【評判のWX04を申込み】今からWiMAXに申し込むならWX04がオススメの全理由

きたる2017年11月1日、約1年間の沈黙を経てNECから待望のWiMAXルーター、WX04が発売!

旧モデルのWX03もWiMAX端末史上、【名機】【最高傑作】と称されてましたが、今回のSpeed Wi-Fi NEXT WX04は前作をさらに超えてくるでしょう。

正直、ヤバい出来に仕上がっています!!!

しかしながら当ページをご覧のアナタはもしかすると

大袈裟にいってるけど、どうせ旧モデルとたいした変わってないんでしょ?

 

このように考え、WX04の悪い評判やデメリットなどを探していませんでしたか?

 

今回そんなアナタにむけ、NECから登場した新しいwimax ルーター、WX04が…

  • WX03、W04とくらべ具体的にどこが大きく変わったのか?
  • じっさいにリアルにWX04を使っている人の評判はどうなの?
この二つを中心にどこよりも分かりやすく解説していこうと思います。

ちなみにお急ぎの方にモバ神の結論だけいうと、

とりあえず買い!これからWiMAXに契約する人で家でも外でもバランスよく使い倒すならコイツに決まり!

 

こういった結論に達しました。(※モバ神もWX04があまりに欲しすぎるためWX03契約中ですが、我慢できず乗り換える予定です)

また究極の結論としては、今だったらWX04を以下の2つのプロバイダのどっちかで契約するのが正解といえるでしょう。

【2018年8月】今月の最安値情報
\高額キャッシュバックなら!!/
とくとくBB公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安なら!!/
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/
\プロバイダ選びで絶対に失敗しなくない人は!!/
参考記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較してみた結果!!

Speed Wi-Fi NEXT WX04がおすすめ端末という3つの理由

まず最初に今回のWX03⇒WX04というモデルチェンジ、

単なるマイナーチェンジで、色や外観がちょっと変わっただけなんでしょ!!

こんなひねくれたユーザーのために、どこが進化したのかハッキリさせておきます。

 

このページを書くにあたり、発売元のNECプラットフォームズさん、UQ WiMAXさんなど公式ページを読み漁った結果、旧モデルのWX03とくらべ数多くの変更点をみつけました。

とはいえ全部取り上げるとかなりの項目になってきます。よってここでは3つに絞り込んでわかりやすく解説したいと思います。

※書ききれない変更点については以下のページも参考にしてください

http://wimax-search.info/wx04review/

WX04がWX03にくらべ進化したポイントを強引に3つに絞りました!

正直3つのポイントということでかなり悩みましたが、重要なのは難しい技術うんぬんの部分ではなく単純に使う立場のユーザーさんが

『あー!これ欲しかったわー』

こう感じる部分。

 

そこでじっさいに利用する1ユーザーとしてユーザー目線にこだわってに選ばせて頂きました。

  1. 大容量バッテリーの搭載
  2. LTE回線に対応
  3. 専用クレードルの進化

選んだポイントは上記の3つで、どれも管理人がWX03をつかっていて欲しかった機能、または強化してほしかった機能ばかり。
以下、項目ごとに詳しく解説していきます!

ポイント1 大容量バッテリーの搭載

旧モデルのWX03、こいつもWiMAXルーターの中では『電池持ち最強モデル』でしたが、なんと今回のWX04はさらに大容量のバッテリーを搭載。

 WX04
W04
WX03
電池容量3,200mAh2,750mAh2,890mA
電池パック(別売)
交換
交換可能交換不可交換可能

約10%の大容量化に成功していますね。

 

その結果、電池持ちにどれくらい影響がでたかというと

通信状態WX04(NEC)
W04(HUAWEI)
WX03(NEC)
ハイパフォーマンスモード約8.1時間約6.5時間約7.3時間
ノーマルモード約11.5時間約9時間約10.2 時間
エコモード約13.8時間約10.5時間約12.3時間

結果、ご覧のように他の端末より1~2時間程度も長い電池持ちを実現しました。

現行の他の端末、とくにHUAWEIのW04との違いをみてください。かなり違うって思いませんか?

バッテリーの容量って、学校や職場でいつでも充電できる人にとっては大きな問題じゃありませんが、

  • 営業職などで電車移動時間の長い
  • 屋外で作業しているため電源が確保できない

こんな方にとっては

いくら重くなっても電池持ちが長い方がぜんっぜん嬉しい!!

こ考えている人も多いはず。例にもれず僕もその一人です。

じっさいに重くなったといってもわずか18g。500円玉2~3枚くらいのもの。

このらいの重さの違いで、帰宅中に電池切れでネットできないことを考えたら、重さなんて正直どうでもいいって管理人は思います。

バッテリーの容量についてもっと知りたい方は以下のページもどうぞ!

http://wimax-search.info/battery/

ポイント2 専用クレードルの進化

旧モデルがめちゃくちゃ売れた理由の一つが、こちらの専用クレードルが優秀だったこと。

対抗馬のファーウェイのW04にもクレードルはあったものの、単なる

  • 充電用の台
  • LANポートを使って有線接続
  • 自宅で端末が行方不明になるのを防ぐ

こういった目的の専用クレードルだったのに対し、WX03はプラスアルファの機能として

こいつが搭載されていました。

WiMAX端末にはモバイルルーターとよばれる持ち歩く用の端末と、ホームルーターとよばれる据え置き型の端末があって、モバイルルーターはコンパクトで薄型ゆえに

このように電波を受ける方向によって、受信感度のバラつきありそれが結果として室内で途切れやすい…不安定な接続状態を引き起こしていました。

 

そこでNECが用意した拡張アンテナ付きの専用クレードルを装着することで

こんな風に全方位的にバリバリ電波をかき集めることが可能となり、室内のWiMAX2+回線を無駄なく使い切ることができたんです。

つまりモバイルルーター⇒ホームルーターという据え置き型としてWX03を選ぶ人もかなり多かったんです。

 

ちなみにWX03の専用クレードルはSNSや価格.comの掲示板でもこのように高評価の嵐でした。

事実、WX03のあとにW04が発売され長い時間が過ぎましたが、今でも売れまくっているWiMAX端末はWX03ですし、WX04が発売されてもしばらくはWX03を選ぶ人も多いって思います!

評判めっちゃ良かった専用クレードル、もちろんWX04にもあります!

そんなNECとHUAWIの明暗を分けた専用クレードル、

もちろんSpeed Wi-Fi NEXT WX04にも用意されていましたのでご安心ください!

 

 

話は変わりますが、こうやった二色のWX04を並べてみると、なんとなくブルーの方がキリッと引き締まった感じですね!(僕は第一印象でビビッときてブルーに決めました)

WX03の深いブルーも好きでしたが、やや明るめのブルーメタリックも爽やかな雰囲気でグッドです。男性ならブルー、女性なら主張のないホワイトがいいかなーと思います。

 

はい、話を戻します。

このクレードルを装着することで

非接触ながら端末内の本体基盤にある3つのアンテナと効率よくWiMAX2+電波とWi-Fi電波をやりとりしてくれます。

さらにビームフォーミングという

ビームフォーミング機能とは、装備されたアンテナを使って、受信側の端末の位置や動きを察知して端末の位置を狙って電波のビームを形成できるため、つながりやすさなどを改善させる機能です。

出典 GMOとくとくBB

わかりやすく説明しますと

このように宅内を全体的にさまよっていたWi-Fi電波を、ピンポイントでWi-Fi端末に狙い撃ちするという、まさにビームのような機能で

このビームフォーミングにより、スループット(通信回線におけるデータ転送能力)が20%も向上します。

このように、宅内においてWiMAX端末⇔Wi-Fi機器の電波のやりとりを無駄なく狙い撃ちしてくれる機能も追加されました。

正直、モバイルルーターとしてもスタミナアップして、自宅内でもクレードルを装着して据え置き型みたいに働いてくれるWX04、

正直、もう死角なしです!完璧です!

WX03が普通の超人なら、WX04はもうパーフェクト超人です!!(昭和ですいません)

このあたり、以下のページでも詳しく解説しています。ぜひご覧ください!

http://wimax-search.info/wx04cradle/

ポイント3 au 4G LTEに対応

大丈夫ですか?ちゃんとついて来れてますか?

最後のポイントに進みます。

前作のWX03。コレはほぼパーフェクトなwimax端末でしたが、唯一ファーウェイのW04に劣っていた部分がありました。

そいつが『LTE回線に対応しているかどうか?』ここでした。

WX03というか、そもそもNEC製の端末はすべてWiMAX2+回線のみ。過去にLTE回線に対応したものはありませんでした。

 

おそらくNECプラットフォームズとしては

ほぼ日本全国に対応している高速通信のWiMAX2+にわざわざLTE回線なんて要らんでしょ?

こう考えていたんだと思います。たしかにWiMAX2+回線は高速通信という部分ではLTE回線とは比になりません。エリアもグングン広げています。

 

ですがこのように↓

先日、UQ WiMAXをはじめ各プロバイダでLTE無料プランという料金設定が続々と登場しました。(※3年契約限定)今の流れをみるかぎり、今後、LTE無料プランが中心になってくる可能性もあるでしょう。

 

となると使うか使わんか別として

端末がLTE回線に対応してないって、大手の売れ筋商品としてマズくない!?

こういった流れになって、今回は最優先でLTE回線に対応させたんだと思われます。

http://wimax-search.info/wimax-lte/

結果として!

Speed Wi-Fi NEXT WX04はLTE回線に完全対応いたしました!!(ファーウェイで我慢していた方、お待たせしました!!)

エリアの広さでいうと、やはりスマホのプラチナバンドはWiMAX2+回線より上をいってます!

またWiMAX2+の周波数帯が苦手としている地下や山間部でも、

こんな風にプラチナバンドはうまく回り込んでくれます。

ぜひSpeed Wi-Fi NEXT WX04でLTE無料プランに申し込んで、WiMAX2+とLTE回線という最強のコンビを体感してみてください!

http://wimax-search.info/wx04-speed/

WX04の評判をチェック

まだSpeed Wi-Fi NEXT WX04から間もないため実測や使い勝手についてのクチコミ・評判はみつかりませんでしたが、すでにWX04購入を決めた方は意外にみられました。

やはりLTE回線が引っかかってファーウェイを選んでいた人がこれまで多く、今後は純粋に端末の性能や細かい機能、使い勝手などを比較して選べるようになります。

またSpeed Wi-Fi NEXT WX04推しの人がいる一方、

このように初期ロットの不具合が不安で様子をみる方。そもそもLTE回線には7GB制限があるため必要としない。こんな意見もみられました。

まとめると

  • 3年契約はちっと長い
  • LTE回線は速度制限が不安なので不要
  • 最新モデルにコダワリは無い

こういった方の場合、Speed Wi-Fi NEXT WX04と決めつけず、敢えてWX03を選ぶという選択肢もアリかもしれません。(参考:【えっ嘘?WX04評判悪いの?】WX04購入前に知るべきメリットとたった一つのデメリット

まとめ

今回、先日発売された期待のWiMAX端末、Speed Wi-Fi NEXT WX04をユーザー目線で3つのポイントに絞り込んで、凄い部分を紹介してみました。

冒頭でものべましたが、結論からいうとモバイルルーターとしては完ぺきな端末で、買いか?見送りか?と訊かれた場合

間違いなく買い!

こう思える数少ない端末です。

 

旧モデルのWX03で弱点と思われていた部分を洗い出して補完し、新たにモバイルルーターのとして純粋に『あったらいいな』という部分を追加してくれました。

 

外観の派手さというよりも使い勝手

 

ここを純粋に追い求めた結果、今回のWX04のような端末が出来上がったんだと思います。NECプラットフォームズの派手さはないが実用的というブランドイメージをそのまま表現したのがこの端末ですね。

3年契約という部分だけは注意しておこう

ちなみにWX03、W04と違いこのWX04だけは3年契約のみ!

ここが他の端末と違うのでご注意ください。普通にLTE回線も無料で使いたいって方はLTE無料プランを選ぶので3年ですから何も問題ないでしょう。

 

基本、WX03やW04を選んでも、最新のWX04を選んでも端末費用は無料。なので3年契約という前提で選ぶなら、お得感は断トツに高いって思います。

ぜひSpeed Wi-Fi NEXT WX04を選んで3年間、ガンガン使い倒してみてください!

※現行の人気端末とWX04を比較したい方は以下のページもあわせてご覧ください。

http://wimax-search.info/wx04-w04/

http://wimax-search.info/wx04-wx03/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)