【WiMAX速度】遅い?速い?ワイマックスとYモバイル比較した!

次こそはWiMAXとかポケットWiFiのようなモバイルルーターが欲しい!

持ち歩きできちゃうルーターってカッコイイよなー!

と思いつつも

  • WiMAXとかポケットWiFiって速度はどうなんだろ?
  • ストレスなく動画が観れて、対戦ゲームでもラグとか無いんかな?

こんなWiMAX2+回線の速度が気になって、ネットでWiMAX2+の速度について調べまくっていませんでしたか?

たしかに2~3年前までのモバイルルーターは、速度・エリアともに発展途上でした。

ただ2017年現在、WiMAXをはじめモバイルWi-Fiは劇的に進化しています。

混雑具合やエリアによっては、ひかり回線と比較しても何の遜色ないレベルまできています。場所によってはWiMAX回線がひかり回線を超えるパターンも・・・。

結論からいいますと

  1. 自宅ではひかり回線のように固定回線がわりに利用
  2. 気軽に屋外に持ち出すことが可能
  3. 料金的にもひかり回線よりずっと安い!

上記の3つのメリットだけを考えても、モバイルWi-Fiを選ばない理由がありませんね。

このへんを詳しく解説しています。早速みていきましょう!

各モバイルWi-Fiの速度を比較してみると…

そこで気になってくる部分が

『モバイルWi-Fiならどの会社を利用しても同じように速度に満足できるのか?』

ここ!

ここ凄く重要な部分です。

といいますのも、現在、各モバイルWi-Fiはそれぞれ進化しているものの、やっぱり使ってみるとあからさまな速度の違いがあるんですね。

結果、いくつか選択肢があるものの、

本当にオススメできるモバイルWi-Fiは?

となるとかなり絞られます。

そこで、現在、選択肢として考えられるモバイルWi-Fiの速度と料金を比較してみますね!

uqロゴ
回線の速度
(下り最大)
337.5Mbps175Mbps最速440Mbps
月額料金8000円~
(20GB)
約5,000円
(使い放題)
最安約3,400~4,400円
(使い放題)

といった状態で

速度に関してはWiMAX回線が断トツ!!

もう完全に頭ひとつ抜きん出た状態。

それだけじゃありません。

つい先日、UQ WiMAXさんの発表によって、最新端末W04についてはキャリア・アグリゲーションによって

『下り最大590Mbpsに対応!』というアップデートに関するアナウンスもあり、さらに他社との差が広がる一方なんです。

また毎月かかる通信費用・・・地味に月額料金も気になりますよね?

この部分もWiMAXとdocomo、Yモバイルを比較すると、金額差が歴然。

WiMAXでしっかりと最安プロバイダを選んでおけば、実質2年間の平均月額料金を約3,000円程度におさえることも十分に可能です。

逆にdocomoの場合、いくらエリアが広くとも、ウルトラデータLパック+基本プラン+SPモードで合計月額料金8,000円は最低限の出費となり

これはどう考えても高過ぎる!!

正直、今の時代に1ヶ月20GBというデータ通信量も少ない上に8,000円という月額料金はどう考えても高過ぎ・・・残念ながらこの時点で選択肢としては除外しておきます。

WiMAXとYモバイルの繋がり具合比較!クチコミ・評判まとめ

ここまでの説明で、モバイルWi-Fiの会社を比較すると

エリアの広さ・通信速度・月額料金の安さと三拍子揃っているのがWiMAX回線という部分はわかりましたね?

ただモバイルWi-Fiは固定回線と違い、持ち歩いていろいろな環境で利用するのが大前提です。

そのためどんな環境でも

『しっかり繋がるのか?』、『サクサク動くか?』

という部分がけっこう重要だったりするんですね。

下り最大の速度やエリア範囲など、単純に数値だけを比較したところで正直、わからない部分もでてきます。

そこでツイッターからWiMAX、Yモバイル等のルーター利用者の意見をいくつかピックアップしてみました。ぜひ参考にしてみてください!

といった感じで、リアルに使っているユーザーさんの意見を比較してみると

速度やコスパだけでなく、回線のつながり具合に関してもYモバイルよりもWiMAXがオススメ!という意見が圧倒的に多い状況。

またYモバイルと比較しても、同じような月額料金で端末費用も無料、通常2~3万のキャッシュバック特典もあり!

結果、現時点で利用すべきモバイルWi-Fiは、WiMAXというのは、ほぼ間違いない!と太鼓判を押させていただきます!

モバイルルーターの速度から考える端末選び

回線の速度の悩みが解消されたところで、もうひとつ悩みがちな部分といえば

そう!

端末選びですね!

モバイルWi-Fiの中でも最高レベルの高速通信を有するWiMAX。

せっかくWiMAXを利用するなら、少しでも高速な端末を選んでおきたいですよね?

せっかくWiMAXを選ぶところまで正解だったのに、惜しくも端末選びで失敗し、後悔しながら2年間を過ごすユーザーさんもけっこう多いです。

しっかり気を抜かずにベストな端末を選んでおきましょう!

ちなみに各プロバイダが用意している主なWiMAX端末は以下の4機種。

 WX03W04W03L01
発売時期2016年12月2017年2月2016年7月2017年2月
下り最大440Mbps
440Mbps
220Mbps
440Mbps
対応回線WiMAX2+
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
バッテリーの持ち12時間20分
最長
10時間30分9時間30分-----
本体サイズW99×H62×D13.2W53×H130×D14.2W120×H62×D11.4W93×H180×D93
重量110g
最軽量
140g127g493g
発売元NECHUAWEIHUAWEIHUAWEI

中でも、これから購入されるなら

WX03、W04,ホーム L01!

以上の3つの中から選んでおけば、まず間違いありません。

自宅で固定回線がわりなら…

ちなみに

WiMAXを完全に固定回線がわりに使いたい!外には持ち歩く予定も無い!

という方でしたらホームルーター・タイプの最新機種、ホーム L01を選んでおきましょう!以下で詳しく解説してます↓

ヤバいWiMAX端末でた…【speed wi-fi home L01】ホーム L01の凄い部分まとめ
モバイルルータータイプとは一線を画する据え置き型、屋内専用のホームルータータイプのHUAWEIから登場した【speed wi-fi home L01】(ホーム L01)の特長とメリット・デメリットとホーム L01がおすすめのユーザーさんについて詳しくまとめています

この端末。

屋内専用というコンセプトのため、WiMAXの弱点でもあったアンテナの受信感度が格段にアップして2種類の電波を使い分けて効率よく送受信します。

最大40台の端末をつなぐことも可能なのでPCやタブレット、スマホ、ゲーム機器と繋ぎ放題!

接続予定の端末の多いひとには嬉しい!

モバイルルーター・タイプなら事実上、この二つ!

また当初のモバイルルーターとしての使い方、屋外に持ち出して利用する場合、選択肢としては

WX03、W04の2つ

この2つから自分に合った端末を選んでおけば、まず2年間は後悔しないはずですよ。以下のページでも比較していますので参考にしてください!

【WX03、W04どっちがいい?】WiMAX端末・機種選びまとめ!君に合うのはこれだ!
WiMAXという部分まではほぼ決まったんだけれども どの端末が一番売れてて調子いいんかな? そもそも端末が違っ...

この2つの端末、NEC製とHUAWEI製というメーカーの違いを始め、けっこう細かい仕様が違ってまして

ざっくりと

  1. バッテリーの持ち具合
  2. 端末のサイズ、重さ
  3. au 4G LTEが利用できるか否か?
  4. 専用クレードルで受信感度アップできるか?

という項目で大きな違いがみられます。

どちらも最新端末ですので、キャリア・アグリゲーションに対応、下り最高440Mbpsは約束されています。なので速度としては必要十分。

主な違いといえば

地下や奥まった建物を利用する機会が多い!そんな時、プラチナバンドも利用できれば嬉しい!

という方ならW04がもっともオススメ!

逆にオプション料金を支払ってまでau 4G LTEは必要なし!

そんな部分よりもバッテリーが長持ち、拡張アンテナにもなる専用クレードルが魅力だ!

という方なら文句なしでWX03をオススメ!

じっさい、現在もっとも売れている2機種で今後もしばらくは今の2強の状態が続くものと思われます。

最終的にはカラーリングや外観やデザインで選んだとしても失敗はしないはずですよ!

じゃ一番安くてお得なプロバイダってどこなの?

以上、WiMAX契約前に知っておかないと損しちゃうよーって部分を、4年間のWiMAX経験をもとにまとめてみましたが、

損しちゃうかもよーって部分のひとつに、プロバイダ選びだったりします。

ココ、しくじると2年間で3万円とか差がつくので、けっこう大事な部分なんで要注意っす!

とくとくBBが安いと世間では人気ありますが!

もしかしたらすでに

  • とくとくBBというプロバイダが最安らしい!
  • なんだかキャッシュバック額が3万円オーバーという噂も!

とリサーチされている方もいるでしょう。

たしかに19社ほどあるWiMAXのプロバイダ中、断トツで最安値には違いありません。

 

ただし!

1年後に正しいキャッシュバック受取手続きがなされた場合、最安値というだけで、もしキャッシュバックを貰い損ねた場合、割高なプロバイダって部分も覚えておいて下さい!

 

現在、とくとくBBを含め、キャッシュバック金額、月額料金、サポート体制、CBの受け取りやすさ等を考慮した場合、こちら。

 

  1. 『とにかく金額が重要!CB受取の手続きは自信あり!』→GMOとくとくBB

    公式サイト http://gmobb.jp/

  2. 『難しいCBの手続きとか無理!確実にもらえる月額割が嬉しい』→ブロードワイマックス

    公式サイト https://wimax-broad.jp/

  3. 『多少の手続きならOK!キャッシュバックもそこそこ欲しい!』→@nifty

    公式サイト http://setsuzoku.nifty.com/wimax/

    または→ビッグローブ

    公式サイト http://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

 

といった4社が自信をもってオススメできるプロバイダって思います!

 

基本、WiMAXの仕組み上、どのプロバイダだとしても速度やサービスは一緒。

なので少しでも金額的にお得で、サポート体制が万全な方が絶対にお得です。

 

やっぱキャッシュバックでしょ!というんならとくとくBBでいいでしょうし、CB金額よりも確実に受け取れるかどうか?ってことなら@niftyとかBIGLOBEもありです。

とくとくBB、@nifty、BIGLOBEの現在の最高額申込みページ

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/
▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
@nifty公式サイト http://setsuzoku.nifty.com/wimax/
▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
BIGLOBE(ビッグローブ)公式サイト  http://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

 

また、とにかく月額費用を1円でも安く!という人はBroad WiMAX(ブロードワイマックス)いっちゃっていいと思います!

Broad WiMAXの現在の最高額申込みページ

▼こちらの公式サイトが現在の最安申込みページです▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

※申込みページによってCB金額が違うため、かならず最高額の申込みページから申し込んでおきましょう!
 

WiMAXはスマホと一緒で、いったん契約すると解約金なんかの関係で2年間の使用が前提。

 

なので初期費用や初月の料金も大切ですが、2年間、しっかりと利用することを前提にプロバイダを選ぶのがポイントです。

 

ぜひ当ページを参考に、自分にピッタリのプロバイダをみつけて快適なWiMAX生活を始めてくださいね!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする