【WX04評判まとめ】買いか?見送りか?WX03と徹底比較した結果…

2017年11月、全国のWiMAXユーザーさんが待ちに待った「Speed Wi-Fi NEXT WX04」が登場。当サイトでもWX04の速度、バッテリー、新しく加わった機能など詳しく解説してきましたが

結局のところ、WX04って『買い』の端末なのかい?

ズバリ、この部分が知りたいというご要望を多くいただきましたので、今回ワイマックス侍が

  1. 前作のWX03と比較してどこが変わったのか?
  2. 結局WX04は買いの端末なのか?

この2点を中心に独自で検証してみました。

結論から先にお伝えしますと、モバイルルーターとしての性能はヤバいくらい向上していまして

『3年契約が気にならずLTE回線もタダで使いたい』こんなアナタには間違いなく『買い』の端末!

こんな結論になりました。

ちなみに旧モデルのWX03が当時人気が集中して品薄状態が続きました。前回以上の品薄状態が予想されるため、本気で欲しい方は早めにご購入しておきましょう。(在庫切れでも入荷次第発送しれくれるので早く申込みした方が早く届きますよ)

ちなみに!今回のリサーチ時の最安プロバイダは以下の2社。どちらも最安級なので自分の性格に合った方をお選びください。※追記:とくとくBBは、なんと最新のSpeed Wi-Fi NEXT WX04でも3万以上のキャッシュバックでした!!

【2017年12月更新】最新プロバイダ情報
  • 『高額キャッシュバックをドカンと欲しい』GMOとくとくBB⇨⇨⇨http://gmobb.jp/
  • 『とにかく月額料金を安くしたい』ブロードワイマックス⇨⇨⇨https://wimax-broad.jp/

▼さらに詳しく最新のWiMAXプロバイダを比較したい方は以下のページもチェック▼
WiMAXおすすめプロバイダの料金比較ページ

(※WX04の購入がほぼ決まっている方で専用クレードルをどうするか迷っている方はこちら。【WX04のクレードルってどう?】究極ルーターWX04のクレードルの特徴と価格、おすすめ度も参考にしてみて下さい。)

Speed Wi-Fi NEXT WX04の3つの特長

Speed Wi-Fi NEXT WX04が、前モデルのWX03、HUAWEIのW04と比較してがどこがどれだけ凄いのか?
このあたりを具体的に解説していきます!

まず他のモバイルルーターより優れた部分としては

  1. モバイルルーターとしては初めてビームフォーミングにも対応
  2. WXシリーズ初!au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)対応
  3. 過去最高3,200mAhの大容量バッテリーとスケジュール機能で電池持ちアップ

この3項目を挙げることができます。

もうちょっと詳しく説明しますので一緒にみていきましょう!

4×4 MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)による高速通信

まず大前提として、最近のWiMAX2+回線の進化についてちょっとだけ説明しておきます!

ここ数年、WiMAX2+回線は驚くべきスピードで技術が進化しました。

中でも二つの進化が決定的にすごく、データの送信側(基地局)と受信側(ルーター)のそれぞれに4本のアンテナを搭載し、WiMAX 2+エリアで複数のデータを同時に送受信する技術、

このような4×4 MIMO、
さらに複数の帯域を同時に利用することで高速通信を実現する技術、

キャリアアグリゲーション(CA)をWで利用することで、下り最大440Mbpsの高速通信に実現しました!
(※最新端末はWiMAX+2(440Mbps)とLTE(150Mbps)のキャリアアグリゲーションにより受信最大590Mbps※を実現致しています)

つまり4つの基地局から4つのアンテナに受信することで、より高速通信が可能となり、2つの帯域を使うことで単純に最高速度が倍になっています。

とはいえ4×4MIMO技術とキャリアアグリゲーション技術のダブル搭載、これまでのWX03、HUAWEIのW04あたりもすでに対応済み

なので中には

下り最高速度を比較するとまったく同じ…まったく速度が上がって無いじゃないのさ!

こう考える人も多いと思います。

ですがWiMAX2+回線の安定感や使い勝手、繋がりやすさは単純に通信速度だけで決まるものではありません。

以下の3つの特徴見てもらえば、思いっきり進化していることがわかってもらえると思います。

進化①アンテナ付き専用クレードルとビームフォーミング対応

まず嬉しい部分としては、WX03でも好評で売り切れが続いたアンテナ付きの専用クレードル。こちらが今回もオプションですが用意されています!

この専用クレードルにセットされたWウイングアンテナは、端末のみでは拾いきれなかったWiMAXの電波をバリバリかき集めて受信してくれます。

またこちらの専用クレードルを利用することで、ホームルーターとして複数台での同時接続も可能となります。
なので自宅メインで利用する人はかならず専用クレードルもセットで購入しておきましょう!

今回の目玉!ビームフォーミング機能搭載

また専用クレードルをセット購入しておくべきもう一つの理由というのが、今回の端末の目玉といえるビームフォーミング機能!

ざっくりいうと、専用クレードルの拡張アンテナを使って、自宅のいろんな場所にあるWi-Fi端末をピンポイントで狙ってWi-Fi電波が飛んでいきます。

普通はこんな感じで

室内を全方向的に飛んでいたWi-Fi電波がピンポイントに飛ぶわけです。

ですがビームフォーミング機能によって、Wi-Fi端末の位置や動きを察知して端末の位置を見つけ出し

バシーンッと狙ったWi-Fi端末に効率よくWi-Fi電波を届けます!

めちゃくちゃ優秀な機能です!

ちなみにのビームフォーミング機能、ホームルーターで搭載されているケースはありましたが、モバイル回線の端末としては初めての採用です!

進化②au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)対応

またもひとつの目玉というのが、WXシリーズ初となるau 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)に対応したこと。

これまでNEC製の端末が使いたいんだけれど、LTE回線に対応していない…こんな理由から購入できなかった方、意外と多いです。

そんなau 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)を理由に逃してたユーザーさんを取り戻すべく4G LTEに対応しました。

先日、LTE料金の無料化が始まったことで、3年契約を選ぶユーザーさんも徐々に増えつつあります。

WiMAX業界全体の流れとしてはLTE無料の3年契約を推し進める傾向にある今、NECとしてもLTE対応したのは、ある意味当然のことかもしれません。

もちろん7ギガ制限が気になるので最初から使うつもりはない!

こんな人もいると思いますが、その場合はつねにハイスピードモードに設定しておけばいいだけの話でとくにデメリットとはいえません。

進化③3,200mAhの大容量バッテリー、スケジュール機能で電池持ちアップ

旧モデルのWX03でも話題となった大容量バッテリー。

なんと今回、WX03の2,890mAhからさらにグレードアップして今回はなんと3,200mAh! 約10パーセントほどバッテリー容量がアップしました。

以下にWX03と比較していますのでご覧ください。

またスタミナ面での進化はバッテリー容量だけではありません。

なんと今回、バッテリーを温存するために動作時間をスケジューリングして省電力化しました。

例えばこのように

就寝中など、WiMAX端末を使用しない時間帯を狙って時間帯を設定しておくと端末が勝手に自動で自動的に電源をオフにしてバッテリーを温存してくれます。

例えば通勤時や帰宅時にガンガン利用する方でも、日中の時間帯はも会社のWi-Fiを利用しているため自分のルーターは使う必要がない…という人。

こんな場合、日中の時間帯だけ休止状態にしておけば、ほぼバッテリーを消費せずに長時間、バッテリーを持たせることができます。これって結構嬉しいですよね?

【おまけ】地味だけど、あったらいいなーと思っていた機能も追加

このほか、60分経過後に強制的に自動休止してくれる切り忘れ防⽌タイマ機能や、電池容量低下をスマホへ案内してもらえるスマホでお知らせ機能など、地味に嬉しい機能が追加されました。

また今までけっこう多かった、緊急時にハイスピードプラスエリアモードを利用して、ハイスピードモードに切り替え忘れてしまい月間7ギガ制限に引っかかってしまう…

こんなショックな出来事を予防するために、ハイスピードプラスエリアモードからハイスピードモードに自動で切り替わるLTEの解除忘れ防止…ワンタイム機能というのも追加されました

いやぁこれも結構嬉しい!!

ちょっと微妙!?…WX04申込み前に知っておきたいデメリット

ここまで WX04の特徴や数々のメリットお伝えしました。

そこで今度はネガティブな部分、WX04契約におけるデメリットについてご説明します。

WX04は唯一、3年契約が必須の端末

どうせ契約するなら3年契約でも全然オッケー♪

と考えてる人にはデメリットにもなりませんが、大切なポイントとしてこの端末は他と違って2年契約で購入することはできません。

必ず3年契約が必須となります!

ちなみにとくとくBBさんの場合

※LTEオプション無料プラン(3年)のみの対象機種です。

出典 GMOとくとくBB

一方broad WiMAXの場合

WX04は3年プラン限定機種のため、契約期間が2年のプランはご選択いただけません。
ハイスピードプラスエリアオプションは無料でございます。

引用 ブロードワイマックス

このように、どのプロバイダ経由でも、Speed Wi-Fi NEXT WX04は2年契約では購入できません

確かに3年契約によって初めてLTE流利用料金が無料になるため、Speed Wi-Fi NEXT WX04を購入する場合3年契約のがお得にはなります。

ただし、究極まで安くWiMAXを使い倒したい!って場合、フットワークの軽い2年契約のが実質利用料金は安くなるケースが多いです。

なので

  • WiMAX+回線だけではちょっと不安、LTE回線も利用したい
  • 2年ごとにプロバイダを乗り換えるのも面倒、3年契約のほうがむしろ楽

こんな人にはオススメな端末といえる一方、

  • LTEなんか要らない!少しでも安くWiMAX回線を利用したい!
  • 3年間はいくらなんでも長すぎるでしょ…

こんな方には大きなデメリットになってきます。

WiMAX2+が入りづらい時はやっぱLTE回線も使えるといいよね!

都市部の人口カバー率99パーセントというWiMAX回線ですが、周波数帯の関係でどうしてもビル群や山間部など苦手な地域もあります。

こんな電波の入りづらい状況の場合、LTEなら上手いこと電波が拾えたりするんです。

なので職場や学校の立地やお住いの環境によっては、LTE回線が必要な方も意外と多いんですね。

Speed Wi-Fi NEXT WX04のスペック考察

Speed Wi-Fi NEXT WX04のスペック一覧は以下になります。

モデル名Speed Wi-Fi NEXT WX04
メーカーNECプラットフォームズ
通信速度ハイスピードモード:下り最大440Mbps/上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード:下り最大440Mbps/上り最大50Mbps
サイズ(幅×高さ×奥行き)約111×62×13.3mm
重量約128g
連続通信時間(ハイスピードモード)ハイパフォーマンスモード:約8.1時間/ノーマルモード:約11.5時間/エコモード:約13.8時間/エコモード(Bluetooth接続時) :約16.6時間
連続待受時間(静止時)休止状態:約700時間/ウエイティング時:約50時間
バッテリー容量3200mAh(取り外しタイプ)
カラーバリエーションアクアブルー、クリアホワイト

まとめ

以上、最新ルーターのSpeed Wi-Fi NEXT WX04の特長やメリットを中心にまとめてみました。

長年、WiMAX回線を使い続けてさまざまな端末をみてきましたが、旧モデルのWX03もバカ売れしましたが、W04に劣っている部分もあり一長一短な面もありました。

ですが今回のWX04、メリットとデメリットをくらべれば勝っているのは明らかにメリットの数々…。こう思うのはワイマックス侍だけじゃないはず。

最終結論をもう一度お伝えすると

3年契約で問題ない人だったら、間違いなく買いの端末!…3年後も後悔なし!

強くこう思います。

ただ3年契約ということは、3年間の間に乗り換えや解約すれば違約金が発生します。頻繁に乗り換えできるサービスじゃないので、しっかり選んで自分に合ったプロバイダから申込んでみてくだい。

ところでWX04はどこから申込むとお得なの?

ちなみに当サイトがリサーチした結果、公式ページでしっかりとSpeed Wi-Fi NEXT WX04について記載され、購入可能なプロバイダは、

  • GMOとくとくBB
  • ブロードワイマックス
  • So-net(ソネット)
  • ブロードワイマックス
  • UQ WiMAX

このあたり…。(今後も順次増えると思われます)

UQ WiMAXは安心感がありますが、キャッシュバックや値引きはほぼ無し。事実上、キャッシュバック金額なら

▼こちらの公式サイトが現在の最高額ページです▼
GMOとくとくBB公式サイト http://gmobb.jp/

月額料金の安さ・他社のWiMAXプロバイダの契約中で違約金を負担してもらいたいなら

▼1年後のキャッシュバックより月額割引・違約金なしならココ▼
ブロードワイマックス公式サイト https://wimax-broad.jp/

このどっちかが現段階ではお得なプロバイダかと思います。

WiMAX2+はどのプロバイダ経由でも同じ回線と利用します。どちらから申込んでも、3年間快適にWX04を使い倒せます。

国産端末として前モデルのWX03が名機呼ばれていましたが、今回のWX04はそれを超える名機、WiMAX2+回線のスタンダード端末になるのは間違いないでしょう。
SNSなどで拡散されると申込みも集中します。上記のプロバイダで在庫があった場合、在庫しているタイミングで申込んでおいた方がよさそうですね。

ぜひ当ページがアナタのWiMAX端末選びの参考になれば幸いです!

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする