【NURO光とwimaxどっちがいい?】速さ・価格・工事や開通までの期間を徹底比較した結果!

スマホにタブレット、ノートPCと増える一方のモバイル端末。

端末が増えればネット回線も必要ですし、月額料金だって気になりますよね…。

そんなネット回線の見直しの真っ最中というアナタは

いやー悩む、NURO光とWiMAX どっちにすっかなー

もしかしたらこのようにひかり回線で人気のNURO光と、モバイル回線で断トツ人気のWiMAX2+回線でお悩みではありませんか?

そんなNURO光とWiMAX を検討中の方に向け、このページでは二つのプロバイダを比較しながら、光回線とモバイル回線の違い特徴やメリットデメリット徹底比較してみました。

お忙しい方のために先に結論からいうと、

仕事用のネット回線として大量のデータ送受信をする方、HuluやNetflixなどの動画を1日5時間以上見るような方、または四六時中ネット対戦ゲームをしている方をのぞき、

大部分の方はWiMAX を選んでもらった方が満足できる!!

こんな結論に達しました。

月額料金を安くしたい!外出時に持ち歩いてスマホのギガを節約したい!ハッキリいってWiMAX2+で決まりです。

また究極の結論としては、WiMAX2+の中でも以下のような最安級のプロバイダから申し込めが確実に2年間お得に使い倒せるので以下もご検討ください。

【2017年11月】格安プロバイダ情報
  • 高額キャッシュバックを1年後にドカンと欲しい人⇨⇨⇨⇨⇨GMOとくとくBB
  • 確実に月額料金から割り引いて欲しい⇨⇨⇨⇨⇨ブロードワイマックス
  • 他のWiMAXプロバイダで契約中、乗り換えで違約金が発生⇨⇨⇨⇨⇨ブロードワイマックス

すべてのプロバイダを比較した結果、上記のプロバイダがお得という結論に達しました。申込先によって金額やオプションが違う恐れもあるので必ず以下の公式ページから申込んでおきましょう!
ブロードワイマックス公式サイト⇨⇨⇨https://wimax-broad.jp/
GMOとくとくBB公式サイト⇨⇨⇨http://gmobb.jp/

NURO光とWiMAX 徹底比較

まず大前提の話をします。

NURO光は光回線、いわいる固定回線でして一方WiMAXはモバイル回線…つまりルーターをポケットに持ち歩いて通勤・通学やデート、旅行など屋外でも使える端末になります。

なので料金とか速度も重要ですが、何よりも

固定回線とモバイル回線、どっちが自分のライフスタイルに合っているんかな?

この部分を最初に考えてみてください。

いくら速度を気にしたところで屋外で動画視聴なんかが主体の人はモバイル回線の方がいいです。

逆に自宅で作業中にネットが不安定なのは嫌だ!とか3日で10GB制限とか不安だわ…こんな人は思い切って速度や安定度の高いひかり回線、NURO光にして外出時はスマホでしのぐのも悪くないでしょう。

まずはネット回線の一番の目的!!

ここが最大のポイントで、ここを明確にしておくことが大事です。

NURO光とWiMAX回線の特徴を3つの視点で比較

ひかり回線とモバイル回線はそもそも仕組みが違います。

NURO光はNTT東日本の光ファイバー回線(ダークファイバー)を利用したインターネットサービスなのに対し、WiMAXは2,595MHz~2,645MHzという高速通信にてきした周波数帯を利用したモバイル回線です。

特徴も違えば、それぞれメリットとデメリットは全く違ってきます。

ネット回線の一番の使用目的がハッキリしない人の場合、細かい部分の長所と短所を比較して総合的に判断してみることをおすすめします。

以下でNURO光とWiMAX2+回線を3つの視点で比較してみました。アナタの最優先される項目で決めるのもいいですし、トータルで比較して判断してみてもいいでしょう。

  1. 速度の比較
  2. 費用・料金の比較
  3. 工事や開通までの期間、引越し時の費用

NURO光とWiMAXを速度で比較

現在、フレッツ光など多くのひかり回線が下り最大1GBという状況の中、なんとNURO光は下り最大2GBと他社の2倍の数値をうたっています。

下り最大2Gbpsのテクノロジー

国際標準規格であるGPON※1の採用と、
NURO 光用に開発されたホームゲートウェイを組み合わせたことで、
個人宅向け商用サービスで下り最大2Gbpsを実現

出典 NURO光

事実、他社が混み合った光ファイバーを利用するのに対し、NURO光は他社とちがうダークファイバーという回線を利用するため混雑による速度低下の影響を受けにくいこともあり速度には定評もあります。

一方、一部の東名阪の地域で708Mbpsが利用できるものの、WiMAX2+は全国対応の下り最大速度は440Mbps。NURO光にくらべ約1/4程度ということになります。

正直この数値だけ比較した場合、NURO光の圧勝じゃんと思えますが、じつは以下の条件によって圧勝ということでもないようです。

  • ひかり回線もモバイル回線もベストエフォート型
  • 無線(Wi-Fi)接続の場合、最高は450Mbps

ひかり回線もモバイル回線もベストエフォート型

まずNURO光がじっさいに2GBで使い倒せるか?
というと答えはNOです。

そもそもNURO光にかぎらずネット回線はすべてベストエフォート型とよばれるサービスです。よくみると速度の記載にはかならず

※技術規格上最大値であり、実使用時の速度を示すものではありません。

という注意書きがあるはずです。

理論値としての速度は得意げに記載しますが、じっさいにはエリアや基地局からの距離、回線の混雑状況などの条件により理論値がでることはありえません。

ベストエフォート型とは?
ベストエフォート型とは、「表示品質に近づける努力はしているが、保証はできないタイプ」のサービスのこと。
「ベストエフォート型」は、お手ごろな価格で高速回線を使えるという大きな利点がある反面、他の人と回線を共有しているため、回線の混み具合いなどによって、なかなか表示品質通りの回線速度にならないという欠点もあります。
出典 BIGLOBE(ビッグローブ)

事実、NURO光の公式サイトには【NURO光の測定結果】というページでリアルな測定結果を確認できます。

条件の良い人で1GB近くという方がいる一方で、20Mbps、30Mbpsという人も沢山います。
いくら2GBと宣伝したところで900Mbpsの人もいれば20Mbpsしか出ない人もいるのです。

つまり

  • 戸建てかマンションか?
  • お住いのエリアが速いエリアなのか?
  • 有線接続か?Wi-Fi接続メインなのか?

このあたりでも大きく変わるため、NURO光とWiMAX2+回線、どっちが速いのかは決められないのです。

無線(Wi-Fi)接続の場合、最高は450Mbps

NURO光の公式ページによると、有線接続こそ2GBとうたっているものの、専用のホームゲートウェイ(ONU)によって無線LANでスマホやタブレットと接続した場合、

このように下り最大で450Mbpsとしています。

クチコミやレビューでも、NURO光の実測値として800~900Mbps程度の意見も多いものの、あくまで有線接続したPCでの話です。

今の時代、ネット回線を契約する方の多くは、スマホやタブレットなど複数の端末をWi-Fi接続することが目的です。

この部分だけ比較すればNURO光の450MbpsもWiMAX2+の440Mbpsも、大差ないのです。

NURO光とWiMAXを月額料金、実質費用で比較

費用や月額料金についてはこちらの比較表をご覧ください。

NURO光 WiMAX2+回線

(とくとくBB・ギガ放題)

月額基本料金 \4,743(13ヶ月目~) \3,411(4ヶ月目~)
基本工事費 \40,000(30ヶ月の分割にてご請求します) \0
契約事務手数料 \3,000(ご利用開始月にご請求します) \3,000
契約期間 2年間の継続契約 2年間の継続契約
キャンペーン 最大12ヶ月間 2980円/月

工事費用実質無料

設定サポート1回無料

3ヶ月間 2,726円

端末・初期費用無料(条件として有料オプション加入して即解約)

NURO光とWiMAX2+回線のプロバイダの中でも月額料金割引で人気のブロードワイマックスを例に比較しています。

ざっくりと計算してみると2年間のみ利用して更新月に解約した場合、

  • NURO光 ⇨ 95,676円
  • WiMAX2+回線 ⇨ 83,359円

※現在のキャンペーンを利用した場合、このような金額差がでました。

また注意してもらいたいのが

工事費用(30ヶ月の分割にてご請求します)

この部分で、契約期間の2年間で解約した場合、24ヶ月目以降の工事費用がまるまる請求されます。

30回にわけて請求される基本工事費割賦は月額だと1,333円。つまり25~30ヶ月目の工事費用、7,998円もこちらの負担になってきます。

つまり2年間NURO光をつかって、他の回線に乗換える場合の実質費用としては

95,676円+7,998円=103,674円

これが本当に実質費用になるのでご注意ください。WiMAX2+回線の最安級のプロバイダを選ぶことで、2年間で約2万円の違いが生じる結果になりました。

NURO光とWiMAXを開通までの流れ・工事の有無で比較

NURO光(というよりひかり回線全般)の場合、戸建てだったら

こんな工事、一方マンションだったら

こんな工事を行う必要が生じます。

また具体的な申込み~開通までの流れや期間については

  1. WEBまたは電話にてお申し込み
  2. 工事日調整の電話
  3. 指定工事業者がお客様の宅内工事
  4. NTTの指定工事業者が屋外の工事
  5. 屋外工事が完了したらNURO光が開通

このような5つのステップで開通することになりますが、問題なのは開通までの期間。これが予想以上に長引くことが多く、ここでショックを受ける人も少なくないです。

まず工事日程の調整までに3~4日、状況によってはそれ以上かかります。その後の宅内工事と屋外工事。

この工事はどちらもアナタの立会が必要な上、宅内工事~屋外工事まで順調でも約10日程度。

ときには

※住宅環境によっては工事調整まで30日程度いただく場合がございます。

とんでもない期間を余儀なくされてしまいます。順調に1ヶ月程度で開通される方もいれば2ヶ月先になるかもしれないため、最短でネット回線が欲しい方にはちょっと厳しいなといえるでしょう。

一方、WiMAX2+の場合

  1. WEBから申込み
  2. 最短で翌日(または翌々日)
  3. 電源オン、Wi-Fi機器にパスワード設定

以上になります!最短で2日!超速!

NURO光では必須だった…

  • 工事日程の調整
  • 自宅に工事業者が入ってくる宅内工事
  • かならず立会う屋外工事

これらの面倒な作業がいっさい不要となります。

また地味に痛いのが、引っ越しや乗り換え時の回線の撤去!

NURO光の公式ページによると

他社に乗り換える場合、地味に10,000円の撤去費用、さらに土日しか工事の立会できないよーって場合、プラスアルファで3,000円!

さらに回収されるONUホームゲートウェイが調子悪い…て場合、とりあえず11,000円払わされます。地味に解約時がお金かかるんですね!

以上をまとめると、

 ひかり回線等の固定回線WiMAXのホーム L01
サービス開始時プロバイダによっては工事に数ヶ月待ち
面倒な工事立会い
最短翌日、手元に届いた日に開通
サービス解約時解約金だけでなく、高額な配線撤去費用も更新月に解約する限り負担0円
出張や長期旅行・帰省時当然持ち運び不可手軽に持ち運び可能

NURO光とWiMAX2+回線では工事・開通までの流れにおいてこのような違いがみられました。

結果、NURO光とWiMAXはこんな人にオススメしたい!

以上をふまえた上で、各回線をオススメしたい人をかるくまとめてみます。

NURO光はこんな人におすすめ

2年契約とはいえ、工事費用の割引は30か月なので30か月以上は契約しないと損します。

また開通まで早くても1か月、それ以上かかることもある上に、工事費用・撤去費用もそれなりにかかります。

なので

  • 最低でも3年程度は他の回線に乗り換えない!
  • 持ち歩いてスマホのギガ数を節約という部分に魅力を感じない!
  • ネット回線の使いみちはおもに自宅のPCがメイン!

こんな方には快適に使って貰えるでしょう。

WiMAXはこんな人におすすめ

一方、WiMAX2+の場合

  • 自宅でもソコソコ速さも欲しいが、外出時もスマホやタブレットでサクサク動画を観たい!
  • 月額料金・2年間の実質費用は少しでも安い方が嬉しい!
  • 1か月なんて待てない!申込んだらすぐにネットしたい!

こういった場合、残念ながらNURO光では期待にこたえられません…WiMAX2+回線こそアナタの求めていたネット回線です。

まとめ

以上、ひかり回線とモバイル回線の人気プロバイダ、NURO光とWiMAXの良い部分からネガティブな部分まで徹底比較してみました。

こういったら身も蓋もありませんが、どちらを選んでもメリットとデメリットがあります。どちらが良い悪いではなく

ネット回線で自分が優先したい部分を明確にする!

ここがポイントだと思います。

どちらも年々進化しています。今年より来年と毎年コスパも上がり使い勝手もよくなってきてます。

なので今の生活のスタイルはもちろん、可能なら半年先、1年先の生活までイメージして生活にマッチしたネット回線を選んでおけば後悔しませんよ。

それでもNURO光とWiMAXを決められない…こんな場合

とはいえ、さらに迷った!とか微妙すぎて決められない!…こんな人は裏技的な方法としてブロードワイマックスというWiMAXプロバイダを選んでおくという選択肢も1つかもしれません。

ブロードワイマックスは、【wimax乗り換えキャンペーン発見!】2年以内の乗り換えなら違約金を負担するプロバイダはが調子いい!でも説明しているように、唯一、WiMAX→ひかり回線に乗り換えした場合に、違約金を負担してくれるプロバイダなんです。

なのでネット回線はすぐに欲しいけど、

2年後にどんな生活してるかわからん…もしかしたらひかり回線に乗り換えしたいかも…

こんな場合、ブロードワイマックスだったら好きなタイミングでひかり回線に乗り換えできるんでオススメです。

速度・エリアに関してはWiMAX2+回線はほぼひかり回線に追いつきつつあります。

なのでよほどのヘビーユーザーの方をのぞき、

  • 『単純に通勤・通学やデート、旅行でもサクサク動画を観たいか?』
  • 『スマホのギガ数を節約したいか?』

こんな基準で選んでもらっても大丈夫かと思います。

というわけで、当ページがアナタのネット回線選びの参考になれば幸いです!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする