【WiMAXの初期費用はいくら】初月料金と事務手数料を徹底比較

モバイル回線の中でも断トツで安く使い勝手のいいWiMAXに契約しよう!

と、申込みすることは決まったものの

  • WiMAXに申し込んだら、最初の1ヶ月でどんくらいの費用かかんのかな?
  • そもそもプロバイダによって初期費用って違うの?

このようにWiMAXの初期費用や料金の部分が気になってネットで調べていませんでしたか?

ご安心ください!
そんな初期費用や初月の請求が心配な方にむけ、当ページでは、

  1. WiMAXに申込みした場合の初月に請求されるであろう料金
  2. プロバイダによってかかる初期費用が違うのか?

このへんの2点を徹底的に調べ上げて、超こまかくまとめています。

結論からいいますとプロバイダ関係なく共通の費用もありますが初月の料金という部分ではプロバイダ次第でかなり違ってきます! 要注意!!

後半ではWiMAXの初期費用をふくめたプロバイダ選びのコツも紹介していますので、初期費用の悩みをがっちり解消しちゃってください!

参考までに20ほどあるプロバイダの初月費用をふくめた実質費用を比較したら、以下の2つのプロバイダがお得になりました。後はアナタの性格に合わせてどちらか選んでくださいね。

【2017年12月更新】最新プロバイダ情報
  • 『高額キャッシュバックをドカンと欲しい』GMOとくとくBB⇨⇨⇨http://gmobb.jp/
  • 『とにかく月額料金を安くしたい』ブロードワイマックス⇨⇨⇨https://wimax-broad.jp/

▼さらに詳しく最新のWiMAXプロバイダを比較したい方は以下のページもチェック▼
WiMAXおすすめプロバイダの料金比較ページ

そもそもWiMAXにかかる初期費用は2種類あります

ちょっと基本的な部分、説明させてください!

皆さん、初期費用、初期費用いいますが、この初期費用という部分、WiMAX契約の場合は大きく

  1. 事務手数料
  2. 初月の利用料金

という2つの料金によって構成されているんです。

正確にいいますと、端末費用なんかも初期費用にふくまれるっちゃ含まれますが、現在、UQ WiMAX以外のプロバイダでは、基本どの端末も無料。

なので当ページでは端末はいったん無視させてもらいますね。

また受台といいますか、クレードルと呼ばれる充電台、あの端末を乗せておくやつ。

これに関しても、有料だったりキャッシュバックから相殺、端末の機種やプロバイダによってマチマチなので割愛させていただきます。

そう考えた場合、

WiMAXの初月にかかる費用としましては、

事務手数料

初月の利用料金

の2つの料金だけしかかからない!

という認識でとりあえずオッケーだと思います。それで進めましょう!

ではそれぞれの詳細についてザザーッと説明しておきますね。

1.事務手数料

いわゆる本当の初期費用とよばれるのがこちら。UQ WiMAXさんの場合、こんな記載があります。

プロバイダによっては登録料とか、契約事務手数料、申し込み手数料とよばれるケースもありますが、この場ではまとめて事務手数料と呼んどきます。

これ、すべてのプロバイダで共通してかかる費用でして、料金も一律3,000円(税抜き)と決まっています。

ぜーんぶ一律で3,000円!キリがいい!

なので初月に3,000円は高い!高すぎる!という方の場合、WiMAX、WiMAX2+自体をあきらめてもらうしかないです。

スマホでもMNPしたときにかならず請求されますが、プロバイダが行う新規の手続きとかSIMとかひっくるめた手数料ですね。

ですので事務手数料においては、どのプロバイダを選んでもまったく同じ!
となります。

2.初月の利用料金

で、初期費用の2つめの部分となるのが初月の利用料金。

正確にいいますと初期費用とは微妙にニュアンスが違う気もしますが、WiMAXに申し込んだ場合、初月に請求される料金てことでは初期費用ですね。

どのプロバイダにしてもサービスを利用するには月額費用がかならずかかります。当たり前ですが初月から利用料は発生しますね。

つまり

各プロバイダ共通の事務手数料+プロバイダごとの初月費用

がWiMAX利用時の初期費用となります。

愕然!プロバイダで初期費用がこんなに違うの!?

ここからが凄ーく大事な部分!

知ってるか知らないかで差がつく部分ですのでよく聞いておいて下さい!

先ほど伝えましたように、各プロバイダ共通の事務手数料にたいし、月額料金はプロバイダごとに違います。

よって初期費用を安くおさえる!という場合、初月の料金を安くおさえることができるか?って部分がネックとなります。

で、初月料金について考える前に、予備知識として

『これ知っとかないと損するよー』

というのが、プロバイダの用意した初月~約3カ月程度の割引期間について。

これ、知らない人いるかもしれないので、軽くお伝えしときます。

ななんとギガ放題プランが通常プランの料金で!?

まずプロバイダによって

初月~3ヶ月間(または2ヶ月間)の特別料金を設定している会社がけっこうあります。

基本、『プロバイダどこがいいんかなー』って選ぶとき、普通に候補に上がるような大手プロバイダだったら、まず特別料金で安く設定されています。

たとえばギガ放題プラン(キャッシュバックあり)なんかで考えると、こんな感じで

通常は4,300円程度の月額料金が、なんと3,700円程度で2~3ヶ月利用できちゃいます。

で、なぜこういった金額差があるのか?というとですね、

実をいいますと安くなった料金、これ7GB制限の通常プランの料金となっています。

つまり、

プロバイダとしては、とりあえず数ヶ月間は赤字でも構わないから、

『とりあえず通常プランと同料金で、ギガ放題プランの快適さを体感してみーや』といったお試し期間みたいな感じ!

という認識でオッケーです。

これ、地味なサービスですが、WiMAX契約において

『通常プランとギガ放題、どっちがええんかなー、迷うわ・・・やっぱ決まらんからやめとこ』

という人、じつはめっちゃ多いです。

これ、WiMAX、WiMAX2+市場としては、大切な大切な見込み客であるユーザーさんを逃している状態でして。

プロバイダからすれば、非常ーにもったいない!状態なのです。

なので迷っているなら、どっちでも同じ値段でいいからとりあえず試して!という意味をこめて割引しています。評判いいです。

ただ!

ただこういったサービス、大手ならどのプロバイダも行っています。なので初期費用の面では大きく差がつくことはありません。

ポイントは初月分の月額料金が無料なのか?日割り計算なのか?

そこで!

これから初期費用においてもっとも差がつく部分についてご説明します。

大丈夫ですか?ここまでついてこれてますか?

もっとも初期費用で差がつく部分というのが

『初月分の月額料金が無料なのか?日割り計算なのか?』

という部分となります。

ちょっと各プロバイダの公式サイトをチェックしてみましょう

たとえば本家本元のUQ WiMAXさんなら

はい 日割り!

キャッシュバック最高額のとくとくBBさんは

こちらも日割り!!

で月額費用をおさえたBroad WiMAX(ブロードワイマックス)さんの場合



やっぱし日割り!

で、一方老舗のプロバイダである@niftyだと

おっしゃ!初月無料!

BIGLOBE(ビッグローブ)さんも



ナイス!!こちらも初月無用!!

という結果。

この辺りはグダグダ説明しても混乱するので、もう一覧表を見てください。

プロバイダ初月料金事務手数料
GMOとくとくBB
3,609円の日割り計算
※3ヶ月目~4,263円
3,000円
3WiMAX
3,495円の日割り計算
※3ヶ月目~4,130円
3,000円
ニフティ
最大3カ月間 無料!
※3ヶ月目~4,130円
3,000円
ソネット
初月無料
※3ヶ月目~4,130円
3,000円
ビッグローブ
初月無料
※3ヶ月目~4,130円4,380円
3,000円
UQ WiMAX
uqロゴ
4,380円の日割り計算
※3ヶ月目~4,130円
3,000円
ブロードワイマックス
2,726円の日割り計算
※3ヶ月目~4,130円
3,000円
DTI wimax
3,500円の日割り計算
※3ヶ月目~4,300円
3,000円
※上記、初期費用は各種キャンペーンによって変更の可能性もあります。詳しくは公式ページでご確認ください

このように大手の人気プロバイダの中でも、

しっかりと初月から日割り計算で請求するからねー

って会社もあれば、

初月費用は当社でもちます

という会社があるのが分かりますね!

中には@niftyみたいに

ドドーンと3ヶ月間、月額料金は要りません!

という太っ腹なプロバイダさえ存在します。

上手く活用すれば1カ月まるまる得する

で!

この初月分が無料か日割り計算かで、どんだけ初期費用に違いがでてくるのかといいますと、

これ、月末に申込みを済ませ月初から上手く活用しちゃった場合、

いきなり3,600円程度の差がつきます。

  • 日割り計算のプロバイダ→6,600円(税抜き)
  • 初月費用の無料なプロバイダ→3,000円(税抜き)

というわけで、初月費用の扱いによって初期費用はこれだけ変わってきます。

もちろん、初月費用という部分だけで選んではいけませんが、

プロバイダ選びにおける大きな判断基準のひとつ

という部分として確実にチェックしておかれることをおすすめします。

【まとめ】初期費用をふくめた実質料金のお得なプロバイダは?

以上、WiMAX利用時にかかる初期費用についてまとめてみました。

ちょっと分かりづらい部分もあるので、簡単にポイントまとめます!

  1. 初期費用とは事務手数料と初月料金のことで、初月料金はプロバイダによってかなり差がある
  2. もし初月料金無料のプロバイダを狙って契約するなら、月末に申し込んできっちり月初から活用すればお得!
  3. ただ2年間の契約を長期的に見据えると、初期費用よりキャッシュバック金額、3ヶ月目以降の月額料金も大切!

といった部分がすんごく大事な部分かなーと思います。

なので

『初月料金の無料なニフティやBIGLOBE(ビッグローブ)の中から選ばにゃ絶対に損やわー』

というわけでもなく、


キャッシュバック金額の大きいとくとくBBや、通常の月額料金が最安クラスのブロードワイマックスの方が2年間の実質料金としては安いケースもあります。

またキャッシュバックを受け取る前提の話と、受け取り損ねた場合では実質料金も違えば、選ぶべきプロバイダも変わってきます。

で結局のところ、初期費用だけで選ばずに、しっかりと2年間の実質費用を比較すると、どこが安くてお得なの?

という話になりますね?

気になりますよね?

なのでちょっと個人的な主観もふくめてご紹介しておきます!(気にならない方はスルーで)

こっから選んどけば間違いないぞ!

これ、身も蓋もない話になっちゃいますが、

どこがいいとかじゃなく、自分の性格とか毎月の余裕とかで決めた方が後悔しないよなーと思います。

スケジュール管理とかバッチリで、忘れずにキャッシュバック受取手続きのできる人だったらとくとくBBとか最高でしょうし、

1年後の手続きなんて100%無理!って人だったら、キャッシュバック無しの月額割引で還元されている方が助かります。

なので現時点、おすすめと思えるのは

  1. 『とにかく金額が重要!CB受取の手続きは自信あり!』→GMOとくとくBB

    公式サイト http://gmobb.jp/

  2. 『難しいCBの手続きとか無理!確実にもらえる月額割が嬉しい』→ブロードワイマックス

    公式サイト https://wimax-broad.jp/

  3. 『多少の手続きならOK!キャッシュバックもそこそこ欲しい!』→ビッグローブ

    公式サイト http://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

この4社くらいかなーとざっくり思います。

念のためいっておきますが、キャッシュバックの金額だけでみれば、とくとくBBがダントツですが、その分、ちょっと手続きが面倒・・・って部分もあります。

だったらキャッシュバックもそこそこ、手続きが楽ちんなニフティやBIGLOBEもありかもって気もします。

基本、どこも評判がよくサポートもしっかりしている部類に入るので安心だと思います。

ぜひ当ページを参考に、初期費用も比較した上で、自分に合ったプロバイダをみつけて快適なWiMAX生活を楽しんでくださいね!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする