【wimax契約期間】申込み前に確認したいWiMAXの契約期間と最低利用期間まとめ

今の時代、スマホやインターネット関連の契約はもちろん、ウォーターサーバーの契約でさえ【契約期間】や【最低利用期間】というものが存在します。

もちろんWiMAX2+においても契約期間があり、他のサービス同様、契約期間内に解約(サービスの中止)をすれば違約金(契約解除費用)が発生します。

このページをご覧のアナタもきっと

WiMAXに加入した場合、契約期間や最低利用期間はどのくらいなんかな?

このように考えてネット検索して調べていたんじゃないでしょうか?

ここではWiMAX回線の基本的な契約期間や最低利用期間の情報、プロバイダによって契約期間が違うという事実。さらに契約期間が気になる人が選ぶべきプロバイダも内緒でお教えします。

結論からいうと、2年後、3年後にWiMAX回線が必要なのか微妙という人は、乗り換え時に違約金を負担してくれるプロバイダがオススメでした!

▼1年後のキャッシュバックより月額割引・違約金なしならココ▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

2年?3年?WiMAXの契約期間って何年なの?

まず大前提として、WiMAX回線の場合どこのプロバイダを選んだとしても、特別な記載の無い場合は2年契約と考えてもらってかまいません。

DoCoMoやau、ソフトバンクなどの大手キャリアなども基本は2年契約です。そもそもインターネット関連の契約は基本が2年契約になっています。

ただ例外的に3年契約、中には4年契約を用意しているプロバイダもあるので、ちょっぴり注意が必要です。

以下で詳しく解説していますのでみていきましょう!

UQ WiMAXの契約期間は3年どころか4年契約もある!

そもそも2年間の契約期間(最低利用期間)は、『この期間は最低限、ウチのサービスを利用してくださいね』という、ユーザーさんの囲い込み作戦のようなもの。

高額キャッシュバックを払うプロバイダ側からすれば、これくらいは利用してもらわないと利益が見込めず、下手すれば赤字になります。

裏を返せば、プロバイダとしてはユーザーさんが2年目以降も残ってもらえれば、それ以降はずっと利益が見込めます。そこで昨今、WiMAX業界でも契約期間が伸ばす方向に動いているようです。

たとえば本家WiMAXのUQ WiMAXさんの場合

<UQ Flatツープラス(2年)/UQ Flatツープラス ギガ放題(2年)の場合
課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヶ月間が契約期間となります。(25ヶ月目を「契約満了月」といいます。)

<UQ Flatツープラス(3年)/UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)の場合
課金開始日を含む月を1ヶ月目として、37ヶ月間が契約期間となります。(37ヶ月目を「契約満了月」といいます。)

<UQ Flatツープラス(4年)の場合
課金開始日を含む月を1ヶ月目として、49ヶ月間が契約期間となります。(49ヶ月目を「契約満了月」といいます。)

UQ WiMAX

このように2年後に他のプロバイダに顧客が流出するのを恐れ、3年、4年と長期プランを用意し、長期プラン契約者には『au 4G LTEが無料』など特典を用意して長期的な囲い込みを始めています。

この流れが進めば、近い将来、WiMAXの契約期間の中心は3年契約や4年契約となる可能性もあるでしょう。

とはいえWiMAXのコスパを決めるのはあくまで

契約期間÷トータル費用=実質費用

特典につられて長期プランを選ぶと、最終的な実質費用が高くなるパターンも多く、たいていは2年の契約で更新月に他の高額キャッシュバックを用意したプロバイダに乗り換えるのが賢い選択といえるでしょう。

【要確認!】WiMAX回線の契約期間の調べ方

ここまでは『これからWiMAX2+に申し込む方』へ向けてWiMAX回線の契約期間をお伝えしました。

ここからは、すでにWiMAX2+を利用中で

いつ頃WiMAXに加入したのか覚えてない…どうやって調べるの?

という方にむけ、WiMAXの加入日や契約期間の調べ方についてお伝えします。

自分がWiMAXに申込みした日、契約期間を調べる方法としては

  1. 契約時に送付された登録証
  2. ウェブ上のマイページから確認

この2つになります。

手元に契約時にプロバイダから届いたご利用ガイドブックや登録証がある場合、登録証をみていただければ、申込み日(入会日など)の記載や契約年数の記載があるかと思います。

ちなみにGMOとくとくBBの場合、ご覧のような重要な情報が記載された登録証が加入時に送付されます。

書類関係が手元にない場合

ただ書類関係が手元にない、どこに保管したか覚えていない…こんな場合、ウェブ上から加入プロバイダのマイページにログインしてもらえば確実に契約年数などの情報にアクセスできます。

トップページの下部左に会員サポートいうバナーがあるのでクリックしてください。

すると会員専用の『GMOとくとくBB会員サポート』というページに切り替わります。

ログインボタンをクリックしてアナタの情報を入力すると

このように『現在ご利用中のサービス確認』ボタンが左上にあるので選択してください。

すると

アナタがご利用中のサービス名称と契約更新月が確認できます。もし解約する場合、ここに記載されている更新月に手続きしないと違約金を払うことになるのでご注意ください。

もし不安な方はこのページをスクリーンショットして保管するか、スマホのリマインダー機能などに登録しておいた方がいいですね。

また上の画像の右にある『こちら』という部分をクリックすれば、

このような『契約内容のご案内』というPDFファイルをダウンロードできます。こちらには申込日もしっかり記載されているので合わせてご確認ください。

契約期間なしのプロバイダってあるの?

プロバイダによって契約期間もマチマチな上に、違約金を払わずに済む申込み~更新月の計算もバラバラなWiMAXのプロバイダ。

できれば煩わしい契約期間のないプロバイダに加入したい!

と考える人もいるのではないでしょうか。

しかし現実的には契約期間がなく、いつでも解約自由というプロバイダは残念ながら一社も存在しません。

というのもWiMAX回線を管理しているUQ コミュニケーションズが、事実上、料金プランや速度制限などのWiMAX契約の重要な部分を取り仕切っています。

よって各プロバイダは、キャッシュバック金額などは決められるものの、契約期間などは自由に決めることができないのです。

ですがご安心下さい!

契約期間がないプロバイダとは微妙にニュアンスが異なりますが、好きなタイミングで解約しても違約金が生じない(負担してもらえる)プロバイダもあるにはありました。せっかくなのでご紹介しておきます。

解約しても違約金が生じないプロバイダはココ

管理人が20社以上あるWiMAXのプロバイダの違約金(解約費用)に関する文言を読み漁り、結果として契約期間内に解約しても違約金が不要なプロバイダは

スバリ、ブロードワイマックスだけでした!

正確にいうと違約金が無いわけでなく、

ブロードワイマックスが指定したネット回線に乗り換えた場合のみ、違約金をブロードワイマックスが負担してくれる

というご満足保証というサービスです。

月額料金が最安級という理由で、ブロードワイマックスに加入したものの

こんな感じで、予想したよりWiMAXの速度が遅い…といった理由で他社のひかり回線やモバイル回線に乗り換えたい場合、

こちらのブロードワイマックスの指定した回線会社なら違約金はいっさい不要というものです。

もちろんネット回線が限定されるとはいえ、事実上、契約期間ならいつでも解約が自由…つまり契約期間が無いに等しい状況と言っても過言ではないです。

もしWiMAX申込み前の方で、

しばらく利用してWiMAX2+がイマイチなら、速攻でひかり回線に乗り換えるつもり

こんな方にとってもっともおすすめのプロバイダがブロードワイマックスなんです!

▼1年後のキャッシュバックより月額割引・違約金なしならココ▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

【まとめ】

今回、これからWiMAX2+に申し込もうかと検討中の方にむけ、契約期間の基本情報や長期プランの落とし穴。

さらに契約中だけど自分の申込日や契約期間がわからない方に向け、申込日や契約期間の調べ方を解説しました。

大切なポイントとしては

  1. 実質費用という部分を考えれば契約期間は4年より3年、3年より2年の方がお得になることが多い
  2. 契約期間なしのプロバイダは無いが、乗り換えだったら限りなく契約期間が無いに等しいプロバイダがあるにはある

こんへんがポイントかと思います。

これからWiMAX2+に申込む方にとって、今の段階で契約期間や解約時の費用を大袈裟に心配する必要はありませんが、念のため基本情報だけでも知っておけば万一の解約時に慌てずに済みます。

また最悪のパターンを想定してプロバイダを選んでおくかどうかで、解約時に2万3万という出費の差が出ます。

ぜひ今回の内容を参考に、解約時でも慌てず対応できるようプロバイダを選んでみてくだいね!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする