【L02は買い!?】L01s、HOME01と徹底比較して気づいた選ぶべき3つの理由

置くだけwi-fi
WiFiの神「WiMAXのL02が人気らしいけど、いったい何が凄いの?」 WiMAXの置くだけwi-fiを実測し利用者のクチコミをふまえ「L02を選んでおきたい3つの理由」を徹底解説。さらに編集部が見つけたL02最安値の店舗もこっそりお教えします!
  • L02の通信速度はNEC製のHOME01の倍以上だった
  • 旧モデルL01sと速度比較した結果、L02が上だった
  • プロバイダの特典が一緒なら最新機種L02を選ぶのが正解

L02が最安値だった申込先をみる

【徹底検証】L02は本当に1番おすすめの置くだけwi-fiなのか!!

最後まで読んでもらうのも大変なので結論から先にお伝えすると、もしWiMAXの置くだけwi-fiの端末で迷ったらL02を選ぶのが正解です。  理由は以下の3つです。

  • L02はWiMAXのホームルーターで1番最近のモデル
  • 下り最大1Gbpsは全置くだけwi-fiで最速
  • 主要プロバイダ経由なら端末は0円でゲットできる

L02はWiMAXのホームルーターで1番最近のモデル

WiMAXのホームルーターにはHUAWEI製とNEC製が用意されていますが、L02はHUAWEI製の最新モデルです。1年サイクルで新製品が登場するWiMAX業界ですが、いったん契約すれば3年間は使い続けるため3年後を考えても最新モデルを選んでおくのが鉄則です。

下り最大1Gbpsは全置くだけwi-fiで最速

通信制限にかかった

L02のスペックは以下の記事でも詳しく解説しています。

【置くだけWiFi主要5社を比較!!】安くて速度が快適なホームルーターを発表します
このページではモバイル回線の中でもモバイルルーターではなく置き型Wi-Fiとして使用するホームルータータイプの端末を徹底比較し、もっともコスパがよく使い勝手のよい端末を提案しています

従来のWiMAX端末の通信速度が440Mbpsでしたが、L02は440Mbpsを大きく上回る…

L02の1Gbps

そう、光回線とならぶ1Gbpsという超高速通信が可能となりました(しかしベストエフォート型サービスのため実際には1Gbpsは出ません)

主要プロバイダ経由なら端末は0円でゲットできる

これに関しては申込みプロバイダによりキャッシュバック条件等が変わる会社もありますが、大部分のプロバイダではL02でも他端末でもすべて無料で貰えます。

なので断トツにハイスペックかつ最新モデルのL02を選ばない理由は何一つなく、申込みの条件が一緒なら迷わずL02を選びましょう。

L02が最安値だった申込先をみる

WiFiの神さま

一部、GMOとくとくBBなどのプロバイダはL02と旧モデルでキャッシュバック額が変わってくるので注意しましょう!

 

【調査結果】L02は100%「買い」の置くだけwi-fiだった

機種選び2

WiFiの神今度は編集部の考える「置くだけwi-fi選びで大切な3つの基準」をお伝えした上で、最終的にL02がどれだけハイスペック端末なのか説明します!

置くだけwi-fi選びで大切な3つの基準とは?

結果発表の前に、まずは当ブログの考える「置くだけwi-fi選びで大切な3つの基準」からお伝えします。

当ブログの考える「置くだけwi-fi選びで大切な3つの基準」とは・・・

スペック
 故障や不具合の心配はないか
コスパ

以上3つです。もし置くだけwi-fiをご検討の際は上記の項目を重視して選ぶようにしてください。

まずは通信速度の数値はもちろん受信状態や同時接続できるwi-fi機器の台数、さらに2.4GHzと5GHzどちらも使えるか?などのスペック。

またスペックがどんなに高くとも故障や不具合が多ければ不便です。不具合や欠陥、脆弱性などにより度重なるファームウェアの更新となると手間や時間もかかります。

最後にコスパの面。どんなに快適な置くだけwi-fiだとしても、毎月の料金が高過ぎるのは経済的にも厳しいですよね。なので無理のないお手頃な料金という部分も大切です。

L02が最安値だった申込先をみる

【3項目全てがパーフェクト!!】究極の置くだけwi-fi「L02」

では今回のL02、上記3つの基準をどこまでクリアできているのか早速みていきましょう。

スペック下り最大1Gbps
360度全方位をカバーする高感度アンテナ搭載
故障・不具合旧モデルL01、L01sにおいて不具合の報告ほぼ無し
コスパお得な会社経由なら端末0円月額3,400円程度

 

「おぉぉ!! 3項目すべてにおいてパーフェクトではないですか!?」

 

中でも特筆すべきは「下り最大1Gbps」という光回線と同レベルの通信速度。これまで光回線と比較されて「でも通信速度がね~」と速度の違いで悔し涙を流すケースが多かった置くだけwi-fですが完全に光回線レベルです。

また旧モデルのL01やL01sはWiMAXの置くだけwi-fiの歴史上でも、非常に評判がよくジワジワと利用者を増やした人気端末。故障や不具合もかなり少ない部分も魅力です。

またコスパも申し分なく、きちんとプロバイダを選べば機種代0円かつ最安の月額料金でゲット可能。結論をまとめると…

今から申込むならL02の一択!
旧モデルや競合モデルと比較しても、圧倒的な通信速度で端末価格は旧モデルと一緒の0円。3年後も見据えてホームルーターを選ぶなら、L02を選ばない理由がない。

とさせて頂きます。恐らく過去のWiMAX回線の置くだけwi-fiの中でも最高傑作になるのは間違いなく「買い」か「見送り」かと聞かれたら100%「買い」の端末だと当ブログは宣言します。

L02が最安値だった申込先をみる

Speed Wi-Fi NEXT L02の特長とスペック詳細

今度は「Speed Wi-Fi HOME L02が究極の置くだけwi-fiだった」という事実を裏付ける「根拠」といえるL02の凄すぎる5つの特長をみていきましょう。

他にも多数みつかりましたが、注目すべきは

置くだけwi-fi初のギガスピード対応!
高性能アンテナ×4で360度死角なし
ビームフォーミングで家中どこでもバリバリ受信
回線開通工事不要!
お引越し機能で初期設定が超かんたん!

以上の5つ。とにかく新機能が満載でした。以下で1つ1つ詳しく解説していきます。

【特長その1】置くだけwi-fi初のギガスピード対応!

今回のSpeed Wi-Fi NEXT L02を語る上で、まず最初にお伝えすべきは通信速度について。

旧モデルのL01sと通信速度を比較しますと・・・

L01s下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
L02下り最大1Gbps(Wi-Fi接続時最大867Mbps)
上り最大75Mbps

※LANケーブル接続時の通信速度

下りも上りも倍の速度!! 正直、もう圧倒的すぎます!!!

そもそもポケットwi-fiをはじめインターネット回線の通信速度はベストエフォート型。なのでスペック上の速度が約束されるわけではありませんが、単純に数値としてL02の方が倍以上も速いのは衝撃でした。

また今回のようなホームルーター(置くだけwi-fi)の場合、主に利用される場所は自宅や事務所などの環境。スマホだけじゃなくノートパソコンで利用される方も多いです。

つまり通信速度のスペックは置くだけwi-fiを選ぶ上でもっとも重要なのです。

標準的な光回線が1Gbpsという事実を考えても、モバイル回線で1GbpsというSpeed Wi-Fi HOME L02の数値はとてつもなく速いです。

【注意】しかし1Gbpsは一部の方限定だった

しかし!!!

さらに詳しく調べてみると、どうやらL02を購入された誰もが1Gbpsを利用できるわけではなく、

下り最大1237Mbpsのデータ通信サービスは、1月25日時点で東京都と埼玉県の一部エリアで提供され今後順次拡大される。

出典:UQ WiMAX

そう・・・残念ながら今現在は東京と埼玉の一部のみのサービスとなります。今後エリアは拡大されますが、今現在は都内と埼玉の方限定のサービスとなります。

また1Gbpsにはさらに条件があり

LANケーブル接続時は下り最大1,000Mbps、Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。

出典:UQ WiMAX

そう、wi-fi接続ではなくLANケーブルで接続するというのが前提条件でした。wi-fi接続の場合はマックスでも867Mbpsとなるのでご注意ください。

とはいえwi-fi接続だとしても・・・

wi-fi接続(HS+Aモード)下り最大867Mbps
WiMAX2+回線のみ下り最大558Mbps

普通にこれだけの通信速度が期待できます。今現在、下り最大440MbpsのL01sで快適にネットできている管理人の感覚としてはとしては、正直この数字は十分すぎます。

L02が最安値だった申込先をみる

【特長その2】 高性能アンテナ×4で360度死角なし

調べてみたら、シンプルにアンテナの性能が凄かったです。

指向性をもった4本の高感度アンテナを4方向に配置することで360度全方位カバー。
円筒形の形状はシンプルなデザイン性だけでなく、アンテナ性能を向上させています。

出典:GMOとくとくBB

そう・・・じつは円筒形のデザインには秘密があり、中にはびっしりと4本のアンテナが詰まっているそうです。結果、薄型でコンパクトなモバイルルーターだと

このように電波の受信にバラつきがでてしまいますが、Speed Wi-Fi HOME L02なら360度まんべんなく電波をバリバリ受信してくれちゃうのです。

つまり・・・

指向性をもった4本の高感度アンテナを4方向に配置することで360度全方位カバー。モバイルルータよりも受信感度が優れています。

出典:Broad WiMAX

受信感度や安定した送受信という面では、モバイルタイプのWiMAXルーターよりも遥かに性能が良いのです!

【特長その3】ビームフォーミングで家中どこでも受信可能

置くだけwi-fiあるあるの1つ。

「端末の近くならバッチリ受信できるけど寝室やトイレ、2階だとwi-fi電波が届きづらい!」

こんな悩みを根本的に解消するであろう機能も追加されました。それがWi-Fi TXビームフォーミング機能というもの。

高性能ハイモードアンテナの搭載によりアンテナ感度が向上し、「WiMAX 2+」
受信速度が前モデルと比較して平均約20%アップしました。

出典:UQ WiMAX

詳しく話すと長くなるため超簡単に説明しますと、ビームフォーミングとは

このようにL02と利用するスマホやタブレット、ノートパソコンなどのwi-fi機器間の送受信において、ビームのように効率よくWiMAXの電波を届けることが可能になったのです。

WiFiの神さま
L02なら自宅の中でも奥まった場所のトイレや寝室、2階や地下なども安心!

【特長その4】回線開通工事不要!

「ぐぬぬぬ…開通工事が1ヶ月待ち!」

そう・・・光回線は早くても2週間、繁忙期には1~2ヶ月という開通工事待ちが生じますが、置くだけwi-fiなら申込み~開通まで最短なら2日!

最短翌日に配送され、コンセントに接続してパスワードを入力するだけでwi-fi環境が完成!!

Speed Wi-Fi HOME L02にかぎらず、あらゆる置くだけwi-fiに共通しますが工事や初期設定も簡単なので非常に便利ですね。

L02が最安値だった申込先をみる

【特長その5】お引越し機能で初期設定が超かんたん!

また地味に凄いのがコレです。

 

L02には簡単お引越し機能が装備されており、今お使いのWi-Fiルータから2.4GHz、5GHzのSSID名、パスワードなどを自動的に引き継げます。

つまりスマホやパソコン側の再設定が不要なのです!

POINT
オマケに専用アプリをインストールしておけば、PCでログインしなくても、簡単にルーターの状態を見たり、通信モードを切り替えることができます。

【スペック比較】L02とHOME01を徹底比較した結果

「L02も気になるが、NECのHOME01も気になる!!」こんな最新の置くだけwi-fiの2機種で迷われる方も多いハズ。そこでHUAWEIのL02とNECプラットフォームズのHOME01を徹底比較してみました!

商品名Speed Wi-Fi HOME L02
WiMAX HOME 01
製造元HUAWEINECプラットフォームズNEC
発売時期2019年1月2018年11月
サイズ・重量約93×93×178mm・約436g約70×100×155mm・約338g
連続通信時間ハイスピードモード(WiMAX 2+)
下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+、LTE)
下り最大1Gbps
(Wi-Fi接続時最大867Mbps)
上り最大75Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
Wi-Fi規格802.11a/b/g/n/ac802.11a/b/g/n/ac
ビームフォーミングありあり
最大接続可能台数最大40台最大22台
※表記の速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により異なります。実際の通信速度は通信環境や混雑状況に応じて低下します。

という具合で結論からいうと

通信速度(下り最大・上り最大)
発売時期
最大接続可能な機器の台数

全てにおいてSpeed Wi-Fi HOME L02の大圧勝です。

何らかの事情で海外メーカー(HUAWEI)製品に抵抗のある方をのぞき、純粋に快適な置くだけwi-fiが欲しいならL02の方がおすすめです。

WiFiの神さま
4Kなどの高画質動画も快適に楽しむならL02の一択!

▶▶W06を最安購入できる会社をみる

【新旧比較】旧モデルL01sと比較してL02は何が違うの!?

「L02も魅力だが、旧モデルのL01sでじゅうぶんなのでは?」こんな慎重派の方もいると思うので、新端末のSpeed Wi-Fi HOME L02と旧モデルのL01sをわかりやすく比較してみました!

商品名Speed Wi-Fi HOME L02
Speed Wi-Fi HOME L01s
製造元HUAWEIHUAWEI
発売時期2019年1月2018年1月
サイズ・重量約93×93×178mm・約436g約93×180×93mm・ 約450g
連続通信時間ハイスピードモード(WiMAX 2+)
下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+、LTE)
下り最大1Gbps
(Wi-Fi接続時最大867Mbps)
上り最大75Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
Wi-Fi規格802.11a/b/g/n/ac802.11a/b/g/n/ac
ビームフォーミングありなし
最大接続可能台数最大40台最大42台
※表記の速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により異なります。実際の通信速度は通信環境や混雑状況に応じて低下します。

L01sのさらに旧モデルであるL01→L01sのモデルチェンジでは一部デザイン&対応SIMカードが変更された以外、機能や性能面に変化ありませんでしたが、今回のL01s→L02のモデルチェンジは恐ろしい程性能が変わっていました。

外観は似ていますが、通信速度をはじめビームフォーミングなど完全の置くだけwi-fiへと進化しています。結果、L02が発売された今、あえてL01sを選ぶメリットな何一つなく3年後を見据えてL02を選ぶのが正解です。

キャッシュバック額が多少違うかもしれませんんが、今からご契約なら当ブログ的にはL02をおすすめします。

▶▶W06を最安購入できる会社をみる

【L02を最安でゲット!!】条件の良いプロバイダも調べてみた!

WiFiの神「でL02をもっともお得に購入できるのはどこ!?」 どこからかそんなお声が聞こえてきたような気がしたので、アナタにかわって編集部がL02の最安申込先を調べてみました。果たして最安はどこ!?

まだ発売直後ということもあり、まずは前提条件として「L02を在庫しているプロバイダ」だけに絞り込み、その上で端末価格、月額料金、さらにキャッシュバックやその他の特典を徹底比較してみたところ・・・

WiMAX
プロバイダ
実質料金(3年総額)キャンペーン内容
(申し込み時期)
受け取れた場合受け取れない場合
117,160円
※CBありで最安
152,160円38,000円(変動あり)
※ただし手続きは11ヶ月後
131,626円
※CB無しでは最安
3段階の月額割引
133,320円一律の月額割引
129,310円159,310円30,000円
※ただし手続きは12ヶ月後

※本来、月額割引タイプのカシモWiMAXも上位にランクインしますが今回のL02は現時点ではラインナップされておりませんでした。

結果、L02の端末価格が0円、かつ月額料金や総費用がお得だったのは以下の4社。もしL02をご購入される際は上記4社の中から選ぶようにしてください。

キャッシュバックならGMO!月額を安くならBroad WiMAX!

「うーーん、GMOもいいけどBIGLOBEやソネットもいいし…」

上記のプロバイダ比較表をご覧になり、こうお考えの方もいるハズ。そこで当ブログからプロバイダ選びのポイントを解説します!

まず最初の選択肢。もしアナタが、1年後のキャッシュバック手続きを問題なくこなせるタイプならば、GMOとくとくBBがダントツに最安なのでオススメです。

GMOのキャッシュバック額は変動するため、もしGMO経由なら以下にリンクした最高額の特設ページがもっともお得でした。

GMOとくとくBBを詳しく見る

 

しかし!もしGMOでキャッシュバック手続き忘れ、登録ミス、手続きメールを発見できずに見逃してしまった場合、GMOは超割高なプロバイダとなり、最初からキャッシュバック設定の無いBroad WiMAXの方が2万円以上もお得になります。

ワンポイントアドバイス
基本、Broad WiMAXがおすすめですが、もしアナタがクレジットカード決済できない場合、過去記事、【WiMAXクレカ無しでもOK!!】口座振替で契約できるプロバイダをガチ調査した結果を発表にあるように上記プロバイダの中で唯一口座振替のあるBIGLOBEをおすすめします

▶▶BIGLOBEを詳しくみる

以上、アナタの性格に合ったプロバイダからお得にSpeed Wi-Fi HOME L02をゲットしてみてください♪

WiFiの神さま
WiMAXのキャッシュバックは約3~4割しか受け取れないという事実を忘れるべからず!

【まとめ】置くだけwi-fiで迷ったらL02を選ぶべき理由

以上、突然のUQ WiMAXの発表により明らかとなったHUAWEI製の究極の置くだけwi-fi「L02」の特長やスペック詳細、さらに旧モデルや競合モデルと比較した結果もお伝えしました。

最終結論としては

今後、4K動画などを視野に入れると通信速度が速いに越したことはない
NEC製の置くだけwi-fiにくらべ、HUAWEIは置くだけwi-fiの実績がある
普通にスペックを比較しても旧モデルや競合モデルより断然に上

これらの理由から、今からWiMAXで置くだけwi-fiを購入するならL02を一押しします。また月額料金を最安でゲットするならBroad WiMAXなどの月額割引タイプのプロバイダ経由なら安心です。

WiFiの神さま
WiMAXの仕組み上、どのプロバイダ経由でも速度やエリアは一緒!だから最安な会社から申し込むべし!

Broad WiMAXのWEB限定特設ページ

ということで今回の最新ルーター調査は以上です。今後もL02の新たなクチコミ情報を発見しだい本記事に追記していきますので引き続きよろしくお願いいたします。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)
置くだけwi-fi
ポケットwi-fiとWiMAXを徹底比較!Wi-fiの神さま
タイトルとURLをコピーしました