ヤバいWiMAX端末でた…【speed wi-fi home L01】ホーム L01の凄い部分まとめ

もしかしたら、このページを読んでくれているということは、

  • 基本、自宅メインなんで安定感ならやっぱWiMAXより固定回線だよなー
  • WiMAX、WiMAX2+もいいけど、PCにスマホやタブレット、psvitaなどなど沢山の端末だと心配だわ

こんな理由で、今までずーっとWiMAXへの乗り換えを先送りしていませんでしたか?


まずちょっと前までの話!

これまで100%自宅専用と割り切った場合、回線の速度・安定感ともに光コラボ等に軍配が上がるのは常識とされていました。

ですが!
時代はこの数年間で急変しました。

なぜなら『固定回線的にWiMAXを使いたいなー』ってユーザーさんに向け

そんな常識をぶち壊すかもしれない端末がついに登場しちゃったんです!

それが『speed wi-fi home L01』通称、『ホーム L01!』

こいつです。

WiMAXでありながら自宅で固定回線のように使用する『据え置き型』、いわゆるホームルーターとよばれるカテゴリーの端末。自宅に特化しているんですよ…。

詳しい部分は以下でお伝えするとして、

  • とりあえずWiMAXを検討中、かつ持ち歩きメインじゃなく自宅使用がメイン。複数台の端末で利用する
  • 大切なのはコンパクトさ・携帯性じゃない、ブチブチ切れない安定した受信感度だ!

という方にはめっちゃオススメな一台となります。どのサイトより詳しくお伝えしてます。
さっそくみてみましょう!

speed wi-fi home L01ってどんなルーターなの?

すでに当ページを見てくれている人は、Speed Wi-Fi HOME L01の基本的な部分は知ってますよね?

これですよ、これ↓(スタイリッシュ!)

すでにホーム L01は気になっているものの

『デザイン面は気にいったけど、性能や受信感度は正直どーなんだろ?』

とか

『ホームルーターのわりに外部アンテナとか無いけど、普通のWX03やW04あたりとくらべてどうなの?』

こんな部分が気になってたんですよね?

ご安心ください!

その辺り、各SNSから個人ブログ、リアルに使用している利用者のレビューなど参考に、徹底的にリサーチしました。

で、結論からいいますと

現時点(2017年5月現在)、自宅利用というシチュエーションなら、おそらくSpeed Wi-Fi HOME L01が最強の端末という部分は間違いなさそうです。

※追記
今月末、長らく利用してきましたとくとくBBのキャッシュバックが受け取れた時点で、現在使用中のWX03から、こちらのSpeed Wi-Fi HOME L01に乗り換えることも確定しました!
※さらに追記
待ちに待ったホーム L01をGMOとくとくBBから申し込み、先日、ホーム L01がウチにやってきました!!
アンテナの受信感度もよくめっちゃ安定してブチ切れることも一切無くなりましたよ!

屋内専用のルーター L01は据え置き型ゆえに賛否両論!

さて、ホーム L01の見た目や雰囲気が気になり検討してるものの、

『そもそも据え置き型とかホームルーターって何よ?』

という方に、簡単にその辺り説明しますね!

ホーム L01は完全に屋内専用の据え置き型!

そもそもWiMAXは

『屋外に持ち出してインターネットを手軽に!』

というのウリでして、モバイルルーターとよばれる端末も、基本、持ち歩く前提でつくられていました。

なのでインターネットしよっかなーという場合、

  1. 自宅で安定して高速なインターネット→ひかり等の固定回線
  2. 屋外でも自宅でもそこそこ快適→WiMAX等のモバイルWi-Fi

というのが常識で、じっさいにその状態が長らく続いておりました。

じっさい、自宅ではがっちり光回線を契約し、サブ的にWiMAXを利用している人って多いです。

でもホーム L01って持ち歩けないんでしょ!!

そんな中、WiMAXなのに持ち歩けない端末、ホーム L01について

『なぜWiMAXの最大のメリット、屋外での利用のできない端末が必要なの!!』

とか

『だったら固定回線の方が間違いないやん!』

という疑問をもたれる方もいますね。

ですが、ここ数年WiMAX2+はこんな感じでめっちゃ進化しておりまして、

日々拡大されるエリア、最近のキャリアアグリゲーション等の進化によって、ほぼWiMAX、WiMAX2+の弱点とよばれる部分が、解消されました。

結果、ついに固定回線レベルまで到達したため、モバイルWi-Fiだけでなく固定回線として使えますよーということで、ホーム L01みたいな商品がでてきたわけです。

一言でいってしまえば

地味なエリア拡大WiMAX2+の回線の整備が、端末性能が、固定回線として実用に耐えられるレベルまで進化した!

という認識でオッケーだと思います。

これまでに何種類かWiMAX用のホームルータータイプも登場しましたが、正直、『これだー!』という端末は1つもありませんでした。

そんな中、やっと今回のホーム L01登場によって、据え置き型のWiMAXもかなり浸透するんかなーって個人的には思ってます。

Speed Wi-Fi HOME L01の性能と凄いところ!

さっそくホームルーターL01の凄い部分、おすすめのポイントを説明していきますよ!

  1. まず固定回線に劣らない回線の速度。
  2. インテリア的にもイケてる外観
  3. WiMAXの弱点、電波の不安定さ、弱さが解消された

他にもまだまだありますが、ここだけは知っておいた方がいいぞーってのがこの3つ。

じゃ順番に説明してきますね!

固定回線に劣らない回線の速度

検討中のユーザーさんにとって

『どうなんかなー』ともっとも気になる部分というと、やっぱこの速度の部分ですよね。

お住いの地域や混雑状況によるものの、結果からいいますと、

一世代前の端末にくらべ、めちゃんこ速くなってます!

めちゃんこ速くなった理由はいろいろありますが・・・

キャリアアグリゲーションで爆速

このホームルーターL01、下り最大速度は440Mbps、4×4 MIMOおよびキャリアアグリゲーションに対応しています。

キャリアアグリゲーションといいますのは、複数の帯域を同時に利用して高速通信を可能にする方法でして、

WiMAX2+の下り最高220Mbpsを2つの帯域を使うことで、なんと!

220Mbps+220Mbps→440Mbps

とひかり回線にせまるような速度を可能しちゃってます。

上記の数値はあくまで最高値ではありますが、単純に数字を比較するなら、ひかり回線の半分程度。またはスマホ等の回線にくらべ、4倍程度の数値となります。

クチコミなどにも

『マンションタイプのひかり回線だったので、WiMAX2+の速度が不安だったけど、ぶっちゃけひかり回線より数字でてます!』

という意見も多いです。

一昔前までは、速度ならひかり!って常識でしたが、混雑状況や基地局からの距離によっては、WiMAX2+が超えちゃうってケースも増えてきてます!

頑張れWiMAX!もうちょっとだぞー!ひかり回線に追いつけ追い越せー!!

インテリア的にもイケてる外観

ホーム L01が気になっている方なら説明不要かと思いますが、これまでのホームルーター・タイプの端末にくらべ、

無駄な装飾も無くシンプルそのもの!

よってどんなインテリアにも馴染みやすく、違和感まったくないです。

ちなみにホーム L01が登場する前のホームルーターというとこちら↓

いわゆる外部アンテナの目立つ

『僕ちん、生まれも育ちも根っからのホームルーターです!』

という外観でした。

たしかに速度や電波の受信感度がWiMAXのキモではありますが、

  • 『せっかくならデザイン面もカッコイイほうがテンションが上がっちゃう!』
  • 『今の時代、ダサいルーターの外観とかありえない・・・』

という方すっごく増えてきてます。なのでそんなコダワリ派の方にもホーム L01いいんかなーって感じます。

ホーム L01はホームルーターというか、もうデザイン家電とよんでもいいレベルだと思いますよ。

寝る前にランプのチカチカ嫌だよね? LED消灯モード搭載

あと個人的に『これイイじゃん!』と思ったのが

LED消灯モード

この手の端末にありがちな青白いランプが常にチカチカ・・・、あれって寝る時に視界に入ると気になる人って多いですよね?

LED消灯モード搭載なので就寝時も気にならない!

WiMAXの弱点、電波の不安定さ、弱さが解消された

持ち歩くことのできない、電源が必要、外観が大きめ・・・というホームルーター・タイプのホーム L01。

そんなWiMAXとしてのデメリットをすべて払拭してしまう部分!

それが

電波の弱さと不安定さが解消されたこと

だといえます。

前モデルのnovas home+CAのような外部アンテナこそ外観上にありませんが、確実に受信感度が向上しちゃっています。

こーんな感じで、

他の危機との干渉が少なくスムーズな通信が可能という11ac

対応機種がめっちゃ多く、あらゆる端末と通信可能な11n

なんと、合計40台と接続可能なのです。

正直、もう個人レベルというか小さな会社や事務所ならこれだけでいいじゃん!って話ですよね。

WiMAXでブチブチ切れていた人にこそホーム L01!

またお住いの地域によっては

『一応エリア内なんだけど微妙なエリア・・・時間帯や場所によってブチブチ切れる!』

というWiMAXユーザーさん多いです。

専用クレードル使ったり、自作アンテナ利用したりっていろいろ工夫されているユーザーさんも多いですが

もうそんな悪あがき、止めましょう・・・このホーム L01で完全に解消できまっっす!

こういった電波受信に関するイライラ、ホームルーター・タイプで一気に解消しちゃいましょう!!

※いろいろ調べてホーム L01をもっとも安く契約できるのは以下のプロバイダでした。

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/

ホーム L01はこんな人には向いていない!

物事には良い面があれば、かならず悪い面もあります。

ではホーム L01の悪い面は?

ということで思いつく限り、ホーム L01の悪い面というかデメリット的なものをお伝えしておきますね。

以下の部分が気になる!って人にはホームルーターL01は向いてないかもしれないので要注意かもです。

使う場所で電源が確保できない!

まず先に述べましたように、ホームルーターL01はWiMAXを自宅で使うことに特化した、屋内専用のルーターとなります。

つまり屋外に持ち出さないことを前提としているため、電源(コンセント)を必要とします。

よって窓際におきたいものの、まったく電源が確保できない・・・という人は厳しいかもです。

たまには外に持ち出したい!

また

『自宅メインだけど、たまに屋外でタブレットとかゲームとか使う場合もあり』という方の場合、この時点でアウトです。

今なら端末無料で最新のW04やWX03がゲットできます。

どちらも屋外はもちろん室内でもサクサク動きます。ちょっとでも屋外で使う可能性のある方は、念のためそちらから選んでおきましょう!

停電時にネットできないと不安

なので

『じゃ停電した場合、ネット繋がんないんじゃないの?』

という方の場合、そういった方も上記の充電式のモバイルルーターを無難に選んでおきましょう。

そもそも停電中ということは、すでにノンビリ作業している場合じゃありませんからね。

なので電源タイプか充電式か?という部分が気になる方は、最初からホームルータータイプはあまり向いていないと思います。

まとめ

以上、現時点で屋内の据え置き型のWiMAX端末として最強機種!

ホーム L01の特長やメリット・デメリットをまとめてみました。

結論としましては

ホーム L01はけっして誰にでもオススメできる端末ではなく、

  1. 自宅の固定回線がわりに、ひかり回線のような高額な月額料金を払いたくない!
  2. 速い固定回線は欲しいけど、面倒な工事、高額な工事費用はちょっとな・・・
  3. 戸建てにお住まいとかで、モバイルルータータイプだと届かない場所が多い!

といった方にはめっちゃオススメの端末となります。

じゃホーム L01をどこで申込めば安いの?

で、ホーム L01にしとくかぁーってなった場合、

『じゃホーム L01をどこで申込めば安いの?』

という部分・・・けっこう大事です。やっぱりお得なとこで申込みしたいですよね?

基本、いろいろプロバイダありますが、ホーム L01なら現時点、ふつうは端末無料と設定されています。

なので、どのプロバイダでも一緒でしょ!と考える方もいますが

じつは!

じつはプロバイダによってまーーーったく違います!

同じどころか2年後に支払った金額、3~4万円違うとかふつうにあるのでご注意下さい。

じゃどのプロバイダがお得なの?

となりますね。

ですがこの部分、じつはちょっと複雑でして、

多額なキャッシュバック金額(3万円とか)は貰えるけど、手続きを忘れたら損しちゃう!

というプロバイダや

最安とはいえないけれども、キャッシュバックじゃなく、毎月コツコツ月額を割り引いてくれる!

なんてプロバイダがあります。

なので自分の性格や、毎月の支払金額に無理があるかどうか?

という部分で選ばないと後で後悔するかも?って思います。

ちなみに現在のキャンペーンを比較するかぎり、

キャッシュバック、手続き、月額料金ふくめて以下の4社あたりが、間違いないんかなーって気がします。

  1. 『とにかく金額が重要!CB受取の手続きは自信あり!』→GMOとくとくBB

    公式サイト http://gmobb.jp/

  2. 『難しいCBの手続きとか無理!確実にもらえる月額割が嬉しい』→ブロードワイマックス

    公式サイト https://wimax-broad.jp/

  3. 『多少の手続きならOK!キャッシュバックもそこそこ欲しい!』→@nifty

    公式サイト http://setsuzoku.nifty.com/wimax/

    または→ビッグローブ

    公式サイト http://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

どのプロバイダが絶対にお得!ってわけじゃなく

あとは各自で公式サイトのキャンペーンをチェックして、自分にピッタリのプロバイダを見つけてもらえれば嬉しいです。

ちなみに!

断トツでキャッシュバック金額を設定しているGMOとくとくBBさん。

ここ数年、かなり人気があり、管理人も月末にホーム L01を申し込むときはとくとくBBさんからいっちゃおっかなーと予定しています。

最高額のキャンペーンはここのページでした↓

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/

※キャッシュバックもらい忘れも心配なので、ややブロードワイマックスも気になっていますが・・・

【オマケ】予想以上に売れてます!ホーム L01は在庫のある時を狙え!

あと言い忘れましたが、今回のホーム L01。

発売当初から、かなり売れている模様です。

最近、スマホやタブレット等でもメキメキ頭角を現しているHUAWEIさんも、ここまで売れると想定してなかったんでしょうか?

在庫なくて待ち状態で困っているクチコミもけっこう目立ちます。

なのでプロバイダによって状況ちがいますが、どのくらい待たされるかわかんない部分もあるので、もし気になるプロバイダで在庫がアリならば早めにいっといた方が吉だと思います。

モバイルルータータイプの人気モデル、WX03とか普通に何ヶ月待ちとか過去にありましたし。生産ラインの関係で、ずーっと無い時期って続くんですよね。

というわけで、自宅でガッツリ高速通信をWiMAXで!という人にはめちゃんこオススメのホーム L01!

当サイトを参考に、しっかりプロバイダを選んでお得に利用してくださいね!

※細かいスペック等が気になる方は、必ず申込み前にホーム L01のスペック詳細をご確認ください。

機種名Speed Wi-Fi HOME L01
サイズ約W93×H180×D93mm
重さ約493g
ホワイト
対応ネットワークWiMAX 2+
au 4G LTE*1
最大通信速度下り最大440Mbps*2/上り最大30Mbps
充電時間電源はACアダプタのみ、バッテリー動作非対応
有線LAN規格Ethernet 1000Base-T /100Base-TX / 10Base-T
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
同時接続可能台数最大42台(有線LAN2台、無線LAN40台)
対応OSWindows Vista®
Windows®7
Windows®8
Windows®8.1
Windows®10
Mac OS X 10.5以降
同梱物ACアダプタ
Ethernetケーブル(試供品)
取扱説明書
保証書
au 4G LTEのネットワークは、エリアにより最大通信速度が異なります。
下り最大440Mbpsは東名阪エリアを中心にご利用いただけます。速度は、システム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により440Mbps、220Mbpsまたは110Mbpsとなります。実際の通信速度は、通信環境や混雑状況などに応じて低下します。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする