【W05の通信速度がヤバい!!】ファーウェイW05はWiMAX史上最速ルーターに決定

全国のWiMAXユーザーにとって昨年末から今か今かと待ち焦がれた新端末…Speed wifi next W05がついに発売開始!! 外観もスペックもイイ感じに仕上がってます!!

もしかするとご覧のアナタも、新発売のW05が気になって、

旧モデルのW04とWX03、さらにWX04とくらべ、何がどう変わったんだろ?

と、W05購入前に他の端末との決定的な違いを調べていませんでしたか?

そこで今回は

  1. W04とWX03などと比較してW05はどこがどれだけ進化したのか?
  2. W05最大の特長、通信速度はどれほど高速通信できるのか?

最大の特長である通信速度を中心に『今なら最新端末のW05を選んでおくのが正解!!』と思える数々のメリットも掲載中。W05検討中の人はとりあえず目を通しておいた方がいいです!!

発売直後に思いっきりお得なキャンペーンをする傾向を考えると、キャンペーンが落ち着く前に早めに申込むのが吉!!

モバ神が調べた時点でのW05最高キャッシュバックと最安プロバイダは以下の2社。かならず公式サイトから申込んでおきましょう!

【2018年2月更新】今月の最安値情報
  • 高額キャッシュバックをドカンともらうならGMOとくとくBB⇨⇨⇨http://gmobb.jp/
  • とにかく月額料金を安くしたいならブロードワイマックス⇨⇨⇨https://wimax-broad.jp/

▼さらに詳しく比較したい方はこちら▼
WiMAXおすすめプロバイダの料金比較

W05の通信速度をはじめとしたスペック詳細

この度発売されたファーウェイ社のW05。このページでも特集しているように『708Mbps』という通信速度が最大のウリ。

ただモバ神がスペックをじっくり睨んだところ、スピード以外の部分にも凄い部分をいくつも発見しました。まずは以下のスペック詳細をどうぞ。

Speed Wi-Fi NEXT W05スペック詳細

製造元 HUAWEI
サイズ 約130×55×12.6mm(ディスプレイ2.4インチ)

(旧モデルW04は約130×53×14.2mm)

重量 約131g
連続通信時間
ハイスピードモード(WiMAX2+)
ハイパフォーマンス:約6時間30分
ノーマル:約9時間
バッテリーサービス:約10時間30分
ハイスピードプラスエリアモード(WIMAX2+、LTE)
ハイパフォーマンス:約4時間20分
ノーマル:約6時間30分
バッテリーセーブ:約9時間10分
連続待受時間 デフォルト設定:約850時間
クイックアクセスモード設定時:約38時間
バッテリー容量 2,750mAh(取り外し可能)
通信速度
ハイスピードモード(WiMAX2+)
下り最大558Mbps※(W04は440Mbps)
上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+、LTE)
下り最大708Mbps
上り最大75Mbps※

パッと見てわかるように、重要な部分には赤で下線を引いときました。このように通信速度が上がった以外にも

  1. 端末ぼ厚みが1.6mm薄くなった
  2. バッテリーが取り外し可能になった
  3. ハイスピード・プラスエリアモードはもちろん、通常のWiMAX2+回線時も速くなった

旧モデルのW04とくらべ、上記の3つが地味に改良されていました。

旧モデルのW04とWX03もライバル関係の2機種でしたが、NECのWX03はバッテリー取り外しできるのに、『ファーウェイのW04は取り外せない!!』

じっさいこの部分でファーウェイの端末を諦める人も多かったです。バッテリー交換が自分で簡単にできるW05はその点でも安心です。

W05がNECのWX04や旧モデルのW04よりおすすめできる5つの特徴

というわけで以下、先ほどのスペック一覧を踏まえた上で『これからWiMAXを申込むならW05で決まり!!』だと思える5つの特徴をまとめてみます。

①全ポケットWi-Fiで最速!! 4×4 MIMO・CA対応で受信最大708Mbps


東名阪の一部エリアにはなりますが、4×4 MIMOとキャリアアグリゲーションを組み合わせることで下り最大708Mbps注1の高速通信を実現!!(LTE利用時)

そして単純にWiMAX2+回線だけの速度も大幅にアップ!! 旧モデルのW04では440Mbpsだった下り最大が…なんと558Mbpsに進化!

さらに上りの速度も旧モデルの30Mbps⇨最大75Mbps(WiMAX2+エリアは最大37.5Mbps)とパワーアップしているので4K動画など大容量コンテンツのアップロードも問題なし!!

地味に上り最大の速度も大幅に上がったのでアップロードの作業が楽になったのじゃ!!

②薄くなって『持ちやすさ』『操作性』アップ!

スピード感に溢れたデザインと持ち運びに最適な薄型フォルムで、従来機の「W04」端末よりも約1.5mm薄型化してさらにスリムになってバッグへの収納性も向上。

薄型フォルムと上品な質感、さらに旧モデルでは主張が強すぎたカラーリングを今回、やや控えめに設定したことで高級感もアップ。

旧モデルのW04、発色のいいグリーンは正直好き嫌いがあったけど、今回はどちらの色も落ち着いてて飽きがこない!!

③初期設定も簡単に!!


NFC対応端末との接続設定がかんたんタッチで完了します。

初期設定もスマホをルーターにかざすだけでOKなので、これまで手間のかかったSSID・PWの入力もいっさい不要となりました!! 

 
つまりWiMAXあるあるの1つ

『げっっ!! 認証に必要なSSID・PWの記載されたステッカーが見つからん!!』

こういったシチュエーションでも安心。添付シールを紛失しても問題なく接続できちゃいます。

④専用アプリで通信状態を確認しやすい!!


専用アプリをつかうことで、スマホからネットワーク状態や接続端末、通信要領などの状況を一発で確認できるようになりました。

もちろん通信モード変更など各種設定変更もスマホからも可能!意外と多かったモード切替え忘れにによる7GBオーバーもこれで回避できます

地下鉄で頻繁にLTE回線をつかうワタシだけど、手軽にモード切替ができて嬉しいっす!!

⑤シチュエーションに合わせた、3つの電源モード!

  1. とにかく高速通信を楽しみたい⇨⇨⇨⇨⇨ハイパフォーマンス
  2. スピードと電池持ちをバランス良く⇨⇨⇨⇨⇨ノーマル
  3. スピードは必要としないが、長時間使用したい⇨⇨⇨⇨⇨バッテリーセーブ

こんな3つの通信パフォーマンスモードを搭載しているので、無駄な電池消費を防止できます。バッテリー容量は従来と同じですが節約機能がアップ!!

バッテリーを大容量化すれば電池問題は解消できるけど端末は重く…電池の消費を節約すれば解決じゃよ

ポイントはWiMAX2+回線利用時の下りと上り最大速度

上記の①で書きました『通信速度』の部分をもう少し突っ込んで解説します。まずはW05とライバル機種WX04の通信速度の比較を一覧でまとめたのでご覧ください。

通信モード 【W05】
【WX04】
ハイスピード
(WiMAX2+)
下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
最大440Mbps※
上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリア
(LTE+WiMAX2+)
下り最大708Mbps※
上り最大75Mbps
最大440Mbps
上り最大30Mbps

※W05の708Mbpsは東京、名古屋、大阪の一部エリアで提供中。表記の通信速度は、システム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により440Mbps 、220Mbpsまたは110Mbpsとなります。
※WX04の速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。

一覧にもありますが、公式サイトやWiMAX関連のサイトの多くは『W05の下り最大708Mbpsがヤバい!!』という部分ばかりにフィーチャーしてますが、

モバ神が注目したいのは

LTE利用せずに下り最大558Mbpsという速度が可能になったこと!! 地味に上り最大が改善されたこと!!

以上の二つです。モバ神がこの2点に着目した根拠を以下にまとめます。

W05はLTE無料プランに強制で加入させられない!!

ライバル機種のNECプラットフォームズ製のSpeed Wi-Fi NEXT WX04。

この端末も出来のよいモバイルルーターとして発売直後から人気なものの、唯一『WX04を選ぶと3年契約しかチョイスできない!!』こんな縛りがあります。

プロバイダからすればLTEに完全対応したWX04の実力を存分に発揮するならLTE無料プランが最適…という部分もありますが、ユーザー目線で考えた場合、

単純に縛り期間が1年伸びただけ!! LTE回線を使わない人にはメリットなんて何もなし!!

といえますよね。

また、敢えてWX04をスルーしてW05を選ぶ方の多くは、迷わず2年契約をチョイスするであろうことが想像できます。

…となると、LTE回線を自腹でつかうわけもなく、基本WiMAX2+回線のみで利用することになるでしょう。

つまりハイスピード・プラスエリアモードでLTE回線を利用したときの通信速度なんかより、WiMAX2+回線だけでどれだけ速いかが重要!!

ということです。その点W05は下りも上りも過去のどの端末よりも爆速なのでおすすめです。ライバル関係のWX04との違いは以下の記事をご覧ください。

【WX04とW05ガチ比較】どっちがいい!? どっちを買うべき!?アナタに合ったルーターはこっち!!
このページではファーウェイから発売されたWiMAXモバイルルーターのW05とNECプラットフォームズのWX04を速度、費用、スタミナ等あらゆる角度から徹底比較してアナタにおすすめのモバイルルーターを提案しています

ニンテンドースイッチ、PS4などオンラインプレイにとって上り最大速度も大切

最近ではポケットwifiの性能があがったこともあり、モバイルルーターを使ってニンテンドースイッチ、PS4など家庭用ゲーム機を楽しむ人も増えました。

それについては以前にも記事にしました。

基本、ニンテンドースイッチ、PS4いずれにせよ、オンラインプレイだからといって、絶対に光回線のような通信速度が必要というわけでもなく、一般的なゲームの場合

ダウンロード速度 3Mbps
アップロード速度 1Mbps

このレベルでじゅうぶんに楽しめます。ただポケットwifiの場合、エリアや時間帯によって回線が混み合うことで

  • ブチブチ通信が切断される
  • 重い・ラグい

こんな状況でイラッとするシチュエーションもけっこう多いです。

なぜなら『動画視聴とちがいオンラインプレイでは下り最大速度だけじゃなく、上り最大速度(アップロードの速度)も大きく関係しているため』です。

つまりポケットwifiで家庭用ゲーム機を楽しむ予定の方は、迷わずW05、さらに専用クレードルをセット購入して有線接続されることをおすすめします。

【えっ無料!? W05クレードル最安】通常価格と最安で購入できるプロバイダを調べた結果
このページでは新発売のファーウェイから登場したWiMAXモバイルルーター、W05の専用クレードルの効果や専用クレードルが必要な人とそうでない人、さらにW05のクレードルを最安で購入できる会社を紹介していま

【まとめ】こんな人こそW05を選んでおきたい!! おすすめの購入先も!!

以上、先日発売されたファーウェイの最新モバイルルーターW05の目玉、『通信速度』について詳しく解説しました。

再度まとめると

  1. LTE使用時は708Mbps、WiMAX2+回線のみでも558Mbpsと約1.3倍程度も速くなった!!
  2. ほぼ光回線にせまる通信速度のW05は、動画視聴やオンラインプレイのゲームもノーストレス!!

また超重要なメリットとして、昨年末に登場した人気端末のWX04では残念ながら3年契約のみの扱いでしたが、今回のW05はこれまで通り2年契約も可能!!(※GMOとくとくBB経由の場合)

結果、同じ条件のキャッシュバックや月額割りの場合、2年契約のW05の方がずっとお得な料金で使い倒せるんですね。

なので

  • 2年契約で効率よく他のポケットwifiに乗り換えてキャッシュバックをいっぱい貰いたい!!
  • LTEの必要性を強く感じていない、またニンテンドースイッチ、PS4なんかでも使いたい!

このへんにピンと来た人はW05を選ぶべきユーザーさんといえるでしょう。

モバ神の結論!!

旧モデルのクチコミや評判を堅実にフィードバックしたW05…まさに2018年のマストバイ端末に決定!!
【W05の評判は!?】過去のクチコミやレビューからW05の実力を徹底評価
当記事ではファーウェイ社から発売されたWiMAXの最速モバイルルーター、W05のスペックや新機能。さらに旧モデルの評判やクチコミをフィードバックして改善された3つのポイントについてまとめています

その理由を知りたい人は、こちらの記事も参考になるのでご覧ください。

じゃW05をお得に申し込めるプロバイダを発表!!

ということで端末選びは決まりました!
あと残されたのは『最安のプロバイダ選び!! 』ここも手を抜けませんね!

ちなみに当サイトでは以前にW05を最安で購入できるプロバイダについては記事にしました。

こちらも参考に、2018年のド定番となるW05をお得な料金でゲットしちゃいましょう!!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする