【WiMAX制限無し!】通信速度の無制限はムリでも最大限に使うならコレ!

『次は自宅のネット環境と外出時のスマホのギガを節約できるモバイルWi-Fiにしよっかなー』

とモバイルルーターが気になるものの

  • WiMAXなどのモバイルルーターって通信速度の制限があるからキツイんじゃないの?
  • もしWiMAXとかで通信速度制限に引っかかった場合、どんな状態になるんかな~
  • そもそもWiMAXで速度制限無し、ギガ数が無制限のプランてあるんかな?

こんな部分が引っかかって、WiMAXのギガ制限や無制限プランについて、ネットで調べていませんでしたか?

だとしたら当ページでバッチリです!

WiMAXの速度制限や無制限プランの有無が気になっている…そんなアナタにむけ、当ページで通信速度制限や無制限プランの有無についてまとめておきました。

さっそく結論からお伝えしますと

残念ながらWiMAXをふくむあらゆるモバイルWi-Fi回線、すべてのプランにおいて速度制限は必ず設定されていました!

完全な無制限というモバイル回線は無し! ありませんでした!

ただ速度制限やギガ制限にも種類がいろいろあって、もっともユルいWiMAXのギガ放題プランであれば、月間100GB以上も使えるため、ほぼ無制限プランといってもいいです。

さらにもう1つハッキリわかったことをお伝えすると

『速度制限無し!』『無制限プランでモバイルルーターを利用したい!』

こんな人にとって現時点でもっともオススメなのはWiMAXのギガ放題プランの一択という結論に達しました。

以下で詳しく理由をお伝えしています。さっそくみていきましょう!

速度制限無し・無制限プランにもっとも近いのはギガ放題です!

もう一度お伝えしておきますが、現在、モバイルルーターにおいて完全に無制限、速度制限無しで利用できる回線は残念ながらありません。

とはいえ料金プランによっては、ほぼ無制限プラン・ほぼ速度制限無しという環境で利用することは十分に可能で、ちょっとした注意点を守れば使い放題に近いんです。

では選ぶべき回線と料金プラン、そしてちょっとした注意点を順にみていきましょう。

WiMAXの場合

たとえばWiMAXの場合、UQ WiMAXを例にあげるなら、UQ Flatツープラス ギガ放題というプラン。

UQ WiMAXだけでなく、どのプロバイダ経由でも同じようなプランがかならず用意されていますが、ギガ放題プランを選んだ場合、

という風に月間7GBの制限はいっさいありません。上手く利用すれば100GB以上も制限なく利用できるんですね。

ポケットWi-Fi(ワイモバイル)の場合

一方、WiMAXの競合ともいえるポケットWi-Fi(ワイモバイル)をみてみましょう。

ポケットWi-Fi(ワイモバイル)の場合、ギガ放題プランに相当するのがこちら

料金的にはUQ WiMAXのギガ放題プランと同額です。また通信制限についても同じように月間のデータ通信量は無制限です。

という感じでほぼ条件としてはWiMAXと同じ。

つまりWiMAXのギガ放題プラン、ポケットWi-Fi(ワイモバイル)のPocket WiFi プランL。この辺りであれば月間のデータ通信量は無制限、制限無しで利用できることになります。

というわけで、無制限に近い状態、ほぼ速度制限無しでモバイルルーターを利用したいなら、

『ポケットWi-Fi(ワイモバイル)ならばPocket WiFi プランL』

こういった月間データ通信量制限の無いプラン

まずはこういった料金プランを選んでおくのが大前提となってきます。

じっさいにユーザーさんの約8割以上はギガ放題プランを選んでいますし、初月~2,3ヶ月は通常プラン料金で利用できるため、まずギガ放題プランを選んでおくのがおすすめします!

無制限に使い続けるための条件その1 3日で10GB!

ではギガ放題プランやPocket WiFi プランLを選んでおけば、まったくデータ通信量を気にせず、無制限に使い続けられるのか…というと実はそうでもないんです。

月間の通信量が~GBというものと違い、直近の3日間の使用量という部分で通信制限が用意されています。

以下をご覧ください。

このようにオレンジ色の部分。ごく一部のヘビーユーザーさんが大量にデータ通信を行うことで回線が混み合い、全利用者の通信速度が遅くなってしまうことを考慮し、

3日で10GBを超えた場合、翌日の一定時間だけ速度制限を行っています。

こういった感じで、前日までの3日で合計10GBに達した場合、翌日の18時~深夜2時(回線が混み合う時間帯)に限って1Mbpsまで速度が規制されます。

なので1日平均で3.3GBくらいを目安、または1日で4~5GBも利用してしまった場合、その前後は派手に使わない…といった工夫が必要なんですね。

ちなみに10GBの目安はこれくらいです

ちなみに3日で利用できる10GB…ピンとこない人も多いと思いますが、ざっくりとYouTube動画で換算するとこういった感じ。

つまり1日15時間(標準画質)以上観ても大丈夫というレベル。まず普通の方が簡単に突破する速度制限じゃないってことです。

また最近話題のスマホの格安シム。ちなみにマイネオの各プランはこんな感じ。↓

容量auプランドコモプラン
SIMタイプデータSIM通話SIMデータSIM 通話SIM
500MB700円1,310円820円
(SMS無し700円)
1,400円
1GB800円1,410円920円
(SMS無し800円)
1,500円
3GB900円1,510円 1,020円
(SMS無し900円)
1,600円
5GB1,580円2,190円 1,700円
(SMS無し1,580円)
2,280円

利用者の中には3GB/月あたりのコスパの良いプランを選んでる人も多いですね。そういった格安シムの3GB/月プランのデータ通信量を1日で使い切ってもさらに余裕があるのが3日で10GBなんです!

スマホの1か月分を1日で使い切れるか?

というと、3日で10GBがどれだけ余裕のデータ通信量か理解できるんじゃないでしょうか!

無制限に使い続けるための条件その2 すべての電波が無制限じゃない!

もう一つ!

ギガ放題プランやPocket WiFi プランLを利用するときに、ネックとなるのが

モバイル回線の利用可能な電波はいくつか用意されているものの

『すべての電波が無制限に使えるわけではない!』

という部分。

ここを勘違いするとエライ目に遭います。

通常、WiMAXの場合、最新端末ならWiMAX2+とau4G LTEが利用できます。

普通にWiMAX2+の電波はサクサクで高速通信なんですが、電波の周波数帯の都合で、山間部(山奥)やビルの密集した地域なんかじゃ届きにくいケースもあります。

WiMAXの2.5GHzは高速通信にピッタリな反面、LTE(プラチナバンド)のようなビルを回り込むのが苦手なんですね。

そんなWiMAXの弱点といえる部分をカバーする電波として、au4G LTEも使えるよーという感じでモード選択できるのですが、

ひとたびau4G LTEを使えばギガ放題プランでも7GB制限の対応となります。

同じく、Pocket WiFi (ワイモバイル)だったら、AXGPという電波のみ無制限に利用できますが、LTEに関しては7GB制限で超過した場合、500MBごとに500円の追加料金が必要となります。

というわけで、ここまでをまとめると、無制限に近い状態、速度制限無しで利用するには…

  1. 月間データ通信量の制限の無いプラン(ギガ放題プラン、Pocket WiFi プランL)を選ぶ
  2. LTEを利用せずWiMAX2+やAXGPだけで利用する

という2つの注意点を忘れずに申し込んでおきましょう。

ちなみに3日で10GBの制限期間の速度は

1Mbps

これ、サクサクとはいえませんが、かろうじて標準画質のYouTube動画がみれるかなーというレベル。普通にネットサーフィンくらいはまず大丈夫。

それに引きかえ

ハイスピードプラスエリア・モードにてLTEを7GB超過した場合

128Kbps

これがどれだけ遅いのかというと、もう大昔のネット回線のように普通のウエブサイトを表示するのもカクカクと30秒~1分かかるレベルです。

もう動画どころかメールの送受信すら怪しいレベル。残念ながら翌月まで速度制限は続くのでほぼ終了ですよ終了……。

なので無制限に近い状態で使いたいって人は、

7GB制限のリスクを下げるためにも、多少の電波の悪いエリアでも、なるべくモバイルルーターの端末でいちいちモード変更をしないこと!

潔く、最初からLTEに非対応の端末を選んでおくぐらいでもいいって思います。

※今売れているWiMAXのLTE非対応モデルは以下のページを!

【WX03とW04比較】4つの大きな違いを比べたらオススメ端末がハッキリした!
当ページではWiMAX端末で人気2機種、WX03とW04を徹底分析し、違いを比較しておすすめ端末を提案しています

速度制限無し!無制限に使える!現状でもっとも近いのはWiMAXだった!

以上、モバイルルーターを速度制限無し、無制限に近い感じで使いたいという人が選ぶべきプランと注意点がわかってもらえましたね。

しっかりポイントをおさえれば、実質的に無制限状態でガシガシ高速通信できますよ!

で問題は

WiMAXのギガ放題プランと、ポケットWi-Fi(ワイモバイル)だったら、どっちが快適にサクサク使えるんかなー

ここ!

この部分ですね!気になりますよね?

じっさいWiMAXとポケットWi-Fiを二つとも利用している人ってあまりいませんし、ましてや身の回りにいるとか普通ありませんね。

そこで職場と自宅でどちらも利用している僕がハッキリお伝えしますと…

現時点で申し込むべき回線は間違いなくWiMAX!!

この辺り、かなり自信あります。

以下のポイントを比較して、どう考えてもWiMAXがお得かつ、使い勝手がいいという結論に達しました。

  1. ギガ制限無しで利用できる電波のエリアが広い!
  2. 速度がずば抜けている!
  3. おまけに料金設定が良心的!

比較したポイントを詳しくみていきましょう!(※プロバイダ比較は以下のページをご利用ください)

WiMAXおすすめのプロバイダはココ!絶対に損しないWiMAXプロバイダランキング
他のモバイル回線とくらべ、断トツに速くてエリアもグングン拡大中のワイマックス! 使い勝手とお手頃価格からワイマックスを選ぶ人が急増中…...

ギガ制限無しで利用できる電波のエリアが広い!

まずはWiMAXのギガ放題プランで無制限に使えるWiMAX2+の対応エリアと、ポケットWi-FiのAXGPの対応エリアをみてみましょう。

WiMAX2+はこちら

AXGPはこちら

なんとなく同じようなエリアに見えますが、細かく比較するとWiMAX2+対応エリアの方が明らかに広いんですね。

また先日、30,000基地局も達成し今後もガンガン基地局やアンテナを増やし続けています。

この1~2年でさらに差が広がるかもしれません。

速度がずば抜けている!

エリア以上にWiMAXとポケットWi-Fiの差が歴然なのが通信速度!

以下のように最新のキャリア・アグリゲーション等の技術によって、下り最大440MbpsというMbpsという速度が一部の都心だけでなく全国対応なんです!

電波の種類LTE
AXGP
WiMAX 2+
au 4G LTE
速度(下り最大)AXGP→261Mbps
LTE→187.5Mbps
WiMAX2+→440Mbps
4G LTE→225Mbps
速度制限Pocket WiFi プランLのAXGPのみ無制限
※他7GB/月
ギガ放題プランのWiMAX 2+のみ無制限
※他7GB/月

料金も同じレベルで速度が倍近くも違う…体感できるかは別として、速度が半分程度のポケットWi-Fiにわざわざ申し込む理由が見つからない…誰でもそう思いますよね?

おまけに料金設定が良心的!

ちなみにWiMAXのギガ放題プランとポケットWi-FiのPocket WiFi プランL、料金を比較してみるとこんな感じ。

プラン名Pocket WiFi プランLPocket WiFi プラン2UQ Flatツープラス ギガ放題UQ Flatツープラス
月額料金4,380円3,696円4,380円3,696円
初期費用3,000円3,000円
違約金更新月以外の解約だと一律9,500円更新月以外の解約時
1~13ヶ月目:19,000円
14~25ヶ月目:14,000円
27ヶ月目以降:9,500円
更新月以外の解約だと一律9,500円
契約期間3年
※契約期間無しの場合5,696円と9,184円
2年

比較表をみる限り、月額料金は同レベル。

ですが解約金がポケットWi-Fiの方が安い反面、契約年数はWiMAXの2年に対してポケットWi-Fiは3年。

ポケットWi-Fiの場合、いくら高額なキャッシュバックやキャンペーンを利用しても、3年はどこにも動けません。

WiMAXで2年毎にプロバイダを乗り換えて安く利用するのに比べ、かなり1年単位の実質料金は割高になってきます。

また3年以内にお得なモバイル回線やサービスが登場しても、最低3年間、更新月を忘れたら6年間も残り続けなければ高額な解約金が生じます。

よって月額料金は同じようでもWiMAXの方が良心的…そしてコスパが高く月額料金が低くおさえられるんです!

【まとめ】無制限に使いたい!速度制限の無いプランがいい!という人はこれ!

以上、速度制限や通信制限を気にせずガンガンにモバイル回線を使い倒したい…という方が申し込むべきモバイルWi-Fiをお伝えしました。

結果として

  • 完全な無制限ではないが、WiMAXのギガ放題プランなら実質上、無制限に使える(100GB以上も可能)
  • モバイル回線の速度・エリア・料金やコスパをみるとWiMAXが一歩リードしている

という結論に達しました。

また長期間にわたって両方を使い続けている僕も、WiMAXの方がイイ感じにサクサク速くて、料金もかなり安くおさまっています。

毎月の違いが1000円弱だとしても、2年で2万円くらい普通に違ってきますからね…。僕にはけっこう大きいっす!!

どこから申し込めば安いの?

最後にWiMAXのプロバイダについても駆け足でお伝えしますね。

まず!

こういう感じで、WiMAXはどのプロバイダから申し込んでも同じ回線を利用します。

よってエリアも速度もいっさい違いはありません…つまりプロバイダは回線への入り口というぁ窓口に過ぎないんですね。

ただプロバイダによって2年間の実質料金がまーったく違うんです。サービス内容が同じなのに2年で3万4万も違いがでてくるんです!

だから少しでもお得なプロバイダ経由で申し込むのが鉄則で、ブランドイメージやCMで頻繁にみるから…という選び方は絶対に失敗します。

単純に2年間の実質料金が高いか安いか…という部分で選んでガンガン使い倒しちゃうのがお得なWiMAX選びなのです。

そこでオススメのプロバイダを二つご紹介しておきますね!

とにかく最安のプロバイダを利用したいって人なら

ちなみに!

2017年現在、純粋に料金が最安って部分ならGMOのとくとくBB。たぶん、3万超えのキャッシュバックが可能なのはとくとくBBだけだと思います。

※以下の公式ページ経由だと最高額のキャッシュバック適用となります。

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/

毎月が安いのが嬉しいって人なら

またキャッシュバック設定なし!毎月の月額料金を割り引いてくれるため、月々の支払いが最安で利用できるプロバイダなら間違いなくBroad WiMAX(ブロードワイマックス)!

※以下の公式ページ経由だと最高額のキャッシュバック適用となります。

▼こちらの公式サイトが現在の最安申込みページです▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

他にもBIGLOBE(ビッグローブ)や@nifty(ニフティ)、So-net等、おすすめのプロバイダもありますが、もし特定のプロバイダが好きだとかないなら上記の2つから選んでおけば間違いないっす!

いずれにせよどのプロバイダ経由でも、ギガ放題プランを選んでおけばほぼ無制限に近い状態で毎日動画やゲームがいい感じに使えます。

以下のページでも各プロバイダを比較しておすすめ度なんかもまとめています。

WiMAXおすすめのプロバイダはココ!絶対に損しないWiMAXプロバイダランキング
他のモバイル回線とくらべ、断トツに速くてエリアもグングン拡大中のワイマックス! 使い勝手とお手頃価格からワイマックスを選ぶ人が急増中…...

プロバイダは一度決めたら2年間のお付き合いです。2年後も『あ、ここで良かったわ』といえるような自分に合ったプロバイダをしっかり選んでおきましょう!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする