【家族5人でもっとも安い格安SIM!!】5回線でもお得なシェアプランのあるMVNOをガチ調査

格安SIM

格安SIMにお乗換えされる方の中でも、

  • ご家族みんなでお乗り換え
  • (お一人だけど)スマホやタブレットなど複数端末でSIMを利用したい

これらの方々にとって、もっともお得な契約方法といえば言わずもがなシェアプランですが、格安SIMのシェアプランは計算が複雑、かつ設定もバラバラなためシンプルに比較できないのが悩みのタネ。

そこで前回の記事では

家族4人が一緒に格安SIMに乗換えるならどこのシェアプランが安いの!?

こんな「4人家族限定の最安MVNO特集」を組んだところ、予想以上に評判がよく、かなり多くの方に読まれました。そこで今回はそれをうけ、格安SIMへ乗換えされる5人家族の方におすすめのMVNOを調べてきました。

前回同様、まずは料金の安さランキングをご紹介した上で、後半では料金の安さ+通信速度・快適性まで加味した総合ランキングも発表します。家族5人ですでにMNPの準備段階という方々、ぜひ当記事をご活用ください!

【結論】5人家族に最安なシェアプランのあるMVNO発表!

ご覧になっている方の中には

  • 面倒な前置きとかは不要・・・とにかく結果だけ教えてくれよ!
  • 面倒、かつ時間もないから最後まで読む気がしない

という方も多いと思うので、まずは「家族5人で乗換えるなら最安だった会社」を発表した上で、その根拠や各MVNOの特徴を詳しく説明していきます。

5人家族が乗換えるならココ!最安シェアプランを発表

というわけで、細かい部分はいいから「とにかく料金が安いシェアプランはどこ!?」という方が、パッとひと目でわかるようにランキング結果を一覧でまとめてみたのでご覧ください。

SIMカードの最大枚数ギガ数と料金
イオンモバイル最大5枚まで12GBで6,780円/月
※【月額料3,580円】+【音声通話機能付帯料700円×4台】+【追加SIM費用200円×2台】
IIJmio最大10枚まで12GBで6,860円/月
※【月額料3,260円】+【音声通話機能付帯料700円×4台】+【追加SIM費用400円×2台】
mineo最大5枚まで15GBで7,300円/月
※デュアルタイプ3Gb×5人※家族割り50円×5人
OCNモバイルONE最大5枚まで10GBで7,400円/月
※音声10GB3,000円+追加枚音声対応SIM1,100円×4枚
BIGLOBEモバイルSIMカード最大4枚のため5人家族だと割高
LINEモバイルデータプレゼントはあるが通常のシェアプランは無し

結果、5人家族が揃って格安SIMにMNPする際にもっとも料金が安いMVNOは・・・

「イオンモバイル」でした!!

 

前回、4人家族むけのシェアプランでは見事1位を獲得したIIJmioでしたが、今回の5人家族向けシェアプランでは、わず80円差でイオンモバイルに敗れてしまう大波乱となりました。

こうやって各社の料金をじっくりみてみると、かなり僅差というか家族一人当たりの金額差となるとホント数十円~数百円なのですね。とくにイオンモバイルとIIJmioは一人当たり20円差という超デッドヒート。

というわけで「何が何でも最安シェアプラン」というアナタは、ぜひぜひイオンモバイルの公式ページでシェアプランの詳細をご自分の目でご確認ください。

▶▶イオンモバイル公式ページ
安いだけじゃなくイオンモールに足を運べばスタッフに相談もできるのがメリット

5人家族むけのシェアプラン選びのポイント

なんとなくイオンモバイルとIIJmioの2社が5人家族にとってシェアプランがお得かも・・・と理解してもらったところで、今度はMVNO選びと同じくらい重要な「シェアプラン選びのポイント」について少し解説していきます。まず最初に

「ん? シェアプランってどこでも一緒じゃないの!?」

とお考えの方。じつは同じようなシェアプランですが各MVNOで微妙にギガ数が違ったり、それ以前の問題として通信速度・快適性がMVNOによって大きく違うのです。(参考:【最速の格安SIMを探せ!!】通信速度を重視する方にこっそり教える主要MVNO・サブブランドの実測値まとめ!!

このあたりを適当に選んで契約してしまうと・・・

 

「ギガ数がまったく足りない!!」「遅い! 遅すぎるゥ!!」

 

となり、月途中で追加チャージを余儀なく迫られたり、お昼休みや夜間にノロノロ状態が続いてイライラがマックスとなります。

家族5人のシェアプランなら何ギガを選ぶのがベスト!?

「じゃ家族5人なら何GBを選べばいいの!?」

という方。
結論からいうと5人家族で12GB~15GBくらいを目安にしてください。(あくまで平均的なご家族の場合なので1カ月試していただき必要に応じて増減しましょう)

「なんで12GB~15GBなの!?」

その理由としては、「一人あたり3GBあれば十分だから」です。

格安SIMや格安スマホの統計を集めて貴重な情報を発信しているMM総研さんのデータによると・・・

出典:MM総研「MVNO/SIMフリースマートフォンの
利用実態調査

と月間2GB以下の人も10GB以上という方もいますが、「約4割の方が月間3GB程度しか利用していない」のです。

またBIGLOBEモバイル公式ページでも

MVNO利用者の契約している通信容量プランでは、3GBプランを選んでいる人が40%超となっており、もっとも多いです。通勤や休憩時間などの空き時間にSNSやネット閲覧、たまにゲームや音楽を利用するという人には3GB以上がおすすめ。
出典:BIGLOBEモバイル

と平均的な1カ月の通信量は一人3GBというのが常識のようです。とはいえご家族の中には

  • 外出時にあまりデータ容量を消費しないママさん
  • 主に学校から帰宅して自宅のwi-fiがメインなお子さん

なども含まれるため、当記事ではやや少なめの12GB~15GBとさせて頂きました。

というわけで冒頭でご紹介した一覧のOCNモバイルONE。この会社は契約タイプが3、6、10、20GBと微妙に5人家族にベストな契約ギガ数がないため、残念ですがこの段階で脱落とします。

シェアプランのある格安SIMの中で通信速度が速いのは!?

「格安SIMに乗換えたとたんノロノロ状態でストレスから胃が痛い・・・」

とここまで深刻な方は少ないですが、じっさいに大手キャリア3社→格安SIMに乗換えたとたん、通信速度が著しく低下してストレスを感じている方も多く、

ご覧のように約2割の方が通信速度が不安で大手キャリアから格安SIMに乗換えを躊躇されているとのデータもありました。

また

約3割の方が「格安SIMは遅い」とイメージしているようです。

たしかに家族そろってお得な格安SIMに乗り換えて節約できても、ネットが遅かったり動画がブチブチ途切れては意味がありませんよね。

 

そこでお得なシェアプランのある格安SIMの通信速度を一覧で比較してみました!

正直、かなり面白い結果となりましたので、早速ご覧ください。

イオンモバイル

まずは料金の安さランキングで堂々1位のイオンモバイル。金額的には最安ですが通信速度は果たしてどうでしょうか。因みにドコモ回線のタイプの方が安定して高速通信だったのでそちらの実測値です。

【平日の通信速度】

【週末の通信速度】

 

 

「おぉぉぉっ・・・速度低下がひどい!!」

 

ドコモ回線を利用しているMVNOに共通していえることですが、例にもれずイオンモバイルも通勤時間、お昼休み時間帯が壊滅的に遅かったです。

【結論】メイン機のスマホをお持ちの方、または混雑時間帯にwi-fi環境にいれる方をのぞき、当ブログ的には正直おすすめ回線とはいえない・・・とします。

IIJmio

こんどは料金の安さでは2位だったIIJmio。イオンモバイル同様、IIJmioもau回線にくらべドコモ回線の方が比較的実測値がよかったのでドコモ回線の数字を掲載します。

【平日の通信速度】

【週末の通信速度】

 

「うぅぅっ・・・やっぱり遅いィ!!」

 

通勤時間、お昼休みは仕方がないとしても、週末の午後の速度低下がけっこう大きかったです。これは職場や学校にwi-fi環境がない方の場合、動画どころか画像多めのページもカクカクするのでは!?というレベル。
うーーん、やはり格安SIMに通信速度を求めるのは間違っているのでしょうか・・・!?

というわけでイオンモバイル同様、当ブログ的にはこれも無し!

mineo

最近ではテレビCMでもガンガン露出しているmineo。

ご存知の方も多いかと思いますが、mineoは格安SIMはじめてのトリプルキャリアのMVNOとなりました。(参考:【祝ソフトバンクプラン!!】mineoのキャリア別の速度・料金とメリット・デメリットを解説

簡単にいうと、これまでのドコモプラン・auプランにくわえ、新しくソフトバンクプランが開始されただけなのですが実は地味に結構すごかったりするんです。

何が凄いのかというと、これまでSIMフリー端末をお持ちでない方(大手キャリアでつかっていたスマホ)の場合、SIMロック解除しないかぎり、ご利用の端末にあわせてMVNOを選ばないければなりませんでした。

しかしトリプルキャリアのmineoならば、どのキャリアで使っていたスマホでも対応できるため、格安SIMに乗換えるハードルをさらに低くしてくれました。

 

で、mineoの3プランの中でも通信速度を比較するとダントツに速かったのがソフトバンクプランなので今回はソフトバンク回線の数字を載せます。

 

【平日の通信速度】

【週末の通信速度】

 

「おぉぉっっ!! 速度低下が無いではないですか!?!?」

 

大手キャリア3社にくらべ、平日の通勤時間、昼休みはノロノロというのが格安SIMの共通するデメリットでしたが、mineoのソフトバンクプランは大手キャリアなみに安定していました。

平日・週末とわず5Mbpsを下回るタイミングがほぼ無し。平均で5~10Mbpsという通信速度をみるかぎり、YouTube動画やHuluなどの動画配信もまったく問題ない通信速度でした。いやあ凄い!!

また冒頭でご紹介した一覧で、地味に触れていませんでしたが、「mineoだけ15GBの料金」だったりします。(※mineoは個別に契約するため3GB×5人なので)

 

数字的にはイオンモバイルやIIJmioより一人当たり100円程度高い料金ではありますが、

  1. 圧倒的に通信速度が速い(かつ超安定してる)
  2. 5人で15GBもつかえる

これら2つのメリットにより、当ブログの結論としては5人家族にもっともおすすめシェアプランのある格安SIMは・・・「mineo」に決定します!!

▶▶mineoを詳しくみる

イオンモバイルやIIJmioで追加チャージの出費を考えたらmineoの方が割安!

じつは5人家族にとってコスパ最強だったのはmineoだった!!

というわけで、最後に通信速度をふくめた5人家族むけシェアプランランキングを比較一覧でご紹介します。

料金の安さ通信速度・快適性
mineo15GBで7,300円/月
※デュアルタイプ3Gb×5人※家族割り50円×5人
★★★★★
※ソフトバンクプラン限定
イオンモバイル12GBで6,780円/月
※【月額料3,580円】+【音声通話機能付帯料700円×4台】+【追加SIM費用200円×2台】
★★★
※速度低下が激しいため
IIJmio12GBで6,860円/月
※【月額料3,260円】+【音声通話機能付帯料700円×4台】+【追加SIM費用400円×2台】
★★★
※速度低下が激しいため

以上、料金ではイオンモバイルやIIJmioより微妙に高かったmineoですが、通信速度が速い(ソフトバンク回線)こと、さらに他社にくらべ3GB多いとい部分を考慮し、5人家族のシェアプランでもっともオススメ格安SIMはmineoとします。

すでにSIMフリー端末の方、またはソフトバンクで使われていた端末の方の場合、迷わずmineoのソフトバンクプラン。ドコモやauスマホの方も、わざわざSIMロック解除してでも申し込んでみる価値はありますよ。

ということで5人家族むけシェアプラン特集は以上です。お疲れ様でした。

▶▶mineoを詳しくみる

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)
この記事を書いた人
モバ神

WiMAX利用歴6年の根っからのモバイル回線ユーザー。モバイル回線が複雑過ぎてわかりづらいと感じたため、こんなサイトを作ってしまいました。

格安SIM
おすすめポケットwi-fiとWiMAXを徹底比較!モバイルwi-fiの神さま
タイトルとURLをコピーしました