【えっ嘘?WX04て評判悪い?】メリットとデメリット総まとめ

ついにWX03の後継モデル、Speed Wi-Fi NEXT WX04が発売!

NECプラットフォームズの公式ページでスペックをみる限り、かなりイイ感じに仕上がっています!

旧モデルのWWX03も発売当初、

モバイルルーターとして完璧!これ以上のWiMAX端末は当分は登場しない!

こう叫ばれましたが今回のWX04、あっさり超えてきました。笑

僕がWX03を使っている中で『あーこの機能があればいいのにな~』という機能が追加、さらにライバル機種のW04と比較して劣っている部分がことごとく解消されました。

『間違いなく買い!』

心から思えるWiMAX端末に仕上がってると思います。

とはいえ、カタログやメーカーサイトとにらめっこしていると、

あ…そうなのねー。この部分ちょっと勿体無いかもなぁ

こんな部分も見つかりましたので、このページではそのあたりを中心に解説していきます。

ちなみにWX04をもっとも安く使い倒せるプロバイダは今だったら以下の2つ。どっちにするかは自分の性格で決めて下さい。

【2017年11月】格安プロバイダ情報
  • 高額キャッシュバックを1年後にドカンと欲しい人⇨⇨⇨⇨⇨GMOとくとくBB
  • 確実に月額料金から割り引いて欲しい⇨⇨⇨⇨⇨ブロードワイマックス
  • 他のWiMAXプロバイダで契約中、乗り換えで違約金が発生⇨⇨⇨⇨⇨ブロードワイマックス

すべてのプロバイダを比較した結果、上記のプロバイダがお得という結論に達しました。申込先によって金額やオプションが違う恐れもあるので必ず以下の公式ページから申込んでおきましょう!
ブロードワイマックス公式サイト⇨⇨⇨https://wimax-broad.jp/
GMOとくとくBB公式サイト⇨⇨⇨http://gmobb.jp/

WX04申込み前に確認したい2つのマイナスポイント

これからWX04をお得に申し込もう!

こんなユーザーさんにとって大切なのは、WX04のメリット以上にWX04のデメリットやネガティブな部分!ここですね。

WiMAXにかぎらずネット回線は、一度契約するとしばらく乗り換えることができません。ここをしっかり理解してから申し込まないと利用期間中、ずーっと不満が残るので慎重に選んでおいてください。

そこで今回のWX04のネガティブな部分を片っ端から探してみた結果、当サイトが気になったのがこちら。

  1. 下り最大の速度がWX03と変わっていない
  2. 3年契約限定モデル(2年契約できない)

上記の2つ。

もうちょっと詳しく解説するので、一緒にみていきましょう!

下り最大の速度がWX03と変わっていない

旧モデルのWX03が440Mbps、ライバル機種のファーウェイのW04が一部地域で590Mbps。

今回のWX04はそれを上回る速度かも…と期待している人もいましたが、予想外に旧モデルと同じ下り最大440Mbps(上り最大30Mbps)という速度。

ネット上には絶賛の声も目立ちますが、少なからず

速度に関してはがっかりしたわ~

という声もけっこう目立ちます。

ただ下り最大の速度が440Mbpsでも590Mbpsでも、普通にネットサーフィンや動画視聴するレベルでは違いを体感できるものでもありません。

実際にネットサーフィンや動画視聴、オンラインゲームにおいて支障があるといえば、440Mbpsでまったく問題なく、ネット回線の速度というのは

こんな風に60Mbpsも出ていれば、大抵の作業は普通にこなせます。

またWiMAX2+にかぎらずネット回線はどこもベストエフォート型というサービス。いくら最高速度が高くてもユーザーさんの数や地域によってパフォーマンスは大きく変わってきます。

なので一部の限定された環境において爆速というよりも、

どのエリアでも、どんな時間帯でも安定してソコソコ速い!

こっちの方がずっと重要だったりします。

つまりWX04は下り最大の速度を伸ばすことより、どのエリア・時間帯でも快適にネットができる部分を重視した結果、440Mbpsにとどめたのでしょう。

WX04とWX03の違いはどこ? 3つのポイントを比較してわかった決定的な性能差
このページではNEC製から発売されたWiMAX2+回線の端末、Speed Wi-Fi NEXT WX04を旧モデルのWX03と比較し、進化した部分や追加された機能、メリット・デメリットやトータルでWX04がオススメ端末なのかを解説しています

3年契約限定モデル(2年契約できない)

けっこう大事な部分として今回のWX04に限っては【3年契約限定モデル】という扱いになります。

この理由については後述しますが、WX04はWX03と違ってLTE回線に対応しています。

つまり

LTE利用料が無料になるLTE無料プランを使ってこそ、本当のWX04の快適さが分かる!

UQ WiMAXはこのように考えたのでしょう。

現段階、LTE無料プランは3年契約のみ。もし2年契約の人がLTE回線をちょっとでも使えば1,005円が普通に請求されます。

なので、

せっかくLTE回線に対応したWX04を買う!だったらWiMAX2+回線とau4GLTE回線どっちも使わにゃ損!

こう考える方には凄くお得!

ただ2年ごとにサクッと新しいWiMAXプロバイダに乗り換えて高額キャッシュバックを狙いたい!

こう考える人には3年契約は長過ぎます。残念ながらWX04が2年契約できるまで待つ、また現行のW04とWX03の中から選ぶのが無難な選択になります。

(参考:【WiMAXのLTEオプション無料プランて必要?】デメリットが多いLTE無料の落とし穴!

WX04がおすすめの人とは?

以上、WX04の評判の悪い部分、ちょっとマイナスな部分について説明しました。

結果、上記をふまえてWX04をおすすめできる人は

  • 基本、LTE無料プランでWiMAX2+回線だけでなくLTE回線も使い分けたい!
  • 職場や学校のWiMAX2+電波が弱い、通勤・通学で地下鉄を使う
  • 2年契約のコダワリもなく3年契約でもお得なら構わない!

こんな人にはWX04+LTE無料プラン(3年)はおすすめできるでしょう!

逆にWX04がおすすめできない人は、

  • 自宅も行動エリアもバッチリWiMAX2+電波が受信できる!
  • 3年は長い!引越しや生活スタイルが変わるかもしれんから契約期間は短い方がいい!

こんな人なら無理せずWX03やW04で2年契約プランから選んでおいた方が無難だといえます。

WX04のネガティブ要素を払拭するメリット3つ

ここまでWX04のマイナスな部分にフォーカスしました。

もしかすると

ちょっと微妙になってきたぞ…W04とWX03の2年契約の方がいいかも

こんな人もいるでしょう

そこで以下、W04とWX03あたりと比較したSpeed Wi-Fi NEXT WX04のメリット・おすすめポイントをまとめています。

他にも沢山のポイントがありますが、絶対に外せない部分としては

  1. LTE回線に完全対応!
  2. 大容量バッテリーで電池持ちが10%アップ!
  3. 専用クレードルは健在でさらにビームフォーミングという機能が追加!

この3つあたり。さらに詳しく解説していきます!

※上記の変更点についてさらに詳しく知りたい方は、WX04評判が凄すぎる!WiMAX申し込むなら最新モデルがオススメの全理由で詳しく解説しています。参考にどうぞ。

LTE回線に完全対応!

まずWX03と比較して最大の変更点として、国産WiMAXルーターとして初のLTE対応!!

au 4G LTE対応のWiMAX 2+対応機器でハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+とau 4G LTEをご利用いただけるモード)にモードを切り替えることでLTE オプションをご利用いただけます。
WiMAX 2+エリアの圏外では、自動的にau 4G LTE網につながり、幅広いエリアで快適な高速インターネットをご利用いただけます。
出典 GMOとくとくBB

こちらの【WiMAX電波弱い!】繋がらない、切れる、不安定な人におすすめの4つの対策でもお伝えしていますが、都心部99%という人口カバー率のWiMAX2+ですが、どうしても電波の弱い場所

  • 地下
  • ビル群
  • 山間部

こういった部分があります(これは周波数帯の特性のため、ある程度は仕方ありません)

そこでWiMAX2+を補うサポート的な電波として大活躍なのがau 4GLTE回線。

WiMAX2+回線もエリアが広いですがスマホのプラチナバンドはそれ以上に広い上に、WiMAX2+の苦手な環境でも入ります。

WiMAX2+回線だけでも問題ないって人も多いですが、やっぱり保険的にLTE回線も使えた方が何かと便利ではあるんです!

大容量バッテリーで電池持ちが10%アップ!

ここについては以下の比較表をご覧ください。

 WX04
W04
WX03
電池容量3,200mAh2,750mAh2,890mA
電池パック(別売)
交換
交換可能交換不可交換可能

単純にスタミナモデルと称されたWX03よりも10%ほどバッテリー容量が大容量化されています。つまり単純に10%ほど電池持ちがいいです。

わかりやすく時間に置き換えますと

通信状態WX04(NEC)
W04(HUAWEI)
WX03(NEC)
ハイパフォーマンスモード約8.1時間約6.5時間約7.3時間
ノーマルモード約11.5時間約9時間約10.2 時間
エコモード約13.8時間約10.5時間約12.3時間

こんな風にファーウェイの最新端末、W04より2.5時間程度も電池持ちが長い!

ここも単純に嬉しい!!

【WX04のバッテリー容量が凄い!】究極のスタミナ端末 WX04の電池の持ちを他と比較
このページでは、NECから発売されたWiMAX2+のモバイルルーターの新端末、Speed Wi-Fi NEXT WX04のバッテリーの容量や電池の持ち、連続使用時間や待機時間などスタミナ面に絞って他の端末、WX03やW04と比較しています

専用クレードルは健在でさらにビームフォーミングという機能が追加!

引用 BAZZAP!

最後はコアなユーザーさんにとって大注目の専用クレードル!

本家UQ WiMAXさんの公式ページでも、クレードルのウイングアンテナについて

弱電界(アンテナ1,2本)の場所であれば、アンテナ本数が増える場合があります。
Wi-Fi側も端末側にてアンテナ本数が少なければ増える場合があります。
結果として装置単体に比較して20%程度スループットが向上します。(弊社測定環境にて)

このように記載されています。

こいつがWX03の進化バージョンとしてWX04にも用意されていました。

わかりやすく言うと

このように端末に直接接触せずして室内の電波をガンガンにかき集めてくれます。こちらの【戸建て電波弱い人におすすめWiMAX】L01のクチコミ・評判と後悔しない8コの理由でもお伝えしたようにエリア内なんだけど部屋によって受信状態が…という人、多いです。

そんな時、Wウイングアンテナがあると無いとでは大違いなんです。

またWX04の専用クレードルにはさらに進化してビームフォーミングという機能も追加。

ビームフォーミング機能とは、装備されたアンテナを使って、受信側の端末の位置や動きを察知して端末の位置を狙って電波のビームを形成できるため、つながりやすさなどを改善させる機能です。

出典 GMOとくとくBB

わかりやすく説明しますと

このように宅内を全体的にさまよっていたWi-Fi電波を、ピンポイントでWi-Fi端末に狙い撃ちするという、まさにビームのような機能で

このビームフォーミングにより、スループット(通信回線におけるデータ転送能力)が20%も向上します。

とにかくWX03と同じ440Mbpsという下り最大速度ではあるものの、室内の受信感度がグンと上がったため、体感速度としては確実に速く感じるかと思います。

※こちらの【WX04のクレードルってどう?】究極ルーターWX04のクレードルの特徴と価格、おすすめ度も参考にしてみてください。

まとめ

以上、Speed Wi-Fi NEXT WX04のマイナスな部分、ちょっと微妙かも…と感じた部分を中心に、どんな人にWX04がおすすめなのかもお伝えしました。

唯一、3年契約限定という部分がネックですが、ここに納得できる人には『100%おすすめ』といえる端末となります。

一方『できるだけ縛りが短い方が嬉しい』という方にはおすすめ端末とはいえません。

いずれにせよ、どこのプロバイダで加入しても速度・エリア・つながりやすさ・料金プランの種類が同じWiMAXだけに、少しでもお得なプロバイダを選んで申し込むようにしましょう。

今の段階でWX04がもっともお得だったプロバイダは?

発売直後ということもあり、片っ端からプロバイダを調べた結果、普通にWX04を購入できるのはごく一部で、お得に申し込めるプロバイダとなると

  1. So-net(ソネット)
  2. BIGLOBE(ビッグローブ)
  3. UQ WiMAX
  4. GMOとくとくBB
  5. ブロードワイマックス

以上の5社。

このへんの比較については、【WX04最安購入】WX04の高額キャッシュバックと最安で申込みできるプロバイダ調査結果でも解説していますが、

結論としては

  • 高額キャッシュバックを1年後にドカンと欲しい人⇨⇨⇨⇨⇨GMOとくとくBB
  • 確実に月額料金から割り引いて欲しい⇨⇨⇨⇨⇨ブロードワイマックス
  • 今、他のWiMAXプロバイダで契約中、乗り換えで違約金が発生⇨⇨⇨⇨⇨ブロードワイマックス

お得にSpeed Wi-Fi NEXT WX04をゲットするなら上記のパターンがいいでしょう。

とにかく最安!!手続きの手間を覚悟してでも最高額のキャッシュバック!

こんな方はこちら↓

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/
面倒なキャッシュバックより月額料金を自動的に割引してもらえる方が嬉しいわ~!

という面倒くさがり屋のアナタはこちら↓

▼1年後のキャッシュバックより月額割引・違約金なしならココ▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

※どちらのプロバイダにしても申込先によって金額が微妙に違うので、確実に公式ページから申込んでおいて下さい!

ほとんど値引きやキャッシュバックの無いUQ WiMAXあたりと比較すると、3年間で出費が2~3万も変わってきます。

3年契約という部分は別として、各機能が進化してほぼ死角のない端末です。ぜひ上記のお得なプロバイダで最安情報を比較してから慎重に申込んでくださいね!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする