【WX03とW04比較】4つの大きな違いを比べたらオススメ端末がハッキリした!

次こそはカフェや公園、アウトドアでもガシガシ繋がるモバイルWi-Fiがいい!中でもWiMAXが気になる!

という部分まで決まったものの

  • 数あるWiMAX端末からどの端末を選べばいいんやろ?
  • どのプロバイダでもWX03、W04という2機種を推しているが、正直どっちがいい?

もしかしたら、こんな端末選びで悩んでしまい、ネットで情報を集めていますね!

だとしたらバッチリです!

当ページでは、WX03とW04で端末選びに悩んでいる方に向け、徹底的に2つの端末を比較して、メリット・デメリットをまとめてみました。

今回、当ページをみてもらうことで『あ、自分ならこっちかなぁ』と選ぶべき端末が見えてくると思います。

ちなみに!

ざっくりと結論だけお伝えしておきますと、お住まいや行動パターンの関係で、

  • 『何が何でもauの4G LTEが使えないとヤバい!』
  • 『とんでもなく田舎に住んでいるのでWiMAXだけだと不安だ』

という方をのぞき、

迷ったらWX03を選ぶ

さらに固定回線がわりとして自宅で使う頻度が高いならば、同時に専用クレードルも購入しておく!

とりあえずこんな感じの方向でOKだと思います。さっそく詳しく比較してみましょう!

WX03とW04はどちらも最高な端末です!

まずWX03とW04を比較する前に、大前提の部分をひとつ。

今回のWX03とW04、どちらを選んだとしてもWiMAXの速度やエリアが大きく変わってしまう…という事態はありません。

基本、WiMAX2+の回線を使っている以上、速度もエリアも同じなのでご安心ください。

また皆さんが迷いがちな2つの端末ですが、じつは考えているよりも大きな違いは少なく、使用感については基本的にそんなに大差ないって思います。

とはいえ!

どっちを選んでも同じなのかといいますと、まったくそんな事はなく、大差ない2つ端末ですが、細かく拾っていくとそれなりに違う部分があります。

プロバイダとの契約は基本2年。普通なら2年間は使用するので、後悔しないよう自分に合った端末を選び、2年後も『こいつを選んでヨカッタ!』となるよう勉強しておきましょう。

WX03とW04を迷ったら知っておきたい4つの違い!

細かいスペックまで比較しはじめると、さらに悩みが深まって決められない・・・という可能性があるので、大きな4つの違いに絞り込みました!

以下の4つの項目をご覧になって、

『あーここ大事だよねぇ』

と思った部分があれば、単純にその項目の結果で選んでしまってもいいと思います。

また4項目をトータルで比較する…なんて決め方もアリかと。では早速みていきましょう!

掴む電波の違い

まずはWX03とW04を比較して、もっとも分かりやすく大きな違いというのが、掴む電波の種類です。

以下の表をご覧ください。

 WX03W04
発売時期2016年12月2017年2月
下り最大440Mbps
440Mbps
対応回線WiMAX2+
WiMAX2+
au 4G LTE(1,005円の有料オプション)
発売元NECHUAWEI

といった感じで、WX03はWiMAX2+のみ、それに対しW04はau 4G LTEを利用することも可能なんです。

都心部は99%というWiMAXの人口カバー率ですが、電波の周波数帯の関係から、山間部や地下や奥まった建物内、建物の構造上の問題で、受信感度が安定しないって部分あります。

そういったWiMAX2+が微妙かなーってときに緊急用としてau 4G LTEを利用できるのはメリットといえばメリット。

ただし便利なau 4G LTEですが、手放しで喜べない部分もあって

  1. 一度でも利用すると月額1,005円のオプション料金がかかる(3年契約にすれば無料になりました)
  2. ギガ放題プランにかかわらずau 4G LTEを使用すると7GB制限が適用される

という、せっかく安くオトクにWiMAXを契約したのに…ってなる部分が出てきちゃうんです。

なので個人的には、WiMAX2+回線だけで利用して、どうしても緊急時に使うときはスマホをデザリングしちゃった方がオトクだと思います。

結果、現時点でau 4G LTEが利用できるかって部分は、大きなメリットにはならないなーと思いますね。

外観・デザイン性の違い

まずデザイン性や見た目について。

このへんについては、男女の違いやセンスの違いも出てくるので、一概にどっちが良いとか決めることは難しいです。

ただ僕個人としては、やっぱりWX03とW04を比較したら、断然にW04の方がカッコイイと純粋に思います。

縦型デザインという部分、シュッとした外観、やはりスマホ業界でもガンガンに売上を伸ばしてる新勢力のデザインは洗練されていますね!

では今度はサイズ感について比較してみますね。

 WX03W04
発売時期2016年12月2017年2月
本体サイズW99×H62×D13.2
最小
W53×H130×D14.2
重量110g
最軽量
140g
発売元NECHUAWEI

ご覧のとおり、コンパクトさ・重さについては、ちょっぴりWX03が有利なんかなーと思います。

とはいってもサイズ的に約3cm、重さも30gという違い。

専用ケースやカバンに入れて使う人ならほとんど気にならないと思います。

まあ僕のようにポケットに入れて出かけることの多い人!

そういった人の場合、ポケット内のおさまりとしてはWX03の方が断然におさまりが良いといえそうですね。

スタミナの違い

続いてはモバイルルーターにとって要であるスタミナ!

そうです。帰宅するまで電池切れに陥ることなく長持ちするバッテリーかどうかって部分もめっちゃ大事ですよね。

そこで2端末のバッテリー容量、各モードでの使用時間、連続待機時間を表にまとめました。ご覧ください。

 WX03W04
ハイパフォーマンス・モード約7時間20分約6時間30分
ノーマル・モード約10時間10分約9時間
エコ・モード約12時間20分約10時間30分
連続待ち受け時間約17時間20分約14時間10分
バッテリー容量2,890mAh2,750mAh

といった状況でして、そもそも採用しているバッテリーのサイズが違うため、どのモードにおいてもWX03が長持ちするという結果となりました。

じつは『重量的には30gほど思いW04の方が大型のバッテリーで、スタミナ面も長持ちなのでは?』と僕も考えていたのですが、予想を大きく裏切られました。

エコモードで約2時間、連続待機時間で約3時間・・・けっこう大きな差だとおもいませんか??

結果、全体的な重量とバッテリー容量は関係なく、とりあえず外出中に充電できる環境じゃない人、少しでも長持ちしてもらいたいって人は無難にWX03いっちゃってください!

※WX03をもっとも安く利用するなら以下のプロバイダが現在の最安値です!

GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/

専用クレードルの拡張機能の違い

ちなみにアナタは『専用クレードル』という物体をご存知ですか?

中にはクレードルを知らないという方もいるので、ざっくりと説明しておきます。そもそもクレードルとは端末を充電するときに乗せる置台を指します。↓

乗っかるとこんな感じですね。

でユーザーさんの中には、クレードルを単なる充電のための置台、または『あれ?WiMAXどこ置いたっけ?』と迷子にならないための置き場と考える人もいます。

ですが大間違いなんです!!

クレードルは単なる卓上ホルダーではなく、拡張機能が備わっているんです。

つまり

  1. 充電を目的とした置台→卓上ホルダー
  2. さまざまな拡張機能を装備した置台→クレードル

となります。

で、WiMAX端末のクレードルにおいて、ポイントは二つ。

LANケーブルによる有線接続が可能に!

1つは後部の差込口を使用してLANケーブルによって有線接続ができること。実はこれ、めちゃくちゃ便利なんですよ。

たしかにスマホやタブレット等、数多くの機器を同時に接続できるWi-Fi接続。軽くネットサーフィンする程度には便利です。

ただここ一番、PCでの作業やPS4あたりでガシガシ対戦ゲームを行うには有線接続が最強なんです!

体感スピードとしては、無線時の1.5倍程度までマジで上がりますよ。

WX03なら拡張アンテナでバリバリ受信!

もう一度先ほどのクレードルをご覧ください。

WX03のクレードル、よく見ると端末の両サイドに薄い物体が見えませんか?

こいつがWX03の販売実績を劇的にアップさせた…という話題の拡張アンテナ(ウイングアンテナ)というヤツなのです!

説明するとすんごく長くなるので、この場ではざっくりとお伝えしておきますが、以下のように端末と接触なしで各種の電波をあっちからこっちからかき集めてくれるんです!

結果、受信感度が約4割ほどアップし、自宅の『ここ、ちょっと微妙なんよねー』という場所でもバーリバリ電波つかんでくれます。

ある意味、WiMAXの弱点とよべる部分を払拭したのが、このクレードルなんですね。こういった感じでクチコミや評判もエライ事になってます。

以下、ツイッターからいくつかクチコミをピックアップしてみました。

こういった感じで、とにかくWX03の専用クレードルの評判がいい!

中には、このクレードルが欲しくて端末を買い替える人もでてくる状況でして、もうこの専用クレードルのアンテナを目的にWX03を選ぶっていうのも立派な理由だと思いますよ!

というわけで、

『自宅で固定回線がわりとして使用…ときどきお出かけにも!』

なんて人だったらWX03+専用クレードルで決定!!

この辺のことは、以下のページでかなり詳しくお伝えしてます。気になる人はこちらも読んでみて下さい。

【WX03クレードル最安】というか専用クレードルの効果ってあるの?
当ページでは人気WiMAX端末のWX03と専用クレードルの効果、クレードルで電波の受信感度をアップさせる仕組み、WX03と専用クレードルをじっさいに利用している利用者のクチコミやレビューのまとめ、もっともお得にWX03と専用クレードルをゲットする申込み先をわかりやすく紹介しています

【まとめ】見た目W04じゃなきゃ嫌って人以外、WX03が無難ですね

以上、WX03とW04を比較して気がついた各部の違いをお伝えしました。

ここまで読んでくれた人の大部分は

『あー、自分の場合こっちだったわ』という感じで、自分に合った端末が絞られたって人も多いと思いんじゃないでしょうか。

まあ、WiMAX端末ってことでシンプルに機能や端末の性能で選ぶのも当然アリだし、女性でしたらW04のグリーンの外観が気になるわーって人は見た目で選ぶのもぜんぜんアリだと思いますよ!

どっちを選んでも、まずこの先2年間、端末の性能において後悔するパターンは無いでしょうし、最高の相棒になってるはずですから。

人気や売上を比較してみると…

ただ!

中には『いろいろインプットした結果、さらに決められなくなった』

という人もいるんじゃないでしょうか?

それぞれメリット・デメリットがあります。いろいろ欲張るとさらに迷ってしまう気持ちもよーくわかります。

そんな場合、

単純にどっちが人気のある端末なのか?またはどっちが売れているのか?

こういった部分で決めちゃってもいいと思いますよ!

やっぱり人気のある商品や売れ続ける商品には、それなりの理由があるんですよ。使い勝手がいいからクチコミや評判で拡散されて売れ続けるんです。

で、そういった視点で比較してみますと、単純に遅く発売されたW04が人気で売れているわけでもなく、NEC製のWX03が人気NO1なんですね。

じっさい、どのプロバイダをみてもW04は在庫していますが、けっこうな確率でWX03だけは入荷待ちとなっています。正直、WX03+専用クレードルとなるとすぐ発送してくれるプロバイダなんてごく僅か!!

単純に信頼の国内メーカーと外国メーカーの違いという部分もありますし、先ほどお伝えした室内でバリバリ電波をひろう拡張アンテナ付き専用クレードルの影響も大きいと思います。

とにかくWX03人気がとまらないんです!

まあデザイン性にこだわってHUAWEIという人もいますが、結局は純粋にコンパクトさや軽さ、長時間の外出でも安心のバッテリーの持ちなんかで選ぶ人がやっぱり多いんかなーと思います。

結果、ベストな端末がみえてきたところで、今度はプロバイダ選びも大事だよね

かなり雑なまとめになりますが・・・

ということで迷ったらWX03!

おまけに在庫していれば専用クレードルもセットで!

当面はこのチョイスで間違いありません。後悔することないですよ!

答えは出たので、あとは選んだ端末をいかに安くオトクに契約するか…という部分ですね!

プロバイダ選びは以下のページで性格別におすすめプロバイダをまとめています。

WiMAXおすすめのプロバイダはココ!絶対に損しないWiMAXプロバイダランキング
当ページでは WiMAXというのは決めたものの、肝心なプロバイダが決められない! プロバイダとは最低でも...

しっかり比較するだけで、2年間の総額費用が3万も4万も変わってきます。じっくり比較して、もっともお得なプロバイダから申し込んでみましょうね!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする