【家族4人におすすめの格安SIM!!】お得な家族むけシェアプランのあるMVNOを料金比較した結果!

格安SIM

「どうせなら家族4人でお得な格安SIMに乗換えたい・・・」

 

自分一人で格安SIMに乗り換えてもスマホ料金は節約できますが、それ以上に大きなスマホ料金を節約したいなら、家族全員で同じ格安SIMに乗り換えるのが断然におすすめです。

家族むけのシェアプランを活用することで毎月の料金がずっとお得になるだけでなく

  • 面倒な支払いをまとめられる
  • 余ったデータが家族と分けあえるので無駄がない
  • 家で眠ってたタブレットやサブ端末を安く維持できる

などなどメリットは沢山あります。

そこで本記事では

契約ギガ数、契約可能なSIMカードの枚数、月額料金が各MVNOでバラバラで選べない・・・

と家族4人でお得な格安SIMに乗り換えたいというの方を対象に、各MVNOのシェアプランを「4人家族むけ」という視点で独自に検証した上で、4人家族に最安な格安SIMを決定したいと思います。

シェアプラン選びで挫折しかけている方!必見ですよ!!

【結論】シェアプラン最安王座は に決定!!

すぐに格安SIMをご契約されたい方、記事を最後まで読むのが面倒くさい方のために、まずは「4人家族が乗り換えると最安な格安SIM」から先に発表します。

当ブログが検証した結果、4人家族でもっともお得な料金のシェアプランのあるMVNOは・・・

「僅差でIIJmioが最安ゥ!!」

結論からいうとこうなりました。

詳しくは後述しますが、まずはその「根拠」といえる以下の比較一覧もご覧ください。

1位IIJmio1人あたり1,440円(12GBで5,760円/月)
2位mineo1人あたり1,460円(12GBで5,840円/月)
3位イオンモバイル1人あたり1,470円(12GBで5,880円/月)
4位BIGLOBEモバイル1人あたり1,525円(12GBで6,100円/月)
5位OCNモバイルONE1人あたり1,575円(10GBで6,300円/月)

というわけで、単純に金額の安さだけで格安SIMを選ぶならIIJmioが4人家族にはおすすめです。ぜひ公式ページでシェアプランの料金詳細をご覧ください。

▶▶IIJmio(みおふぉん)公式ページ

次項では、今回の「4人家族にもっともお得なMVNOランキング」を選考するにあたっての「選考基準」や選んだ際にもっとも重視した「条件」をご紹介した上で、さらに詳しく各MVNOの特徴をみていきます。

4人家族むけシェアプランを選ぶ条件と今回の選考基準

格安SIMへお乗換えの際、シェアプランを選択される方の目的は大きく2つにわけると

  1. 家族みんなでデータ容量をシェアすることで節約したい(←今回はこっち)
  2. 自分一人でスマホ、タブレットなど複数端末でデータ容量を分け合いたい

以上の2種類があり目的によって選ぶべきお得なMVNOもかわってきます。もちろん今回のテーマは「4人家族にお得な格安SIM」。なので①の「家族みんなでデータ容量をシェアすることで節約」という部分を重視して選考基準を設けてみました。

当ランキングの選考基準

結果、今回の格安SIMランキングの選考基準はシンプルに以下の2つ

  • SIMカードの枚数が最大4枚以上であること
  • シェアすることで月額料金が大幅に安いこと

この部分をクリアした格安SIMのみピックアップして比較します。

よって料金はめちゃお得だけど追加SIMあわせて3枚までというMVNO、シェアプランが4回線以上に対応しているけれども料金がお得じゃない会社は最初の段階で除外しました。

【家族4人むけ】格安SIMシェアプラン・ランキングの結果発表

それでは早速、今回のランキングで比較する際の「条件」に続き、シンプルに「料金の安さ順」に並べたランキング結果をご覧ください。

比較する条件

各MVNOによりシェアプランの内容もバラバラなため、正直すべてを同じ条件で比較するのことは不可能です。とはいえ共通する条件がないことには比較になりません。

そこで「月間の契約ギガ数が10GB~12GB」という部分を唯一の条件として計算しました。

「なぜ10~12GBなの!?」

という方。その理由はシンプルに「格安SIMの平均的なユーザーさんの統計上、一人3GBあればじゅうぶんだから」です。

格安SIMや格安スマホの統計を集めて貴重な情報を発信しているMM総研さんのデータによると・・・

出典:MM総研「MVNO/SIMフリースマートフォンの利用実態調査

またBIGLOBEモバイル公式ページにも

MVNO利用者の契約している通信容量プランでは、3GBプランを選んでいる人が40%超となっており、もっとも多いです。通勤や休憩時間などの空き時間にSNSやネット閲覧、たまにゲームや音楽を利用するという人には3GB以上がおすすめ。

出典:BIGLOBEモバイル

とあります。

つまり普通に通勤・通学時間、休憩中にSNSやネット閲覧をされる方の場合、3GB程度が多過ぎず少なすぎず丁度良いのですね。

そこでざっくりと

ひとり月間3GB×4人=12GB

と算出し、もしかするとお子様や奥さまは3GB使い切らないケースも多いのでは・・・という部分もふまえ比較する条件を「10~12GB」としました。

4人家族むけお得なシェアプランのある格安SIMのランキング

というわけで発表にうつります。

SIMカードの最大枚数ギガ数と料金
IIJmio最大10枚まで12GBで5,760円/月
※タイプD ファミリーシェアプランを4人で利用
mineo最大5枚まで12GBで5,840円/月
※デュアルタイプ3Gb×4人※家族割り50円×4人
イオンモバイル最大5枚まで12GBで5,880円/月
※シェア音声12GB+追加SIM3枚
BIGLOBEモバイル最大4枚まで12GBで6,100円/月
※音声12GB+シェアSIM3枚
OCNモバイルONE最大5枚まで10GBで6,300円/月
※音声10GB+追加枚音声対応SIM3枚
LINEモバイルデータプレゼントはあるが通常のシェアプランは無し

結果、冒頭でお伝えしたとおり「4人家族にお得なシェアプラン」のあるMVNOランキングを制したのは、僅差ではありますがご覧のようにIIJmioでした。

とにかく料金がお得なシェアプランをお探しの方はぜひ以下の公式ページからIIJmioで料金詳細をご確認ください。

▶▶IIJmio(みおふぉん)公式ページ

IIJmioの特徴

格安SIM業界の最大手のひとつ、回線の安定度には定評のあるIIJmio。結果、4人家族むけシェアプラン最安王となるのも、考えてみれば当然かもしれません。

  • シェアプラン最安の他にも
  • データ繰り越し
  • 高速切り替えアプリ

バースト機能(低速通信の際、最初は高速で通信してくれる)

と細かい部分の痒い所に手が届いたサービスがウリの1社。さらに12GBで明らかに不足する場合は……追加オプションとして20GB(3,100円)、30GB(5,000円)の大容量データオプションもあり。4人家族むけ格安SIMを検討する際、まずは検討すべき1社です。

▶▶IIJmio(みおふぉん)公式ページ

mineoの特徴

今現在、IIJmio、BIGLOBEモバイル、nuroモバイル、イオンモバイル等、2種類のキャリアが利用できるMVNOはありましたが

待望のソフトバンク回線を採用し、「格安SIMで初のトリプルキャリア!」の偉業を達成。

これまでのSIMフリー端末、ドコモ端末、au端末にくわえ、ソフトバンク端末の方も安心してmineoが利用できるようになりました。

通常、MVNOのシェアプランでは主回線にたいしてSIMカードを3枚(3回線)追加するシェアプランなのにたいし、mineoの場合は独自のシェア方法。

4人家族それぞれが3GBプランを契約し、「パケットシェア」として家族みんなのデータをシェアします。また家族割りの手続きを済ませればお一人当たり50円の割引もあり。

他MVNOでも数少ないソフトバンク回線が選べるMVNOという部分はかなり魅力ですね!

▶▶mineoを詳しくみる

イオンモバイルの特徴

イオンモバイルの特徴を3つ挙げるなら・・・

  1. イオンに店舗があるため、格安SIM初心者にとってハードルが低い
  2. 大容量プランが充実、かつ低料金
  3. 追加チャージ料金が他社より安い

中でも料金プランの種類が多い・そこそこ料金も安いこと。さらにご家族でイオンモールにお買い物に行ったさいに実店舗でサポート対応してもらえることは他MVNOにない大きなメリット。

また4人家族の誰かひとりが動画視聴や大型更新アップデート等で大量のギガを消費した場合、追加チャージ料金が低いのも嬉しい部分です。たとえば

追加のデータチャージ料金(1GBあたり)
イオンモバイル480円
楽天モバイル980円
LINEモバイル1,000円
DMM mobile1,100円

と他社の半額程度で追加のギガを購入できます。家族みんなでデータ容量をわけあうシェアプランだけに、お得な追加チャージ料金のイオンモバイルは安心できますね!

▶▶イオンモバイル公式ページ

【追記】料金よりも通信速度!! 快適性もふくめたシェアプラン総合ランキング

当記事、4人家族にお得なシェアプランのあるMVNOランキングでは、ご覧のように1位~3位までが僅か120円差という僅差ながらIIJmioが制したものの、この記事を読まれた一部の方から、

わずか120円程度の金額差なら、もっとも速くて快適な格安SIMを選んでおきたい!

という大変ごもっともな意見を頂きました。

たしかに過去記事、【最速の格安SIMを探せ!!】通信速度を重視する方にこっそり教える主要MVNO・サブブランドの実測値まとめ!!の記事でもお伝えしたように、どんなにスマホ料金が節約できても、大手キャリアにくらべ通信速度が遅すぎたり、ネットワーク品質が悪い格安SIMはストレスになるだけ。

そこで上記の「お得な料金ランキング」とは別に番外編として・・・

「4人家族にお得なだけじゃなく、速くて快適なMVNOランキング」

という視点で再評価してみました。結論からいうと、前回の料金の安さランキングでは1位を逃した「ある格安SIM」が逆転勝ちという面白い結果となりましたのでご覧ください。

家族向けにお得なシェアプランのあるMVNOトップ3の速度を比較

この際、4位のBIGLOBEモバイル、5位のOCNモバイルONEもふくめ上記の比較一覧のMVNOすべてを速度比較してみようと思いました。

しかしながら、どちらも月額6,000円/4人の大台を超えているため、今回はトップ3に絞って行いました(そもそも6,000円超えでも大手キャリア3社よりは超絶安いのですが)

また重要なポイントとして、複数の回線を選べるMVNOの場合、もっとも通信速度が速い回線を利用した際のデータを比較します。

というわけで早速、先ほど同条件で測定した上位3社の通信速度をご覧ください。(※平日・週末の各1日ずつピックアップして24時間の通信速度の変化をグラフ化しています。参考:mobile by keisoku)

 

IIJmio

まずは料金の安さランキングで堂々1位のIIJmio。金額的には最安ですが通信速度は果たしてどうでしょうか。因みにドコモ回線のタイプの方が安定して高速通信だったのでそちらの実測値です。

【平日の通信速度】

【週末の通信速度】

 

「・・・正直、微妙!!」

 

通勤時間、お昼休みは仕方がないとしても、週末の午後の速度低下がけっこう大きかったです。これは職場や学校にwi-fi環境がない方には痛いですね。

イオンモバイル

こんどは料金の安さでは3位だったイオンモバイル。イオンモバイルもドコモ回線の方が比較的実測値がよかったのでドコモ回線です。この段階で

「あれ!? 順番的にはmineoじゃないの!?」

という方。少々ネタバレ気味ですが、ランキング結果発表をドラマチックに演出する上で、今回あえてmineoの発表を後ろにズラしました。

果たしてイオンモバイルの通信速度は!?

【平日の通信速度】

【週末の通信速度】

 

 

「おぉぉっ・・・やはり速度低下がひどい!!」

 

先ほどのIIJmioと同じドコモ回線を利用しているため、全体的な通信速度の動きはイオンモバイルも同じような感じですね。当ブログが測定したタイミングでは微妙にイオンモバイルの方が速度が出ているのかなぁ・・・という感じ。

測定する日程や時間帯によって上下します。結果、「イオンモバイルはIIJmioよりわずかに速かった」とします。

mineo

テレビCMでもガンガン露出しているため、ご存知の方も多いかと思いますが、先日待望のソフトバンク回線を採用したことにより、mineoは格安SIMはじめてのトリプルキャリアのMVNOとなりました。(参考:【祝ソフトバンクプラン!!】mineoのキャリア別の速度・料金とメリット・デメリットを解説

念のためmineoのドコモプラン、auプラン、ソフトバンクプランを比較しましたが、言うまでもなくMVNOの少ないソフトバンク回線がダントツ。

ではmineoのソフトバンク・プランの実測値をみてみましょう。

 

【平日の通信速度】

【週末の通信速度】

 

「おおぉぉっっ!! ほぼ速度低下がなく他2社より圧倒的に高速!! 」

 

大手キャリア3社にくらべ、平日の通勤時間、昼休みはノロノロというのが格安SIMの共通するデメリットでしたが、mineoのソフトバンクプランは大手キャリアなみに安定していました。

平日・週末とわず5Mbpsを下回るタイミングがほぼ無し。平均で5~10Mbpsという通信速度をみるかぎり、YouTube動画やHuluなどの動画配信もまったく問題なく楽しめます。

通信速度・快適性をふくめた4人家族むけシェアプランランキング

というわけで最後に通信速度をふくめた4人家族むけシェアプランランキングを比較一覧でご覧ください。

料金の安さ通信速度・快適性
mineo1人あたり1,460円(12GBで5,840円/月)★★★★★
※ソフトバンクプラン限定
イオンモバイル1人あたり1,470円(12GBで5,880円/月)★★★
※速度低下が激しいため
IIJmio1人あたり1,440円(12GBで5,760円/月)★★★
※速度低下が激しいため

結論からいうと、どのMVNOを選んでも料金は1人当たり30円程度の差。

なのでSIMフリー端末の方、またはソフトバンクで使われていた端末の方の場合、圧倒的にmineoのソフトバンクプランがおすすめです。

▶▶mineoを詳しくみる

<h2【まとめ】お得なシェアプランのあるMVNO選びまとめ

以上、これから格安SIMにお乗換を予定した4人家族の方にむけ、

  • 料金がもっともお得なMVNOランキング
  • 料金の安さ+通信速度・快適性をふくめた総合ランキング

を当ブログ視点でご紹介してきまました。

結果として、シンプルに料金の安さを求める方には「IIJmio!」
また安さはもちろん、通信速度・快適性も条件に加えてランキングすると、最近はじまったmineoのソフトバンクプランが最強でした。

いずれにせよ、4人家族でデータ容量をシェアする場合、家族の一人が大量にギガを消費すれば他の家族のメンバーにしわ寄せがきます。
そういったリスクも考え、気持ちデータ容量を大きめのプランを契約、または追加チャージの安いMVNOを選んでおく工夫も大切です。

ぜひ当記事でご紹介したMVNOも格安SIM選びの参考にしてみてください!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)
この記事を書いた人
モバ神

WiMAX利用歴6年の根っからのモバイル回線ユーザー。モバイル回線が複雑過ぎてわかりづらいと感じたため、こんなサイトを作ってしまいました。

格安SIM
おすすめポケットwi-fiとWiMAXを徹底比較!モバイルwi-fiの神さま
タイトルとURLをコピーしました