【WiMAXプランおすすめ】最初にギガ放題プランを選ぶべき理由

もしかしたら、WiMAX回線に契約するって部分まではすんなり決まったものの

いざ申込みという段階で

  • ギガ放題プランとフラットプランのどっちがいいんかなぁ?
  • そんなにギガを消費しない自分の場合、ギガ放題プランは損するんちゃうの?

こんな風にWiMAX回線のプラン選びで地味に迷って情報を探していませんか?

基本、UQ WiMAXが管理するWiMAX回線の場合、どのプロバイダを選んでもギガ放題プランと通常プランのどちらかを選ばなければ先に進めません。

これ、初めてWiMAX回線を利用される方の大半が少なからず悩う部分なんです。

そこで当ページでは、ギガ放題プランと7GB制限の通常プランの違い選ぶ時の注意点結局はどちらのプランがオススメなのか?

という部分を具体的にわかりやすくまとめました。

結論からいいますと、少しでも迷ったらとりあえず何も考えずにギガ放題プランを選んじゃいましょう!

細かい理由は以下で説明しますが、最初にギガ放題プランを選んだところで無駄な出費になることはありません!

じっくりとギガ放題プランを利用しながら様子をみてもじゅうぶんに間に合うので迷ったらとりあえずギガ放題! とりあえずこんな方向でOKっす!

WiMAXのギガ放題プランと7GB制限の通常プランとは

当ページを見てくれているということは、ほぼWiMAXに申し込むのは決めているって方ですよね?

ならば2つの料金プランが用意されていることはすでにご存知ですね。プラン名はいろいろですが、どのプロバイダを利用しても以下のような2つのプランがあります。

ちなみに、全WiMAXユーザーさんの約8割の方が、実質月間のデータ通信量が無制限に近い、ギガ放題プランを選んでいます。

ではギガ放題プランと通常プランの違いを細かくみていきましょう!

ギガ放題プランと通常プランの速度とエリア比較

まず大前提として!

こういった基本的な部分はどっちのプランでも同じです。

WiMAX回線はすべてUQ WiMAXが管理したWiMAX、WiMAX2+回線を借り受けて各プロバイダが利用しているため、エリア・速度・契約期間という部分はどのプロバイダも同じ。

イメージとしてはこんな感じです。

なのでプロバイダが違っても料金プランが違っても、まったく同じサービス。最近さらに進化して、もう他のモバイルWi-Fiを圧倒しています・・・爆速

結果、速度やエリアという側面では、どちらでも満足してもらえるはずです。

じゃあギガ放題プランと通常プラン何がどう違うの?

ではギガ放題プランと通常プラン、主にどんな部分が違うのか?といいますと、大きく以下の部分に違いがあります。

  1. 月額料金(通常プランが約6~700円安い)
  2. 月間のデータ通信量

上記の①については、公式サイトで明確に記載されています。すでにご存知ですね?

でネックとなるのは②でして、この部分がちょっぴり分かりにくい部分もあります。

可能なかぎりわかりやすく説明しますので、順にみていきましょう。

1.月額料金の違い

まずは参考までに、本家UQ WiMAXさんの公式サイトをみてみましょう。

UQ WiMAXさんのギガ放題プランがこちら。

こういった自宅の固定回線として!とか、職場や学校でもサクサク動画を観たい!という方に向けたサービスがこちら。

月額料金は4,380円という設定となります。

一方、UQ WiMAXさんの通常プランの場合はこちら。

といった具合でギガ放題プランより約700円ほど低価格な3,696円という設定。

どのプロバイダを利用しても契約期間は2年。結果、2年間で約15,000円ほど節約できる計算ですね。

たしかに1円でも安い方が嬉しい!って人も多いです。そんな方にとって通常プランも嬉しいサービスなんですね。

2.月間のデータ通信量の違い

では両プランの差額、700円はどういった理由で違うのか?

といいますと、これ単純に月間で利用できるデータ通信量の違いなんですね。

具体的に違いをみてみましょう!

という感じで、通常プランは月間に7GBまで。ギガ放題プランなら3日で10GB制限はあるものの、月間のデータ通信量は実質無制限となってます。

通常プランの7GB制限、具体的にどれだけのデータ通信量なの?

そんな月額料金と月間データ通信量の違う、ギガ放題プランと通常プラン。

どちらを選べばいいのか・・・と悩んだ場合、ネックになってくるのは

『自分は月間7GB以上使ってしまうのか?』

という部分。

そもそも7GBを絶対に超えない人なら、通常プランでまったく問題ありません。

そこで、通常プランで制限がかかる7GBとはどれほどのデータ通信量なのかわかりやすくお伝えします。

いったい7GBでどれくらいの通信ができるのか、早速みてみましょう。

といった状況でして、標準レベルの動画視聴の場合、1日約1時間程度。

最近のデータ通信量の大きなゲームアプリやPS4の通信ゲームとか、もう完璧アウト・・・レッドカードで一発退場ですよ。

あくまでも格安シム運用のスマホのギガ数を補うために、外出時のみWiMAX回線を利用したい、それもネット閲覧やメールが中心・・・という人はいいでしょう。

ただ普通のユーザーさんの場合、かなり厳しいと思いますよ。

自宅でもPCやタブレット等で利用される方、ハッキリいってギガ放題プランを選んでおかないとかなりヤバい状況が予想されます。

参考までにギガ放題プランだとどんだけ使えるの?

一方、2017年2月以前までは、3日で3GBという微妙な通信制限だったWiMAXですが、この度、3日で10GBと大幅に通信制限が緩和されたんです!

ありがとうUQ WiMAX! ありがとうWiMAX!

結果、こんな感じで通信量だけじゃなく、規制される期間もだいぶゆる~くなっちゃいました!

まあ普通のユーザーさんの場合、そう簡単に速度制限となりませんが、万が一、規制が入った場合でも翌18時~深夜2時までの混み合う時間帯のみ、1Mbpsという規制。

そもそも翌18時~深夜2時を避ければ、一切規制もかかりませんし、仮に規制がかかってもYouTube動画はなんとか視聴できるレベル。

上手く1日3GB程度でおさえることで、こんな感じで月間100GB以上使えるんですよ!

じっさい、こういった感じで2日で7GBとか突破しちゃう人も多いって部分を考えたら、通常プランを選ぶのがどんなに無謀かお分かりですね。

ギガ放題プランと通常プランの違い 通信制限(速度制限)で規制された場合

ここまで料金設定の違い、月間のデータ通信量の違いをお伝えしました。

ですが!

ギガ放題プランと通常プランの違いでもっとも気をつけておきたい部分を忘れてました!!

そうです。万が一通信制限(速度制限)に引っかかってしまった場合の速度の違いです。

ちなみにギガ放題プランで3日で10GB制限に引っかかってしまった場合・・・

という感じで1Mbpsに規制されます。

まあYouTube動画がなんとか視聴できるレベル、ネット閲覧ならサクサクとはいえないけれども普通にできるレベルですね。

ですが一方!

通常プランを選んで月間7GBを超えた場合・・・

当月の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が7GBを超えた場合に、当月末までの「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度を送受信最大128kbpsに制限します(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます)。

UQwimax公式サイト  http://www.uqwimax.jp/plan/wimax.html

通信速度を送受信最大128kbpsに制限します・・・

最大128kbpsに制限します・・・

128kbpsなんです!!

このご時世、128kbpsじゃ何もできません。もう終了ですね。

ちなみにWiMAXの場合、大手キャリアと違って追加料金を支払ってギガを追加するような救済措置はありません。

規制がかかったら最後、来月頭までネット圏外です。

ギガ放題プランとくらべて天と地ほど差がありますね。128kbpsとかもう拷問クラスですよ!

128kbpsのイメージ↓

マジで大袈裟じゃなくこんな状態です。アナタは耐えられますか?

ちなみに128kbpsがイメージできない人のために、分かりにくい動画をみつけたので貼っておきますね。

ギガ放題プランと通常プランの比較まとめ

というわけでギガ放題プランと通常プランの違いをできる限り詳しくまとめました。

わかりやすく表にしますと

比較内容通常プランギガ放題
月額料金3,696円4,380円
月の通信容量7GB100GB
通信制限時の速度128Kbps1Mbps

という部分が大きな違いですね。

悪いことは言いません。1%でも7GBを超える可能性のある人は、下手に勝負しないで無難にギガ放題プランを選んでおきましょう。

またギガ放題プランを選んでおくべき最大の理由は、以下のキャンペーンによる部分も大きいです。

最初の3ヶ月間はギガ放題プランを通常プランの料金で利用できる…だから利用しないと損!

現在、どのプロバイダでもギガ放題プランの素晴らしさを知ってもらうために、

初月~2カ月(UQ WiMAXは3カ月)は通常プランの料金でギガ放題プランを利用できる!

という割引サービスを採用しています。GMOとくとくBBの場合こんな感じ↓

なので迷う余地ないんです。

とりあえずギガ放題プランを2か月間でも利用し、確実に7GB以内という方は、割引期間中に通常プランにプラン変更を!

こりゃ最高だわーと感じた場合、そのままギガ放題プランを継続すれば良いだけの話なんです。

【まとめ】使く目的から料金プランを選んでみよう!

以上、ギガ放題プランと7GB制限の通常プランについてお伝えしました。

結論としてまとめますと、大部分の人ならギガ放題プランが圧倒的におすすめですが、とくに

  • 自宅も外出中もWiMAX一本でいきたい!
  • YouTube動画を多少でも観る
  • 自分以外の家族もWiMAX回線を利用する
  • PS4など通信型のゲーム端末でもWiMAX

といったユーザーさんなら迷わずギガ放題プラン。

たった700円の違いで100GB以上も利用できるWiMAX、絶対にギガ放題プランを利用しなきゃ損ですよ!損!

国内のどこのキャリアと比較しても、4,000円程度で月間100GB以上も使うことのできる回線はありません!ぜひギガ放題の快適さを体感しちゃってください!

逆に

  • YouTube動画は観ない!ネットサービスやメールのみ!
  • 格安シムのギガを節約できれば・・・という目的でWiMAXを利用する
  • 自宅にはひかり回線があるので、基本、外出時のモバイルWi-Fi専用!

といった目的でWiMAX回線を利用する方。こんな人なら7GB制限の通常プランでもまず大丈夫だといえるでしょう。

とりあえず通常プランを利用。

もし使用目的が変われば、必要に応じていつでもプラン変更は可能です。こういった柔軟な部分もWiMAXのメリットなんです。

最後に…プロバイダ選びは大切っす!

料金プラン選びの悩みが解決したところで、もっと大きな問題といえば・・・

そう、プロバイダ選び!

ここは料金プラン以上にお財布事情を左右します!

速度・エリア・サービス内容がまったく同じWiMAX回線だけに、選ぶポイントは、純粋にキャッシュバック金額や2年間使った場合のトータル金額などで選ぶのが鉄板です。

ちなみにどんなプロバイダが安くてオトクなのかといいますと、2017年現在の状況だと

タイプ別のおすすめプロバイダ3社+1

  1. 『とにかく金額が重要!CB受取の手続きは自信あり!』
    →GMOとくとくBB 公式サイト http://gmobb.jp/
  2. 『難しいCBの手続きとか無理!確実にもらえる月額割が嬉しい』
    →ブロードワイマックス 公式サイト https://wimax-broad.jp/
  3. 『多少の手続きならOK!キャッシュバックもそこそこ欲しい!』
    →@nifty 公式サイト http://setsuzoku.nifty.com/wimax/
    →ビッグローブ 公式サイト http://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

という状態でして、微妙におすすめタイプが違うものの、上記の4プロバイダがいい感じに安いって思います!

じっさい、この4社から選んでおけば2年後に後悔することないんかなーと感じてます。

WiMAX回線を一回でも利用してもらえば納得だと思いますが、自宅でも外出時でも本当に便利でサクサクです。

なので2年以内に止める理由もまず無いって思いますが、もし解約する場合に解約金はどうか?とかキャッシュバックはいつ頃もらえるのか?

という部分までしっかり比較して、自分の性格に合ったプロバイダを選んでおくのが失敗しないポイントかなぁと思います。

もう料金プランの悩みは解決しましたね?

ということで、あとはじっくり上記のプロバイダを比較して、ガッチリお得な会社から申し込んで、快適なWiMAX生活を始めてください!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする