【使い放題の格安SIMを探せ!!】データ容量無制限でお得な格安SIMを調べまくった結果w

YouTube動画にインスタ動画などの各種SNS、ゲさらにームアプリやHulu・Netflixなど動画サービス・・・昨今スマホで消費されるデータ容量は右肩上がり。そんな方々がMVNOを選びにおいて考えることといえば・・・

「できればデータ容量など気にせず無制限に使い放題の格安SIMがいい!」

 

そう、各MVNOで20GB、30GBという大容量プランは増えてきたものの、無制限に使い放題というプランを用意している格安SIMはごくわずか。じっさいに無制限プランを探したものの最終的に見つからず、仕方なく大容量プランに落ち着く方もおられます。

 

そこで今回、データ容量無制限・使い放題プランのある格安SIMという視点で格安SIMを徹底調査してまいりました!データ容量無制限・使い放題プランが最安な格安SIMはどこなのか? ぜひアナタも予想しながらお楽しみください。

使い放題プラン選びのポイントは通信制限下の速度…しっかり比較しよう

データ容量無制限・使い放題プランのある格安SIMランキング結果を発表!

記事を最後まで読むお時間のない方もいると思うので、ズバリ「どのMVNOに使い放題プランがあり、どのMVNOがもっともお得なのか?」がパッとひと目で理解できるように一覧比較したのでご覧ください。

無制限・使い放題プランのあるMVNO一覧

結果、今現在データ容量を無制限につかえるプランのあるMVNOは以下の5社。最安料金のロケットモバイルの月額298円からU-モバイルの月額2,480円まで、各社で様々な使い放題プランが見つかりました。

そんな中、当ブログのおすすめ順にランキング形式でご紹介しますと・・・

楽天モバイル
(スーパーホーダイプランS)
月額1,480円~通信制限:混雑時間帯300Kbps
UQモバイル
(データ無制限プラン)
月額1,980円~通信制限:直近3日で6GB
DTI SIM
(ネット使い放題)
月額2,200円~通信制限:アリ(数値非公開)
U-モバイル
(LTE使い放題)
月額2,480円~通信制限:アリ(数値非公開)
ロケットモバイル
(神プラン)
月額298円~通信制限:ナシ(常に最大200Mbps)

という結果となり、当ブログが考えるもっともお得な使い放題プランのあるMVNOは・・・

「楽天モバイル」

ここに決定します。全国の楽天モバイル関係者、楽天ファンの皆様、この度はおめでとうございます。

というわけで当記事をご覧の、今すぐ容量無制限に使い放題の格安SIMをお探しの方。まずは以下の公式ページから楽天モバイルをご検討ください!

▶▶楽天モバイルを詳しく見る

無制限・使い放題プランは料金だけで選んではいけない!!

もしかすると上記の結果をご覧になり

は!? ロケットモバイルの方が安くない!?

と思われた方もいると思うので、念のため補足します。たしかに月額料金だけを比較すればロケットモバイルの方が安いです。また楽天モバイルの場合、2GBを突破したら嫌な通信制限もあるのも事実です。

しかしながら、「とある3つの理由」により、上記5社の中ではダントツに楽天モバイルがイチオシなのです。次項では各MVNOの使い放題プランをもう少し詳しくご紹介しつつ、その「とある3つの理由」をわかりやすく解説したいと思います。

【とある理由1】ロケットモバイルは常に最大200Kbpsという低速

今回とりあげた5社の中でダントツの最安価格。「いくら何でも298円で無制限て嘘でしょ!?」と信じられない料金が魅力のロケットモバイル。

使い放題・無制限というのはロケモバの中でも「神プラン」とよばれるプランで、ドコモ回線、ソフトバンク回線(こちらは月額398円)から選べます。

 

たしかに通信制限はいっさい無く、月間使い放題と記載されていますが・・・

 

そう・・・回線速度が200Kbpsしか出ないんです!!!

 

「ていうか200Kbpsってどれくらい!?」

という方。因みにめちゃくちゃ売れてるポケットwi-fiのWiMAX2+。WiMAX2+を3日で10GB以上つかった際にかかる通信制限が1Mbps(※1Mbps=1000Kbps)。じっさい1MbpsでYouTube動画は普通にみれるは観れるのですが、ときに途切れたり止まってしまうこともあります。

つまり・・・

  • 1Mbps▶▶▶▶▶YouTube動画ギリギリ
  • 200Kbps▶▶▶▶▶ほぼ何もできない

「使い放題どころかつねに通信制限!」

結論

基本的な通信速度が異様に低速なため、

  1. 子供に持たせる連絡手段としてのスマホ用
  2. 車載用のスマホでカーナビとして利用
  3. radikoアプリでスマホをラジオとして利用

などの利用方法以外はいっさいおすすめできません。今回は5位ということでお疲れ様でした。
逆に上記のような目的で格安SIMをお探しの方にはロケットモバイルはおすすめですよ。

▶▶ロケットモバイル詳細

【とある理由2】DTISIMとU-モバイルは通信制限が曖昧

次はDTI SIMのつかい放題プランとU-モバイルのLTE使い放題プランをみてみます。

DTI SIMの公式ページをみてみると

音声通話SIM、データSIM、SMSSIMそれぞれに「つかい放題プラン」があり、金額的にもけっこうお手頃価格ですね。

しかしながら、上記の料金設定をよーくご覧ください。

 

「なぬ!? 10GBプランと100円の差!?」

 

そう、10GBプランとつかい放題プランの金額差はわずか100円。だったら誰でもつかい放題を選ぶのでは!?と思いませんか?

というわけで、白黒はっきりつけるためDTIの公式ページを隅々までチェックしたところ、「DTI SIMのつかい放題には知られざるカラクリ」を発見しました。以下、DTIの公式ページから一部を抜粋します。

【DTI SIM ネットつかい放題プランをご利用のお客様】

ネットつかい放題プランは、通信量が他の利用者の平均利用容量を著しく超えるときは、 通信速度が一時的に遅くなることがあります。(制御後の速度は上り下りともに200kbps以下) 制御は毎日00:00頃に解除されます。

なお、現在の利用者様の平均利用容量から換算すると、1日の通信総量が 1GB程度(※)であれば制御対象にあたりません。また、DTI SIMサービスの設備上の帯域利用状況によっては、3GB以上ご利用可能な場合もあります。

通信制御対象となる可能性がある場合、申し込み時のメールアドレス宛にアラートメールを送信します。
しかしながら、瞬間的に大量の通信を行った場合等、アラートメールによる事前予告なく通信制限対象になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

 

「ん? どういうこと!?」

という方もおられると思うので、ざっくり要点だけかみ砕いてご説明しますと・・・

  • 他の人とくらべて使い過ぎと判断したら即制限▶▶▶200kbps以下
  • 多分1日1GBくらいなら大丈夫(あくまで多分)
  • ヤバそうな時はメールするけど間に合わないときもあり

・・・
・・・

「ぜんぜんつかい放題じゃないやん!!!」

因みに同じタイプのLTE使い放題プランのあるU-モバイルもほぼ同じような曖昧な通信制限を実施している感じでした。

曖昧な理由で謎の通信制限がかかるのはストレス以外の何者でもないため、今回は大きく減点し、結果3位、4位とランキングしました。

結論

料金も破格というほど安くなく通信制限に関する基準が曖昧。おまけに通信制限下は200Kbpsとノロノロ。単純に月間データ容量の上限がないだけで使い放題プランとしては微妙!

上記に納得された方だけDTIをご検討ください。

▶▶DTI SIMを詳しくみる

【とある理由3】爆速のUQモバイルだけど無制限だと500Kbps

当ブログの過去記事、【最速の格安SIMを探せ!!】通信速度を重視する方にこっそり教える主要MVNO・サブブランドの実測値まとめ!!でも通信速度に関して他を圧倒していたUQモバイルですが、残念ながら無制限・使い放題プランになると状況がかわってきます。

このように月間データ容量無制限とひきかえに、「送受信最大500Mbpsまで」とUQモバイル最大のウリである高速通信がまるっきり利用できなくなります。

高速通信がウリのUQモバイルで契約したのに最大500Kbpsではまったく意味がありません。料金的には合格ですが今回は2位とさせてもらいます。

▶▶UQmobileを詳しくみる

【結論】通信制限下でも1Mbpsは魅力的!使い放題プランなら楽天モバイル

では最後に堂々1位にランキングされた楽天モバイルをみていきます。

楽天モバイルの場合、無制限につかい放題という方におすすめなのが

 

こちらの「スーパーホーダイ(プランS)」

という感じで基本、上限2GBまでは制限なしで利用可能で2GBを使い切ってからは1Mbpsという通信制限が続きます。そこで

「は!? 2GBで通信制限て早くない!?」

とお考えの方。たしかにプランSだと2GBで通信制限を突破します。しかしながら先ほどお伝えしたように・・・

【1Mbpsでできること】

メッセージやメールのやりとり快適
Webブラウジングストレス無く閲覧可能
地図・ゲームアプリストレス無く閲覧可能
動画再生問題のないレベル
アプリダウンロードまぁ耐えられるレベル

と1MbpsでていればYouTube動画をはじめ、たいていのネット作業は可能なのです。(高画質で動画配信サービスとかは不可)

裏を返せば1Mbps状態なら20GB、30GB、50GB以上つかっても大丈夫ということ。他社が200Kbpsの通信制限を行う中、かなり良心的な通信制限が楽天モバイルなのです。

結論

混雑時(12~13時、18~19時)300Mbpsという通信制限もあるが、月額料金の安さ、通信制限下の1Mbpsという部分を評価して当ブログの一押しMVNOに決定します!

▶▶楽天モバイルを詳しく見る

まとめ

以上、今回は格安SIM選びで注目されがちな料金の安さ、ネットワーク品質と通信速度にくわえ、使い放題プランのあるMVNO限定という縛りで格安SIMを絞り込んでみました。

そもそも格安SIMの大容量プランが6,000円/30GBという相場を考えると、月間無制限につかえて2,000円という料金は土台無理な話で、安い料金にはそれなりに理由があるのです。

たしかに月間無制限という部分は魅力的ですが、通信速度が遅く頻繁に通信制限がかかるのでは月間無制限につかえても何も快適じゃありません。

無制限・使い放題という部分にこだわらず、大容量プランや一部のMVNOで行っているエンタメ・フリーやSNSフリーというオプションなどもあわせて比較してみてください。今回は以上となります。

タイトルとURLをコピーしました