【WX04のクレードルってどう?】究極ルーターWX04のクレードルの特徴と価格、おすすめ度

【追記】『WX04の専用クレードルを使って通信速度が上がった詳細』をまとめました

ついに日本中のWiMAX回線ユーザーさんが待ち望んでいたニューモデル『Speed Wi-Fi NEXT WX04』が発売!発売直後からめっちゃ評判いいです。

このページをご覧のアナタは恐らくWX04を購入するところまで決まり、

前作では売切れ状態が続いた専用クレードル。WX04を選ぶなら買っといた方がいいんかな?

『WX04のクレードルをどうするか?』この部分で迷っていたのではないでしょうか?

今回そんなアナタにむけて、売れまくって品薄状態が予想されるNECの最新ルーターWX04の専用クレードルを徹底調査してみました。
(※WX04の端末そのものについては、【wx04評判】買いか?見送りか?WX03と徹底比較した結果を参考にしてください)

また最初に結論からお伝えしますと、ワイマックス侍としては

WX04の専用クレードルは購入時のみセット購入というプロバイダが多く、自宅で使う時間の長い人は迷わず買い!
このような結論に達しました。

当ページを読み進めて『よしWX04を専用クレードルとセットで購入する!』という場合、ワイマックス侍の調べでは以下の2つのプロバイダから申込むのがもっともお得でした。

【2017年12月更新】最新プロバイダ情報
  • 『高額キャッシュバックをドカンと欲しい』GMOとくとくBB⇨⇨⇨http://gmobb.jp/
  • 『とにかく月額料金を安くしたい』ブロードワイマックス⇨⇨⇨https://wimax-broad.jp/

▼さらに詳しく最新のWiMAXプロバイダを比較したい方は以下のページもチェック▼
WiMAXおすすめプロバイダの料金比較ページ

Speed Wi-Fi NEXT WX04の特徴と2つのアピールポイント

まず専用クレードルうんぬんの前に、軽くSpeed Wi-Fi NEXT WX04について基本情報を説明させてください。

WX04は前作のWiMAX2+史上最高傑作とよばれ、リアルに今でも売れ続けている端末、WX03の後継モデル。じっさいWX03からずーっと後にファーウェイからW04というオシャレ端末も発売されたものの、国産vs中国メーカーという部分もあってか、いまだにWX03を選ぶ人も多かったです。

auの4G LTEに完全対応

ただWX03が完璧な端末だったかというと微妙な部分もあって

auの4G LTEに対応していない!

この部分がW04に負けている部分で、ここがネックでファーウェイを選ぶユーザーさんも少なくありませんでした。

そんな中、Speed Wi-Fi NEXT WX04はついにNECのWXシリーズ初となるauの4G LTEに完全対応致しました!!

こんな感じで

WiMAX2+回線のみのハイスピードモードと、WiMAX2+回線+auの4G LTEを状況に応じて切り替えてくれます。

使ってみると実感しますが超便利っす!

地下鉄でも田舎でも思いっきり使えちゃうWX04は、今後モバイル端末のスタンダードだね!

バッテリーもさらにスタミナ面を強化

また特筆すべきはスタミナ面の強化!

自宅で100Vコンセントから電力供給する据え置き型の端末とちがい、WX04は屋外に持ち歩くモバイルルーター・・・つまり

家を出てから帰宅時までしっかり働いてくれるか?

ここも重要なんですね。

なので製造メーカーは速度やエリアと同じくらいバッテリーの容量にも注力しています。

ちなみに旧モデルのWX03。全モバイルルーターの中ではもっともバッテリーの容量が大きく待ち受け時間も最長でしたが、今回さらに進化をとげました!

なんと3,200mAhの大容量バッテリーを搭載!!

以下の比較表をご覧になれば一目瞭然ですが

このように、ハイパフォーマンス、ノーマル、エコモードすべてのモードで約10%ほどスタミナアップがみられます。(参考:【WX04のバッテリー容量が凄い!】究極のスタミナ端末 WX04の電池の持ちを他と比較

ということで、外出中に充電できない環境の方にとって嬉しい!今後は帰宅途中にルーターのバッテリー残量をみながらドキドキしなくて済むんですよ!

※逆にバッテリーの容量を増やしたため、WX03(110g)より重さは微増して128gとなりましたが、違いは僅か18g、それ以上の大きなメリットがあるので気にする必要はないでしょう。
【オマケ】地味に便利!スケジュール機能で電池長持ち

またWX04の新機能として、使わない時間帯を設定するとルーターの電源を自動的にOFFしてくれるスケジュール機能も追加されました。

アナタのライフスタイルに合わせたスケジュール機能も利用することで、電池の消耗をおさえてさらにスタミナアップしました。

クレードルがハンパない!! WX04買うなら必須の全理由

さて本題、専用クレードルの説明に入ります!

以下で専用クレードルの価格や購入方法についても詳しく解説していますが、とりあえずの結論として専用クレードルがアリか無しかといえば…

120%アリ!WX04の性能を生かし切るなら絶対に買っておきたい!
このような結論になりました。WX04を買うならマストですよ。

またWX03発売当時も人気が殺到して品薄状態となり、Amazonで怪しい業者が何倍もの値段で販売していた専用クレードル。

もちろんSpeed Wi-Fi NEXT WX04にも標準オプションとして用意されており、WX04の目玉の一つでもあります。

そこで!

外出時しかWiMAX2+を利用しない人は別として、少しでも自宅で使うんだったら、とりあえずセットで買っておきたい!と思える理由を僕なりに絞り込んでみました。

  1. Wウイングアンテナで室内の受信感度がアップ
  2. ビームフォーミング機能を搭載した
  3. 有線LAN接続で高速通信の安定感が増す

他にも理由はいろいろありますが、超重要なのはとりあえずこの3つ。

さっそく1つずつチェックしていきましょう。

専用クレードルを買うべき理由その1 Wウイングアンテナで室内の受信感度がアップ

やはり最大のメリットは、クレイドルに装備されたウィングアンテナがWiMAXの電波はバリバリかき集めてくれること。

本家UQ WiMAXさんの公式ページでも、クレードルのウイングアンテナについて

弱電界(アンテナ1,2本)の場所であれば、アンテナ本数が増える場合があります。
Wi-Fi側も端末側にてアンテナ本数が少なければ増える場合があります。
結果として装置単体に比較して20%程度スループットが向上します。(弊社測定環境にて)

このように記載されています。

このへん分かりやすくイラストで解説すると、

このようにルーター単体だと方向によって受信感度が強い部分と弱い部分があるため、いまいち自信感度が不安定なんですが

クレードル装着することで、受信感度の弱かった方向からの電波もしっかり受信し、より安定した高速通信が可能になります

専用クレードルを買うべき理由その2 ビームフォーミング(TX Beam Forming)機能を搭載した

今回、WiMAXのモバイルルーターとしては初めて搭載されたビームフォーミングという機能。

ビームフォーミングとは、Wi-Fi接続する端末の方向へ電波を集中的に発射する技術。ご利用には、端末側がビームフォーミングに対応している必要があります。

GMOとくとくBB

これ、実はホームルーターでは意外と用いられる機能なのですが

こんな感じでルーター単体の場合全方向的にWi-Fi電波を飛ばすのに対し、ビームフォーミングという機能により接続可能なWi-Fi端末を探し出し

このようにピンポイントで接続したいWi-Fi端末を狙って電波を飛ばします。

結果、ウィングアンテナによって効率よく集めたWiMAXの電波を、ビームフォーミングにより確実に接続する端末に届けることで、Wi-Fiのスループットが最大約20%向上したと報告されています。

専用クレードルを買うべき理由その3 有線LAN接続で高速通信の安定感が増す

本来、無線LAN接続により何台もの端末に接続するのがWiMAXルーターの一般的な使い方であって人気の理由です。

ただ無線LAN接続の場合、障害物の影響やほかの電波の干渉により電波が良くなり接続が不安定になるケースが多く、最悪ブチブチ切れるということもありました。

正直、ネット閲覧程度ならたまに切断されようが大きな問題じゃありませんが

高画質の動画視聴やPS4でモンハンなどのゲーム

このあたりは深刻で、電波が安定しないために楽しめないケースもありました。そんなときに必須となるのが有線LAN接続です。

このように専用クレードルの背面には有線LAN接続のためのポートが用意されており
100円ショップにでも売っているような普通のLANケーブル

こいつを接続するだけで無線LAN接続の場合に比べ速度は2倍や3倍にアップすることもあり、より安定した高速通信が実現します。

端末オンリーでもUSB接続はできるものの、やはりロスなく効率よく接続するなら有線LAN接続!専用クレードルならLAN専用のポートがあるので安心ですね。

というわけで

  • 自宅でも置き場によって電波状況が微妙な方
  • 本格的なゲームをPS4あたりでガッツリ行う方
こんな方だったら専用クレードルは必要不可欠です。迷う余地はありません。確実にゲットしておきましょう!

Speed Wi-Fi NEXT WX04の専用クレードルの価格

今度は専用クレードルの価格についてみていきましょう!

今の段階で公式ページにクレードル価格までしっかり詳細まで記されていたプロバイダは以下の5社。微妙に価格が違うプロバイダもありました。

UQ WiMAXの場合

本家UQ WiMAXの場合、ルーター単体の場合は2,800円、一方クレードルセット購入の場合5,500円という値段でした。

つまりクレードル単体の価格としては2,700円ということでした。

GMOとくとくBBの場合

今度はの場合、端末本体は0円でクレードルセットの場合追加で3,686円ので販売されていました。

ちなみにこの金額を見て

とりあえずクレードル無しで使ってみて後で必要だったら購入しよっかなー

こんな人もいるかと思いますが注意書きに

※専用クレードル(充電器)のみの販売は行っておりません

このような文言がありました。

基本、端末とセット購入の方のみに販売され、後日、専用クレードルだけ追加購入することは不可能なようです。

やはり将来的に専用クレードルが必要になりそうな人は、保険もかねて専用クレードルも一緒に注文していた方が後悔しないでしょう。

ブロードワイマックスの場合

続きまして、他のWiMAXプロバイダーからの乗り換えの場合、違約金を負担してくれる唯一のプロバイダ…ブロードワイマックスでのクレードルの価格はいくらなのでしょうか?

公式サイトで申し込み手続きを進めていくと

このような感じでクレイドル選択画面がありました。

上記のようにクレードルをセットする場合追加で3,686円。GMOとくとくBBと同じ価格でした。

UQ WiMAXをのぞくMVNOの場合、どうやらSpeed Wi-Fi NEXT WX04のクレードルは3,686円と設定されているようです。

So-net

今度は月額割引タイプとキャッシュバックの二つのキャンペーンを用意した、老舗のSo-netをみていきます。

So-netでもWX04の端末購入者のみ、専用クレードルがセット購入可能で、価格は

他社とおなじ3,686円で購入可能で現時点では普通に在庫が確保できているようでした。

BIGLOBE(ビッグローブ)

最後は大手プロバイダのBIGLOBE(ビッグローブ)。

ビッグローブの公式ページからWX04を選択してオプション購入画面に進むと、

と、各プロバイダ共通価格の3,686円で購入可能。こちらも基本、クレードル単品で購入できないようでした。

結果、UQ WiMAXが安いような気もするけど…

調査の結果、UQ WiMAXをのぞくすべてのプロバイダが共通価格で3,686円で、唯一、UQ WiMAXのみ計算上、2,700円となりました。

ただ忘れてはいけませんが、UQ WiMAXはWX04の端末本体の価格が2,800円です。他のプロバイダは端末0円という部分を加味すると、UQ WiMAXが安いわけでもありません。もちろんキャッシュバック等も含めるとUQ WiMAXは一番割高になってきます。

いずれにせよ、品薄状態になれば入荷待ちで長期間待たされることもあります。またクレードル料金をケチってしまえば、後から単品で入手するのは困難です。

在庫しているタイミングを狙って最初に申込んでおくのが正解だと思います!

Speed Wi-Fi NEXT WX04の専用クレードルに関する疑問

WX04専用クレードルの有無でエリアは変わるの?

基本、WiMAX2+のエリアは基地局との距離や周囲の建物とのバランス、山間部かどうかなどの地形的な部分によって左右されます。

よって専用クレードルによってエリア外がいきなり対応エリアになるような改善は期待できません。

ただし室内の窓際に置いても電波状況がイマイチ…という場合、専用クレードルによって受信感度が向上してアンテナの本数が増えて電波が安定することは考えられます。

専用クレードルによってモバイルルーター⇨ホームルーターに近い状態になるのさ

WX04専用クレードルの有無でスピードは変わるの?

WiMAX回線の速度は先にお伝えしたとおり、下り最大440Mbpsと決まっています。

そのため最高速度に関しては専用クレードルを利用したからといって飛躍的に向上することは考えられません。

とはいえ専用クレードルによって受信感度がアップすることでより多くの電波を受信し、実測値が向上することはじゅうぶんに考えられます。

とくに室内でのWi-Fi機器とのデータ通信が安定するため大幅にスピード向上が実感できるはずです。

1階にルーターを置いて2階でスマホを使うと微妙だったけどクレードルで解消されたなんて人、多いらしいよ

WX04を専用クレードルとセットで申し込むならお得な会社はどこ?

発売直後ということもありSpeed Wi-Fi NEXT WX04がどこまで売れるか想像の話になりますが、同じNEC製の人気端末、WX03のパターンから予想すると

高額キャッシュバック目的で選ぶなら

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/

キャッシュバックは面倒!月額料金を少しでも安くという方なら

▼1年後のキャッシュバックより月額割引・違約金なしならココ▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

端末は変わっても、やはりこのあたりのプロバイダから申し込むのがもっともお得になるかと思われます。

とくにブロードワイマックスは他社WiMAXプロバイダからの乗り換えだったら違約金を負担してくれる唯一のプロバイダ。

Speed Wi-Fi NEXT WX04が欲しくて契約期間内にもかかわらず、乗り換えてゲットしようかな?というユーザーさんにもオススメです。

【追記】WX04のクレードルを使ったらこれだけ通信速度が上がった

  • WX04の性能がヤバい!
  • 専用クレードルを使うとさらに爆速になる!

ネット上にはこういったWX04やWX04の専用クレードルを絶賛する声も多いですが、これからWX04と専用クレードルを購入する予定の人にすれば

  • 曖昧な言い方せずにデータを見せろや!
  • 専用クレードル必須…ってどんだけ速度上がるのさ?

こう考える人も多いと思います。

そこで先日ようやく解約月をむかえ晴れて乗り換え可能になったワイマックス侍がWX04を契約し、専用クレードルも同時購入して実測値を計測しました。

ワイマックス侍がWX04を契約したのはこちら

参考までにWX04購入可能なプロバイダを片っ端からリサーチして、月額料金をなるべく安くおさえたいワイマックス侍にピッタリだったのはブロードワイマックスでした。恐らくキャッシュバックに自信のない人なら最安ですね。

おまけに契約中に光回線へ乗り換えることになっても違約金を負担してくれる唯一のプロバイダなので、最悪『WiMAX微妙…』という場合も自腹で違約金を払わずに済みます。

▼1年後のキャッシュバックより月額割引・違約金なしならココ▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/
エリアや時間帯によって大きく変わるため、あくまでひとつのサンプルとしてWX04の専用クレードル購入の参考にしてみてください。※計測前に端末を撮影したのですが暗すぎてピンボケになったのでネットから拾ってきました…

WX04単体で計測すると

引用 BAZZAP!

まずWX04単体を窓際にセットしスマホでスピードテストを行ったところ


WX04+専用クレードルのセットで計測すると

引用 BAZZAP!

そして専用クレードルをセットしてもう一度スピードテストを行ってみると…

上りは驚くほど改善されなかったものの、下りはおよそ1.5倍程度まで速度が上がっていました。

エリア的にも微妙な上、混雑時間帯に計測したためベースの通信速度が微妙に遅いのは仕方ないですが、単純にクレードルを装着しただけでこれほど通信速度が上がるのはちょっとびっくりでした。

まあ10Mbps超えていればネットサーフィンや動画視聴は普通にこなせるため、あまり速度の違いには気づかないでしょうが大容量のファイルをダウンロードしたりHuluやアマゾンプライムで高画質のドラマをストリーミングするときなどけっこうな差がでてくるでしょう。

拙者のWiMAX環境だと、どの時間帯も専用クレードルの有無で1.3~1.5倍は通信速度が上がったでござる

まとめ

以上、WX04の専用クレードルについて、端末とセットで買っておくべき3つの理由やクレードルに関する疑問をまとめてみました。

Speed Wi-Fi NEXT WX04はほぼ完璧なWiMAXルーターになります。

  • auの4G LTEに完全対応
  • 大容量バッテリーや省電力設定
  • 4G LTEの解除忘れ防止のワンタイム機能

など見どころ盛り沢山な端末ですが、最大の特長はやっぱり拡張アンテナ付きの専用クレードル !!ここに尽きます。

旧モデルのWX03でも、専用クレードルが使いたくで他の機種から乗り換える人もけっこういました。今回もそんな感じになるかなあと思います。

専用クレードルによってより快適に高速通信が安定して行えるなら、3,686円は決して高い買い物じゃありません!

しっかり以下のようなプロバイダから選んで申込めば、専用クレードルが実質無料で買えるようなもの…WX04と専用クレードルに決めた人は、念のため以下の公式ページを覗いて観ましょう!

【2017年12月更新】最新プロバイダ情報
  • 『高額キャッシュバックをドカンと欲しい』GMOとくとくBB⇨⇨⇨http://gmobb.jp/
  • 『とにかく月額料金を安くしたい』ブロードワイマックス⇨⇨⇨https://wimax-broad.jp/

▼さらに詳しく最新のWiMAXプロバイダを比較したい方は以下のページもチェック▼
WiMAXおすすめプロバイダの料金比較ページ

以上、Speed Wi-Fi NEXT WX04を検討中の方が、クレードル購入するとき参考になれば幸いです!(さらに詳しくWX04の速度について、【WX04の速度】待望の新機種、WX04のスピードをW04、WX03と徹底比較!でも解説していますので参考にしてみて下さい!)

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする