【えっ?WX04の速度はイマイチ!?】待望の新機種、WX04のスピードをW04、WX03と徹底比較!

先日、日本中のWiMAXファンが待ちわびていたNEC製の新端末、Speed Wi-Fi NEXT WX04が発売!全国のWiMAXユーザーさん大注目のルーターです!

もしかするとご覧のアナタもWX04が気になって

WX04の通信速度(スピード)って、今までの端末にくらべどの程度上がったんかな?

このようにWX04の速度をはじめとしたスペックが気になり調べていませんでしたか?

結論から先にお伝えしますと、カタログ上は旧モデルにくらべ大幅に通信速度が上がっているわけじゃありません。むしろ数字だけ比較した場合、下り最大などはHUAWEIのW04に劣っているという見方もあります。

とはいえ、モバイルルーターの通信速度は、下り最大の数字だけで決まるものでなく、

  • 受信状態がどれだけ安定しているか?(ブチブチ切れないか)
  • 自宅でも屋外でも、どんな場所でも平均的に通信速度が高いか?

この部分の方が、じっさいに使ういユーザーさんにとって実感できる部分なのです。

その面で考えると、もっとも通信速度が安定して速い端末はSpeed Wi-Fi NEXT WX04で、間違いなく他の端末よりひとつ上の速さを実感できるでしょう。

ちなみにWX04、当分は品薄状態が予想されますよ…

ちなみにWX04、11月1日を皮切りに、入荷次第ユーザーさんの手元に発送されるとのこと。

旧モデルのWX03がめちゃくちゃ売れて入荷待ちが続いたプロバイダもあった事実を考えると、今回も品薄状態が予想されます。出遅れれば入荷待ちでかなり待つ可能性もあります。

当ページを読んでWX04が本気で欲しいというアナタは、在庫切れになる前に、以下の最安級の2プロバイダから申込むでござる!
【2017年12月更新】最新プロバイダ情報
  • 『高額キャッシュバックをドカンと欲しい』GMOとくとくBB⇨⇨⇨http://gmobb.jp/
  • 『とにかく月額料金を安くしたい』ブロードワイマックス⇨⇨⇨https://wimax-broad.jp/

▼さらに詳しく最新のWiMAXプロバイダを比較したい方は以下のページもチェック▼
WiMAXおすすめプロバイダの料金比較ページ

WX04の速度をスペックから考察してみる

今回、WX04の通信速度(スピード)という部分に絞って、旧モデルと比較してどうなのか…このあたりを含めて徹底比較してみました。

まずはSpeed Wi-Fi NEXT WX04の具体的なスペックをご覧ください。

モデル名Speed Wi-Fi NEXT WX04
メーカーNECプラットフォームズ
通信速度ハイスピードモード:下り最大440Mbps/上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード:下り最大440Mbps/上り最大50Mbps
サイズ(幅×高さ×奥行き)約111×62×13.3mm
重量約128g
連続通信時間(ハイスピードモード)ハイパフォーマンスモード:約8.1時間/ノーマルモード:約11.5時間/エコモード:約13.8時間/エコモード(Bluetooth接続時) :約16.6時間
連続待受時間(静止時)休止状態:約700時間/ウエイティング時:約50時間
バッテリー容量3200mAh(取り外しタイプ)
カラーバリエーションアクアブルー、クリアホワイト

まず『ギガ放題プランを契約して月間100GB、200GBと使うこと』を前提に考えると、

基本、ハイスピードエリアモードを中心に使って、緊急時にハイスピード・エリアプラスモードを使い分ける。

こんな使い方をされる人が大半かと思います。

その場合、

下り最大440Mbps/上り最大30Mbps

これがカタログ上の数値からみたSpeed Wi-Fi NEXT WX04の通信速度(最高スピード)となってきます。

ではSpeed Wi-Fi NEXT WX04のカタログ上の数値は、他の端末とくらべて、どれ程通信速度がアップしたのか?

以下、旧モデルのWX03やHUAWEIのW04もふくめて比較表を作ったので、比較しながらみていきましょう!

じつは速度そのものは旧モデル、W04とWX03と大差ないという事実

現行の人気モバイルルーター2機種、そして今回のSpeed Wi-Fi NEXT WX04を通信速度の部分に絞って比較すると以下のようになります。

通信状態WX04(NEC)
W04(HUAWEI)
WX03(NEC)
WiMAX2+下り最大440Mbps
最大440Mbps
最大440Mbps
WiMAX2+上り30Mbps30Mbps30Mbps
その他※東京都、愛知県、大阪府の一部エリアでは下り最大708Mbps

ちょっと意外な結果に驚かれる方もいるかと思いますが、

下り最大の通信速度をみる限り、WX04が断トツで優れているわけでもなく、むしろ一部地域ではW04に負けている…という結果になりました

そこでWX04検討中の方からすれば

後から発売された国産のNEC製の自信作がHUAWEIより遅いってどーゆーこと??

こう思う方も多いでしょう。

しかしもう一度お伝えしますが、モバイルルーターの速度はカタログ上の下り最大の数値だけで決定されるものではなく、他の部分の要素の方が重要だったりします。

何度もいいますがカタログ上の下り最大の数値に騙されてはいけません!

そこでNECプラットフォームズやUQ WiMAX、その他MVNO会社の公式ページを片っ端から読み漁って情報を集めてみたところ

その他の機能が充実しているため、じっさいの体感速度としては、Speed Wi-Fi NEXT WX04の方が圧倒的に上回っていた

このような結論になりました。

以下、HUAWEIのW04には装備されていないSpeed Wi-Fi NEXT WX04独自の機能や能力を1つずつご紹介していきますね!

WX04!速度は同じでもスピードアップをしたと実感させる3つの進化

まず大前提として、HUAWEIのW04が708Mbpsを発揮できるのは、全国でもかなり限定された東京都、愛知県、大阪府の一部エリアだけの話。

そもそも9割以上の方にはまったく意味がない数値ということを先にお伝えしておきます。

つまり普通にハイスピードエリア・モードを利用している限り、HUAWEIのW04もNECのWX04も基本は440Mbpsというのが下り最大の数値となります。

またWiMAXにかぎらずモバイル回線、というかネット回線全般はどれも【ベストエフォート型】とよばれるサービスに属することはご存知でしょうか。

ベストエフォート型とは?
ベストエフォート型とは、「表示品質に近づける努力はしているが、保証はできないタイプ」のサービスのこと。
「ベストエフォート型」は、お手ごろな価格で高速回線を使えるという大きな利点がある反面、他の人と回線を共有しているため、回線の混み具合いなどによって、なかなか表示品質通りの回線速度にならないという欠点もあります。
出典 BIGLOBE(ビッグローブ)

このように理論値はあくまで理論値にすぎず、普通に使っていてカタログ上の数値を発揮できることはありませんので下り最大値は参考程度にお考えください。

(※事実、440Mbpsの爆速なWiMAX2+でもひかり回線でも30~60Mbps前後という通信速度の方が一般的で、中にはエリアや構造物の関係でそれ以下になる方もいます。)

そもそも440Mbpsや1GBの通信速度なんて使い切れない!

たしかにカタログ上の下り最大の通信速度が高い方が安心できます。低いより高い方がいいですよね?

でもネットサーフィンや軽い動画視聴レベルであれば何百Mbpsも必要としません。

ご覧のように、およそ60Mbpsもあれば大抵のことはこなせます。

こちらの【WiMAX映画みれる?】動画視聴やHulu、Amazonプライムビデオ利用時2つのポイントでも書きましたが標準画質なら0.7Mbps、高画質でも3.5Mbpsも出ていれば速度としてはOKなのです。

つまり下り最大の通信速度の数値よりも、自宅でも屋外でも安定してソコソコの通信速度がキープできている!

こっちの方が感覚的に通信速度が速いと感じます。

その部分でWX04はさまざまな新機能を追加してより高速通信を安定させることを実現しました。

では今後のWiMAX端末のスタンダードとなるであろうWX04の3つの機能を紹介します。

NEC製のWiMAX2+では初の「4G LTE」エリア対応!

まずHUAWEIのW04ではすでに対応済みではありましたが、今回、国産のNEC製のWiMAX2+端末としては初の4G LTEエリア対応モデルとなりました。

たしかプラチナバンドはWiMAX2+回線にくらべ

こういった有利なシチュエーションも多く、絶対に欲しい!という方も少なくないでしょう。

旧モデルのWX03には搭載されていなかっただけに、本当はNEC製の端末が欲しいけれどHUAWEIで我慢って人もいました。今後はWX04ですべて解決ですね!

Wウイングアンテナ付きクレードルで受信感度アップ

旧モデルのWX03が、発売開始からずっと売れ続けている最大の理由がこちら。

オプション購入できる専用クレードルが非常に優秀でして、これによってモバイルルーターをホームルーター化できました。

というのも、薄くてコンパクトなWiMAX端末はホームルーターと違い、電波の受信感度のバラつきが大きく、せっかく宅内に入ってきたWiMAX2+の電波のすべてを拾いきれていませんでした。

ですがこの専用クレードルにセットされたWウイングアンテナによって

こんな風に全方向からバランス良く受信し、あらゆる方向の電波を漏れなくかき集め、ベストな通信状態をキープしてくれます。

そのため自宅の電波が微妙…というユーザーさんを中心にめちゃくちゃ売れていました。

もちろんWウイングアンテナ付き専用クレードルは今回のSpeed Wi-Fi NEXT WX04でもしっかり用意してくれています!

とりあえず、WX04を少しでも自宅で使う予定のある方は、迷わず買い!!

買っておいて損はないです!!

基本、専用クレードルは生産数が少ないためか、どのプロバイダでも端末とセットでしか購入できません。なので後悔しないよう専用クレードルも同時に注文されることをおすすめします!(WX04のクレードルについては以下を参考にしてください)

【WX04のクレードルってどう?】究極ルーターWX04のクレードルの特徴と価格、おすすめ度
このページでは最新のWiMAX端末、Speed Wi-Fi NEXT WX04検討中の方に向け、専用クレードルの特徴やメリットとデメリット、専用クレードルの価格、購入前にしておきたい注意点などを詳しく調べてまとめています

ビームフォーミング機能追加でWi-Fiの快適エリアが拡大

最後になるのはこちらの新機能、ビームフォーミング(Wi-Fi TX Beam Forming)機能とよばれるクレードルに追加された機能です。

ビームフォーミングとは

ビームフォーミング機能とは、装備されたアンテナを使って、受信側の端末の位置や動きを察知して端末の位置を狙って電波のビームを形成できるため、つながりやすさなどを改善させる機能です。

出典 GMOとくとくBB

わかりやすく説明しますと

このように宅内を全体的にさまよっていたWi-Fi電波を、ピンポイントでWi-Fi端末に狙い撃つするという、まさにビームのような機能

このビームフォーミングにより、スループット(通信回線におけるデータ転送能力)が20%向上するというデータもあります。

ちなみにiPhone 7やGalaxy S7などスマホの一部の機種はビームフォーミングにしっかり対応しています。

自宅の中でも部屋によっては電波が弱いんだよなぁ…というユーザーさんもWX04ならバリバリ受信できますよ!

まとめ

以上、NEC製の新端末、Speed Wi-Fi NEXT WX04の通信速度を中心に、

  • WiMAX2+はカタログ上の通信速度(下り最大値)だけで判断していはいけない理由
  • 旧モデルのW04とWX03などと比較してどうなのか?

このあたりを詳しくお伝えしました。

当ページの内容を、もう一度かんたんにまとめると

  1. カタログ上の通信速度は上がってないものの、3つのポイントから体感速度は確実に上がっている!
  2. この端末は買いなのか?と訊かれたら素直に買い!であること
  3. 買う時はもちろん専用クレードルも同時購入しておくべき

この3つだけおさえておけば大丈夫だと思います。

ちなみに最後になりますが、Speed Wi-Fi NEXT WX04に決めかけているアナタにお得な購入先をお伝えしておきます。

今後、Speed Wi-Fi NEXT WX04の人気が高まり、各プロバイダもさまざまなキャンペーンを仕掛けてくると思われますが、今の段階でもっともお得と思えるのは以下の2社。

とにかく高額キャッシュバックをドカンと貰いたいって人は

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/

1年後のキャッシュバック手続きはちょっと自信ないなーって人は

▼1年後のキャッシュバックより月額割引・違約金なしならココ▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

この2つから選んでおけば、まず最安級で3年間、しっかり運用できますよ。

とくにブロードワイマックスは他社プロバイダからの乗り換えに関しては発生した違約金を上限19,000円まで負担してくれるのでオススメ。(僕もGMOとくとくBBから先日乗り換えしました!

ぜひ当ページを参考にSpeed Wi-Fi NEXT WX04を申込んで、快適・爆速なWiMAX生活をスタートしてみましょう!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする