【Wi-Fi契約どこで!?】初心者必見!! 自宅用・家庭用Wi-Fiを最安で申込むコツ!

これまでモバイルWi-Fiを中心に、あらゆるネット回線を比較して『初心者でもわかりやすく』をモットーに解説してきた当ブログですが、先日

とにかく自宅の家庭用のWi-Fiが欲しい! 手っ取り早く最安でおすすめのWi-Fi契約先を教えて欲しい

 

という要望をいただきましたので、今回は光回線、ADSL、モバイルWi-Fiなどあらゆるネット回線の中から、

『申込み・設定がシンプル、かつ値段は最安級の家庭用Wi-Fiはどこ!?』

ここに絞ってガチ比較しました。『とにかく安くWi-Fi契約したい!!』こんな方は必見の内容ですよ。

『最安』『最短』この2つの重視するならWiMAXに決定じゃ!! 以下で驚きの月額料金をチェックせよ!!

\WiMAXプロバイダのTOP2/

 Broad WiMAX
当ブログの評価:★★★★★
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なのでキャッシュバック貰い忘れも無いうえに、途中で光回線に乗り換える際も違約金負担サービスあり!

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 GMOとくとくBB
当ブログの評価:★★★★
ゲットできれば3万どころか4万円超えも!! 業界でもダントツな超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しいならGMO!ただし手続きは11ヶ月後、半数以上の方は貰い損ねているためマイナス1ポイント。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです。

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 

Wi-Fiを自宅・家庭でつかう時の申込先 3つの選択肢

これから自宅・家庭用Wi-Fiを申込むアナタにとって、とりあえず候補となるネット回線は以下の3つです。

  1. 光回線
  2. ADSL
  3. モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)

基本、①~③どれを選んでも自宅・家庭用Wi-Fiとして問題なくつかえますが、選ぶ選択肢によって料金、使い勝手、工事の有無これらが大きく変わってくるのでご注意ください。(速度については違うものの、どれも実用に耐えうるものです)

光回線

フレッツ光、auひかり、nuro光などの光回線、自宅用・家庭用のネット回線の中心ですね。今回の3つの選択肢の中では下り最大1GB(2GB)というダントツの速さです。

またモバイルWi-Fiなどにくらべ『速度制限(通信制限)がいっさい無い!』この部分がメリットで、一日中Huluやアマゾンプライムビデオを視聴してるようなヘビーユーザーなら光回線がいいです。

 

ただしその反面!!

  • 開通までの期間が長い(2週間~2ヶ月)
  • 工事で追加の費用がかかることもある、引越し時に撤去費用がかかる

などモバイル回線にくらべた場合、上記のデメリットもあります。

また戸建てにお住まいの方は回線をある程度独占できますが、マンション住まいの方は建物側の原因で遅くなったり混雑時に集中してイライラするケースもあります。

これについては過去に記事にしました。

【マンションのネット回線が遅い!!】切れる!夜だとつながらない!マンションWi-Fiの遅い理由と対処法
...

ADSL

上記の光回線とおなじ固定回線というカテゴリーなものの、新たに光ファイバーケーブルを引き込む必要がないためコスパに優れているのがこちら。

既存の電話回線を利用する仕組み上、そもそも光回線ほどの速度は期待できませんが、基地局からお住まいの距離や使用する時間帯によっては何不自由なくつかえます。

とにかく月額料金を安く固定回線を引き込むならADSLという選択肢もありです。

 

ただし!!

  • そもそも固定電話をつかっていない場合、工事期間が3週間もかかる
  • アナログ回線を使うため高画質の動画視聴などは厳しい・オンラインプレイのゲームはラグが酷い

こういったネガティブな部分もあります。これらが気にならない方にはおすすめだと思います。

モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)

最後の選択肢は、いわゆるポケットWi-Fi、WiMAXとよばれるモバイルWi-Fi。

①、②が固定回線とよばれる工事が必要なタイプなのに対し、モバイルWi-Fiなら工事はいっさい不要。

申込み⇨モバイルルーターが届く⇨パスワード設定してネット接続!!

というシンプルな3ステップでネット回線が開通できます。

また①、②の場合、Wi-Fi機器に接続する場合は別途で無線LANルーターを購入またはレンタルするケースがふつうですが、モバイルWi-Fiならそれ自体が無線LANルーターなので無駄な出費もありません。

最大のメリットしては

  • 自宅用・家庭用Wi-Fiとしては費用が最安級
  • 動画視聴やゲームアプリにも対応できる快適な速度

この2つを高いレベルでクリアしているため、とりあえず自宅にWi-Fiが欲しいって人なら当サイトはモバイルWi-Fiをおすすめいたします。

 

ただし!! 全部が全部よい部分でもなく、選び方・使い方によっては

  • プランによっては月間のデータ通信制限がある
  • お住いのエリアによっては受信感度が悪い人もいる

こんなデメリットもあるため、ポケットWi-Fi・WiMAX選びは慎重に選んでおかないと後悔することになるでしょう。前にポケットWi-Fi選びのコツをまとめたので、その記事も参考にしてみてください。

【ポケットWi-Fiおすすめ】持ち運びできてお得なポケットWi-Fiを徹底比較!
このページではポケットWi-Fiを契約することのメリットや安くてお得なポケットWi-Fiを絞り込んで比較して、アナタにオススメのWi-Fiを提案しています

光回線とモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)徹底比較

上記の説明でなんとなく光回線、ADSL、モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)の違いが掴めたと思いますが、もう少し突っ込んで比較してみます。

自宅用Wi-Fi・家庭用Wi-Fi選びとしてユーザーさんのもっとも気になる

  1. 速度
  2. 開通までの期間。工事の有無
  3. 料金・費用

以上の3つの項目で比べてみました。

①速度

3つの候補を比較したら以下のような結果になりました。

回線の種類下り最大の速度
1位フレッツ光・光コラボなど光回線1GB(nuro光は2GB)
2位WiMAX、YモバイルなどポケットWi-Fi440Mbps(WiMAX2+の全国エリア)
3位ADSL12Mbps

数値上は光回線の1GBがダントツの速さでした。

しかしながら先日発売されたWiMAXの最新端末のW05あたりは下り最大708Mbpsと1GBにせまる速度をマークしています。

というか、そもそも光回線でもモバイルWi-Fiでもベストエフォート型のサービスのため、じっさいに1GBとか708Mbpsとか絶対にでることはありません。

ベストエフォート型とは?
ベストエフォート型とは、「表示品質に近づける努力はしているが、保証はできないタイプ」のサービスのこと。
「ベストエフォート型」は、お手ごろな価格で高速回線を使えるという大きな利点がある反面、他の人と回線を共有しているため、回線の混み具合いなどによって、なかなか表示品質通りの回線速度にならないという欠点もあります。
出典 BIGLOBE(ビッグローブ)

通常は30~80Mbps、よくて100Mbpsくらい出れば上々です。そもそもYouTube動画やHuluなんかも3Mbpsもでれば十分ということを考えれば、光回線でもモバイルWi-Fiでも大きな違いは無いと思います。

②開通までの期間・工事の有無

大きく差がみられたのがこちら。

回線の種類開通までの期間
1位WiMAX、YモバイルなどポケットWi-Fi最短翌日(通常2~3日)
2位ADSL早くて1週間~
3位フレッツ光・光コラボなど光回線早くて2~3週間(nuro光は1ヶ月以上)

申込み後、即日発送するブロードワイマックス、GMOとくとくBB辺りを選ぶことで最短なら翌日に開通できるモバイルWi-Fiが圧倒的に勝利しました。

そもそも工事不要なので、工事費用はもちろん、面倒な工事日の調整や工事日の立会、自宅に工事関係者を入れる必要もありません。これ、一人暮らしで平日忙しい人にとって大きなメリットですよね。

さらに引越し時も撤去費用が無いことも強みです。

③料金

最後に費用や料金。

回線の種類実質費用
1位ADSL2,857円(YahooBB ADSLで固定回線がない場合)
2位WiMAX、YモバイルなどポケットWi-Fi3,501円
(ブロードワイマックスのギガ放題で2年契約)
3位光回線4,158円(ソフトバンク光でファミリータイプ、キャッシュバック・乗り換え割適用)

単純に料金の安い家庭用Wi-Fiが欲しい!! という場合、ADSLを選んでしまいがちですが、じっさい基地局からの距離などの問題で、速度面で満足できない人もけっこう多いです。

もしADSLを検討している方は、事前にどの程度の通信速度が期待できるかリサーチしてから申込んでおきましょう。

光回線とモバイルWi-Fiを一覧でガチ比較

ここまでの説明を読んでいただき、

まずADSLという線はない!! あとは光回線かモバイルWi-Fiのどちらか…!!

こんな方も多いと思います。そこで光回線とモバイルWi-Fiを一覧でわかりやすく比較したので以下を参考にしてみてください。

【光回線】【モバイル回線】
月額料金戸建てタイプ…5000円前後
マンションタイプ…4000円~
ギガ放題プラン…最安プロバイダ経由なら月額3,400円程度~
速度理論上1GB
10Mbps程度~100Mbps以上と環境や密度によって差が大きい
理論上440Mbps(一部708Mbpsもあり)
通常30~60Mbps程度が一般的
対応エリア自宅のひかり回線のルーター、またはWi-Fiが受信できる範囲内一部の山間部、地下、ビル群で電波の受信状態がよくないエリアをのぞき日本全国
開通の工事や費用初期工事費用は0円だが解約時・撤去費用は別途
開通まで2ヶ月待ちも…
最短なら申込み翌日に端末が到着、その場で開通
キャッシュバック金額auひかりから18,000円
プロバイダから約20,000円(auひかりのずっと
ギガ得を利用)
プロバイダのみ
最大32,000円
(GMOとくとくBBのギガ放題プラン利用)

料金、工事の有無、開通までの期間ではモバイルWi-Fiが優勢ですが、通信制限や下り最大の速度にこだわる人なら光回線という感じですね。

ちなみにモバイルWi-Fiの中でもWiMAXのギガ放題プランを選べば3日で10GB制限というユルい通信制限しかありません(月間データ通信料は無制限!!)

もし無制限に近い状態でモバイルWi-Fiをつかいたいって人は以下の記事もご覧ください。

【ポケットwifi 無制限】制限無しのWi-Fiをガチ調査したら最安は〇〇だった!!
このページでは無制限につかえるポケットWi-Fiはあるのか?制限のないポケットWi-Fiをリサーチした結果と、無制限に近い状態で使い倒すことのできるポケットWi-Fiの種類や注意点を解説しています
モバイルWi-Fiは持ち歩くことでスマホのギガの減りを節約もできる!! さらなるネット通信費の節約も可能なのじゃ!!

【結論】工事不要で引越しや乗り換えにも対応できるモバイルWi-Fiが便利!!

いかがでしたでしょうか?

『ネット回線の初心者』『ネット関連の専門用語がわからない!!』という方にも理解していただけるよう、なるべくシンプルにお得な家庭用Wi-Fiの選び方を解説してきました。

 

というわけで、速度・使い勝手・料金や費用などあらゆる角度から比較した結果、大容量のファイルをやり取りされるヘビーユーザーをのぞき…

今だったら圧倒的にモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)の方がお得!!

モバ神としてはこのような結論にいたりました。とはいえ100%の人がモバイルWi-Fiを選んだ方がいいというわけでもなく、使い方によっては光回線にしとくべき人もいます。

このへんはWi-Fi選びの前に自分の使用目的をハッキリさせることが重要だと思います。

 

今回当サイトにご相談いただいた方のように、難しい話しは置いといて単純に

自宅のWi-Fiの安い申込先、簡単な申込先を知りたい!!

じつはこんな人けっこう多いんです。ぜひ参考にしてみてください!!

 

※モバイルWi-Fiという部分まで決まり最終的なプロバイダ選びの段階まで進んだ方は以下のプロバイダや比較ページでしっかりお得な会社を選んでみてくださいね。

\WiMAXプロバイダのTOP2/

 Broad WiMAX
当ブログの評価:★★★★★
「キャッシュバックって本当に貰えるの?」と不安な人なら実質月額の安さが業界最安級のBroad WiMAXが安心!月額割引なのでキャッシュバック貰い忘れも無いうえに、途中で光回線に乗り換える際も違約金負担サービスあり!

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 GMOとくとくBB
当ブログの評価:★★★★
ゲットできれば3万どころか4万円超えも!! 業界でもダントツな超ウルトラ高額キャッシュバックが欲しいならGMO!ただし手続きは11ヶ月後、半数以上の方は貰い損ねているためマイナス1ポイント。確実に手続きを完了できる方には超おすすめです。

▶▶このプロバイダを詳しく見る


 

 

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)
この記事を書いた人
ヨーアン

WiMAX利用歴6年の根っからのモバイル回線ユーザー。モバイル回線が複雑過ぎてわかりづらいと感じたため、こんなサイトを作ってしまいました。

サービス全般・基礎知識
WiMAXとポケットWi-Fiのおすすめ比較!もばいるwi-fiの神さま