【WX04とW05で迷ったらこっち!!】WiMAXの最新ルーターをガチ比較してわかったWX04とW05の3つの違い!

ルーター選び

これからWiMAXお申込みという方にとって、もっとも悩みがちなトップ2といえば、

  1. どこから申し込めば一番お得なの??(プロバイダ選び)
  2. どのモバイルルーターを選んでおけばいいの!?(端末選び)

申込み先と端末選びの二つ。

申込み先に関しては【知らないと損!!】月間無制限につかえて3,000円以下のWiMAXプロバイダと特設ページを公開!!で、今もっともお得なプロバイダを発表しているのでこちらをご覧ください。

そこで今回、当ページではもう一方の悩み

どのルーターが正解!? ぶっちゃけWX04とW05どっちがおすすめ?

こんなルーター選び真っ最中のアナタの疑問を解消すべく

  • WX04とW05の共通する部分と大きく違う部分
  • アナタならWX04とW05どっちを選んでおくべきか!?

この2つのポイントを解説した上で、さらに最安値で運用できるプロバイダもご紹介!WX04とW05の2台でお悩みの方、当記事で疑問をスッキリ解消しちゃってください。

※いきなり当ページの結論が知りたい人はこちら!!

\WiMAXプロバイダのTOP2/

 Broad WiMAX
当ブログの評価:★★★★★
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なのでキャッシュバック貰い忘れも無いうえに、途中で光回線に乗り換える際も違約金負担サービスあり!

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 GMOとくとくBB
当ブログの評価:★★★★
ゲットできれば3万どころか4万円超えも!! 業界でもダントツな超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しいならGMO!ただし手続きは11ヶ月後、半数以上の方は貰い損ねているためマイナス1ポイント。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです。

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 

【結論から発表】W05とWX04をガチ比較し結果、W05の大圧勝!!

お忙しい方もいると思うので、まずは当記事の結論からお伝えすると・・・

  • 今もっとも売れているWiMAXルーター
  • アナタが選ぶべきWiMAXルーター

このどちらもズバリ、

「HUAWEIのW05」

こちらの端末で間違いありません!

その結論にいたった「根拠」については次項で詳しく説明しますが、

  • スペック的にW05がWX04を上回っている
  • ネット掲示板やTwitterのクチコミ情報でも圧倒的にW05の評判がよい

これらの理由から、普通に持ち歩いて普通にネットして、普通にサクサク動画が観たいという方。
そんなアナタにはW05が正解です。

▶▶W05を最安で利用できるプロバイダをみる

【比較項目】まずはW05とWX04の特徴を知ろう!

先ほどお伝えしたように、W05の方が通信速度も速く嫌な初期トラブルの可能性も低い、さらにクチコミ・評判も上、だからトータルでW05がおすすめ。というのが当ブログの結論。

 

ですが!!!
結局のところ、アナタの用途や目的と選ぶルーターの相性もあり、ごく一部の方にとってはW05よりWX04の方が向いているケースもあります。

そのあたりを無視してしまうと・・・

 

「こ、こんなハズじゃなかった・・・」

 

と納得できない端末を我慢して利用し続けることになるため、以下でW05とWX04を

  1. 通信速度(快適性)
  2. サイズ感(デザインも含む)
  3. スタミナ面(バッテリー)
  4. 専用クレードルの効果
  5. キャッシュバック・端末価格

以上の5項目で比較していきます。
基本、この5項目を高いレベルでクリアしている端末を選んでおけば2年先でも快適に使い倒せるということ。それではさっそく比較していきます。

比較その1 通信速度(快適性)

速度については大きく差がつきました。以下の一覧をご覧ください。

通信モード【W05】
【WX04】
ハイスピード
(WiMAX2+)
下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
最大440Mbps※
上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリア
(LTE+WiMAX2+)
下り最大708Mbps※
上り最大75Mbps
最大440Mbps
上り最大30Mbps

※W05の708Mbpsは東京、名古屋、大阪の一部エリアで提供中。表記の通信速度は、システム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により440Mbps 、220Mbpsまたは110Mbpsとなります。
※WX04の速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。

 

「うおぉぉ!! W05の圧勝ではないですか!?!?」

 

ポケットWi-Fiにおいて大切なのは『下り最大の速度』よりも『接続・受信状態が安定していること』。しかしながら同じ安定度と考えた場合、やっぱり通信速度が速いに越したことありません。

 

因みにLTE回線に頼らずWiMAX2+回線のみで558Mbpsという数字を叩き出したW05は、WiMAXどころかYモバイルなどすべてのポケットWi-Fiで最速です。

地味に上り最大も75Mbpsと圧勝

比較その2 サイズ感(デザインも含む)

今度はサイズ感を比較してみましょう。

 

【W05】
【WX04】
製造元HUAWEINECプラットフォームズ
サイズ約130×55×12.6mm(ディスプレイ2.4インチ)約111×62×13.3mm(ディスプレイ2.4インチ)
重量約131g約128g

※連続通信時間はWiMAX2+回線のみのハイスピードモードを選択の場合

ざっくりWX04の方が厚く、W05の方が細長いサイズ感。重さはわずか3gなので同じようなものです。

ちなみに旧モデルのW04とWX03ではサイズ感に違いが目立ち、よりコンパクトなWX03を選ばれる人も多かったです。

ただW04⇨W05で約1.6mmほど薄くなり、手に持った感じだとWX04よりも薄くシュッとしています。結果、サイズ感は好みの部分もあるため引き分けとします。

比較その3 スタミナ面(電池の持ち)

外出時に充電できない環境の方にとって『バッテリーの持ち』は深刻な問題。そこでバッテリー容量と連続通信時間を比較します。

 

連続通信時間ハイパフォーマンス:約6時間30分
ノーマル:約9時間
バッテリーセーブ:約10時間30分
ハイパフォーマンスモード:約8.1時間
ノーマルモード:約11.5時間
エコモード :約13.8時間
連続待受時間デフォルト設定:約850時間
クイックアクセスモード設定時:約38時間
休止待受:約700時間
ウェイティング:約50時間
電池容量2,750mAh(取り外し可能)3,200mAh(取り外し可能)

※連続通信時間はWiMAX2+回線のみのハイスピードモードを選択の場合

旧モデルと変わらないバッテリーを採用したW05にくらべ、高用量バッテリーをさらに大容量化したWX04に大きく水をあけられました。

移動が多く充電するタイミングのない人はスタミナ重視でWX04を選ぶのもあり

比較その4 専用クレードルの機能

自宅メインでポケットWi-Fiをつかわれる方の場合、有線接続のために専用クレードルは必需品という人もいます。

そこで2台の専用クレードルを比較してみました。

簡単充電もちろん可能もちろん可能
有線接続可能可能
受信感度アップなしWウイングアンテナで可能

じつはWX04、W05各端末の専用クレードルについては以前、【最高ゥ!!】ワイマックスなら最新機種W05が神すぎでワロタ!! WX04という選択肢は考えられない3つ理由を解説する!という記事でも特集しました。

重要なポイントだけお伝えすると

どちらの専用クレードルも充電、有線接続可能は同じで、

単純にWウイングアンテナが装備されているかどうか!?

この部分が最大の違いです。宅内での受信感度に不安がある人、宅内のモバイルルーター置き場と各Wi-Fi機器の距離が遠い人などにはWX04+専用クレードルという選択肢も悪くないでしょう。

比較その5 キャッシュバック・端末価格

これについては、最高金額のキャッシュバックを設定しているGMOとくとくBBのデータで比較します。公式ページにある現段階のキャッシュバック金額は・・・

とキャッシュバック金額に関しては同額でした。そこでこの結果をみて

「じゃWX04とW05、どっちを選んでもコスパは一緒ということね」

という方。キャッシュバック金額はたしかに一緒ですが、実は「ある重要な部分」に違いがあり、結果としてコスパ的に断然にW05の方がお得だったのです。

WX04とW05最大の違い…契約期間(縛り期間)の長さ!!

GMOでWX04とW05を契約する際、もっとも違う部分といえば・・・

「W05には2年契約があるのに、WX04には2年契約が無い!?」

 

そう・・・W05とWX04では最低の縛り期間が違うのです。

そもそもポケットWi-Fiの実質費用というのは

初期費用+契約期間の月数×月額料金+各種オプション-キャッシュバック金額
実質費用

この計算で算出されます。

つまり契約期間が2年⇨3年に伸びることで、32,000/2年⇨32,000/3年とキャッシュバック金額も大きく目減りしているのです。なのでトータルの実質費用としてはけっこうな違いがでるのでご注意ください。

縛りが長いと途中解約のリスクが高まる! 縛り期間が短いのは正義

WX04とW05のリアルなクチコミ情報をあつめて比較!!

W05発売から2ヶ月以上が経過し、購入されたユーザーさんの生のクチコミ情報が出揃ってきました。以下、良いクチコミも悪いクチコミもランダムにあつめてみたのでぜひ端末選びの参考にしてください。

WX04のクチコミ情報

という高評価も数多くあったものの

などなど初期不良や通信不良という方も…。うーーん正直まだ見送りなのか…。

W05のクチコミ情報

などなどクチコミ情報の多くは高評価なものの

とやや辛口評価もちらほら見受けられました。

とはいえWX04のような強制的に再起動を繰り替えす、ブチブチ切れるなどの初期不良のクチコミはみつかりませんでした。

結果クチコミ・評判をみるかぎり、今の段階ではファーウェイのW05を選んだ方が無難だとモバ神は考えます。

【アナタはどっち!?】WX04とW05各端末のおすすめのタイプとは?

ここまでのWX04とW05を比較した結果をふまえ、ここではユーザーさんのタイプ別におすすめ機種を選んでいこうと思います。

わかりやすく一覧にしたのでご覧ください。


W05がおすすめの人

WX04がおすすめの人
  • 通信速度にこだわる
  • 縛り期間は短い方がいい
  • LTE回線は基本いらない
  • 専用クレードルは必需品
  • 宅内での受信感度が微妙
  • 海外より国内メーカー

もちろんWX04とW05という端末じゃなく、あえてW04とWX03あたりの旧モデルを選ぶという選択肢もあります。

しかし当ブログの意見としては、

流れの早いポケットWi-Fi業界は・・・縛り期間が短い方が変化に対応できる!!

こう考えます。

結論としては現段階のマストバイ端末は「W05」さらにGMOから申し込むなら「2年契約プラン」。これが2018年のベストバイです。(※現段階でW05の2年契約が可能なのはGMOとくとくBBだけです)

▶▶GMOとくとくBBをもっとを詳しく見る

また一部のマニアックな方で

「海外製のモバイルルーターなんて嫌!国産でしょ!」

こんな人もいます。そんな場合は安定のNECプラットフォームズ製、WX04という選択もあり。 その場合、どこから申し込んでも3年契約ですので月額割引で100%特典が適用されるBroad WiMAXあたりがおすすめです。

▶▶Broad WiMAXをもっと詳しく見る

まとめ

以上、発売直後ということでまだまだW05情報が少ない中、各プロバイダや販売元さんの発表をもとに2台をガチ比較してみました。

『端末価格は0円』『LTE回線に対応』『独自のバッテリーセーブ機能』など共通する部分もみられたものの、

  1. 通信速度(下りも上りも)
  2. 専用クレードルの拡張機能(アンテナの有無)
  3. 縛り期間(2年または3年)

このへんは大きな違いも発見できましたね。上記の3つのポイントを軸に、お住いのエリアの受信状態、ポケットWi-Fiの使用目的などふくめてトータルで判断してみるといいです。

公式サイトから申込めば最短なら翌日配送され、即開通できるポケットWi-Fi…それだけに端末選びは時間をかけてじっくり行っておきましょう!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)
この記事を書いた人
ヨーアン

WiMAX利用歴6年の根っからのモバイル回線ユーザー。モバイル回線が複雑過ぎてわかりづらいと感じたため、こんなサイトを作ってしまいました。

ルーター選び
WiMAXとポケットWi-Fiのおすすめ比較!もばいるwi-fiの神さま