【タイ旅行におすすめ】海外wi-fiレンタルの最安店舗を徹底調査!

 

「タイ(バンコク)旅行におすすめのレンタルwi-fiはどこ?」
「そもそもタイ旅行ってレンタルwi-fi無しだと厳しいの!?」

 

サワディークラップ!! タイ旅行の準備真っ最中の皆さまお待たせしました。当ブログの人気企画「海外wi-fiガチ比較」。今回は管理人も大好きな微笑みの国・・・タイ旅行むけレンタルwi-fiを大特集!!

出発前におさえておきたいタイ(バンコク・チェンマイ等)のwi-fi事情、さらにタイ旅行に是非利用してみたい格安レンタルwi-fiをピックアップし、

プラン内容と料金
通信速度
サポート体制

などあらゆる角度から徹底比較し、タイ旅行に最適なレンタルwi-fiを決定したいと思います。「食事やお土産で出費がかさむからレンタルwi-fiは節約しておきたい!」こんな方はぜひ参考にしてみてください。

▶▶タイ旅行むけレンタルwi-fi最安値をみる

【タイのwi-fi事情は?】出発前に手配しておきたいレンタルwi-fiの選び方

モバイルwi-fiの神さま「そもそもタイの街中は日本みたいに無料wi-fiがつかえるの?」とお考えの方。まずはタイ国内で無料wi-fiの利用できる代表的なエリアをピックアップしてみました。
wi-fi接続に必要な手続き
スワンナプーム国際空港
ドンムアン空港
簡単な必要事項を登録するだけ
ショッピングセンター「ターミナル21」登録制でパスポートを提示。2時間で接続が切れるが再度ログインすれば利用回数制限なし。
マクドナルド無料WiFiサービスのパスワードはレシートに記載。制限時間が45分まで。座席がある店舗のみ。
「TOM N TOMS COFFEE」
「スターバックスコーヒー」
「True Coffee」
「Cafe Amazon」
「Coffee World」
お店によって登録方法が様々なため注文時に店員さんに聞くこと

バンコク、チェンマイなど主要な観光地に滞在される場合、宿泊するホテルはもちろん上記の無料wi-fiエリアでネット接続できます。しかしながら空港や主要な鉄道の駅をのぞきバスやミニバスなどの交通機関ではタイ語の表記が中心!!

結果、交通手段や目的地を調べるにもネット検索が必須な国といえるでしょう。それらを踏まえ事前にポケットwi-fiを用意しておいた方が確実です。

▶▶タイ旅行むけレンタルwi-fi最安値をみる

 

【タイ旅行ならココをみる】レンタルwi-fi選び3つのポイント

もしかすると「初海外wi-fi」という方もいると思うので、まずはざっくりと海外レンタルwi-fi選び3つのポイントデータ容量の目安をご説明し、その上で当ブログの選んだタイ旅行におすすめのレンタルwi-fiを発表いたします。

海外向けレンタルwi-fi選びにおいて、当ブログの考える3つの基準は

料金プランが豊富、かつ1日あたりの料金が安いこと
高速通信(4G)が用意されていること
サポート体制がしっかりしていること

以上の3つです。海外向けレンタルwi-fiのクチコミや評判をみると、

「料金の安さだけで選んでしまった結果、ノロノロの3G回線で使い物にならない!」
「安いせいなのか海外での故障や不具合などに素早く対応してもらえなかった…」

などなど料金だけで選んで大失敗だったという方々が沢山みつかりました。よって料金だけでなく申込み前にはかならず上記3つの条件をクリアしているか確認しておきましょう。

▶▶3つの基準をクリアしたタイ(バンコク)旅行むけwi-fiをみる

注意
上記以外にも
延滞金の金額設定が異様に高い会社
料金が安い割には手数料が高めの会社
も多いため、申込みの前にはかならず料金シミュレーションを行ってから決めるようにしておきましょう。

【データ容量の目安】人数や目的に合ったプランを選ぼう

モバイルwi-fiの神さま「海外レンタルwi-fiって料金プランが沢山あって選べない!!」
と料金プランの部分で迷ってしまう方もいると思うので、250Mb、500Mb、1GBプランの特徴と選び方を解説します。

基本、海外向けレンタルwi-fiの料金は、同じタイエリアを指定しても

通常通信速度(3Gまたは4G)
高速通信できるデータ容量

と通信速度や1日あたりに利用できる高速通信のデータ容量によって料金が変わってきます。そこで通信速度とデータ容量についてズバッと解説します。

通信速度は4Gを選びたい

まず通信速度について。もし予算が許されるならサクサク快適な4Gを選ぶのが正解です。当ブログ的には、もし3Gと4Gの2つのプランから選択できる場合は迷わず4Gを選んでおくことをおすすめします。(国によって3Gが異様に遅い国もあるため)

データ容量は主な用途と同行者の数で決める

一方データ容量はアナタの旅の目的や同行する人数によって選ぶべきプランが大きくかわってくるのでご注意ください。
参考までに当ブログが250Mb、500Mb、1GBプランで何ができるかを調べてみたのでご覧ください。

250MB/日500MB/日1GB/日
Web閲覧
(現地情報の検索)
約1,000回約2,000回約4,000回
メール
(500kbの添付込)
約500通約1,000通約2,000通
LINE
LINE 音声通話
約12万5千回約25万回約50万回
約600分約1,200分約2,400分
動画
(1080p フルHD)
約2分約4分約9分
Google Map
(地図の確認)
約67回約135回約270回
Instagram
(写真投稿)
約10回約20回約40回

※上記はあくまで通信量の目安です。ウェブサイトの内容やメールの添付ファイル、更新アップデート等により予想以上に多くのデータ容量を消費する可能性もあるのでご注意ください

もしアナタが個人旅行で、観光情報や交通機関の予約など最低限のネット利用という節約派なら250Mbでもなんとか凌げるでしょう。

しかしながらインスタやTwitterなどSNSを頻繁にチェックされる方、また2名以上で旅行される方の場合は最低でも500Mb。2~3人でシェアする方、ビジネス旅行の方でしたら、できれば1GBプランを選んでおいた方が安心かもしれません。

【結果発表】タイ旅行におすすめのレンタルwi-fiはココ

モバイルwi-fiの神さま上記の厳しい3つの基準を満たしたレンタルwi-fiを数社に絞り込み、さらにタイ(バンコク)エリアに限定して料金比較してみたのでご覧ください!

タイ(バンコク)エリアでお得だったレンタルwi-fiの料金一覧

300Mb/日500Mb/日1GB/日
使い放題の無制限プランのみ1日590円
921円
(300Mb)
1,111円
(600Mb)
1,301円
(1.1GB)
なし1,020円
※早割り適用
1,260円
※早割り適用
680円980円1,180円
無制限は1,780円
680円
(350Mb)
980円1,280円

 

おおぉおぉぉ!! 1社だけ断トツ過ぎるぅぅ!!

 

正直、海外レンタルwi-fiはどの会社も同じような料金設定のため、比較してもそう大きな金額差はでないと予想していましたが、よい意味で予想を大きく裏切られました。

というわけでタイ(バンコクやチェンマイ)旅行に最安だったレンタルwi-fiはこちら。

タイ(バンコク)が本拠地の激安レンタルwi-fi・・・

「タイデータ」に決定します!

▶▶使い放題のタイDATAをみる

 おすすめの理由
大手海外向けレンタルwi-fi会社の多くは容量別に料金設定している中、タイデータだけは使い放題プランのみのラインナップで、金額もダントツの安さ590円/1日と他社の小容量プランと変わらない金額と、群を抜いてお得だったため。

海外wi-fi選びの際、知名度の高いグローバルwi-fiやイモトのWiFiなど選んでしまいがちですが、じつは端末の種類や利用する回線も一緒だったりします。

なので純粋に通信速度とデータ容量に対し、レンタル料金がお得なのか?という部分で選んでおけば損しません。

もちろんタイデータは、タイ最大手通信会社TRUE社の回線を採用しているため、広いエリアで4G LTEで通信がつながります(※3Gのみでの通信エリアもあります)

▶▶使い放題のタイDATAをみる

タイデータの受取り可能な空港一覧

タイデータでは

事前に自宅まで配送
空港受取

から選べ、前日の17時までに申込みが済めば発送してもらえます。

受取可能な空港

  • 成田国際空港内第一ターミナルQLライナーカウンター(4F 南ウイング)
  • 成田国際空港内第二ターミナルQLライナーカウンター(3F)
  • 羽田空港国際線ターミナルJALエービーシーカウンター(3F出発カウンター)
  • 中部国際空港セントレア分室郵便局(1F)
  • 関西国際空港ターミナルビル内郵便局(2F南)

タイ(バンコク)旅行におすすめ海外向けレンタルwi-fiを徹底比較

先ほど当ブログの一押しレンタルwi-fiを発表しました。しかし中にはもしかすると

「うーーん、念のため他のレンタルwi-fiもじっくりと比較したい!」

こんな方もおられると思います。そこで今回の比較対象となったタイ(バンコク)(台北)エリアに対応したレンタルwi-fiの料金やキャンペーン、さらに受取方法などの情報をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

グローバルwi-fi

グローバルwi-fiの料金システムは、現地の通信会社の回線を直接利用できる現地の方と同じ品質で利用できるレンタルwi-fiで、定額制なので追加料金の心配もなし。

通信速度(3Gまたは4G)
データ容量(通常の250Mb、大容量の500Mb、超大容量の500Mb)

の組み合わせによって決まります。節約派の方なら速度が控えめな3Gプラン、快適にサクサクとネットしたい方なら4Gプランを選びましょう。

グローバルwi-fiのエリア別参考料金

グローバルwi-fiの1日あたりのレンタル料金は、旅行先のエリアと通信速度、1日の高速通信データ容量により変わります。以下、参考までに「4GLTEプラン」での各プランの料金を旅行先ごとに掲載します。

250MB/日500MB/日1GB/日
アメリカ本土921円1,206円1,396円
ハワイ921円1,206円1,396円
韓国(現地受取)541円826円1,016円
タイ921円1,111円1,301円
オーストラリア1,206円1,396円1,586円

グローバルwi-fiなら受取・返却可能な空港が全国16空港

グローバルwi-fiのウリは、レンタルwi-fiを受取可能な空港が他社よりも圧倒的に多いこと。なんと16空港+2営業所でレンタルwi-fiを受け取ることができます。

受取可能な空港
新潟空港/小松空港/伊丹空港/関西国際空港 第1ターミナル/関西国際空港 第2ターミナル/福岡空港/大分空港/宮崎空港/鹿児島空港(返却BOX)/那覇空港/旭川空港/新千歳空港/仙台空港/歌舞伎城(新宿)/渋谷ちかみち/成田空港 第1ターミナル/成田空港 第2ターミナル/羽田空港/静岡空港/中部国際空港

以下の公式ページ内にあるコチラ

「かんたん料金シミュレーター」で国とプランを選択すれば、たった5秒で1日のレンタルwi-fi料金が見積もりできるのでお試しください♪

▶▶グローバルwi-fiを詳しくみる

イモトのWiFi


「世界の果てまで行ってQ」でお馴染みのイモトさんがイメージキャラクターという、ここ数年で利用者をガンガン増やしている会社といえば「イモトのWiFi」です。正直、レンタル料金が他社と比較して激安というほど低価格でもありませんが・・・

長く旅行すればお得になる長期プランがある
安心の24時間サポート付き

という部分に魅力を感じた方はイモトのWiFiをおすすめします。

▶▶イモトのWiFiで料金をチェック

【充実】早割りで20%!長期割で40%もお得に利用できる!

また旅行に出発するまで期間のある方でしたら早めにネット予約することで

と最高で20%の割引が適用され、旅行期間が30日以上という方の場合

と40%の料金でレンタルwi-fiを利用することも可能ですよ!

イモトのWiFi受取可能な空港一覧

イモトのWiFiの受取方法は

宅配
空港受取
東京本社受取

の3つの方法から選べ、宅配の場合はエリアによりご出発の2~4日前の16時までにお申込された方に限ります。(費用は全国一律500円)

また空港受取の場合、以下の6空港のカウンターで受取れます。(手数料500円。時間5分~15分)

イモトのWiFiの受取可能な空港
新千歳空港/成田国際空港/羽田空港/中部国際空港セントレア/関西国際空港/福岡空港

▶▶イモトのWiFiで料金をチェック

Wi-Ho!(ワイホー)


「海外旅行中も自宅のように動画視聴やネットサーフィンを制限なく楽しみたい…」

そんなわがままな旅行者の方に最適なのがWi-Ho!(ワイホー)です。
「390円~/1日」というレンタルwi-fi業界でも最安級の価格はもちろん、

そう・・・レンタルwi-fiの中でも数少ない無制限プランのある会社なのです。(※ほとんどのエリアに対応済みですが未対応エリアもあり)

ワイホーで料金をチェック

旅行プランに合わせて5つの料金プランが充実

また料金プランも他社にくらべ充実しているのも特徴で

海外1カ国用Wi-Ho!プラン
大容量プランとは?
アジア周遊Wi-Ho!® 4G
ヨーロッパ周遊Wi-Ho!® 4G/3G
世界周遊Wi-Ho!® 4G/3G

以上の5つから選択可能。

選ぶプランや旅行先、データ容量によって料金はさまざまですが、もっとも人気の高い「海外1カ国用Wi-Ho!プラン」の主な旅行先での1日あたりの料金を掲載します。

Wi-Ho!(ワイホー)の旅行先別の参考料金

300MB500MB1GB無制限
アメリカ750円/日1,050円/日1,250円/日1,850円/日
グアム¥980円/日1,280円/日1,480円/日
ハワイ750円/日1,050円/日1,250円/日1,850円/日
タイ680円/日980円/日1,180円/日1,780円/日
韓国750円/日1,050円/日1,250円/日1,750円/日
台湾590円/日890円/日1,090円/日1,590円/日
オーストラリア850円/日1,150円/日1,350円/日

※すべて海外1カ国用Wi-Ho!プランの4Gプランを選択

とグアムとオーストラリア以外の旅行地はすべて「無制限プラン対応地域」でした。

Wi-Ho!(ワイホー)の受取り可能な空港
成田国際空港/羽田空港(東京国際空港)/ 関西国際空港/中部国際空港/新千歳空港/福岡空港

ワイホーで料金をチェック

jetfi(ジェットファイ)

jetfi(ジェットファイ)の料金システムは大きく分けて

アジアプラン
グローバルプラン(世界周遊

から構成され、選ぶデータ容量によって料金が決定します。アジアプランはアジア諸国限定でグローバルプランはヨーロッパやアメリカ渡航の方、さらにアジアを経由してヨーロッパやアメリカを周遊される方におすすめのプランとなります。

jetfiで料金をチェック

jetfiの1日あたりのレンタル料金

350MB500MB1GB
アジアプラン680円980円1,280円
グローバルプラン980円1,280円1,580円

また30日、60日、90日と長期レンタル利用者にお得になる3種のプランがあるのもjetfi(ジェットファイ)の特徴です。

jetfi(ジェットファイ)長期利用パックの料金

30日間60日間90日間
長期利用パック(アジア)12,800円(426円/日)23,000円(383円/日)31,500円(350円/日)
長期利用パック(グローバル)15,500円(516円/日)29,000円(483円/日)40,500円(450円/日)

※どのプランも1日の高速通信容量は500Mbとなります

jetfi(ジェットファイ)の受取り可能な空港
成田国際空港/羽田空港(東京国際空港)/ 関西国際空港/中部国際空港/新千歳空港/秋田空港/広島空港/松山空港/鹿児島空港/那覇空港

jetfiで料金をチェック

タイ(バンコク)(台北)旅行にレンタルwi-fiが必要な理由

「そもそも1泊2日や2泊3日の旅行だけどレンタルwi-fiって必要なの?」

という方。たしかに短期間の旅行でしたら海外レンタルwi-fiなど使用せず、駅や空港、現地のホテルやカフェにあるフリーwifi を利用して最低限のネット接続は可能です。

しかし!!

海外は日本国内とは状況が違います。空港や駅、ホテルやカフェのフリーwifiには・・・

セキュリティの面に不安が残る
Free Wi-Fiスポットをみつけるのが手間
そもそも場所が限定されて不便

こんな危険が潜んでいるのでご注意ください。

じっさい無料wi-fiスポットにはセキュリティに問題があり、IDやパスワードが盗まれてしまうケースだったり、フリーwifiだと思ったら途中から課金のかかる有料wi-fiになるケースもあります。

結果、滞在時間の限られた旅行中にスムーズに観光スポットや美味しいレストランを探すなら、日本からレンタルwi-fiを持ち込むのが効率的なのです。

契約中のドコモ・au・ソフトバンクの海外パケットじゃダメなの?

「今つかっているスマホキャリアのまま旅行先で使えないの!?」

そう、今のスマホキャリアの海外パケットを利用してネットする方法もあります。たしかに旅行先でもっとも手軽にインターネット接続する方法といえばこの方法かもしれません。

しかし

料金が1日あたり1,980~2,980円と超割高
現地通信会社のゲスト帯域になるため混雑時はノロノロ
設定を間違えると高額請求になってしまう危険も!!

とコスパも悪く短い旅行期間であっても正直おすすめのサービスとはいえません。またスマホの海外パケットだと基本契約中の1台だけで他のタブレットやノートパソコンでは接続できません(テザリング機能があれば可能)

海外向けレンタルwi-fiなら通常は5台くらいは同時接続可能ですので、タブレットやノートパソコン、家族や友人のスマホも1台でデータをシェアできるのでおすすめです。

タイ(バンコク)旅行中にwi-fiで調べて参加したいイベント情報

今では世界的にも有名となったソンクラーン「水掛け祭り」をはじめ、1年を通してイベント盛りだくさんのタイ。

以下、タイ(バンコク)のイベントでも知名度が高く評判のよいお祭り等をピックアップしてみました。アナタの旅程にあうイベントをみつけて現地でレンタルwi-fiをつかって詳細を調べてみましょう!

ソンクラーン「水掛け祭り」4月13日から15日の間
S2Oソンクラーン・ミュージック・フェスティバル2019年4月13日(土)~15日(月)
「ロイクラトン」灯籠(クラトン)祭り例年11月後半
国王閲兵式12月初旬
タイランド・チャイナタウン・フェスティバル1月または2月
バンコクカウントダウン毎年12月31日〜1月1日

出典:タイ国政府観光庁公式サイト

まとめ

以上、今回はタイ旅行をひかえたアナタに最適な海外wi-fiを徹底比較してみました。

長くなったので再度結論をまとると

結論 「タイ旅行ならタイデータに決まり」

正直、他の海外向けレンタルwi-fiの会社の存在がかすんでしまうほど、タイデータお得さは圧倒的だった(ただし人気が高いので在庫切れに注意)

となり大手有名海外レンタルwi-fiを押しのけ、タイデータが料金・コスパで大圧勝でした。

というわけで今回の「海外wi-fiガチ比較」は以上です。最後までお付き合いいただき大変ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました