【置き型Wi-Fiおすすめ2018版】ソフトバンクエアーとホーム L01Sをガチ比較した結果…

これまでポケットWi-FiやWiMAXを中心にモバイルルーターを比較してきましたが、当サイトをご覧の方から

ぶっちゃけ大げさな工事までは面倒だけど、本当はひかり回線のような固定回線が欲しい!!

先日、こんなご相談をいただきましたので、今回モバイルルーターとは微妙に使用目的ことなるホームルーターについてまとめておきます。

そこで当ページでは置型Wi-Fiが気になるアナタにむけて

  1. そもそも置型Wi-Fiってどんな商品でどんな人におすすめなの!?
  2. 今から購入するならソフトバンクエアーとWiMAXホーム L01どっちがいい!?

この2つを軸に2つの置型Wi-Fiを辛口評価していこうと思います。工事費用や引越し時の撤去費用が気になるけどネット回線を引きたい方は必見ですよ!!

モバ神がガチ比較した結論からいうと、速度・コスパで好バランスだったのはWiMAXのホーム L01S!! 以下の2社経由がおすすめじゃ!!
【2018年2月更新】今月の最安値情報
  • 高額キャッシュバックをドカンともらうならGMOとくとくBB⇨⇨⇨http://gmobb.jp/
  • とにかく月額料金を安くしたいならブロードワイマックス⇨⇨⇨https://wimax-broad.jp/

▼さらに詳しく比較したい方はこちら▼
WiMAXおすすめプロバイダの料金比較

そもそも置型Wi-Fiってどんな商品?

詳しい説明をはじめる前に

そもそも置型Wi-Fiってどんな商品!? どこで買えるの!?

こんな方もけっこう多いと思うので、置型Wi-Fiの基本情報をかるくお伝えします。

置型Wi-Fiとはいわゆる『据え置き型のWi-Fiルーター』のことで、最大の特長は、

  1. 工事不要
  2. 初期設定もシンプル
  3. 届いた即日にネット回線が使える

この3つになります。

またポケットWi-FiやWiMAXの主力商品である『モバイルルーター』に対し『ホームルーター』というカテゴリーの商品を指します。

モバイルルーターと比較して大きな違いというと

  1. サイズ感が大きめ
  2. バッテリーじゃなく100V(コンセント)が必要

という特長があります。またモバイルルーターにはLANポートが装備されていないため、有線接続するには別売りの専用クレードルが必要ですが、置型Wi-Fiなら標準装備されています。

一言でいうと100%自宅使用に特化したモバイルWi-Fiルーターなのじゃ!!

置型Wi-Fiってどんな人におすすめなの!?

中にはモバイルルーターと置型Wi-Fiでお悩み中の方もいると思うので、以下にモバイルルーターを購入すべき人、置型Wi-Fiを購入すべき人をまとめます。

一覧にしたのでご覧ください。

置き型Wi-Fiがおすすめの人 モバイルルーターがおすすめの人
  • 基本、外ではスマホ自宅のネット用でしか使わない
  • 自宅で接続するWi-Fi機器が多い
  • モバイルルーターで受信状態がイマイチだった…
  • 通勤・通学でつかうこともある
  • スマホとPC、タブレット程度しか接続しない
  • 端末はたくさんの選択肢から選びたい

このように、モバイルルーターと置型Wi-Fiでは同じ回線を利用するものの、特長も使用目的もちがいます。置型Wi-Fiの項目が自分と合っている方には非常におすすめです。

逆に『メインは固定回線のような使用目的だけど、たまには通勤・通学やデートで使いたい!!』こんな場合は置型Wi-Fiでは不可能です。

残念ながら置型Wi-Fiよりもモバイルルーター・タイプを専用クレードルとセット購入する方がアナタの目的に合っているでしょう。

【WX04のクレードルってどう?】究極ルーターWX04のクレードルの特徴と価格、おすすめ度
このページでは最新のWiMAX端末、Speed Wi-Fi NEXT WX04検討中の方に向け、専用クレードルの特徴やメリットとデメリット、専用クレードルの価格、購入前にしておきたい注意点などを詳しく調べてまとめています

ガチ比較!! ソフトバンクエアとホーム L01Sをくらべた結果…

上記の置型Wi-Fiの特長を知った上で、

やはり自分にはモバイルルーターじゃなく置型Wi-Fiが合っている!! こっちが欲しい!!

こんな方のために、今現在ゲットできる置型Wi-Fiの中でもダントツの2機種

  • ソフトバンクエアー(ソフトバンク)
  • ホーム L01S(WiMAX)

この2つを外観、速度、エリア、契約期間・解約金、価格・費用のあらゆる角度からガチ比較していこうと思います。

外観・サイズ

まず端末のデザインやサイズ感を一覧比較すると以下のようになりました。

Airターミナル2 ホーム L01S
サイズ(HxWxD) 約 208x95x95mm 約180×93×93mm
重さ 約 550g 約 450g

WiMAXのホーム L01Sの方が微妙にコンパクトかつ軽量ですが、そもそも基本的なデザインが違うため誤差のようなものです。

持ち歩く前提のモバイルルーターとちがい100グラムの重量差も大きな問題ではないでしょう。

通信方式と通信速度

ソフトバンクエアーとホーム L01Sで大きく差がでた部分がこちら。

通信方式4G方式:AXGP(2.5GHz)WiMAX 2+、au 4G LTE

Airターミナル2 ホーム L01S
通信速度 下り最大261Mbps 下り最大440Mbps
WiFiクライアント
最大接続数
64 42

使用する回線の種類が違うため、結果として下り最大で大きな速度差がでました。
逆に同時接続できるWi-Fi機器の数はソフトバンクエアーの方が圧倒的に多いようです。

ですが!!
ソフトバンクエアーとホーム L01Sでは通信制限に大きな違いがあります。

次章で詳しくお話しますが、どっちを選ぶかで購入後の満足度が大きく変わってくるので注意が必要です。

ソフトバンクエアーの通信制限は3日で10GBだけじゃない!!

ソフトバンクエアーでもWiMAXのホーム L01でも月間無制限のプランを選べば3日で10GB制限だけじゃないの!?

もしかするとご覧のアナタもこのように誤解されていませんでしたか!?

じつは表向きの通信制限は、ソフトバンクでもWiMAXで3日で10GB制限だけにみえますが、残念ながらソフトバンクエアーには独自の速度制限が存在します。

公式ページにも超目立たないように記載されているので知らない人も多いですが、しっかりとアリます!!

ソフトバンク独自の夜間に多い速度制限の詳細

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

または

特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

このように『サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります』とハッキリと記載されています。

つまり混雑具合や回線に負担がかかると判断された場合、何の前触れもなく勝手に通信制限を実施すると名言しているのです。よって

10GB突破したわけじゃないのに、なんだかソフトバンクエアーの速度が遅い…!!

こんな場合、ソフトバンク側が上記の理由から独自の通信制限を実施しているということになります。

とくに『夜間で理由もなく速度が著しく遅い!!』こんな時は独自の通信制限が実施中なのじゃ!!

エリア

では対応エリアを比較します。ソフトバンクの場合

WiMAXの場合は

という風に、ソフトバンクエアーもWiMAXのホーム L01Sもエリア的にはほぼ同じレベルでした。全国の人口カバー率99%ということで、都心部の方はエリアによる差は無いと考えてもらってかまいません。

契約期間と解約金

契約期間と解約金を一覧で比較すると以下のようになります。

Airターミナル2 ホーム L01S
月額料金 下り最大261Mbps 下り最大440Mbps
契約年数 2年 2年
端末価格 3年の分割で実質無料 完全無料

どちらも『2年契約』という風に2年縛りは一緒。

契約期間の部分は大きな差がないように感じますが、ここにソフトバンクエアーの『知られざる落とし穴』があります!!

この部分の罠にハマり、とてつもない解約金を支払うハメになった方も多いため、次章で詳しく解説しようと思います。

どゆこと!? 回線の契約期間と端末の分割払いの期間が違う!!

まず先にも述べましたようにソフトバンクエアーの回線契約は以下のとおり。普通の2年契約に違いありません。

SoftBank Airの契約期間は2年間(SoftBank Air の課金開始日の属する月を1ヵ月目として、24ヵ月目の末日まで)です。解約の申し出がない場合は、さらに2年間を契約期間として更新します。契約期間満了の月以外で解約した場合、9,500円の解除料が必要です。

この部分はネット回線としては普通で、解約金もそう高く設定されていませんね。

ですが読み進めてみると、な、なんと端末料金が3年分割なのです!!

基本料金4,880円Airターミナル賦払金※11,620円(税込)×36ヵ月月月割-1,620円(税込)×36ヵ月合計4,880円(税込 5,270円)

毎月ターミナル分割払いと同額を割引してもらえるため、たしかに3年間使用し続けると実質的に無料になります。

でも途中解約した場合、まる1年分の端末のローンが残る仕組みってけっこう酷いと思いませんか!?

結果、もし端末のローンが払いたくないならもう一回契約更新しなくてはならないため、2年契約を更新し、結果的に4年間の使用を余儀なくされます。

つまり

ソフトバンクエアーは4年間使い続けないと、思いっきり損しちゃう仕組みなのじゃ!!

この部分に気づかず、迂闊にソフトバンクエアーに手を出した結果、解約金が高くて解約もできずに我慢して使っている人も多いです。

その辺は『ソフトバンクエアー 解約金』などで検索すれば数多くのネガティブなクチコミ・レビューがあるので事前にチェックしておきましょう。

価格・費用

で、残すはご覧のアナタがもっとも気になる月額料金をふくめた価格と費用。まずソフトバンクエアーの基本的な月額料金をどうぞ。

月額料金3,880円はWiMAXと比較してもなかなか良心的な設定だといえるでしょう。

一方、面倒なキャッシュバックを廃止し月額料金から割引するプロバイダ…Broad WiMAX(ブロードワイマックス)経由でホーム L01を契約すると

これがギガ放題プランを選んだ場合の月額料金です。2年契約だったら初月~2か月間は2,726円で契約期間が終わるまで3,411円ですね。

25か月目から高額な料金設定のソフトバンクエアー!!

ただソフトバンクエアーの場合、月額料金の面でも落とし穴があります!!それが

25か月目からめっちゃ月額料金が上がるやん!!

という罠。公式ページにも小さく目立たないように記載されています。

課金開始月を1ヵ月目として24ヵ月目までの月額利用料金です。25ヵ月目以降はキャンペーン特典の適用は終了になり、月額基本料金は分割払いでご利用の場合4,880円、レンタルでご利用の場合5,370円になります。

先に述べましたように、ターミナルの分割支払いが残るため、実際に2年間で解約することは厳しいのですが、契約更新した直後から月額料金がグンと上げてきます。

結果、25か月目~48ヶ月目までの約2年間、毎月4,880円という高額な月額料金を払い続けるか、諦めて高額な解約金を払って解約するかの二択しかありません。

こんな人はソフトバンクエアー!!あんな人はホーム L01!!

ここまでの結論をまとめると、ソフトバンクエアーとホーム L01を比較した場合

  1. 2年契約も可能
  2. 月額料金も約400円ほど安い
  3. 端末価格が完全に無料(分割もなし)

すべての面でWiMAXのホーム L01Sの方が優れていることがハッキリしてきました。またおすすめのユーザーさんを絞るとすれば

ソフトバンクエアーがおすすめの人 ホーム L01(S)がおすすめの人
  • スマホがソフトバンク
  • 最低でも4年は使い続ける
  • WiMAXのエリア判定で×だった
  • 2年ごとにお得に乗り換えたい
  • 月額料金は少しでも安いと嬉しい
  • 下り最大速度にこだわる

こういった項目にピンときた方を選んだもらえば失敗しないと思います!!

まとめ

以上、『置き型Wi-Fiって何!?』という初歩的な部分からはじまり、置き型Wi-Fiがおすすめの人、そうでない人。さらに置き型Wi-Fiの中でも人気を二分する2つの端末をガチ比較してきました。

じつは今回、ソフトバンクエアーの契約内容についてはモバ神自信も見落としていた部分もあり、

テレビCMにもあれだけ広告費をバラまいているだけあって、あの手この手で罠を仕掛けてユーザーを囲い込むのに必死!!

これがモバ神の素直な感想です。

ブランドイメージというか単純にソフトバンクが好きとか、すでにソフトバンクのスマホを使っている方はソフトバンクエアーもいいでしょうが、冷静にくらべるならWiMAXがお得でした。

というわけで当ページが置き型Wi-Fi検討中の皆さんのお役に立てれば幸いです!! ※中でも2年契約でホーム L01Sを購入するなら以下の2社がおすすめです。

【2018年2月更新】今月の最安値情報
  • 高額キャッシュバックをドカンともらうならGMOとくとくBB⇨⇨⇨http://gmobb.jp/
  • とにかく月額料金を安くしたいならブロードワイマックス⇨⇨⇨https://wimax-broad.jp/

▼さらに詳しく比較したい方はこちら▼
WiMAXおすすめプロバイダの料金比較

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする