【WiMAX乗り換え】更新月に解約金を払わずお得に乗り換える方法まとめ

当ページをみてくれているということは

  • 今までWiMAXを使ってきてソコソコ満足はしてる、ただ更新月なのでお得なプロバイダに乗り換えよっかな?
  • これまで使ってきたYモバイルのPocket WiFiがイマイチ…今度はWiMAXなんてどうなんかな?

こんな風に、WiMAX乗り換えにオススメの申込先を探していましたね!

まず2年間の利用期間をきちんと把握して、更新月で違うプロバイダ、または他のモバイル回線に乗り換えることを決意したアナタ!

鋭い!

ここは完璧っす! 

スマホでもモバイル回線でも、2年契約(2年縛り)のサービスというのは、更新月に他社に乗り換えた方が絶対に得する仕組みなのです!

これは新規加入のユーザーさん獲得が激しいモバイル回線市場ではすでに常識!もう鉄板ですね!

つまり裏を返せば…

2年以上、同じキャリアやプロバイダに居残ることは、思いっきり損するということ!

まあ正確にいうと損するとは微妙にニュアンスが違いますが、他社に乗り換えたパターンと比較すれば相対的に損することになります。

そこで今回、WiMAXに乗り換えようと検討している方にむけ、

  • 乗り換えないとどれだけ損するか
  • もし乗り換えるならどんな会社に乗り換えるとベストなのか

この2点に絞りこんで凝縮してお伝えします。早速みていきましょう!

乗り換えなきゃ損!2年以上居残るとこれだけ損します!

まずWiMAXに乗り換えを考えている方!

大きくわけて

  1. 他のモバイル回線からWiMAXに乗り換える方
  2. すでにWiMAXを使いつつ、更新月のタイミングで新たなプロバイダに乗り換える方

という方が多いと思います。

そんな中、

『乗り換えも検討しているけど、いろいろ面倒…あと2年継続しちゃおっかなぁ』

そんな微妙に迷っている人もいますね??

そこでまず『WiMAXを乗り換えるor乗り換えないか?』

この部分で迷っている人に、絶対に乗り換えなければいけない理由をお伝えします。

契約から2年が経過すると月額料金は割高になってしまう!

あれこれ説明するより、試しにWiMAXプロバイダの中でも断トツのキャッシュバック金額で有名なGMOとくとくBBの料金をみてみましょう!

まずギガ放題プランで契約している人は2年以降はどうなるのかといいますと…

3か月目~24か月目も25か月目~も同じ4,263円。

そして月間7GB制限のライトプランの場合

こちらも同じで25か月目以降も3,609円と月額料金は一切変わりません。

こう比較してみると、そのまま更新してあと2年間継続したところで、損も得もしない…だったらどっちでもいいのでは?という気もしますね。

ちなみに

プロバイダ月額料金CB込み実質料金
(ギガ放題2年)
総合評価
GMOとくとくBB
4,263円(税抜き)
(最大2カ月間 3,609円)
70,350円(税抜き)
(CB金額33,000円受け取れた場合)


実質料金は最安だがCBの受取難易度は高め!

という感じで、じっさいにとくとくBBで2年間利用したとき、実質的にこのくらい費用がかかってきます。

ですが冷静に考えてみましょう!

ここまで2年間の実質費用が安くおさまるのは、ひとえにGMOとくとくBBの現金キャッシュバックが31,800円と高額なため。

2年間の総費用から31,800円を引くことで、このような安い料金が実現しているんですね。

しかしながらキャッシュバックは新規加入の方のみのサービス。いくら継続して4年、6年と居残っても何も特別なサービスはいっさい用意されていません。

変な話、新規ユーザーにくらべ、2年以上残っている方は、更新のたびにキャッシュバック金額相当の損をしているわけなんです。

このように長期契約者が得するような特典やキャッシュバックを用意していない以上、更新のたびに回線やプロバイダを乗り換える方が、確実に安くWiMAXを利用できます。

ポケットWi-FiからWiMAXに乗り換える!

続いては、YモバイルさんのポケットWi-FiからWiMAXに乗り換えを検討している方にむけ、もし更新月ならWiMAXに乗り換えるべき理由を書いておきます。

YモバイルのポケットWi-FiからWiMAXに乗り換えるべき理由1 料金や契約期間

まず!もっとも気になる料金や費用の面。

毎月の出費だけに安い方が嬉しいですよねぇ。

そこでYモバイルのポケットWi-FiとWiMAXの料金をまとめました!(WiMAXはUQ WiMAXの料金となります)

プラン名Pocket WiFi プランLPocket WiFi プラン2UQ Flatツープラス ギガ放題UQ Flatツープラス
月額料金4,380円3,696円4,380円3,696円
初期費用3,000円3,000円
違約金更新月以外の解約だと一律9,500円更新月以外の解約時
1~13ヶ月目:19,000円
14~25ヶ月目:14,000円
27ヶ月目以降:9,500円
更新月以外の解約だと一律9,500円
契約期間3年
※契約期間無しの場合5,696円と9,184円
2年

このような感じで、月額料金に関してはほぼ同じ!

ただWiMAXの場合、20社あるプロバイダからもっと月額料金の安いプロバイダを選ぶことで、正直、100~200円程度は月額料金を安くすることはできます。

基本的に料金プランの種類や月額料金については大きな差が無い!といえそうです。

解約金の設定と契約期間の違い

一方、契約期間中に解約する際の解約金、ここはYモバイルのポケットWi-Fiの方が低い設定で嬉しいですね。

逆に契約期間はWiMAXの2年に対して、ポケットWi-Fiは3年!

これが地味に痛い!!

つまり6年間、モバイル回線を利用される場合、上手く更新月で乗り換えることでWiMAXなら3つのプロバイダを利用して3回の高額なキャッシュバックが狙えます。

それに対し、ポケットWi-Fiのような3年契約の場合、キャッシュバックのチャンスは2回。この辺り、けっこう地味にひびいてくるんですよねぇ。

YモバイルのポケットWi-FiからWiMAXに乗り換えるべき理由2 エリアと速度

では月額料金や費用以外の部分、モバイル回線にとってネックといえる速度やエリアなんかも比較してみましょう!

電波の種類LTE
AXGP
WiMAX 2+
au 4G LTE
速度(下り最大)AXGP→261Mbps
LTE→187.5Mbps
WiMAX2+→440Mbps
4G LTE→225Mbps
速度制限Pocket WiFi プランLのAXGPのみ無制限
※他7GB/月
ギガ放題プランのWiMAX 2+のみ無制限
※他7GB/月

じっさいにモバイル回線を使い始めて、動画やゲームがサクサク快適に楽しめるかどうか?

この部分を左右する大きな要素というのが、何を隠そう回線の速度

回線の速度をくらべてみると、正直WiMAXがポケットWi-Fiの倍近くという速度なんですね!

圧勝!!

もちろんYモバイルのポケットWi-Fiも普通に速度でてます。決して遅いってわけじゃありません。

ほら、このように最新の端末なら下り最大225Mbpsも可能です。

ただWiMAXが速すぎる!もうモバイル回線レベルを超えてひかり回線と張り合うってレベルなんですよ。

※8年間で下り最大の速度が10倍とかってありえないっす…。

今ゲットできる端末を使えば普通に440Mbpsは可能。

最近のアップデートによって最新端末W04なら590Mbpsにも対応しました。もうすぐひかり回線に追いつくのでは?というレベルなんです!

事実、マンションタイプのひかり回線と比較しても普通にWiMAXの方が速いってパターンもすんごく多いっす。

純粋に動画やネット対戦ゲームをモバイル回線で利用したい…という場合、ポケットWi-Fiだと厳しい状況でもWiMAXなら快適ってパターンも多いです。

なのでヘビーに使い倒したい!!という方の場合、とりあえずWiMAXを選んでおくのが無難な選択だと思いますよ。

事実上、無制限エリアの広さを比較

ちなみに、月間7GB制限のLTEをのぞいたポケットWi-FiならAXGP、WiMAXならWiMAX2+エリアを比較しておきます。

まずポケットWi-FiのAXGPエリアは…

一方、WiMAXのWiMAX2+エリアはというと

微妙にポケットWi-Fiが強い地域、WiMAXが強い地域とありますが、ほぼ同じレベル…微妙にWiMAXの方が広いかなぁ…という違い。

そもそもポケットWi-FiとWiMAXでは電波の周波数帯も違うため、電波の特性も違います。

この辺りはお住まいのエリアでピンポイント診断を行い、明らかにポケットWi-Fiの方が適していれば無理にWiMAXに乗り換えない方が良いケースもあります。

このへんについては、以下のページでもYモバイルのポケットWi-FiとWiMAXを各項目で徹底的に比較しています。

【WiMAXポケットWi-Fi比較】確定!料金、速度比較したらオススメのモバイルWi-Fiはこっちだった!
当ページではWiMAXとワイモバイル(Yモバイル)のポケットWi-Fiをエリア、速度、料金とさまざまな面で比較し、もっとも使い勝手のよいお得なモバイルWi-Fiを提案しています

ポケットWi-FiからWiMAXってどうなんかなーという場合、まず読んでから判断する方がいいですね。

2年間利用したプロバイダから新しいプロバイダに乗り換える!

続きましてここからは、

『すでにWiMAXを利用しているが、更新月なので他のプロバイダに乗り換えたい!』

そんな方にWiMAXプロバイダを乗り換える際の注意点、ポイントをお伝えしておきます。

まず各プロバイダで共通している部分として、一度利用したキャッシュバックやキャンペーンは2度目は適用されないという部分があります。

つまり高額なキャッシュバックや大幅な月額割引を次回も利用する場合、同じようなキャッシュバック、キャンペーンを用意しているプロバイダに乗り換えることが前提になってきます。

ちなみに!

今現在の各プロバイダのキャッシュバック金額や月額料金、2年間の費用を計算したのが以下の一覧表となります。

プロバイダ月額料金CB込み実質料金
(ギガ放題2年)
GMOとくとくBB
4,263円(税抜き)
(最大2カ月間 3,609円)
70,350円(税抜き)
(CB金額33,000円受け取れた場合)

ニフティ
4,350円(税抜き)
(最大3カ月間 無料!)
75,000円
(CB金額20,100円受け取れた場合)
ソネット
3,980円(税抜き)
(初月無料、最大2カ月間 3,495円)
73,570円
(CB金額20,000円受け取れた場合)
ビッグローブ
4,380円(税抜き)
(初月無料、最大2カ月間 3,695円)
82,370円
(CB金額20,000円受け取れた場合)
UQ WiMAX
uqロゴ
4,380円(税抜き)
(最大2カ月間 3,696円)
103,068円
(3,000円商品券を
受け取れた場合)
ブロードワイマックス
3,411円(税抜き)
(最大2カ月間 2,726円)
82,809円
(CB受取手続きが無いため確定金額)
DTI wimax
4,300円(税抜き)
(最大2カ月間 3,500円)
74,800円
(CB金額29,000円受け取れた場合)

もし単純にキャッシュバック金額が高額で2年間の実質費用が安いプロバイダだと嬉しい!

という場合、素直に一覧表の数字を比較して選んでもらってOKですね。

ちなみに前回のキャッシュバック…ちゃんと受け取れましたか?

ただ乗り換え検討中の方の中には、

  • 今のプロバイダでキャッシュバックを貰い損ねた…
  • 次は受取の楽なプロバイダ、またはキャッシュバック無しの会社を選んどきたい!

そんな人もいますね?

じっさい、とくとくBBを選んだものの、キャッシュバックを貰い損ねたユーザーさん、かなり多いんです。

そんな場合、契約してすぐにキャッシュバック手続きが可能な@nifty。

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
@nifty公式サイト http://setsuzoku.nifty.com/wimax/

または手続きの楽なBIGLOBE(ビッグローブ)。

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
BIGLOBE(ビッグローブ)公式サイト  http://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

この辺りを選んでおけば、キャッシュバックを受取れる確率がぐーんとアップするはず。まず貰い損ねることないでしょう。

最初からキャッシュバック設定なし、月額割引のプロバイダを選ぶのもあり!

またプロバイダを乗り換えたいものの

『1年後のキャッシュバックなんて100%忘れとる…自分には無理やわ』

という人もいますね?

そんな忘れっぽい方、または1年間キャッシュバック忘れないかとビクビクしたくないって方の場合、最初からキャッシュバック設定なしのプランという選択もあるんです。

そのへんについては以下のページ。

【WiMAX月額料金が一番安いのはどこ?】月々安いワイマックスのプロバイダ調べた結果…
当ページはWiMAXプロバイダを比較し、月額料金や毎月の費用、月々の支払額の安いお得なプロバイダをピックアップして料金の詳細を比べてみました

でも詳しくお伝えしていますが、1年後のキャッシュバックでドーンと貰うのではなく、月々のお支払いから確実に割引しますよーというプラン。

貰えるか貰えないかハッキリしないキャッシュバックより、こちらを選ぶユーザーさんも増えています。

いずれにせよ、自分の希望するプランを用意したプロバイダを比較してみてください。

今のプロバイダでしっかり1年後のキャッシュバックを受取れた方であれば、次回も大丈夫でしょうし、すでに貰い損ねた方の場合、次回はユルい手続きのプロバイダ、または月額割引のプロバイダから選んでおけばいいですね!

【まとめ】乗り換えで高額CB・最新端末ゲットを狙え!

以上、モバイルWi-Fiの乗り換え検討中の方、回線を乗り換える予定の方、そしてプロバイダを乗り換える方にむけ、おすすめの乗り換え方法と注意点をまとめました。

結論としては

モバイル回線は最短の期間だけ利用し、解約金のかからない更新月を見逃さず他の回線やプロバイダに動く!

という部分がお得に利用するポイントですね。

『釣った魚にエサは与えぬ』という言葉がありますが、DoCoMoやau、ソフトバンクをはじめモバイル業界は、獲得したユーザーさんよりも新規ユーザーさんの獲得に力を注いでます。

結果、もっとも売上に貢献しているはずの長期利用者さんがないがしろにされ、考えようによっては新規加入の方のキャッシュバック金額を負担している…ということもいえます。

乗り換えにともない、プロバイダ選びから申し込み、端末の設定とちょっぴり手間はかかりますが、何より2年前の端末が無料で最新の端末に交換できます!

この部分は大きい!!

購入当時はまあまあ快適だった端末ですが、いざ最新の端末を一度でも利用してみると、その速さ・安定感に驚くと思いますよ!

端末選びについては2017年、おそらく年末にニューモデルが登場するまで、W04とWX03の2強の状態が続くはず。
ぜひ乗り換えて最新の端末のキャリア・アグリゲーションの速度を体感してみてください!

以下のページ。

こちらでも現在のおすすめWiMAXプロバイダを比較しています。ぜひプロバイダ選びの際は参考にしてくれたら嬉しいです!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする