【カシモWiMAXってどう?】カシモの評判と最安料金に隠された注意点を徹底解説!


【追記】その他、カシモWiMAXに限った内容じゃないけど注意すべき部分を追記しました

WiMAXのお得な情報をリサーチし最新の情報を提供する当サイトに、ホットなニュースが舞い込んでまいりました。そいつが、

株式会社MEモバイルが運営するWiMAXプロバイダ、『カシモWiMAX』が2017年10月からサービスを開始したみたい!

こんなニュースでした。

そこで今回、『そもそもカシモWiMAXってどんなプロバイダ?』または『大丈夫そうなら今すぐカシモWiMAXに申込みたい!』こんな方のために、各方面からカシモWiMAXのデータを集めて独自で検証してみました。

結果、ワイマックス侍としては、

初めてのWiMAX、とりあえず最安料金でWiMAXを使い倒したい!こんな人にはオススメ!

実質費用をシミュレーションしたところ、このような結論に達しました。

その他、申込み前に知っておきたい注意点もくわしく解説。とりあえずカシモWiMAXを検討されている方は最後まで目を通しておいて損はないです!

▼以下が現時点でのカシモWiMAX最安ページでした▼

▼もっともお得な公式ページです▼
カシモWiMAX公式サイト  https://www.ka-shimo.com/wimax

カシモWiMAXってどんなプロバイダ?安さ重視のプロバイダです!

さっそくカシモWiMAXの基本情報から特徴をお伝えします。

このカシモWiMAXを運営するMEモバイルさん。他にもReReという総合リユースECストア、高く売れるドットコムという宅配・出張・店頭と3つの買取方法で買取サービスを運営するネット型リユースをメインに行う安心の上場企業となります。(参考:マーケット・エンタープライズ

正直、20社以上あるWiMAXプロバイダの中には、

この会社、かなり怪しい…もしかして2年後は消えてるんじゃないの?

というWiMAXプロバイダも少なからずありますが、今回のカシモWiMAX。運営元という部分では安心できる会社といえるでしょう。

カシモWiMAXの料金設定

では早速、ユーザーさんがもっとも気になるカシモWiMAXの料金設定をみていきましょう。

まず最初にギガ放題プランとライトプランの各料金はこちら。

過去にWiMAX利用経験のある方なら、上記の数字にちょっとビックリされたのではないでしょうか?

ご覧のとおり、カシモWiMAXの料金設定はかなり安く、WiMAXプロバイダのタイプで分けるなら『月額割引タイプ』の一社となります。

ちなみにワイマックス侍が注目したのは

初月無料!

二ヶ月目まで月額1380円!

3か月目~も普通に安い!

以上の3つ。他のプロバイダの状況と比較しながら詳しくみていきましょう。

1.初月料金が無料

まず掴みとして、ギガ放題プランでもライトプランでも初月無料!!

大部分のプロバイダは日割り計算で費用が発生する初月料金、カシモWiMAXなら無料です!

上手く月の頭に申し込めば、1カ月まるまる節約できます。これは嬉しい!!

2.~3か月目までギガ放題プランでも1,380円!

さらに~3か月目まで、ギガ放題プランでも1,380円という安さ!

この部分、どのプロバイダと比較しても断トツに安い料金で、ギガ放題プランの場合、通常より3,299円も値引きしてくれます。

3.3か月目~24か月目もかなり安い!

また3か月目以降もかなり安い料金設定です。

ギガ放題プランで3,380円、ライトプランなら2,680円、ピンとこない人もいるかと思いますが、かなりヤバい料金です!

たとえば月額料金割引プランで人気のブロードワイマックスと比較しても、

3か月目以降はギガ放題プラン3,411円、ライトプラン2,726円というブロードワイマックスとくらべても、

わずかな差ですがカシモWiMAXの方が安いという結果に!

なんと月額割引プランで人気プロバイダの代表、ブロードワイマックスと比較しても同等…いやそれ以上!

結果、月額料金に関しては『最安級のプロバイダ』という記載にウソ偽りはないでしょう。

▼もっともお得な公式ページです▼
カシモWiMAX公式サイト  https://www.ka-shimo.com/wimax

カシモWiMAXで選べるWiMAX端末(ルーター)

今度はカシモWiMAXで選べるWiMAX端末(ルーター)をみていきましょう!

現時点で公式サイトをみるかぎり、

この3つがすべて0円で利用できます!

各端末については【WX03とW04比較】4つの大きな違いを比べたらオススメ端末がハッキリした!ヤバいWiMAX端末でた…【speed wi-fi home L01】ホーム L01の凄い部分まとめでも詳しくお伝えしてます。

左端のW04と中央のホーム L01については上記のページでご確認ください。

右端のTriprouterについては、WiMAXルーターとモバイルバッテリーの中間的な商品で、速度も下り最大220Mbpsとなります。

正直、個人的にはどっちつかずの端末という気もしますが、ユーザーさんによっては『こんなの欲しかった!』という方もいるでしょう。

ただ僕にとってWiMAX端末で大切なのは速度!!

持ち歩き前提ならW04、自宅メインで固定回線がわりならホーム L01。これがカシモWiMAXだったら鉄板だと思います。

カシモWiMAXのデメリット、マイナスな部分

月額料金が最安級、端末も最新モデルがいっさい無料で利用できる!

とカシモWiMAXのメリットをお伝えしましたが、デメリットがまったく無いかというとそうでもなく、幾つか引っかかる部分がありましたので以下にまとめておきます。

カシモWiMAXのデメリット・マイナスな部分を3つ挙げるとすれば

  1. 端末が新品ではない
  2. 最高傑作とよばれるNECのWX03が選べない
  3. 乗り換えキャンペーン・違約金を負担するサービスがない

このあたりがが少し引っかかりました。各項目を詳しくみていきます。

嘘??端末って新品じゃないの?

この手の新規参入のWiMAXプロバイダが、GMOとくとくBBやブロードワイマックスと金額的に張り合うことが可能な理由として、ここが大きいと感じます。

こちらをご覧ください。

このように、カシモWiMAXの場合、利用できる端末は新古品端末に限定されます。

新古品とは、一度販売はされたものの一度も使用されずに再び売りに出された物だったり、何らかの理由でメーカーに戻ってきた商品。または店頭で保管されていた商品などになります。

基本、未開封だったり未使用とは思いますが、新古品限定というプロバイダはカシモWiMAXだけだと思います。

新古品という部分が引っかかる方は、カシモWiMAXは利用すべきではないかもしれません。

最高傑作とよばれるNECのWX03が選べない

個人的にはけっこうショックだったのがこちら。

過去、数々のWiMAX端末の中でも最高傑作、または究極とよばれたNEC製のモバイル端末、WX03がカシモWiMAXの端末一覧にはありません。

このWX03、LTE回線こそ使えないものの、専用のクレードルがオプションで用意されているため、発売からけっこうな期間が過ぎた今でもめちゃくちゃ売れています。

ここについては【WX03とW04比較】4つの大きな違いを比べたらオススメ端末がハッキリした!でも詳しくお伝えしていますが、W04と違い、

こんな感じで両サイドに拡張アンテナとよばれる受信感度をアップさせるアンテナが付属しています。

これがかなり優秀といわれていまして、

こういった薄型端末の形状ゆえに苦手だった方向の電波も、

クレードルに付属した拡張アンテナによって、全方向的にバリバリ受信できるようになります。

基本、W04もWX03も同じ440Mbpsという速度に対応しているものの、室内での受信状態はやっぱり専用クレードルを装着したWX03の方が評判がいいです。

このあたり、仕入れ原価がWX03とW04では大きく違うため、やむをえずWX03を外したのか、W04一本でもじゅうぶん…と判断したのかわかりませんが、国内メーカーの端末を希望する方にはちょっぴり残念な選択肢ですね。

乗り換えキャンペーン・違約金の負担サービスは無し

じっさい数あるWiMAXプロバイダの中でも、乗り換えキャンペーン・違約金を負担するサービスを行っているプロバイダはブロードワイマックスのみ。

ブロードワイマックスだと、このように2年以内の違約金が発生する場合でも、プロバイダ側がキャッシュバックというカタチで違約金を負担してくれます。(参考:【wimax乗り換えキャンペーン発見!】2年以内の乗り換えなら違約金を負担するプロバイダはが調子いい!

そんな嬉しいサービスですが、残念ながらカシモWiMAXにもありませんでした。

じっさい2年間の契約期間中に違約金を払って他社に乗り換える方も意外と多く、一人一人の違約金を負担すればそれだけプロバイダの利益は目減りします。

少しでも安く!というスタイルを貫く以上、カシモWiMAXは乗り換えキャンペーンより月額料金の安さを選んだのでしょう。今後の乗り換えキャンペーンに期待します!

結果、じっくり比較したら、契約期間中で違約金が発生する方の場合はカシモWiMAXよりブロードワイマックスの方がお得になります。

▼1年後のキャッシュバックより月額割引・違約金なしならココ▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

【追記】カシモWiMAXに限った内容じゃないけど注意すべき部分

以上、カシモWiMAXに申込まれる方に知っておいてもらいたい3つの気になる部分をお伝えしました。まったく気にならない人もいれば、ちょっと微妙だと感じた人もいたことでしょう。

とはいえ圧倒的な月額料金の安さは魅力的!その辺を覚悟してもカシモWiMAXを利用したい人にむけ、念のため知っておきたい注意点をあと3つだけお伝えしておきます。

  1. 最低利用期間と違約金について
  2. 速度制限について
  3. 支払い方法について

それが以上の3点です。

最低利用期間と違約金について

端末発送月の翌月を1か月目とした24か月間が契約期間となります。
端末発送月の翌月を0か月目、その翌月を1か月目とした0か月目~12か月目までのご解約の場合:19,000円(税抜)、13か月目~24か月目までのご解約の場合:14,000円(税抜)がかかります。25か月目以降の解約違約金についても、24ヶ月ごとの契約更新月は0円、それ以外の月は9,500円(税抜)となります。

これについてはカシモWiMAXが高いわけでもなく、WiMAXプロバイダに共通したごく一般的な数字です。それほど気にする必要はないでしょう。

速度制限について

ライトプラン(7GB)の場合「ハイスピードモード」でのWiMAX 2+方式の、月間データ通信量が7GBを超えた場合、その月のデータ通信速度を128kbpsに制限します。
料金プランに関係なく、ネットワーク混雑回避のため前日までの直近直近72時間(3日間)で「WiMAX 2+」「LTE」の通信量の合計が10GB以上となった場合、「WiMAX 2+」「LTE」の通信速度をネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃(2017年2月時点))にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限します。

この部分も各プロバイダ共通の速度制限です。

支払い方法について

口座振替はご利用いただけません。クレジットカードのみのご契約となります。
デビットカード・プリペイドカード・auウォレットはご利用いただけません。

また最後の支払い方法も、中には口座振替のオッケーなプロバイダもありますが、基本キャッシュバックプランや月額割の安いプロバイダはクレジットカードのみ。カシモWiMAXだけが厳しいわけではありません。

まとめ

以上、WiMAX業界に現れた超新星、カシモWiMAXの特徴やメリットだけでなく、イマイチな部分も含めてガッツリご紹介しました。

結果、カシモWiMAXは

  • とにかくキャッシュバックは面倒!!でも2年間の実質費用を最安で運用したい!
  • ひかり回線に契約中→WiMAX回線へ乗り換え・または全くの新規
  • 端末に対するコダワリはなく、新古品、HUAWEI製でもOK!

このような方にはぜひ、カシモWiMAXをオススメしたいです!!

逆に現在、WiMAX回線に加入中で、更新月まで期間が長く乗り換えに違約金が発生する状態だと、違約金を負担してくれるブロードワイマックスの方がお得な計算になります。

▼1年後のキャッシュバックより月額割引・違約金なしならココ▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

僕も先日、GMOとくとくBBからブロードワイマックスに乗り換えしましたが、契約期間中だったため、キャッシュバックとして19,000円の違約金を負担してもらいました!

WIMAX→WiMAX限定ではありますが、利用価値は高いって思います。

逆にスケジュール管理には自信あり。11か月後にしっかりキャッシュバック手続きの自信のある方。こんな方はわずかですがGMOとくとくBBの方が実質費用をおさえることはできます。

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/

最後にもう一度カシモWiMAXのメリット紹介

てことで最後にもう一度、カシモWiMAXのメリットをまとめておきます!

  1. 月額料金がとってもオトク(月額1,380円から月額利用制限無プランがつかえちゃう)
  2. 最新の人気機種(HUAWEI)が揃っている
  3. キャッシュバックも不要で料金体系がシンプルでわかりやすい!(月額料金、申込方法すべてシンプル)

面倒なキャッシュバック手続きなんて無理! でもお得に2年間使い倒したい!

こんな欲張りなユーザーさんにとって有力候補といえるカシモWiMAX!

正直、BIGLOBE(ビッグローブ)やSo-netなど大手ではここまでの強気な料金設定は絶対にできないと思います。かなりオススメっす!

ぜひ当ページを参考に、アナタのライフスタイルにピッタリのプロバイダを探しだしてみてください!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする