デレステの通信量は2時間で100Mbps!リセマラにかかる通信量は700Mbps!ストーリーコミュについても解説

まばゆいスポットライトを一身に浴びながら、人々から羨望の眼差しを向けられるアイドルの育成に重点を置いたスマートフォン向けブラウザゲームといば……

アイドルマスター シンデレラガールズスターライトステージ!!!(以下デレステ)

言わずと知れたバンダイナムコゲームスの人気シリーズで、順調に重課金プレイヤー、廃課金プレイヤーを量産しています。

そんな中、これからデレステを始めようとお考えの方は誰でもこの部分が気になるハズ。

デレステの通信量ってどうなの!? かなりデータ容量を消費しちゃうの!?

 

当記事ではデレステの通信量をわかりやすく解説した上で、デレステのデータ消費量をいっさい気にせず思う存分、デレステを楽しむのにおすすめなポケットwi-fiをご提案!!

通勤・通学中もがっつりデレステを楽しみたい方、必見ですよ!

デレステの通信量を気にせず外でもガンガン楽しむならポケットwi-fiは必須! 中でも以下の2社が最強じゃ!!

 

【2018年8月】今月の最安値情報
\高額キャッシュバックなら!!/
とくとくBB公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安なら!!/
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/
\プロバイダ選びで絶対に失敗しなくない人は!!/
参考記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較してみた結果!!

スマホゲームの宿命……デレステの通信量はいかに!?

デレステに関する話題の大半を占めるのが、今後のスマホゲームでは宿命となるかもしれない通信量に関するもの。

持ち運びが容易なスマホで、いつでもどこでもゲームが遊べる便利な時代ゆえのお悩みと言えるかもしれませんが、デレステはいわゆる音ゲーと呼ばれるジャンルのゲームになっています。

そこでモバ神が今回のタイトルにもあります通り、デレステを1回プレイしたときに発生する通信量について調べるべく、回遊魚のごとくネット内を巡回してみました。

それでは行ってみましょう。

デレステの概要を簡単におさらい

スマホ音ゲーに改革を起こしたデレステとはデレステの説明をするうえで必要な事柄は非常に多いので、残念ながらすべてをご説明することはできないのですが、改めて概要だけ解説させていただければと思います。

そもそもアイドルマスターは先述した通り、ゲームセンターでプレイするアーケードゲームでした。

当時のゲームとしては非常に画期的で、自分の選んだアイドルをプロデュースし、そのアイドルをトップアイドルに育て上げるという内容です。

そこでアイドルマスターという、ある種一つのブランドを築き上げ、その後は実際にキャラクターに声を当てている声優がライブを行って二次元と三次元の融合を実現しています。

そしてそのブランドはとどまることを知らず、いくつかの派生作品を出し続けました。

そのうちの一つがこの「アイドルマスターシンデレラガールズ」なのです。

シンデレラガールズの歴史

シンデレラガールズは最初、モバゲーの所謂フラッシュゲームとして開始。

その後順次人気キャラクターから声を実装し、キャラクターソングを出すなどしています。

このあたりの話は非常に長くなってしまうので割愛させていただきますが、モバゲーで一定のファンを獲得した「アイドルマスターシンデレラガールズ」の新しい形のゲームが「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」なのです。

【圧倒】デレステの総ダウンロード数

このスターライトステージはiOS版が配信開始された2015年9月10日時点で400万ダウンロードを記録し、同年12月22日には販売元のバンダイナムコエンターテインメントより1000万ダウンロードを突破したことが発表。

配信開始から半年経った2016年3月11日には1200万ダウンロードを突破し、さらに2016年12月21日には1700万ダウンロード、2017年4月15日には1900万ダウンロードを突破!!

まさに今! その勢いが最高潮と言っても過言ではないこのデレステの解説を次項で詳しくしていこうと思います。

デレステの通信量は魅力を堪能するためのお布施?

デレステは先述した通り、所謂音ゲーに分類されるゲームになっています。

実際にゲーム内容は最初期のアイドルをプロデュースしてトップアイドルを目指すといったゲーム性は薄まり、過去発表された各メンバー・各ユニットの楽曲を落ちてくるノーツを叩いてクリアするタイプの音ゲーになっています。

さらにデレステの魅力はアイドルをCGに起こして楽曲に合わせてステージ上で踊るところにもあります。

このことから単純に通信量としては「楽曲のダウンロード」「楽曲のPVデータダウンロード」の二つがメインになっています。(※この通信量に関しては追ってご説明いたします)

デレステ1回プレイあたりの通信量、おおよその目安とは?

実際に曲をダウンロードすると結構な通信量になることはお分かりいただけたかと思いますが、では実際に何にどの程度の通信量を食っているのでしょうか!?

ざっくりとではありますが、調べてみましたところ有志の方が調査したデータを発見したので以下に一覧でまとめてみました。

起動1MB
ストーリーコミュ(ボイス有)16MB
ストーリーコミュ(ボイス無)5MB
アイドルコミュ(ボイス有)2MB
アイドルコミュ(ボイス無)1MB
楽曲購入4MB/1曲
初めてプレイする譜面を3D標準でライブ2MB
初めてプレイする譜面を2D軽量でライブ1MB

上記のようなデータが出そろっていました。

この一覧だけだと大したデータ量ではないように感じるかもしれません。しかしながらデレステで重要なのは回数をこなすこと。回数をこなすと予想以上にデータ消費するのは言うまでもありませんね。

基本的にこのゲームは一曲を叩き切った際の得点で世界中のプロデューサーと競い合うのがメインの内容です。

そのため、ハイスコアを出すために繰り返しプレイする必要があります。基本的に一曲をプレイするのにかかる時間は3分弱ですから、2時間通してプレイし続けた場合は100MB弱の通信量になってしまいます。

動画を再生するよりは通信量が小さいものの、デレステに夢中になるあまり、繰り返してプレイしすぎてしまった場合、スマホの通信制限に引っかかる可能性もじゅうぶんに出てきます。

もし通信制限から解放され思う存分デレステを楽しみたいなら、ポケットwi-fi・WiMAXのモバイルルーターを持ち歩くのが最強です。

以下のWiMAXプロバイダなら高額なキャッシュバックが戻ってきたり、月額料金割引で毎月3,000円余りで月間無制限に使いまくれるのでモバ神的にも一押しです。

【2018年8月】今月の最安値情報
\高額キャッシュバックなら!!/
とくとくBB公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安なら!!/
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/
\プロバイダ選びで絶対に失敗しなくない人は!!/
参考記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較してみた結果!!

通信量なんて気にするな!! デレステの魅力はストーリーコミュにあり!

冒頭でもデレステの魅力ストーリーコミュに軽く触れたものの、まだ詳しくご説明できていないストーリーコミュについて解説したいと思います。

そもそもストーリーコミュってどんなもの!?

 

というデレステ初心者の方もいらっしゃると思うので、超わかりやすく解説いたします。

ストーリーコミュとは読んで字のごとく、各キャラクターのバックグラウンドをストーリー調に読み進めていけるコンテンツです。説明が前後しましたが、現在デレステには183人ものキャラクターが存在しています。

そして驚くべきはその183人全員にストーリーコミュが用意されているという点でしょう。

そのストーリーコミュも勿論各キャラクター一本ずつではなく、まずは各キャラクターのバックグラウンドに則したストーリーが3~5本ずつ程度用意されており、なおかつ各キャラクターの各レア度・カード1枚に対して2つのストーリーコミュが用意されています。

更に更にデレステでは毎週のようにイベントが更新されており、そのイベント一回につき7話のストーリーコミュが更新され続けています。

これらを改めて通信量データと照らし合わせてみましょう。

ストーリーコミュ(ボイス有)16MB
ストーリーコミュ(ボイス無)5MB

 

ストーリーコミュを90人分みるとド偉い通信量を消費する!

因みに現在キャラクター183人に対してボイスのついているキャラクター数はなんと90人!

その90人はおおよそレア度としてレア1枚SR2枚SSR2枚として考えた際、各キャラクターのコミュ数は1+2+2+5で10種のストーリーコミュが存在しています。

更に10種のストーリーコミュを90人分見た際の通信量は10×90×16=14400MBでなんと15GB弱の通信量が必要になってきます。

その上でボイスのないキャラのストーリーコミュを読み、なおかつイベントのストーリーコミュを読んだと仮定するのであればその通信量は30GBを超えるのではないでしょうか。

流石にこの通信量を通常のモバイル通信にて賄うのは非常に難しいと思います。ですのでその際はポケットwi-fiやWiMAXなどの方法を考えた方がいいでしょう。

開始前は必須? デレステのリセマラ通信量

一度インストールしたデレステのアプリをアンインストールして、再度インストールする”リセマラ”ことリセットマラソン。

冒頭のチュートリアルまでゲームを進めて初回プレイ時にもらえるレアアイテムを狙うという、スマホゲームでは恒例行事とも言える攻略スタイルになります。

このデレステでもリセマラが可能なようですが、通信量はなんと楽曲ダウンロードなどの比にならない膨大な通信量が発生します。

驚愕!!けっこう馬鹿にならない通信量を消費するデレステのリセマラ

これは概算なので一つの参考としてみていただきたいのですが、なんと一回デレステをリセマラすると考え

インストール→データダウンロード→チュートリアルクリア→ガシャを引く→アンインストール

までにかかる通信量はなんと約700MBとなっております。

これは通常のパケット通信の契約をされている方であれば10回ほど繰り返すだけで一か月分の通信量を食う計算になってしまっております。

更に、一回のリセマラで引けるガシャの回数は2回です。

そしてこのゲームのガシャの最高レア排出率は3%。確率の期待値的に60回ほどリセマラを試行すれば90%ほどの確立で引けますが、運悪く本当に60回のリセマラを行った場合にかかる通信量はまさかの42GBです。

これは通常の携帯会社との契約では通信規制待ったなしの通信量ですね。

通常のモバイル回線の中でもWiMAXのギガ放題プランのような月間のデータ容量の制限なしプラン以外だと秒殺されるのでお気をつけください。

【2018年8月】今月の最安値情報
\高額キャッシュバックなら!!/
とくとくBB公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安なら!!/
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/
\プロバイダ選びで絶対に失敗しなくない人は!!/
参考記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較してみた結果!!

じっさいゲームの難易度もそれなりに高くて到底クリアできない上に通信量もバカにならない……と、早くも白旗をあげている人も多いようですが、

古参ユーザーたちは、一体どうやってネックの通信量をカバーしているの?

 

ふと疑問に思ったのでをネット上をリサーチしてきました。

固定回線の無線LANで家庭専用機PC非対応のアプリゲームであるため、どうしてもスマホがメインプラットフォームとなるでしょうか。

家に敷設した無線LANがあれば、スマホと常時接続が可能となりますので、こちらも通信量を無視した解放的なプレーに明け暮れることができます。

外出時はポケットWi-Fiでプレイやっぱり、どうしても出先でプレーしたいですよね。

電車やバスなど、通勤通学の移動時は特にヒマな時間帯でもあるため、テンポよく遊べるデレステは最適なゲームとなります。

最近はポケットwi-fi・WiMAXが人気を集めているため、通信量の節約や、スマホゲーム目的で契約している人も増加しているようです。

まとめ

スマホの通常回線によるプレイは、膨大な通信量を発生させてしまうデレステ。

月始めからスマホの通信制限のに引っかからないためにも、デレステをプレイするなら

  • 基本は自宅のwi-fiに接続しての家庭内プレイ
  • ポケットwi-fi、WiMAXの使い放題プランのモバイルルーターを持ち歩く
この2点に注意してデレステを思いっきり楽しみましょう!