参考:L01歴1年の管理人がソフトバンクエアーと比較したWiMAXL01sの速度や使い心地をわかりやすく解説!!

【有線接続の可否の違い】据置型は2つのLANポートがある!!

中にはWiMAX2+回線をつかって、自宅では任天堂スイッチやPS4を有線接続してラグ無く楽しみたい!という方もいます。

そこで必要なのが有線接続の差込口となるLANポート。
ホームルーター(据置型)のL01sは本体の裏に2つのLANポートを装備している一方、モバイルルーターの場合は有線接続につかうLANポートは装備されていません。

ただしLANケーブルで有線接続する場合、端末専用のクレードルとよばれる充電台を別途購入の必要があります。(参考:【WiMAX充電器はいる!?いたらない!?】WiMAXルーター4つの充電方法とクレードルのメリットと無料の会社も大公開!!

一部GMOのような専用クレードルをキャッシュバック額から相殺してもらえるプロバイダをのぞき、普通は申込み時に別途で3~4,000円で自腹購入となるのでご注意ください。

【同時接続できるwi-fi機器の数】圧倒的に接続台数の多いホームルーター(据置型)

そもそも自宅用や小規模オフィスのインターネット用固定回線代わりにも使うことを目的としたホームルーター(据置型)は、なんと同時接続できるwi-fi機器が42台。
モバイルルーターのW05の同時感染10台(普通の方は10台でも十分ですが)にくらべると約4倍ものwi-fi機器を同時接続できます。

なので大家族の方、一人一人が沢山のwi-fi機器を接続する家族、小さめのオフィス…などの方、こういった用途であればホームルーター(据置型)が最強ですよ。

ホームルーター(据置型)とモバイルルーターそれぞれの長所と短所

ここまでのホームルーター(据置型)とモバイルルーターの違う部分をふまえ、今度はホームルーター(据置型)とモバイルルーターのメリット・デメリットをまとめてみました。

ホームルーター(据置型)モバイルルーター
メリット 受信感度の高いアンテナ内臓のため、電波が微妙なエリアでも安心
そのままLANポートから有線接続が可能

圧倒的に多いwi-fi機器の接続台数

通勤・通学・デートに旅行と持ち歩ける
機種により758Mbpsの通信速度
緊急時にLTE回線もつかえる

これに対し、今度はデメリットをみていきますと

ホームルーター(据置型)モバイルルーター
デメリット 基本コンセント無しでは駆動しない
サイズが大きく持ち運び不可
選択肢が実質L01sしか選べない
有線接続にはクレードル別途購入の必要あり
受信感度は据置型におとる
持ち歩くため破損や紛失の可能性あり

こんな感じになりました。

メリットだけではなく、むしろデメリットに注目し、自分の用途や目的に合っているかどうかで判断してくだいね。

ホームルーター(据置型)とモバイルルーターそれぞれオススメのタイプは!?

ホームルーター(据置型)とモバイルルーターそれぞれのメリット・デメリットを知った上で

じゃ自分ならどっちがいいの!?

こんな方でもパッと理解できるよう、それぞれおすすめのタイプを一覧でまとめてみました。

ホームルーターがおすすめの人

  1. 外ではスマホ、WiMAXは自宅専用
  2. 小規模オフィスで利用する
  3. 家族が多い・接続するWi-Fi機器が多い
  4. 過去モバイルルーターで感度がイマイチだった
モバイルルーターがおすすめの人

  1. 通勤・通学でつかうこともある
  2. 一人暮らし(または夫婦二人)
  3. 外出時にスマホで動画をよく観る
  4. 端末はたくさんの選択肢から選びたい

それぞれの特徴を比較し、自分の用途やWiMAX契約の目的に当てはまる項目の多い方を選んでもらえれば幸いです。

まとめ

以上、ホームルーター(据置型)とモバイルルーターで迷っている方にむけ、

  • ホームルーター(据置型)とモバイルルーターの違う部分と変わらない部分
  • ホームルーター、モバイルルーターそれぞれおすすめのタイプ

をご紹介しました。

もしモバイルルーターとなった方! 今選ぶべき端末については、【WiMAXモバイルルーター王座決定戦!!】ついに端末選びに決着が…W05が超絶おすすめという3つの理由という記事。

一方、ホームルーター(据置型)となった場合、【home L01s最高ゥ!!】自宅Wi-Fiもっともオススメ機種はソフトバンクエアーじゃなくWiMAXだった件という記事もあわせてご覧ください。

またホームルーター(据置型)とモバイルルーター、いずれにせよ料金的にはどちらを選んでも変わりません。以下の2社経由ならばUQ WiMAXや他のプロバイダ、家電量販店経由より3万円程度は安く節約できます。

まずはアナタの目的や用途ハッキリさせ、最終的には持ち歩いて使いたいのか、100%自宅用で割り切って使うのかで選んでみてください。

というわけで今回は以上です。是非アナタの用途がハッキリした段階で早めに以下の格安プロバイダで在庫を確認だけでもしておきましょう!!

\WiMAXプロバイダのTOP2/

 Broad WiMAX
当ブログの評価:★★★★★
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なのでキャッシュバック貰い忘れも無いうえに、途中で光回線に乗り換える際も違約金負担サービスあり!

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 GMOとくとくBB
当ブログの評価:★★★★
ゲットできれば3万どころか4万円超えも!! 業界でもダントツな超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しいならGMO!ただし手続きは11ヶ月後、半数以上の方は貰い損ねているためマイナス1ポイント。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです。

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)
この記事を書いた人
ヨーアン

WiMAX利用歴6年の根っからのモバイル回線ユーザー。モバイル回線が複雑過ぎてわかりづらいと感じたため、こんなサイトを作ってしまいました。

ルーター選び
おすすめポケットwi-fiとWiMAXを徹底比較!モバイルwi-fiの神さま