【ケーズデンキWiMAX申込むのちょっと待ったぁ!!】kt-WiMAXのクチコミ・評判を調べてわかった大きなデメリット!

プロバイダー比較

今の時代、買い物=ネット注文といっても大袈裟ではなく、当然ながらポケットWi-Fi、WiMAXのようなモバイル回線においてもインターネット経由でのお申込みが主流となりつつあります。

しかしながら普通の買い物とちがい配送されるのはモバイルルーター・・・

『端末の使い方や初期設定は大丈夫かな!?』
『エリア的に問題なく受信できるかな』

などなど不安はつきず、最終的にこうお考えの方も多いです。

ネット経由の申込みだと不安だから家電量販店から申し込もう!!

当記事では、そんな家電量販店のような実店舗、中でも全国展開の大手量販店のケーズデンキのWiMAXを特集!!

  • ケーズデンキWiMAXの料金は!? 特典は!?
  • ケーズデンキは他のプロバイダと比較するとお得!?

以上をケーズデンキのメリット・デメリットをふまえ解説し、結果、ケーズデンキよりはるかにお得に利用できちゃうプロバイダも紹介していきます。これからケーズデンキへ足を運ぼうとお考えの方、必見ですよ。

▶▶ケーズデンキより3万円も安いプロバイダを見る

ケーズデンキWiMAX(KT-WiMAX)ってどんなプロバイダ!?

家電量販店としては超~有名な店舗のケーズデンキですが、家電部門とは別に独自にWiMAXプロバイダを運営していました。それが『ケーティーコミュニケーションズ』……本記事でご紹介するKT-WiMAXです。

まずは当ブログ恒例、『WiMAXプロバイダ、運営元チェック』からいってみましょう!

運営元と会社概要

まずは運営元からどうぞ。

社名株式会社ケーティーコミュニケーションズ
本社所在地東京都新宿区西新宿8丁目15番17号 住友不動産西新宿ビル2号館 4階
事業内容電気通信事業/課金決済事業/コールセンター事業
上記に関わるその他関連事業
モバイル通信サービスとそれに関連する商品・サービスの販売
プロバイダー契約業務
KT-WiMAX公式ページhttps://www.kt-wimax.com/wimax/

『株式会社ケーティーコミュニケーションズ』という社名がWiMAXの公式、UQ WiMAXを運営する『UQコミュニケーションズ』と少々カブっている気もしますが、

要は『ちゃんと西新宿にWiMAXプロバイダ業務の別会社を構えていますよ!!』ということです。

まずは運営元に関しては問題なく、むしろ安心感ハンパないです。では次項で気になるケーズデンキWiMAXの料金プランや料金体系について迫ってみます。

ケーズデンキの月額料金は高い!? 人気プロバイダと比較した結果

料金プランと月額料金を調べるにあたり、まずはKT-WiMAXのホームページをのぞいてみたところ、

と選べるプランは、ギガ放題プランと7GBプラン、さらに2~4年契約、auスマホ割プラン、さらに期間条件なしと細かく9種類が用意されていました。

それぞれ月額料金や割引額がちがうため、わかりやすく以下に一覧でまとめてみたのでご覧ください。

料金プラン基本使用料割引後の月額料金
KT-WiMAX FLAT ツープラス(3年)ギガ放題4,880円4,380円
KT-WiMAX FLAT ツープラス(2年)ギガ放題4,880円4,380円
KT-WiMAX FLAT ツープラス(auスマホ割2年)ギガ放題4,880円4,380円
KT-WiMAX FLAT ツープラス(期間条件なし)ギガ放題5,880円5,880円
KT-WiMAX FLAT ツープラス (3年)4,196円3,696円
KT-WiMAX FLAT ツープラス (2年)4,196円3,696円
KT-WiMAX FLAT ツープラス auスマホ割(2年)4,196円3,696円
KT-WiMAX FLAT ツープラス auスマホ割(4年)4,196円3,696円
KT-WiMAX FLAT ツープラス(期間条件なし)5,196円5,196円

まず期間条件無しプランは謎に月額料金が高過ぎなので問題外。
これは申し込んじゃ絶対にダメなやつ。

結果、おトク割&長期利用割引で500円が割り引かれた最終的なKT WiMAXの月額料金は・・・

  • 4,380円(ギガ放題)
  • 3,696円(7GBプラン)

という料金設定。

うーーん、4,380円と3,696円・・・4,380円と3,696円

・・・・・・!!
 

「この数字!! どこかで見たことあるぞ・・・!!」

 

そこでビビッときたモバ神は各プロバイダの月額料金をチェックしてみたところ・・・

 

「UQ WiMAXと1円単位まで一緒ではないですか!?!?」

 

そうKT WiMAXの割引後の料金は、不思議なことにUQ WiMAXとまったくの同額でした。まあ正規のWiMAX料金といわれればそれまでですが、正直まったく安い金額じゃありませんね。

この際、誤解を恐れずにいわせてもらうならば

GMOや月額割のBroad WiMAXなどにくらべるとかなり高め!

と当ブログは考えます。たとえばGMOやBroad WiMAXならケーズデンキ経由より2年で3万円は安く利用できますよ。

\WiMAXプロバイダのTOP2/

 Broad WiMAX
当ブログの評価:★★★★★
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なのでキャッシュバック貰い忘れも無いうえに、途中で光回線に乗り換える際も違約金負担サービスあり!

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 GMOとくとくBB
当ブログの評価:★★★★
ゲットできれば3万どころか4万円超えも!! 業界でもダントツな超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しいならGMO!ただし手続きは11ヶ月後、半数以上の方は貰い損ねているためマイナス1ポイント。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです。

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 

【結論】
家電は激安なケーズデンキですが、WiMAXの月額料金に関してはまったく安くない!!!

ケーズデンキにはこんなWiMAXルーターが用意されている!

今度はケーズデンキWiMAXで選べるWiMAXルーターについてみていきます。以下、KT-WiMAX公式ページから抜粋しますと

※掲載しきれませんが、さらに多くの端末があります。

 

「うおぉぉぉっ!! 尋常じゃないですよ、この端末の種類は!!」

 

最新機種はもちろん、ホントか嘘か3世代、4世代前のようなモバイルルーターも選ぶことが可能でした。ただWiMAXルーターの発売サイクルは半年~1年と早く、年々バッテリー容量や通信速度の高速化が進んでいます。

結果、契約期間の2~3年を考えると絶対に最新機種を選んでおいた方が正解なのは間違いなく、結果として今ならW05、WX04、置くだけwi-fiならL01sから選ぶのが無難な選択です。

ケーズデンキWiMAXには上記3機種すべがラインナップされているのでご安心ください!

ケーズデンキで申込む前にチェック!! 注意点まとめ

『運営元も安心』、『端末の種類も豊富』という反面、月額料金があまりお得とはいえなかったケーズデンキWiMAX。中にはケーズデンキの◯万円値引きキャンペーン等に魅力を感じた方もいるでしょう。

そこで『ケーズデンキWiMAX申込み前にココだけは知っておきたい!』という4つの注意点部分を解説します。

【注意点その1】マイページが無い

ケーズデンキWiMAXで料金照会や登録情報の確認する場合、ネット経由のプロバイダとちがいマイページがありません。コールセンターもしくはお客様サポートからお問合わせすることになります。

公式ページからコールセンターの情報を抜粋します。

KT-WiMAXコールセンター
TEL:0120-980-886 FAX:03-5817-8581
E-Mail:support@kt-wimax.com
営業時間 10:00~20:00(システムメンテナンスを除き年中無休)

【注意点その2】クレジット支払いのみ対応

またクレジットカードが無い、使えない方は、残念ながらケーズデンキWiMAXは申込み不可能。

公式ページにもしっかりとこう記載されています。

各種クレジットカードを利用した支払方法のみとなっております。
国内発行のVISA / MasterCard / JCB / AMERICAN EXPRESS / Dinersのクレジットカードがご利用可能です。
デビットカード(デビット機能付クレジットカードも含む)・海外発行のクレジットカードはご利用頂けません。

【注意点その3】解約がちょっぴり面倒!

また解約時もコールセンター経由で進められます。GMOなどのようにマイページからサクッと解約できないのはちょっぴり面倒くさいという気もしますね。

毎月20日までにKTC通信サービス解約申請書がKT-WiMAXコールセンターに到着したものについては
当該月の末日に利用契約に解約があったものとします。ご契約者様よりコールセンターまでご連絡ください。
また、解約をする際は、プランごとの解除条件などあらかじめご確認ください。

【注意点その4】メールアドレスは貰えない!!

最近ではGmailなどが一般的なので、そもそもプロバイダ発行のメアドは最初から使わないという方も多いですが、ケーズデンキWiMAXはそもそもメールアドレス発行サービスはありません。

以上、4点は他WiMAXプロバイダと勝手が違うのでお気をつけください。

【ケーズデンキWiMAXのクチコミ情報】メリット・デメリットは!?

では引き続き、TwitterであつめたケーズデンキWiMAXのクチコミ情報をみながら、KT-WiMAXのメリット・デメリットをご紹介していきます!

【メリット1】申込み当日に開通できる

という具合に、WiMAXが欲しいけど時間がない……という方だと、ネット経由のプロバイダよりも実店舗のケーズデンキWiMAXの方が圧倒的に早くゲットできます。ネット経由のWiMAXプロバイダの場合、

唯一、Broad WiMAXが実店舗まで足を運べば当日ゲット可能というサービスを行っているものの、端末受け渡し可能な実店舗はごくわずか……。とにかく今日中!!という方には実店舗の多いケーズデンキは嬉しいですね。

▶▶Broad WiMAXをもっと詳しく見る

【メリット2】店内の家電から値引きキャンペーンあり

店舗ごとで内容はかわりますが、WiMAX契約するとこの手の家電割引キャンペーンを開催している店舗もあります。欲しい家電が決まっている方にはおすすめかもしれません。

【デメリット】謎の高額有料オプションに加入させられる(こともある)

ときにケーズデンキでは

『店内の家電を5万円プレゼントいたしまぁ~す!!』

という超お得なキャンペーンを開催しますが、以前に【ヨドバシカメラのWiMAXっておすすめ!?】お得なキャンペーンの裏側に隠された真実を暴露!だったり【ヤマダ電機WiMAXをガチ調査!!】のキャンペーンのカラクリとおすすめできない理由まとめでお伝えしたように、『まとめてプラン』なる謎の高額オプションに強制加入させられます。

途中解約しても絶対に24回分を支払う必要があるため、差し引きすると1万円も残りません。それもキャッシュでなく家電のみ。正直まったくお得じゃないです。

まとめ

以上、家電量販店の大手ケーズデンキの運営するKTWiMAXの特徴、メリット・デメリットをご紹介しました。結果として、

とにかく今日中にWiMAX端末が手元に欲しい!!

という一部の方には利用価値が無くもないですが、もし明日、明後日でも大丈夫という方だったら、即日発送してくれるGMOやBroad WiMAXから申込みしたほうが2年で3万円は節約できるのでおススメですよ。

中でもBroad WiMAXは、提携している店舗に足を運ぶことで最短なら当日中にWiMAXルーターを受取って開通することも可能。またバイク便による配送もあるため最短でゲットできますよ。

▶▶Broad WiMAXをもっと詳しく見る

ケーズデンキWiMAXにお申込み前に、念のため以下の2社の公式ページで料金をご確認ください。といううわけで今回は以上となります!

 

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)
この記事を書いた人
ヨーアン

WiMAX利用歴6年の根っからのモバイル回線ユーザー。モバイル回線が複雑過ぎてわかりづらいと感じたため、こんなサイトを作ってしまいました。

プロバイダー比較
WiMAXとポケットWi-Fiのおすすめ比較!もばいるwi-fiの神さま