【格安SIMクレカ無し】口座振替、デビットカード、コンビニ払いもできるMVNOも発見!!

格安sim 格安SIM

「格安SIMに乗り換えたいけどクレジットカードが無い・・・」

格安SIMに乗換えようと支払い方法を調べたところ、じつはMVNOの大半が「クレジットカード決済のみ」という厳しい現実を突きつけられ、そのまま挫折される方も少なくありません。

そこで本記事では

クレカ無しで契約できる格安SIMなんてあるの!? あるなら教えて!!

クレカが無い&使えない状態のアナタを救済すべく

  • 口座振替・デビットカード対応しているMVNO
  • 実質、コンビニ払いさえ可能なMVNO

をわかりやすく解説した上で、クレカ無しでも安心して申し込めるお得で快適な格安SIMを当ブログ視点で絞り込んでみました。

クレカの使えないアナタ!もう悔し涙を流さないでいいのですよ!!

▶▶クレカ不要でおすすめの格安SIMをみる

クレジットカード無しで契約できる6社を発表

今回、主要MVNOの多くがクレジットカード決済のみという中、手当たり次第に格安SIM会社のホームページを隅々までチェックしてみました。(※けっこう骨の折れる作業でした)

結果、クレカ無しで契約できる格安SIMは全部で6社。予想以上に多かったです!

まずは「クレカ無しで契約可能な格安SIM6社」を一覧でご紹介した上で、各MVNOの特徴をご説明し、最終的に「どの格安SIMがイチオシなのか?」を発表したいと思います。

口座振替・デビットカード対応のある格安SIM6社

それでは、クレカ無しで申込み可能だった格安SIMの6社を一覧で比較したのでご覧ください。

口座振替振替手数料デビットカード
楽天モバイル有り
OCNモバイルONE無し
mineo無し
UQモバイル無し×
Y!mobile無し×
LINEモバイル×LINE Payカード対応

※今回、BIGLOBEモバイルのようなデータSIMのみ口座振替可能というMVNOは除外しています

以上のように、クレジットカード無しで申込み可能だった格安SIMは6社(うちLINEモバイルのみ独自の決済)。中でも楽天モバイルとmineo、OCNモバイルONEは口座振替&デビットカードどちらも対応していました。

とりあえずの結論デビットカードで支払いたい方は、楽天モバイル、mineo、OCNモバイルONEの3択

もしアナタがクレカ無し、かつ口座振替も面倒でデビットカードならOkという場合、上記3社から選ぶのが正解です。

口座振替に対応する格安SIM各社の主な特徴

では各MVNOの主な特徴と、他社にない独自のおすすめできる部分をみていきます。

楽天モバイル


なんと楽天モバイルでは全プランが口座振替に対応し、それ以外にもデビットカード、楽天スーパーポイントでの支払いに対応している決済方法のバリエーションの多い一社です。(※引き落としは毎月27日)

その他、【マジか??】楽天モバイルの通信速度を計測したら驚愕の結果が…閲覧注意!!でもお伝えしたように

  1. スーパーホーダイというお得プランがある
  2. 2回線目がお得になる

など普段から楽天でお買い物される方も、そうでない方にとってもお得なMVNOではありますが、反面、ドコモ回線を利用しているため混雑時の速度低下がけっこうキツいというデメリットもあります。

【楽天モバイル 平日の通信速度】
【楽天モバイル 週末の通信速度】

結論からいうと、クレカ無しで格安SIMに乗り換えたいけど、平日の通勤時間帯やお昼休みにノロノロ状態は勘弁してくれという方には正直微妙な気もします。逆にポケットWi-Fi等を持ち歩く方などにはお得ですね。

▶▶楽天モバイルを詳しく見る

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEはNTTの運営している日本最大級のプロバイダ、OCNが展開する格安SIMです。

今回ご紹介する他社MVNOの多くが口座振替をウェブ申込みできる中、OCNモバイルONEだけは問合せ窓口に電話で連絡する必要があります。

口座振替の連絡先はこちら▶▶▶OCNのカスタマーズフロント ☎0120-506-506

また口座振替の準備が整うまでけっこうな期間がかかることもご注意ください。

さらにデビットカードは一定の条件を満たしている場合のみ利用可能で、じっさいに利用できた人とできなかった人がいるため事前にOCNモバイルONEに確認しておきましょう。

  1. バースト機能で低速モードでもサクサク
  2. 日割りや低速大容量コースなど独自の料金プランが選べる
  3. 即日受取カウンターで申込み当日に開通可能

という部分に魅力を感じ、口座振替またはデビットカードで契約可能なMVNOをお探しの方にはおすすめの1社です。

▶▶OCNモバイルONEを詳しく見る

mineo

ドコモ、au、ソフトバンクとトリプルキャリアに対応するmineoですが、誰でも口座振替できるワケではありません。口座振替には「ある条件」があります。

条件eo光ネットに契約中で、かつ口座振替を選択されている方

なので大前提として、自宅のネット回線がeo光ネットでないと口座振替はできませんのでご注意ください。

とはいえmineoのソフトバンクプランの通信速度、かなりお得な月額料金を考えると、クレカ無しだったらデビットカードを作ってでもmineoを選ぶ価値はあるかもしれませんよ。

▶▶mineoを詳しくみる

UQモバイル

以前に格安SIMの通信速度をガチ比較した当ブログの人気記事、【最速の格安SIMを探せ!!】通信速度を重視する方にこっそり教える主要MVNO・サブブランドの実測値まとめ!!でも、圧倒的な通信速度が判明したUQモバイル。

Qクレジットカードがなくても申し込めますか?
A:はい、以下のお支払方法の中からお選びいただけます。
製品のご購入:クレジットカード、代金引換
月々の通信料お支払い:クレジットカード、口座振替
出典:UQモバイル公式

このようにUQモバイルも数少ない口座振替に対応した格安SIMで、おまけにどのプランでも口座振替での支払いに対応していました。(正確にはサブブランド)

ただし新規契約(MNP以外)のWEB申込み・電話申込の場合は月額支払いはクレカ限定となるのでご注意ください。またUQモバイルの最大のウリといえば

データ通信品質と安全性満足度ランキング
1位UQ mobile68.0%
2位BIGLOBEモバイル66.0%
3位IIJmio58.7%
4位LINEモバイル57.3%
5位OCNモバイルONE56.7%

出典 MMD研究所『2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査』

そう。こ格安SIMに関する意識調査、「データ通信品質と安全性満足度ランキング」でもダントツという通信速度・ネットワーク品質です。

クレカ無しで契約、それでいて大手キャリア並の通信速度! こんなアナタならUQモバイルがぴったりですよ。

▶▶UQmobileを詳しくみる

ワイモバイル

auのサブブランドであるUQモバイルがそうであるように、ソフトバンクのサブブランドのY!mobileも口座振替に対応していました。

Y!mobileについて詳細は【ドコモやauからY!mobileへMNPはおすすめ!?】料金・速度・スマホの種類と他社MVNOと速度をガチ比較 でも解説しましたが、

  1. MVNOにくらべ通信速度が安定して速い
  2. 10分の通話無料と各種キャンペーンが充実
  3. 外出時に不具合やトラブルでも店舗があるので安心

という大手キャリアから初めての格安SIMという方にとってハードルの低さがウリです。中でも多くが心配する万が一の「不具合・トラブルでも

ワイモバイルの取扱店舗は全国に約4,000店舗!
近所にあるお店でスタッフと会話しながら契約できるから安心。
そのうち、修理受付や契約内容変更などのサポート対応も可能なワイモバイル
ショップは約1,000店舗あるので、万が一の故障のときにも安心です。

出典 Yモバイル『格安スマホ・SIMって本当に安心なの?』

基本、ソフトバンクの店舗に併設しているケースも多いため安心できますよ。

因みにY!mobileで口座振替はWEB申込みは不可。お近くのY!mobile店舗まで足を運び

  • 本人名義のキャッシュカードと通帳
  • 本人確認書類
  • 金融機関の届け出印

の3つを忘れずにお持ちください。また口座振替が開始されるまで1〜2カ月かかります。それまでは振込用紙でお支払いとなるのでご注意ください。

▶▶Y!mobileを詳しくみる

BIGLOBEモバイル(データSIMのみ)

残念ながら音声通話SIMは非対応ですが、データSIM(プランA・プランD・SMS付き対応)は口座振替が可能なのがBIGLOBEモバイルです。

詳細は【うっ…微妙!!】他MVNOと比較したBIGLOBEモバイルの通信速度と評判を辛口評価してみたwでもお伝えしましたが、ドコモ回線とau回線のマルチキャリアでYoutube動画好きにはたまらない「エンタメフリー・オプション」

これがあります。

格安SIMの主な目的が動画視聴という方の場合、サブ機やタブレット用などにBIGLOBEモバイルのデータSIMという選択肢も有りですよ!

▶▶BIGLOBEモバイルを詳しくみる

【番外編】実質コンビニ払いOK! 独自決済のあるLINEモバイル

ここまで口座振替(またはデビットカード)対応の格安SIMをご紹介してきました。しかしながら画面の向こうから・・・

「ガラケーみたいにコンビニ払いのできる格安SIMってないの!?」

こんなお声が聞こせてきそうなので、実質コンビニ払いができちゃう唯一の格安SIMをご紹介します。

コンビニで支払い可能なLINEモバイル

結論からいうと、コンビニ払いの格安SIMをお探しならLINEモバイルの一択です。

LINEモバイルならコンビニでLINE Pay カードにチャージしてその場で決済できるため、実質的にコンビニ払いが可能なのです。

▶▶OCNモバイルONEを詳しく見る

LINE Pay カードとは?

LINEモバイルの支払い方法に関してはLINEモバイル公式ページに詳しく記載されていたので一部を抜粋します。

クレジットカードをお持ちではない方は、LINE Pay カードにてご契約ください。

LINEモバイルでは、クレジットカード、またはLINE Pay(クレジットカード登録要)、LINE Pay カードでの申し込みとなっています。

出典:LINEモバイル「よくある質問」

このようにクレジットカードまたはLINE Pay カードいずれかで支払います。

「でもLINE Pay カードを登録するのにクレジットカードが必要なのでは?」

という方もご安心ください。LINE Pay カードにクレジットカードは不要、つまり年齢制限や与信審査も不要です。

LINE Pay カードはLINE Pay残高から引き落とされるプリペイドカードのため、LINE Payにクレジットカードを登録しなくても利用可能です。LINE Pay カードはクレジットカード(JCBカード)と同様の扱いが可能です。
出典:LINEモバイル「よくある質問」

LINEモバイルの場合、事前にLINE Payカードを発行していれば申込から月額料金の支払いまで、一切合切をLINE Payカードで支払い可能です。※同じようなサービスで「LINE Pay決済」というのがあり、こちらはクレジットカード登録が必要

ただしLINE Pay カードの残高不足には要注意

コンビニで手軽にチャージできる便利なLINE Pay カードですが、反面、クレカ決済や口座振替とちがい残高不足による決済がなされなかったというケースも多く、うっかり忘れたらエラい事態を招きます。

「チャージするの忘れてた・・・」

 

残高不足で決済できない場合、

決済が失敗した場合は、ご利用中の回線を停止させていただきます。
回線停止後、別途提示する支払方法でのお支払いの確認が取れましたら、ご利用回線の再開の手続きをします。回線再開は、支払確認日の翌日になります。

無情にも回線が停止され、最悪は利用中の電話番号や他のキャリア、格安SIMにMNPすることさえできなくなります。LINEモバイルの決済日は毎月5日なので、確実に5日前にはチャージしておくこをお忘れなく!

LINEモバイルの通信速度や料金プラン、独自のメリット等は【LINEモバイル速度とオススメ度!!】LINEならドコモより絶対ソフトバンク回線という理由も解説もご覧ください。残高管理のしっかりできる方のみLINEモバイルのLINE Pay カードをご利用ください。

▶▶OCNモバイルONEを詳しく見る

クレカ無しで契約できる格安SIMのイチオシを発表!

ここまでクレカ無しで申込み可能、口座振替やデビットカード、さらに実質コンビニ払いもできちゃう格安SIMをご紹介していきました。そこで

「結局どの格安SIMがおすすめなの!?」

とさらに迷宮入りされた方もおられると思うので、当ブログ独自の視点でイチオシMVNOを発表したいと思います。クレジットカードが無い方にもっともオススメの格安SIMは・・・

 

「トータルバランスでUQモバイルが一押し!!」

 

どうしてもコンビニ払いという方はLINEモバイル一択ですが、口座振替で問題ないならUQモバイルが「ある理由」から圧倒的にオススメです。

理由

通信速度がドコモ回線・au回線の普通の格安SIMより圧倒的すぎるくらい速いから

アレコレ説明するより、じっさいに通信速度を一覧で比較したほうが一目瞭然なのでご覧ください。

【最新版】主要格安SIMの平日&週末の実測値発表

MVNO業者平日週末
※平日の中から1日と週末(土日)の1日をランダムに抽出してモバイル計測サイト『keisoku.ioto』にて計測。格安SIMの実測値はエリア・計測日により大きくかわるため、あくまで参考程度の数値となります。

このようにUQモバイルとY!mobileが圧倒的に速く、中でもUQモバイルの通信速度の安定具合ときたら尋常じゃありません。もう大手3キャリレベルです。

また口座振替の手数料を200円程度かかる格安SIMもありますが、UQモバイルは手数料もいっさい無し。オマケに申込みページによっては10,000円程度のキャッシュバックを貰えるケースもあるのでおすすめします!

▶▶UQmobileを詳しくみる

まとめ

以上、口座振替のあるMVNO、デビットカード対応のあるMVNO、コンビニでチャージして支払いできるMVNOをご紹介し、最終的なクレカ無しでおすすめのMVNOを決定しました。

結果、「快適な通信速度」という部分が評価されUQモバイルが一押しとなりましたが、アナタのお使いのスマホ端末や希望のオプション内容によって最適なMVNOはかわってきます。

ぜひクレカ無しで格安SIMにお乗り換えされる前には、当ページを参考に選んでみてくださいね!

中の人
wi-fiの神さま編集長

WiMAX利用歴6年半。根っからのモバイルwi-fiユーザーでWiMAX2回線と自宅用にen光を契約中。プランや特典が複雑過ぎてわかりづらいと感じたため、当ブログを立ち上げ、1人でも多くのポケットwi-fi難民を救済するべく奮闘中。

wi-fiの神さま編集長をフォローする
(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)
格安SIM
ポケットwi-fiとWiMAXを徹底比較!Wi-fiの神さま
タイトルとURLをコピーしました