【壁に穴を開けないでネット回線を】賃貸住宅で管理会社に連絡不要な置くだけWi-Fiがおすすめ!

ネット回線を選ぶ際、速度にこだわるヘビーユーザーの方もいれば月額料金など費用を重視される方など選ぶ基準も人それぞれ。

そんな中、ネット回線選びでけっこう多くの方が気にされる部分というのが

賃貸アパートに住んでいるため、できれば壁に穴を開けずにインターネットがしたい!

 

こんな退去時の出費まで心配してネット回線を選ばれる方。

光回線の場合、すでに開いているエアコン用の穴を利用できれば新たに壁に開口する必要ありませんが、状況によっては光ケーブル用の穴を工事業者があけることも普通に多いです。

そこで今回、当記事では動画視聴やネットサーフィンもサクサク可能な方法で、かつ部屋の壁に穴を開けないネット回線について詳しく解説していきます。

 

またお急ぎの方に結論からいうと、壁に穴を開けずに使えるインターネット回線はいくつかあるものの、

  1. 動画視聴やゲームアプリなど快適にネットができる
  2. 引越し時(退去時)に一切無駄な費用が発生しない

この2点からモバイル回線が圧倒的におすすめで、中でも2年間の実質費用がお得な点からWiMAXをおすすめ致します。

さらに究極の結論をお伝えすると、数あるプロバイダの中でも以下の2社から申し込むのが今なら最安ですよ!
\高額キャッシュバックならGMO
公式 http://gmobb.jp/
\月額料金の最安ならBroad
公式 https://wimax-broad.jp/
\全部まとめて比較する!!/
注目記事 WiMAXおすすめ会社ガチ比較の結果!!

壁に穴をあけずにネット回線を引き込む選択肢

まずインターネット回線の大きな3つの選択肢として

  1. フレッツ光、光コラボなどの固定回線
  2. ADSL
  3. Yモバイル、WiMAXなどのモバイル回線

このへんの選択肢から選ぶことになります。ただ冒頭で述べましたように『快適に動画視聴やネットアプリ、ゲームができる』という条件を加味しますと②のADSLは正直ちょっと微妙…。

よって選択肢として

  1. フレッツ光、光コラボなどの固定回線
  2. Yモバイル、WiMAXなどのモバイル回線

の2つに絞らせていただきます。さっそく各項目をみていきましょう。

フレッツ光、光コラボなどの固定回線は微妙…

今回のテーマ『賃貸住宅で壁に穴を開けたくない!』という方の場合、①のフレッツ光、光コラボなどの固定回線という選択肢が微妙に怪しくなってきます。

というのも、

  • 光ファイバーを引き込みたい場所・周辺にエアコン用の開口などが準備されている
  • 以前の入居者がすでにひかり回線等を引き込んで専用の穴を開けている

これらのケースをのぞき、とくに新築の場合などは新規で光ファイバーの引き込み用の穴をあける必要が生じます。(※穴といってもそう大きな穴ではなくボールペンの直系程度の穴です)

なので選択肢として『固定回線は譲れない』という方は、事前にご利用になる光回線業者やプロバイダ等に相談し、最低限

  • どんな流れで工事が勧められるか?
  • 壁に穴は開けることになるのか?

このへんをしっかり確認しておきましょう。(賃貸でもフレッツ光のマンションタイプなどが引き込まれている場合は穴は不要)

Yモバイル、WiMAXなどのモバイル回線は100%壁に穴は不要!

壁に穴を開けるか開けずに済むか微妙な光回線にくらべ、こちらのYモバイル・WiMAX等のモバイル回線なら穴を開ける可能性はゼロです。

そもそもモバイルルーター(またはホームルーター)を窓際の受信感度の良い位置にセットして電源を入れれば即時にWi-Fi環境ができあがります。

壁に穴を開けるどころか

  1. 面倒な工事業者との日程調整
  2. 工事日の立会い
  3. 住宅によっては追加の工事費用
  4. 退去時の光ファイバー撤去費用

これらの全てが必要なくなります。

結論からいうと『どうしても光回線!』という部分に強いこだわりのある方をのぞき、壁に穴を開けたくない人にとってベストなネット回線はモバイル回線といえるでしょう。

 

ちなみにモバイル回線(ポケットWi-Fi)の中にもYモバイル、ヤフーWi-Fi、WiMAXなどいくつか選択肢がありますが、今なら速度・エリア・コスパの面でWiMAXが一歩リードしています。

詳しくは以下をご覧ください。

【ポケットWi-Fiおすすめ】持ち運びできてお得なポケットWi-Fiを徹底比較!
通勤・通学、さらにデートや旅行に持ち運び可能なポケットWi-Fi ここ数年、格安シムでスマホ料金を節約するユーザーさんが増えたこともあり、外出時のギガを節約できるポケットWi-Fiを選ぶ人も増えてます。 もしかするとご覧のアナタ...

固定回線とモバイル回線(ポケットWi-Fi)を他の部分も比較

賃貸住宅にお住まいでネット回線を引き込む場合、

  • 退去時に穴を復旧する費用が請求されそうで不安
  • 壁に穴をあけてもよいか管理会社(または大家さん)に連絡するのも面倒

こういった場合、『確実に壁に穴をあけずに済む方法=モバイル回線』という部分はお伝えしました。

とはいえ

モバイル回線って光回線より遅そう…やっぱ光回線も諦めきれない…

こんな方もいるでしょう。

そこでモバイル回線と光回線を一覧で比較してみたのでご覧ください。

 【フレッツ光等の固定回線】
【WiMAX等のモバイルルーター】
開通までの期間申込み~開通まで早くて1ヶ月申込み~開通まで最短1~2日
住宅タイプマンションや戸建てによって利用不可もあり住宅タイプ一切関係なし(事前に受信エリア要確認)
費用平均月額(2年実質)
約5~6,000円前後
回線の種類による
平均月額(2年実質)
約3~4,000円前後
※プロバイダによる
備考賃貸住宅の場合、ひかり回線工事には不動産屋、大家さんの許可が必要スマホを最安の格安シムに変更して組み合わせることで3,000円程度の節約可能

いかがですか?

このように、開通までの期間、月額料金や実質費用なども光回線よりモバイル回線の方が一歩どころか何歩もリードしているようです…。

唯一、通信速度だけは一般的な光回線が1GBなのにたいし、WiMAXだと半分程度の440Mbpsと遅れをとってますが、普通レベルの動画視聴やネットサーフィンでは違いに気づかないレベル。

そもそも動画視聴やネットサーフィンに1GBという通信速度などまったく不要です。最低限、以下のレベルの通信速度で十分なんです。

また単純に月額料金だけを比較しても、『光回線>モバイル回線』というパターンが大半ですが、それ以上にネット費用を節約できる可能性を秘めています。

それが今お使いのスマホを『大手キャリア⇨格安シム』に乗り換えて運用する方法です。

モバイルルーターを外出時に持ち歩くことで、スマホのモバイルデータ通信量を極限までおさえることが可能なため、上手く活用すれば月間1GB程度の契約でもじゅうぶんに凌げちゃいます。

光回線では無理ですが、モバイル回線(ポケットWi-Fi)なら自宅ネット料金とスマホ料金の総額を大幅に節約できることも大きなメリットですね。

【ギガが減る!ギガが足りない!】ギガを減らさず節約する4つの解決策まとめ!
【更新情報】ギガが減るアプリの筆頭はインスタグラム!! 先日、Facebook、Twitterなど主要SNSアプリのデータ消費量を徹底比較したところ、インスタグラムが思いの外けっこうなデータ通信量を使っている事実が発覚しました。インスタ...

まとめ

以上、おもに賃貸住宅にお住まいの方にむけ、『壁に穴をあけずに快適にネットできる方法』を具体的な選択肢をあげつつ紹介してきました。

ここまで読んで頂いた方ならすでに結論はでているかと思いますが、モバ神の結論としては、

引越し時の回線撤去費用や壁の修復費用をふくめ、賃貸住宅の方だったらモバイル回線(ポケットWi-Fi)の方が無難!

こう判断しました。仮に引っ越した時も引越し先でいきなりネット回線が構築できるモバイル回線(ポケットWi-Fi)の方が絶対に便利です。

 

また持ち歩くモバイルルーターに魅力を感じない人だったら、WiMAXから登場したホームルーターのホーム L01あたりもオススメです。電波の受信感度もよくほぼ光回線がわりに固定回線のように使い倒せます。

『工事不要の置くだけWi-Fi』ホーム L01人気の秘密と半年間使った管理人のリアルな感想
【更新情報】L01(s)の最新のクチコミ情報を集めてみました!! モバ神がホーム L01を契約して今月で約1年が経過したため、改めてSNS等の最新クチコミ情報を集めてみました!! L01(s)の最新のクチコミ情報はコチラ 当...

当サイトでは随時モバイル回線のプロバイダをチェックして最新情報を掲載してます。ぜひ当サイトを参考にアナタに合ったネット回線を見つけ出してみましょう!

※賃貸住宅のネット回線についてはこちらの記事、【アパートにおすすめのネット回線】賃貸アパートなら光回線よりWiMAXが断然おすすめな3つの理由でも詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

 

コメント