【地下に強いワイファイ】東京メトロ全駅をカバーしたWiMAX2+回線が地下最強Wi-Fiに決定!!

これまで高速モバイルWi-Fi業界の常識として『プラチナバンド=地下強い』『WiMAX2+=地下弱い』という共通認識がありました。事実、ユーザーさんから

LTE回線は地下に強いけれど、WiMAX2+回線って地下エリアだとつながりづらいんだけどっ!!

 

という厳しい意見も多く、地下鉄で通勤・通学される方、職場やバイト先が地下の人は、WiMAXよりスマホ回線を利用できるポケットwifiを選ぶのが普通でした。

しかしながら!!!
先日UQ WiMAXからこんな発表がありました。

東京メトロ全駅でWiMAX2+回線がご利用可能になりましたぁ!!

出典 UQ WiMAX エリア情報

あと数年かかると思ってたのに…嘘やろ!?

と思ったので、今回は皆さんにかわってモバ神が東京メトロ全駅に対応したWiMAX2+回線の近況をご報告したいと思います。都内の地下鉄で通勤・通学されている方は必見です!!

唯一の弱点、地下鉄という苦手エリアが解消された今、WiMAXに敵なし!! 以下の会社で驚きの料金をチェックじゃ!

WiMAX2+回線はなぜ地下鉄や地下エリアがつながりづらかったの!?

簡単にいうと『使用する電波の周波数帯の違い』。

じつはWiMAX回線の電波とLTE回線の電波の違いについて過去にも記事で書きました。

http://wimax-search.info/cutting/

ざっくり説明すると

こんな風にプラチナバンドとよばれる900MHzにくらべ、WiMAX2+回線の2.1MHzは電波の直進性が高く地下・ビル群・山間部だと電波が回り込まずイマイチ不安定でした。(※その代わりつながると速い)

そのため、LTE回線並みに地下・ビル群・山間部でもWiMAX2+回線がつながるためには、LTE回線以上の基地局・アンテナを増設してカバーするしかない…というのが唯一の解決策といわれてきました。

地下鉄や地下エリアがつながりにくいWiMAX2+回線が行った対策とは!?

結論からいうと

地下鉄や地下エリアのつながりづらいエリアを洗い出し、地道にアンテナや基地局を増設しまくった!!

これがWiMAX2+回線を管理するUQ コミュニケーションズの行った地下鉄や地下エリア対策に他なりません。

というかWiMAX2+回線は、地下鉄や地下エリアだけじゃなく、地上のエリアをふくめ、とんでもないレベルでエリアを拡張しています。

以下のUQ WiMAX公式ページをご覧になればおわかりですが

UQ WiMAX エリア更新情報

北海道~沖縄まで日々、日本のどこかでWiMAX2+エリアが拡張され続けています。

また地下鉄以外にも私鉄・JRなどの交通機関、全国の空港、大型商業施設など最終的には人工率100%に届く勢いといえるでしょう。

【最新情報】WiMAX2+回線がギンギンにつながる地下鉄エリア情報

では今回WiMAX2+回線が対応した『東京メトロ全駅』を詳しくみていきます。

UQ WiMAX発表が発表した東京メトロ全駅とはこちら。

路線名ご利用可能な駅(以下区間の全駅)
銀座線浅草駅~渋谷駅
丸ノ内線池袋駅~荻窪駅、中野坂上駅~方南町駅
日比谷線北千住駅~中目黒駅
東西線中野駅~西船橋駅
千代田線綾瀬駅~代々木上原駅、北綾瀬駅~綾瀬駅
有楽町線和光市駅~新木場駅
半蔵門線渋谷駅~押上駅
南北線目黒駅~赤羽岩淵駅
副都心線小竹向原駅~渋谷駅

いかがでしょうか!?

UQ WiMAXの公式ページには注意書きとして

サービスエリア内でも電波が伝わりにくい場所では、通信できなかったり通信速度が低下する場合があります。

とありますが、モバ神が先日都内を移動中に確認したかぎり、都心部ではほ100%サクサクつながっていましたね。

路線によっては突然受信状態が悪くなることもあったが、ほぼほぼ快適に地下鉄でネットできるはずじゃよ!!

苦手な地下鉄・地下エリアが払拭された今こそポケットwifiよりWiMAX!!

ここまで読んでいただき、地下鉄でもWiMAX2+がつながるのはわかった。

でも他のモバイルWi-Fiに追いついただけで、わざわざWiMAXを選ぶ理由にならないんじゃないの!?

こんな意見もあるでしょう。たしかに他の回線より地下に弱かったWiMAX2+回線が他のモバイルWi-Fiに追いついたという見方もできますよね。

 

…ですが!!

唯一の弱点だった『地下鉄』が克服された今こそ、WiMAXに乗り換えるチャンスといえるかもしれません。いや、乗り換えるべきだと思います。

その理由として

  1. そもそもYモバイルのポケットwifiより端末価格も月額料金もお得
  2. 最新端末を比較した場合、圧倒的にWiMAX端末の方が速くて快適
  3. WiMAX2+回線が地下鉄に対応した…ということはLTEオプション費用もいらない!!

この3つを挙げることができます。次章でポケットwifiよりWiMAXを選ぶべき根拠を詳しく説明します。

YモバイルのポケットwifiとWiMAXをガチ比較した結果…

まずはポケットwifi(Yモバイル)とWiMAXをガチ比較した結果をご覧ください。

エリアの広さ全国99%(人口カバー率)全国99%(人口カバー率)
スピード(最大速度)612Mbps708Mbps
月額料金(サービス期間をのぞく)4,380円(3年のお得割選択時)3,411円(ブロードワイマックス加入の場合)
速度制限3日で10GB(ポケットWi-FiプランL)3日で10GB(ギガ放題)
端末価格40,000円程度(分割払い)基本0円
事務手数料3,000円3,000円
契約期間3年契約2年(LTE無料は3年のみ)
おすすめユーザー地方や郊外にお住まいの方

WiMAXの電波が入りづらい地区の方

動画視聴・ゲームアプリ等をメインに使う方

都市部にお住まいの方

自宅の固定回線も兼用でつかう方

ご覧のように、Yモバイルのポケットwifiより端末価格も月額料金もお得なうえ、最新端末を比較した場合、圧倒的にWiMAX端末の方が速くて快適です。

その上、ポケットwifiが地下鉄でつながりにくい場合、LTEオプションが不可欠となりますが、上記のとおり、WiMAX2+回線は地下鉄に対応しました…つまりLTEオプション費用も不要!!

というわけで唯一の弱点、地下鉄が克服されたWiMAX2+回線…

ポケットwifiにくらべて圧倒的にWiMAX2+が優勢!!

こんな結論となりました。

最近では『使って納得できなければ乗り換え時の違約金不要!!』というユーザー目線のキャンペーンを用意したプロバイダもでてきました。

とりあえず地下鉄でどんだけ繋がるのかチェックしたい人は、違約金負担の有無でプロバイダを選んでみるのも賢明ですね。

▼月額最安&違約金負担ならココ▼
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/

まとめ

以上、先日のUQ WiMAXから発表された『WiMAX2+回線が東京メトロ全駅に対応』をうけ、モバ神がその事実関係と、地下が克服されたWiMAX2+回線の凄さをお伝えしてきました。

これまで

  • 地下鉄・地下エリアでつかうのが多い人⇒⇒⇒LTE回線またはAXGP回線
  • 地下鉄・地下エリアはほぼ使わない⇒⇒⇒WiMAX2+回線

という図式でしたが、今回のWiMAX2+が東京メトロ全駅に対応したことで、

通勤・通学で地下鉄をメインに利用される人も、やっぱりWiMAXでいいんじゃない!?

こんな流れになってくる予感がヒシヒシ感じます。

また地下鉄・地下エリアでネットできず、これまで仕方なくLTEオプションを利用されていた方も、今後はWiMAX2+回線のみで済むため、無駄な出費をおさえるのも嬉しいですよね。

そもそもYモバイルのポケットwifiよりも、プロバイダ間の競争が激しいWiMAXの方が端末も無料だし月額料金も安いので、ぜひ地下鉄通勤の方もWiMAXを検討してみてくだいね!!

【2018年5月】今月の最安値情報
\高額キャッシュバックなら!!/
とくとくBB公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安なら!!/
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/
\プロバイダ選びで絶対に失敗しなくない人は!!/
参考記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較してみた結果!!