【Spotifyは通信制限に注意!!】スポティファイによる速度制限を回避する3つのポイント解説します!!

動画配信サービス

登場以来、一部の音楽好きなユーザーさんを中心にジワジワと人気が広まり、今では幅広い層に利用されている音楽聴き放題アプリのSpotify(スポティファイ)。何を隠そうモバ神もSpotify(スポティファイ)中毒のひとりです。

そんな中けっこう増えているのが…

ぐぬぬぬ…昼も夜も聴きまくっていたら通信制限(速度制限)にかかってしまった…

こんなSpotify(スポティファイ)の通信量が原因でスマホの通信制限を突破してしまう残念な方々。

 

そこで今回、Spotify(スポティファイ)は聴きたいけれど通信制限に怯えているアナタにむけて

  1. Spotifyの消費する通信料(容量)
  2. 通信制限を回避しつつガンガンSpotifyを聴きまくる3つの対策

この二つを軸にわかりやすくまとめてみたので参考にしてみてください。全国2,000万人のSpotify(スポティファイ)ユーザーさん必見ですよ!!

Spotifyだけじゃなく動画もガンガン観る人ならポケットwifiがダントツにおすすめ!!

\WiMAXプロバイダのTOP2/

 Broad WiMAX
当ブログの評価:★★★★★
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なのでキャッシュバック貰い忘れも無いうえに、途中で光回線に乗り換える際も違約金負担サービスあり!

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 GMOとくとくBB
当ブログの評価:★★★★
ゲットできれば3万どころか4万円超えも!! 業界でもダントツな超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しいならGMO!ただし手続きは11ヶ月後、半数以上の方は貰い損ねているためマイナス1ポイント。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです。

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 

Spotify(スポティファイ)ってこんなアプリなんです!!【概要と特長】

このページをご覧の方の多くはSpotify・フリーク、またはこれからSpotifyを利用される方なのでSpotifyについて説明不要かと思いますがSpotify(スポティファイ)初心者の方のために簡単に説明します。

SpotifyはiPhone、アンドロイドをはじめタブレットやPCなどの端末にダウンロードして再生するタイプのいわゆる『音楽ストリーミングアプリ』とよばれるもの。2008年にスウェーデンで登場したサービスとなります。

今現在、全世界では1億人以上のユーザーさん、国内においても有料のプレミアム会員とよばれるユーザーさんも2,000万人以上と発表されています。登場からわずか10年という歴史を考えると、『音楽ストリーミングアプリ』としては大成功をおさめたアプリなのです。

配信されている曲数は4,000万曲以上、毎日更新されるプレイリストの数はな、なんと20億以上とオリジナルのプレイリストを作るのも簡単な上、お探しの曲もすぐに見つけられます。

無料プランと有料プランから自分に合った方を選ぼう!!

またSpotify(スポティファイ)がここまで人気の大きな理由。それは無料プランと有料プランの二つが用意されている部分!! ここに他なりません。

この手の音楽ストリーミングアプリの多くは、結局は有料プランに契約させようと無料プランは『使い物にならない』のがほとんどですが、Spotify(スポティファイ)は無料プランでもまずまず快適に音楽を楽しめます。これって地味に嬉しいですよね!?

 

 

が、しかし!!!!

 

そんな嬉しい無料プランがゆえに、聴きまくった結果、月間のデータ通信量制限に引っ掛かり青ざめる方が続出しているようです。

というわけで、通信制限にかからない範囲内でSpotify(スポティファイ)を聴きまくるコツ、さらに通信制限とおさらばしてガンガンSpotifyを利用する方法を順にみていきましょう。

【Spotify プラン選び】無料プランと有料プランの4つの違い

まずSpotify(スポティファイ)で選択できる二つのプランをかんたんに説明します。以下の一覧をご覧ください。

無料プラン有料プラン
料金0円/月980円/月
再生方式シャッフル自由に可能
プレイリスト再生可能
広告1時間に2回なし
音質標準・高音質標準・高音質・最高音質
曲数4,000万曲以上
オフライン再生なし 可能

プレイリストや配信されてる曲数など共通しているものの、大きな違いとして

有料プランなら

  1. シャッフルプレイじゃなく好きな曲だけ聴ける(曲をとばせる)
  2. ストリーミング再生だけじゃなくダウンロードしてオフライン再生ができる
  3. 再生中に定期(1時間に2回)配信される広告を聞く必要がない
  4. 選べる音質の種類が多い(無料は160Kbpsまでだが有料なら320Kbpsまで)

などの嬉しいメリットがあります。980円/月という料金が高いとか安いと感じ方は人それぞれですが、日常生活の中で音楽が占める割合が大きい人だったら決して高い料金ではありませんよね。

Spotify(スポティファイ)はどれくらいの通信量を消費するの!?

では気になるSpotify(スポティファイ)の通信量についての調査結果に進みます。(※モバ神本人が無料プラン利用者のため今回は標準音質・高音質の結果のみとなります)

モバ神のアンドロイド端末でSpotify(スポティファイ)を新たにインストールし、約30分間ストリーミング再生した後に消費するデータ消費量をチェックしたところ…

このように標準音質で約30Mbps。(正確には30数分経過していたので30分なら30Mbpsくらいでした)

つまりSpotify(スポティファイ)を標準音質で1時間利用すると約60Mbpsのデータ通信量が消費されます。

たとえばAmazonプライムビデオで動画視聴すると0.6GB/1時間という通信料を考えたら、思ったよりSpotifyって容量使いませんよね!?

 

ちなみに高音質でSpotify(スポティファイ)を楽しむ場合、30分で約90Mbps前後となるため1時間で180Mbps。こっちはまあまあ大きいですね。

(※かなりざっくりとしたデータなのであくまで参考程度となります)

スマホのギガ数で通信制限にかからずどのくらい聴けるの!?

では続きまして

今契約中のスマホで、毎月どのくらいまでならSpotify(スポティファイ)を聴くことができるの!?

今度はこの部分に迫ります。

ただ最近ではDoCoMoやau 、ソフトバンクの他、YモバイルやUQ モバイル、マイネオなど格安シム系も増えてきたので契約パターンもそれぞれなのでギガ数をベースに比較してみました。

契約ギガ数標準音質の場合高音質の場合
1GB16.6時間5.5時間
2GB33.3時間11.1時間
3GB50時間16.6時間
5GB83.3時間27.7時間
10GB166時間55時間

※他のデータ通信を行わず単純にSpotify(スポティファイ)だけで消費した場合の計算となります

標準音質なら60Mbpsと動画視聴などにくらべると僅かな通信量に思えますが、仕事中、電車での移動中…などなどコマメにSpotify(スポティファイ)を利用される方は塵も積もれば山となる感じでけっこうなデータ通信量になります。

とくに格安シムで3GB程度のプランを選んでスマホ料金を節約されている人は、案外あっさりと通信制限を突破するので注意してくださいね。

毎日の通勤・通学でSpotifyを聴いている人は月間3GBだと標準音質でもギリギリという計算になるのじゃ!!

通信制限(速度制限)にかからずSpotifyを楽しむ3つの対策

では上記のSpotifyの消費する通信量をふまえた上で、今度は通信制限にかからずSpotifyを楽しむ方法を解説していきます。

残念ながら、どの選択肢を選んでもいくらかの出費は必要になりますが、モバ神の考えるベストな選択肢として

  1. Spotifyのプラン変更
  2. スマホ契約を大手キャリア⇨格安シムの大容量プランに変更する
  3. Spotifyだけじゃなく動画視聴まで楽しめる最安のモバイルWi-Fiを持ち歩く

以上の3つがあり、どの選択肢でもSpotifyによる通信制限はバッチリ回避できます。また選ぶ選択肢によっては使い勝手もちがってくるので詳しく説明します。

①無料⇒有料Spotifyのプラン変更

もっともシンプルに通信制限を回避する方法がこちらです。冒頭でも述べましたように980円/月の有料プランに切り替えることでスマホにダウンロードしてオフライン再生が可能になります。

お出かけ前に自宅で気になる曲をピックアップしてスマホ端末にダウンロードしておけば、外出時もスマホのデータ通信量を気にせず聴き放題ですね。

②スマホ契約を大手キャリア⇨格安シムの大容量プランに変更する

またSpotify(スポティファイ)の有料プランにかかる費用を今のスマホの料金プランに費やすのも悪くありません。

大手キャリアだと高額な大容量プランですが、格安シムを提供するMVNO会社だったら大容量プランでもお手頃価格で利用できます。

たとえば3GB⇒20GBの大容量プランに変更できれば、標準音質だったら楽勝で300時間以上聴き続けることが可能…普通のレベルの人なら通信制限を突破することはまずありません。

③動画視聴まで楽しめる最安のモバイルWi-Fiを持ち歩く

さらに究極の方法としては、

今のスマホ契約のままで外出時はモバイルルーターを持ち歩く!!

こんな方法もあります。

そもそもスマホ回線と比較するとポケットwifiやWiMAXなどのモバイルルーターは圧倒的な速度のためSpotify(スポティファイ)だけじゃなくHuluやAmazonプライム・ビデオなどの動画視聴もサクサク観れます。

①、②を選んでもたしかに『Spotifyで通信制限を回避する』目的は達成できますが、根本的にスマホの速度は変わりませんし、月間データ通信量の上限はあります。

その点、ポケットwifiやWiMAXの月間無制限プランを選べばほぼ無制限状態でガンガン音楽や動画視聴も楽しめちゃうわけです。

Spotify(スポティファイ)の有料プランよりも若干費用はかかりますが、自宅でも屋外でも動画をサクサク観れるなどプラスアルファのメリットが支持されて利用者も増えているんですよ。

最近では自宅の回線を解約し『中でも外でもモバイルWi-Fiでネット料金を節約』こんな人も増えているそうじゃ!!

\WiMAXプロバイダのTOP2/

 Broad WiMAX
当ブログの評価:★★★★★
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なのでキャッシュバック貰い忘れも無いうえに、途中で光回線に乗り換える際も違約金負担サービスあり!

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 GMOとくとくBB
当ブログの評価:★★★★
ゲットできれば3万どころか4万円超えも!! 業界でもダントツな超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しいならGMO!ただし手続きは11ヶ月後、半数以上の方は貰い損ねているためマイナス1ポイント。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです。

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 

通信制限にかかった場合、Spotify(スポティファイ)は聴けるの!?

今度は、残念ながら通信制限にかかった場合、その状態でSpotify(スポティファイ)は聴くことができるか!? ここについても調べてみました。

ここでポイントになるのがSpotifyのオーディオの音質設定で、選ぶ音質により通信制限下ではほぼ利用不可となります。

ちなみSpotify(スポティファイ)公式ページには以下の3つの音質が選択可能です。

  • 標準音質–約96kbit/秒
  • 高音質–約160kbit/秒
  • 最高音質–320kbit/秒

この数字からいえることは、

スマホの通信制限(128Kbps)が実施された場合、高音質・最高音質はほぼ利用不可、96Kbpsの標準音質なら微妙だけど理論的には利用可能…ということ。

ただ通信制限時の通信速度はあくまで理論値です。じっさいにSpotify(スポティファイ)がブチブチ途切れずに再生できるかどうかは時間帯やエリア、回線の混雑状況などにも左右されるでしょう。

 

…が、しかし!!

1つだけ例外がありました。

上記の対策③のポケットwifiやWiMAX…これらを月間無制限プランで契約した場合、そもそも3日で10GBという通信制限しか存在しません。

唯一、3日で10GB制限というものがありますが、仮に通信制限がかかっても1Mbpsはほぼ約束されているためSpotify(スポティファイ)どころかYouTube動画もサクサク観れるので制限中でもまったく問題ないでしょう。

もし通信制限がかかってもSpotify(スポティファイ)が聴けないのは嫌って人はモバイルWi-Fiがおすすめじゃ!!

\WiMAXプロバイダのTOP2/

 Broad WiMAX
当ブログの評価:★★★★★
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なのでキャッシュバック貰い忘れも無いうえに、途中で光回線に乗り換える際も違約金負担サービスあり!

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 GMOとくとくBB
当ブログの評価:★★★★
ゲットできれば3万どころか4万円超えも!! 業界でもダントツな超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しいならGMO!ただし手続きは11ヶ月後、半数以上の方は貰い損ねているためマイナス1ポイント。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです。

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 

【まとめ】

以上、モバ神も過去に何度か経験したSpotifyが原因の通信制限の回避方法についてまとめてみました。

最後にもう一度内容をまとめると

  • Spotify(スポティファイ)を数日おき・たまに聴く程度…無料プランのままで3GB程度でもじゅうぶん
  • 高音質、またはガッツリ毎日利用する…有料プランに切り替えるかスマホ契約変更、モバイルルーターを契約

ということになります。

自宅でコマメに好きな曲をダウンロードできる性格の方なら有料プランがいいでしょうし、面倒くさがりなアナタは大容量プランに契約変更やモバイルルーターを持ち歩くというのもアリです。

ちなみにモバ神がたどってきた流れとしては

  1. まず有料プランに変更
  2. それでも通信制限にかかったためスマホを大容量プランに変更
  3. 調子にのってSpotifyだけじゃなくHuluやAmazonプライムビデオまで視聴して通信制限…
  4. 最終手段としてWiMAX契約してモバイルルーターを持ち歩く(←今ここ)

こんな状況でして、かなり遠回りしてきまましたが今のWiMAXだとSpotify(スポティファイ)に飽きたらHuluやNetflixなど動画もガンガン観放題なのでかなり移動時間が充実してます。

こんだけ快適に通勤できて、毎月の料金は飲み会たった1回分なので音楽好きはもちろん、そうでない人も毎日電車にのる人は絶対におすすめ致します。

以上、Spotify(スポティファイ)による通信制限を回避する方法まとめでした。当ページを参考に快適なSpotify(スポティファイ)ライフを始めてましょう!!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)
この記事を書いた人
ヨーアン

WiMAX利用歴6年の根っからのモバイル回線ユーザー。モバイル回線が複雑過ぎてわかりづらいと感じたため、こんなサイトを作ってしまいました。

動画配信サービス
WiMAXとポケットWi-Fiのおすすめ比較!もばいるwi-fiの神さま