【WiMAXヤマダ電機で申し込むと損!?】家電量販店のキャンペーンよりプロバイダ直がお得な全理由

これからモバイルWi-Fiにお申し込みされる皆さん! もしかするとこうお考えではありませんか!

Wi-Fi契約って不安だし…ネットじゃなくヤマダ電機などの販売員さんから説明を聞きながら申込みたい!!

 

そう。
今ではネット経由で直接プロバイダから申込みするのが主流ではありますが、ネット申込みだと不安という方も意外と多いです。 たしかに実店舗でスタッフと質疑応答できるので不安な部分も聞けて安心ですよね。

 

ですが!!

ヤマダ電機からWiMAXに申し込んだ場合と、ネットで直接各プロバイダに申し込んだ場合で、最大3万円以上も金額差があったらどうしますか!?

 

今回、当ページでは家電量販店の店頭でWiMAXを申込んじゃおっかな…という人にむけ

  1. ヤマダ電機でWiMAXを契約する際のキャンペーン内容
  2. そもそも家電量販店でWiMAXを申込むことは損なの!?
  3. ヤマダ電機のWiMAXより最大3万(2年間)も安く契約できる方法!!
この3つにポイントを絞って解説し、最終的には20以上あるWiMAXプロバイダをガチ比較した結果も発表いていこうと思います。

ヤマダ電機での申込みも悪くないが、実質的な月額料金を考えたら圧倒的にネットでプロバイダから申し込んだ方が安いのじゃ!!
【2018年8月】今月の最安値情報
\高額キャッシュバックなら!!/
とくとくBB公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安なら!!/
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/
\プロバイダ選びで絶対に失敗しなくない人は!!/
参考記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較してみた結果!!

WiMAXなどのモバイルWi-Fi類はヤマダ電機から申し込むと損するかも!?

お忙しい方のためにさっそくの結論からいうと

ぜんぜん安くない!! むしろWiMAX申込み先としては高い方じゃったぞ!!

今回、ヤマダ電機の提供するWiMAXを独自に調査した結果、モバ神はたどり着いた結論はこれです。

公式ページをみると、

『お得割り』
『YAMADA Wi-Fi プレミアム』

などの特典もあり、ちょっと良さげな雰囲気を醸し出してますが、よくよく調べるとまったくお得な特典でもありませんでした。

以下、まずヤマダ電機のWiMAXの詳細をお伝えしつつ、モバ神が今回のような結論にいたった全理由をお伝えしたいと思います。

ヤマダ電機で契約できるWiMAX…ヤマダ・エアモバイルの詳細

さっそくヤマダ電機のWiMAXを、速度やエリア、通信制限、料金プラン、キャンペーン内容の4つ側面からみていきます。

ヤマダ・エアモバイルの対応端末と速度・エリア

ヤマダ電機のWiMAX公式ページをみると、購入可能な端末は多く、

ヤマダ電機のWiMAX対応端末
W05、L01s、WX04、W04、L01、WX03、W03、novas Home+CA、W02、WX02、

このあたりに対応していました。

ただ今現在のWiMAX2+回線の進化と、年々進化するモバイルルーター事情を考えた場合、特別な理由がなければ以下の3機種。

 

W05、L01s、WX04。この3つから選んでおけばまず3年後も後悔ないです。

じつは上記の端末については他の記事でも書きました。

http://wimax-search.info/w05-wx04/

据え置き型のホームルーターであるホーム L01(S)だったら

http://wimax-search.info/home01s/

あたりも参考になるかと思います。

基本、上記のような最新端末を選んでおけば440Mbpsという通信速度、エリアとしては都心部で約99%までの人口カバー率となります。

ヤマダ・エアモバイルの通信制限

速度やエリアに同じことがいえますが、WiMAXのプロバイダはどこも管理元であるUQコミュニケーションズの用意した回線を利用するため通信制限に関してもプロバイダによる差はありません。

通信制限に関しては何度か記事にしています。

http://wimax-search.info/no-upper-limit/

大きくわけて月間7GBプランによる通信制限、LTE回線が7GBオーバーによる通信制限、さらに3日で10GBオーバーの通信制限の3種類。

もちろんヤマダ電機のWiMAXの場合も

「YAMADA Flat ツープラス ギガ放題」をご契約の場合、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信において、月間のデータ通信量に上限がなく、通信速度制限(月間7GB超)が適用されません。ただし、LTEオプション対応機種にてハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、 ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。

他のプロバイダと同じような通信制限に関する文言があります。

ヤマダ・エアモバイルの料金プラン

今度は料金プランをみてみましょう。ヤマダ電機のWiMAXの料金プランは以下の2つ。

  • YAMADA FLAT ツープラスギガ放題
  • YAMADA Flatツープラス

YAMADA FLAT ツープラスギガ放題

『YAMADA FLAT ツープラスギガ放題』とは、UQ WiMAXやGMOとくとくBBなどでいえばギガ放題プランにあたります。料金設定は

このように最大25カ月間にわたり500円に割引が適用され最初の3カ月は3,696円、それ以降は4,380円が続きます。

YAMADA Flatツープラス

一方、YAMADA Flatツープラスというのは他のプロバイダでいう『フラットプラン』または『ライトプラン』にあたります。

料金設定は

ギガ放題プランにくらべお得な料金設定でした。

ヤマダ・エアモバイルのキャンペーン内容

時期や店舗により実施中のキャンペーンはことなるものの、今現在モバ神が調査したタイミングでは大規模なキャンペーンもなく、特典といえる特典は…

お得割り

当社指定のWiMAX機器のご購入と同時に、契約期間の設定されたYAMADA Flatツープラス ギガ放題を選択して新たにご加入いただいた場合に、毎月の料金を割り引きます。

 課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヶ月間割引が適用されます。

 

または

 

長期利用割引

「YAMADA Flatツープラスおトク割」(以下、「おトク割)の適用期間満了後も、「長期利用割引」の適用により毎月の料金はそのままでおトクにお使い頂けます。

「長期利用割引」は、「おトク割」が適用された場合に限り、「おトク割」適用期間満了の翌月より適用となります。

 

またキャンペーンや特典というよりもオプションに含まれるかもしれませんが、


このように

  • UQ Wi-Fiエリア
  • Wi2エリア

のWi-Fiが無料で使えるYAMADA Wi-Fi プレミアムというサービスがあり、YAMADA Flatツープラスの契約者は申し込め一切無料で使えます。

モバ神がヤマダ電機のWiMAXをおすすめできない全理由

では上記のヤマダ電機のWiMAXの特徴をふまえ、モバ神がおすすめできないという結論にいたった理由を説明します。主な理由は

  1. そもそも割引前の金額、高いじゃーーん!!
  2. YAMADA Wi-Fi プレミアムってあんまり意味なくない!?
  3. 結局、プロバイダとの直契約とくらべて何がお得なの!?

この3つ。以下で詳しく説明していきます。

そもそもヤマダ電機WiMAXの割引前の金額、高いじゃーーん!!

全WiMAX利用者の9割もの人が選ぶギガ放題プランを例にみてみます。

先ほどご説明したとおり、ヤマダ電機のWiMAXの料金設定は

 

なんだか割引した結果、大幅に安くなっている雰囲気ですが

月額割りのないGMOとくとくBBと比較しても高いじゃん!!

最初の2カ月は同料金ですが、3か月目以降は割引のないGMOとくとくBBの方が安いのです。

 

またキャッシュバックを最初から廃止した月額割りプランのみのブロードワイマックスの場合、

ヤマダの方が月額で800円も高いじゃない!!

同じギガ放題プランでも、これだけ安い料金設定なのです。

4,263円と3,411円じゃ毎月の負担もけっこう違ってきませんか!?

YAMADA Wi-Fi プレミアムってあんまり意味なくない!?

また初期費用や通信費用が無料のヤマダWi-Fiプレミアムですが、正直あんまり意味ないです。

というのも

関東地方だったらこんな感じで、エリアが広がりまくった結果、人口カバー率99%というレベルに達しています!!

つまりWi-Fiスポットに頼らずともWiMAX2+回線だけで十分に満足できるでしょう。また地下鉄通勤や山間部にお住まいの方でWiMAX2+回線がイマイチ…という場合、先日からLTE無料プランという料金プランもできました。そっちを利用すればWi-Fiスポットは不要だと考えます。

結局、プロバイダとの直契約とくらべて何がお得なの!?

上記の理由から、どうしても実店舗で対面で契約したいという方をのぞき、

数ある格安プロバイダの中から、ヤマダ電機のWiMAXをわざわざ選ぶ必要なしっ!!

ということに納得してもらえたかと思います。

 

で!!

『じゃあ、ヤマダ電機じゃなくてどこから申し込めばいいの!?』という話になると思いますのでモバ神からアドバイスいたします。

ちなみに現在、20社以上のWiMAXプロバイダがひしめき合ってますが、本当に比較すべき会社といえば

 

カシモWiMAX2ヶ月1,380円
3ヶ月目~3,380円設定なし3,338円(ただし最新端末なし)

プロバイダ月額料金キャッシュ
バック
実質月額
(3年間)
UQWiMAX3ヶ月3,696円
4か月目~4,380円
3,000円4,323円
BroadWiMAX3ヶ月2,726円
4ヶ月目~3,411円
3,501円
GMOとくとくBB2ヶ月3,609円
3ヶ月目~4,263円
31,000円3,449円
BIGLOBE2ヶ月2,595円
3ヶ月目~3,880円
15,000円3,642円
So-net2ヶ月3,495円
3ヶ月目~3,980円
20,000円3,681円
DTI3ヶ月間3,500円
4ヶ月目~4,300円
29,000円3,511円
@nifty3ヶ月間0円
4ヶ月目~4,100円
20,000円3,536円
3WiMAX3ヶ月3,495円
4ヶ月目~4,130円
28,000円3,534円
ネクストモバイル4,380円4,463円

※キャッシュバック金額・月額料金はリサーチ時の数字をベースに算出しています

という選択肢に絞られ、さらに料金やキャンペーン内容などふくめ『お得感』という軸で選ぶと

プロバイダ月額料金キャッシュ
バック
実質月額
(3年間)
BroadWiMAX3ヶ月2,726円
4ヶ月目~3,411円
設定なし3,501円
GMOとくとくBB2ヶ月3,609円
3ヶ月目~4,263円
31,000円3,449円 (CB貰えた場合)
BIGLOBE2ヶ月2,595円
3ヶ月目~3,880円
15,000円3,642円 (CB貰えた場合)
So-net2ヶ月3,495円
3ヶ月目~3,980円
20,000円3,681円 (CB貰えた場合)
カシモWiMAX2ヶ月1,380円
3ヶ月目~3,380円
設定なし3,338円(ただし最新端末なし)

この5社がお得でして、じっさいに利用数の面でもベスト5といわれています。

もちろん上記の5社だったらどこから申し込んでも大丈夫です。

 

とはいえ

本当にお得に使い倒せるWiMAXプロバイダを教えて欲しいっ!!

こんな欲張りさんもいますね!?

 

そんな迷ってしまった方は、2018年WiMAXプロバイダの主軸となる2社、割引やキャッシュバック設定をギリギリの数字で攻めている以下の2つをおすすめします。

【2018年8月】今月の最安値情報
\高額キャッシュバックなら!!/
とくとくBB公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安なら!!/
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/
\プロバイダ選びで絶対に失敗しなくない人は!!/
参考記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較してみた結果!!

まとめ

いかがしたでしょうか!?

今回、ヤマダ電機経由でWiMAXを検討中の方にむけ

  1. ヤマダ電機からWiMAXに申し込むことのメリットとデメリット
  2. 正直、ヤマダ電機などの家電量販店とは比較にならならプロバイダのキャンペーン内容

を余すことなくお伝えしました。

たしかにモバイルWi-Fi初心者の人の場合、初期設定、初めての接続という部分にちょっぴり不安を抱えている人もいますが、

スマホやPCなどの端末とちがってモバイルルーターは単純に

充電して電源ON⇒使用するスマホやタブレットにパスワードを入力するだけ!!

たったこれだけで最初の設定はおしまい…ハッキリいって難しい設定は何一つありません。

もし不安があればWEB上の製品の公式ページをみれば親切に解説されています。つまり実店舗で販売員から説明を受ける必要はほぼ無いですよね。

 

だったら数多くあるプロバイダを比較して、もっともお得なプロバイダから直接申込みして3万円を節約した方が賢いかと思います。

当サイトではWiMAXにかぎらずYモバイルのポケットwifiをふくめたモバイルWi-Fi全体を比較してお得なネット回線を提案してます。ぜひ徹底比較してもっともお得なモバイル回線を選んでください!!

【2018年8月】今月の最安値情報
\高額キャッシュバックなら!!/
とくとくBB公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安なら!!/
Broad WiMAX公式 https://wimax-broad.jp/
\プロバイダ選びで絶対に失敗しなくない人は!!/
参考記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較してみた結果!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)